2018年11月15日

第15回東京メトロポリタン・ブラス・クインテット札幌公演に行ってきました


8月上旬にキタラの公演カレンダーと、去年サンプラザだったのでサンプラザの公演カレンダーを6月くらいから週一くらいでチェックしてて、11月12日にキタラ小ホールでと発見して、今年もすぎやま先生を直に見られると楽しみにしてた所で、個人的に夏は札幌競馬場で土日馬の写真をパドックで撮るのが毎年の年課になってまして、それがやっと終わって、コンサートチケットの発売が9月1日からだったのですでに発売中だしなるべく早く買いにキタラチケットセンターに夏の疲れ少し癒えたら行かねばなと思ってた矢先に震度7の大地震。

丁度ドラクエ召6年少々続けてまして、バージョン4.3開始の日のメンテナンスに入って、switchでバージョンアップの長いダウンロード中で、PCも夏前に壊れて買い替えたばかりで、台風で強風や雷で前日に瞬停や停電で壊れないように電源落としたりして大事に使って行こうという意識がある中の突然の震度5強(家のかいわいが泥炭地なので体感6あったかな感)。

他の地区は一瞬停電でちょっと復活してからのブラックアウトだったようですが、家は地震の揺れが強くなったのと同時に停電したままで、揺れの中あれこれ考えてあれだけ気を付けてPC運用してたのにもしかしたら買ったばかりで壊れたかも、いやこれ築年数古いし家大丈夫かな?、スマホ充電してしばらくたってたので50%くらいだったかしかなくて、夜約22時ちょっと前に電気復旧した後にPC試しにつけてみて大丈夫なの確認してホッとしたり、ドラクエ10のバージョンアップも再開出来て、便利ツールでこれだけはと日替わり討伐をジェムで済ませて最悪それでしのごうと思ってた所日課もこなせてよかったものの、ポケモンほぼ欠かさず録画してきたのが途切れて時間も長年録画してるちびまる子の真裏とか最悪の時間にお引越しなのもあって、持ってる購入から9年半たってるDVDレコーダーでは荷が重すぎて毎週日曜日にパニックになるのでと、17年くらい前くらいに買ったブラウン管14型でアナログ停波後も部屋のテレビなので耐えてきたが買い替えて外付けHDDつなげてポケモンそっちで録画続けようと買う下調べとか準備もしてた所での地震による北海道地域への商品配送が不透明な状況が続いたり、地震によるショックと余震と夏の疲れと、ずっと価格コムで買おうと思ってたテレビが弔問しようと思ってた9月の連休終わりに急に6,000円くらい値上がりしたり、別のテレビにして注文したら配達の遅い某急便で待たされたストレスや、Amazonのタイムセールで外付けHDDが安いの見て注文したら届くのがポケモン引っ越し初回の3日後とかで注文確定後にキャンセルして返金してもらったり急遽ヨドバシで注文して買ったりと、次から次へストレスが押し寄せて、地震以降の家庭内の書けないストレスもあって9月中旬から喘息再発してしまって、ドラクエ10の日課もやっとこなす日々が続いたり、コンサート当日までに完璧に直さねばいけなくなるなと不安な日々過ごしてた所での10月中旬のキタラのコンサート情報での

『すぎやまこういち先生のご出演はキャンセルとなりました。』

の1行でもしや体調不良にでもなったりしてないだろうかと心配にもなり、10月下旬までストレス引きずってて、何とかキタラのHPで無料会員で登録してあるのでチケット注文してセブンイレブンで発券して、なるべく無理せずからだ休めながら待ってた所に、すぎやま先生の旭日小綬章授賞と見て、秋の叙勲で行事の日程や内容などググったら、詳しい日程はどこにも書いていなかったものの式の日の日程が朝から過密なスケジュールなのを知って、旭日小綬章の式に出席とかその関連で12日が忙しくなって来れなくなったのかなと思ってたらビンゴでした。

出演キャンセル発表あたりで内閣の閣議決定で秋の叙勲受章者に通知が行った頃なのかなとも思いました。
後書きにも書きますが、文化庁から是非出席してくださいとの事で来れなくなりましたと聞いて残念ではあるものの体調不良じゃなくてよかったとホッとしました!

DryY6aeU4AA5yKU















雨の予報でしたが昼間から晴れ間もあったり、傘はいらないなと準備万端でキタラへバスと地下鉄で向かったところ、家出た瞬間かすかに小雨で、まあ最悪本降りになったらリュックに入れてあるポンチョや漬物袋で何とかと家に戻らず、下校時間で超満員のバスに乗って地下鉄札幌駅から乗り換えて中島公園駅から出たら真っ暗!

曇ってるのもあるけどまさに秋深しの夜長ですなと思いながら焦らずゆっくり歩いてキタラの前へ。

思えば去年の金管コンサートの帰りにスマホ持ってればなと思い立って昨年10月末にワイモバイルでワンキュッパ割でスマホ持ちになったなと思いながら正面玄関1枚撮影。
3DSのカメラより格段にいい!

5時過ぎにエントランスに入ったら既に1人並んでて、ベンチにも数人座ってて、とりあえずトイレ行って今日の公演のパンフレット2枚しか残ってなかったの1枚もらったりしつつ、並びながら夜飯のおにぎり2つと綾鷹ちょっと飲んで待つ事会場40分前くらいにキタラの係員の方がお気遣いされて暖房入れてくれてありがたかったですm(__)m

DrysAJqU4AASgh9
























札幌公演実行委員会の方が列に直に来られて、すぎやま先生が私事の都合で来られなくなったので、それじゃダメという方は窓口で返金いたしますがどうされますか?と列後方まで丁寧に説明なされてました。

すぎやま先生が居なくても第3回から欠かさず来てるし、日本のトッププレイヤーの5人の演奏なので、自由席なので開場してすぐにCDコーナー横目に小走りでいつもの席確保しましたw

DrzP-hdV4AArhHI
























スマホの電源切る前にプログラム撮影しようと思ったら、挟んである他の吹奏楽関連のパンフレットがかさばったり、片腕で持ちながら片手でスマホで撮影するのが難しく何とか撮影してTwitterにコンサート終了後にあげてから気づいたがふくよかな手映っちゃってますねw


【第一部】
ルイス.M.ミラー
◆金管五重奏曲
1.ファーストダンス
2.スローダンス
3.ロンド
マルコム.ベネット
◆5つの町
1.バンベリー
2.ヨーク
3.ミルトンケインズ
4.ソールズベリー
5.バース

【第二部】
金管五重奏による「ドラゴンクエスト掘Ⅺ」
作曲:すぎやまこういち
◆序曲Ⅺ 編曲:小田切寛之
◆冒険の旅
◆冒険のはじまり〜勇者は征く
◆街〜ジパング〜村
◆戦闘のテーマ〜アレフガルドにて〜勇者の挑戦
◆ひるまぬ勇気
◆おおぞらをとぶ
◆空飛ぶ鯨

アンコール
◆スマイル
◆主よ、御側を歩かせ給え
◆ウィンター・ワンダーランド
◆ワシントンポスト

DrzMOTvU4AEFxgV
















第一部の感想ざっくりと

ルイス.M.ミラーの三曲過去の公演で聴いたことある気がして聞き覚えあるなと思ってたが、帰宅後過去の公演の一部見ても見当たらなかった。
ロンドもダンスもドラクエの曲のタイトルにあるので、二部に合わせた構成なのかなと思った

マルコム.ベネット5つの町ってのも5つの種族でドラクエ召鮖廚錣擦襦
バンベリー → オーガ
ヨーク → エルフ
ミルトンケインズ → ドワーフ
ソールズベリー → ウェディ
バース → プクリポ
無理あるけど強引に当てはめてみたw

一部で残念だったのが演奏中に客席から咳が聴こえた。。。こらえてほしかったが今の時期仕方ないよね。。


第二部の感想とトークを

◆序曲Ⅺ
冒頭がどうしてもアニメドラクエアベル伝説のレベル1とか話数とロトの剣が出るシンセ音にかぶるとオケ版聞いた時から思ってたが金管のみでより深くそう思ったw


※以下ドラゴンクエストと必ず言ってましたがすべてドラクエと略させて書きますすみません。
※お話や曲の終わりの合間には拍手が必ず入ってますが省略


高橋さん「本来であればすぎやま先生が楽しいお話と進行をしてくれる予定だったのですが、
今日(11月12日)旭日小綬章の授賞式で、すぎやま先生も札幌に来て皆さんとお会いしたかったといってましたが、
文化庁の方から是非休まずに来てくださいとの事で、ここに来れなくて泣く泣く授賞式に出られたとという事で、
我々としてもドラクエファンとしても喜ばしいことではあるのですがお祝いということでご了承いただいて、
すぎやまこういちレベル87に代わり高橋敦レベル45が司会進行務めさせていただきますよろしくお願いします」


10月中旬の出演キャンセル時は体調不良6割仕事4割くらいに思ってて、秋の叙勲の一方でいろいろ調べたうえで関連行事などの参加で札幌に来れなくなったのかなと思ってたのがビンゴでした。
長年いつすぎやま先生が叙勲授賞されるのかと首を長くして待ち焦がれていたので、授賞直後におめでとうのの拍手はできなかったけど、来年と今日札幌公演に帯同でのドラクエコンサートと金管ある時にしようと思いつつ。


高橋さん「去年はイレブンからプログラム組ませていただきましたけど、今年は去年演奏しなかった曲、
そして実際ゲームをされた方は知ってると思いますが、
過ぎ去りし時を求めてという副題がついてますけれども、昔のドラクエのシーンがたくさん出てくるんですね。
すぎやま先生の作曲されたドラクエ3の曲がたくさん出てきます。
すぎやま先生もおっしゃってますけども使いまわしではなく、堀井さんの意図を通して使っているという事で、
新しく40曲近く作曲されてますからすごいことだと思います。
使いまわしではなくてストーリーの意図だというのをご理解ください。」


京都公演のニコ生録画放送の時にもすぎやま先生が使いまわしではないんですよと言っておられました。
下手に過去作思わせるアレンジの新曲よりもはっきりしててわかりやすくて良かったなと思うんですが、全曲新曲じゃなきゃダメな方もそこそこ見かけるので、ドラクエ11のコンサートのたびに言うのも分かりますし言い続けてほしいと思いました。


高橋さん「というわけでドラクエ3とドラクエ11の曲でプログラムを組ませていただきました。
次に演奏しますのがフィールドの曲。ドラクエご存じない方もイメージして聴いてほしいのですが、、
主人公たちが次の城や村や町に行く時にその場所を歩き回って、
モンスターを倒しながらレベルアップをしながら次に向かっていく訳ですけども、
次の場所に行く時に流れる音楽。
最初に演奏するのがドラクエ3より冒険の旅。
ちょっと昔にトヨタのアクアのCMで使われてましたが、我々東京都交響楽団の演奏でCMが流れてましたけど、冒険の旅。
続けて11から冒険のはじまりと勇者は征くを続けて演奏します」


◆冒険の旅
金管だと主人公というよりオルテガがアリアハンから旅立ったという感じに聞こえるw
どうしてもテューバからマッチョなイメージが浮かぶのでw
何度聞いてもテンション上がります!それが生演奏ですからね!!

◆冒険のはじまり
金管だとオケより悲壮感が増しますね。オケは出だし不安な気持ちと旅立ちへの希望な感じですが。

◆勇者は征く
オケとほぼ遜色ないですよ!11が金管奏者泣かせというか金管パート多過ぎ目なので。


高橋さん「次はドラゴン3から街・ジパング、日本風の古い村・村の3曲メドレーでお聴きいただきますが、
これも11をやってる方は懐かしいなと思ったかもしれませんけども、その前に、
今回おかげさまで第15回を迎えることができました。ありがとうございます!
15回という事で15年。本当はもうちょっと前から来てたんですけれども、
15年連続でコンサートさせていただいてるのは本当に幸せだと思いますし、
15年の間に我々も歳を取りましたけども、いろいろありましたが、
15年の札幌公演の思い出についてメンバーのみなに聞いていきたいと思います。
ではまずトランペットの中山隆崇さんです。」

中山さん「15年の思い出といいますと、いろいろあるんですけども、
札幌でやらせていただく時はだいたい旭川でも演奏会やれせていただいたりしてまして、
多く回った時は千歳で10人乗りのレンタカーを借りましてスタートしまして、
札幌着て旭川行って稚内行って富良野の方通って上川町、レンタカー返す時に1,400キロ走ってました。
旭川稚内は日帰りでした。夜こんなに真っ暗な中運転するのは初めてでした。
北海道に来始めて間もなかったのでとにかくラーメン食べたいなと思いまして、
毎日のようにラーメン食べてたんです。最終日くらいに口がシパシパシパシパってなりまして、
5人の中でラーメン禁止令がありました!
そんなくらいですかね、これからもよろしくお願いいたします。」

高橋さん「ありがとうございました。今日はお昼に美味しい寿司を食べたそうで、シパシパになってなくてよかったですね。
それではドラクエ3から世界をまわる、街・ジパング・村お聴きください」


◆街〜ジパング〜村

金管のタタタッタタタッの掛け合いが特に心地いいですね。

ジパング
前奏でタッタッタッタッと金管以外の楽器で入るパートをテューバの佐藤さんがテューバパートの合間に手でテューバの側面たたいて表現してくれて大変良かったですありがとうございますm(__)m


金管でもモロッコー!でしたw。ノアニールのスローテンポやられてたら眠っちゃいそうでしたよw。しっかり起きて聞いてましたけど!


高橋さん「では続きましてホルンの西條貴人さんです。
旭川の出身という事でもありますが、今日は授賞式にご出席された?
西條さん「今日は遠くで見てました。はい。先生元気そうでして良かったです。はい。」
高橋さん「というギャグはわからないですかね?
何時もすぎやま先生がそいう風におっしゃてるんですけども。
というわけで15年の思い出をお願いします。」

西條さん「曲をふきながら考えてたんですけども、札幌といえばですね、旭川出身なものですから、
あこがれを持ってるんですよね。
コンクールでも全道大会なら札幌に行ける!
あとは音大に行ってて札響の先生に習ってまして、札幌に通ってレッスン受けてたんですね。
札幌にあこがれを持ってたので、札幌で毎年定期演奏会の様な形をとれてるのをうれしく何時も思ってます。
思い出といえばそうですね、15年前ですか。
まだ若かったのですごくたくさん飲んだ覚えはあるんですけどね。はい。まあそんな感じで。」

高橋さん「続きまして今度はドラクエ3からおなじみの3曲。
スリーは名曲ぞろいですね。本当にいい曲が。まあ他のドラクエの曲もすごくいい曲が多いんですけども、
スリーは本当に名曲ぞろいで。
次は戦闘のテーマ・アレフガルドにて・勇者の挑戦というメドレーでお聴きいただくんですけども、
皆さんもご存知かもしれませんけども、オーケストラのために作曲されて訳ですね。
オーケストラで演奏することを目的としてすぎやま先生が作曲されて。
もちろんゲームでこのころのゲームは音が3つとか4つぐらいしかなかったんですけども、
クラシックコンサートとして何時もオーケストラとして演奏されてるわけですけども、
それを金管五重奏、まあ5人に、100人のオーケストラを5人に、しかも金管というような感じでお聴きください。」


◆戦闘のテーマ〜アレフガルドにて〜勇者の挑戦
戦闘のテーマ
むしろ3音4音に近い5音なので、3曲ともピコピコが金管楽器になってるのでご馳走ですm(__)m

アレフガルドにて
過ぎ去りし時を求めてメドレー感。

勇者の挑戦
ターターターターターターター タタタターッ ターッ ターターターターッが特に良かった!


高橋さん「最近は携帯のアプリゲームでドラクエの付随したゲームも色々できたりしますし、
それを宣伝するためにテレビでよく流れてるんですね。
僕も今演奏しながらこれ最近テレビで聞くなと思って演奏してたんですけども。
続きまして札幌出身のトロンボーンの小田切寛之さんです。
15年間の札幌公演での思いを、今後の何か思いがありましたら是非お願いします。」

小田切さん「今日はお忙しい中たくさん来ていただいて本当にありがとうございます!
15年間と一言で言いっても僕たちにとってはあっという間なんですけども、
思い出というよりも感謝しかないという感じですか。
同じメンバーで15年前から、もうちょっと前ですけども、15年以上も一緒にやってるっという事が自分にとっては幸せだと思うし、
大げさに言うと宝物みたいな感じなんですけど、
札幌公演にあたってはですね、今日いらっしゃった僕の先生、札響の先生もいらしてくれて、チケットの購買もとても一生懸命してくれたり、僕の同級生がいろんなコンサートやってくれたり、中学校時代の仲間とやってるんですけども、
その友情というんですかね、それに感謝して、それがないと今までつながってないので、僕たちだけでできるコンサートではないですし、
それがずーっとこう10何年も続いてるっていうのが今風に言うと僕らは奇跡でできているというドラマがありますけども、そんな感じの気持ちでいます。
ですから今後、僕は今レベル61なんですけども、いつまで吹けるかわかりませんが、このメンバーとずっといつまでできるかを記録更新できるように頑張ろうと思ってますし、
また皆さんには来ていただきたいなと思ってますので、今後ともよろしくお願いします。」

高橋さん「小田切さん。奇跡じゃなくて現実です!
では次の曲はドラクエ11の戦闘曲です。ひるまぬ勇気お聴きください。」


◆ひるまぬ勇気
オケと違って後方から応援されてるかのような感じですね。
ところどころほら貝のようにも聞こえてすばらしかったです。


高橋さん「15年の歴史の中でドラクエの音楽をたくさん演奏してきましたが、
戦闘の曲を2回やったのは今回が初めてです。たぶん。ですね。はい。
ではテューバの佐藤潔さんです。
では15年の思いでなり気持ちなりなんでも。」

佐藤さん「こんばんはチューバの佐藤潔です。
僕は群馬県というダサい所で有名な北関東の端っこの県で生まれまして、
大学は東京に出たんですけど、札幌というのは全然来たことがなくて、
1990年にチューバの人たちばっかりが集まる、多分あのー太った人ばっかりが集まる集まりがありまして、
そこで初めて札幌というところにお邪魔しまして、ここが札幌かぁって思っていたのがこんなに何べんもうかがわせていただけるようになるとはその時は想像もせず、
15年前くらいからこちらに来させていただいて演奏させていただいて、
こちらのオーケストラに居る大学時代の同期であったり、近くの金管楽器の人に会うことができて、
毎年毎年そこで大学時代の話から去年の話まで必ず反復して、
だから話してることはずっと同じで、1年分のちょこっとした思い出しか増えてなくて、
何となく同窓会のようにペラペラしゃべってる思い出があります。
北海道の方たちはとても温かく、演奏会でも温かい拍手とか、温かい気持ちがこちらに伝わってくるので、
とてもやりやすくうれしく思います。
こんなにずーっと来てる所って、第二の故郷みたいな気持ちがしてますが、
ホールと、ホテルと、飲み屋と、ラーメン屋くらいしか知らないので、
故郷というには失礼かもしれませんが、今後ともよろしくお願いいたします。」

高橋さん「本当に15年間温かく我々を見守ってくださって、年々というか本当にたくさんの方々に来ていただけて、本当にありがとうございます。
温かい方々のためにロビーでCD販売しております。
買っていただいた方には演奏会後に我々がサインさせていたきますので、お家でも是非我々の演奏をお楽しみ下さい。
最後になりましたがドラクエ3からおおぞらをとぶ、ドラクエ11から空飛ぶ鯨、2曲続けてお聴きください。」


◆おおぞらをとぶ
おおぞらをとぶ〜空飛ぶ鯨の順で今後金管で再演される以外は、オーケストラでもないと思うので貴重でした。
金管コンサートのアンコールだったり二部でも何度か聞いてますが、重低音の増したおおぞらをとぶを想像していただければ。

◆空飛ぶ鯨
ネタバレ書きますが実質END曲でもあるし、金管だとホエール感が増しますね。
あの鯨の表情には金管のほうがあってるかもw


アンコール前には楽屋に退出されたメンバーが戻ってくるまでは拍手止めないのはどこでも同じですね。


高橋さん「ありがとうございます。予定通りのアンコールを準備しております。
今年はですね、今年だけじゃないんですけどもここ最近ですね。自然災害、多いですね。
夏の西日本の大洪水もそうでしたし、ここ札幌も地震とかで、多くの方がなくなったり避難されてたり、
つらい生活をおくられたり、されたりしてたと思いますが、
そこでアンコール1曲目に、1曲目って言いましたけども、何曲かあります。
演奏させていただくのは、チャールズ・チャップリンがモダン・タイムスという映画の為に作りましたスマイル。
そのまんまですけども、スマイル、笑顔ですね。
多くの方々に、多くの日本の方々に、そして札幌の方々に、ぜひ笑顔を取り戻して、明るい未来をまた築いてほしいなという思いで演奏したいと思います。
スマイル。お聴きください。」


◆スマイル
出だしの暗い感じから途中からラストまで明るい曲調になってて、曲は知らなかったですがスマイルいただけました。

◆主よ、御側を歩かせ給え
黒人霊歌なんですね。帰宅後検索して知りました。
全部の楽器が主張が強い力強い演奏でした!


高橋さん「約束通りまだアンコールは続きます。先ほど裏で小田切さんにお前は15年間の思い出はなにもないのかと怒られたので、ここで発表します。いっぱいあります!
15年てやはり長いですね。僕も体重が増えたり減ったり増えたり、で止まってるんですけども、
それだけ年をとったし、ってことですかね。
でもやっぱり何時もおいしい物を頂いたり、小田切さんの家族にもすごくよくしていただいて、
札幌に来たからにはうまいもの食べないといかんしょ?いかんしょは言わない?なんていうんですか?
食べ食べさ。食べ食べ食べた。
というわけで
第16回東京メトロポリタン・ブラス・クインテッド札幌公演は来年の10月8日です。
いいですか?10月8日に決定いたしました!
来年はすぎやまこういち先生もいらっしゃいます!
是非いらしてください!
それではアンコールもう1曲演奏いたします。ウィンター・ワンダーランド。」

◆ウィンター・ワンダーランド
クリスマス近いですからね。元の曲より金管なので暖かいですね。

◆ワシントンポスト
今回は立ち位置違ってたような。佐藤さんが近かったのでまじまじ見てましたよw
小田切さんのトロンボーンいまいち伸びてなかったようなw



tweetで4日と書いて申し訳ありませんでした。
来年開催が決まりましたとの興奮もあってうっかり4日と8日聞き違えて書いてしまいました。
来年は2年に1回の都響札幌公演に帯同してのドラゴンクエストコンサートがあるであろうし、
金管コンサートの日付が早く知れたので、本日のアンコール掲示板写真撮ってスマホでtweetしつつ、CDがかなり売り切れちゃってたの見守って退館。
中島公園駅に着いたあたりから春に熱発して左足の薬指と中指の間に詰まり感が残ってるのが強調されて、ヘロヘロでも気持ちはしっかりコンサートの興奮で保ちつつ地下鉄バス乗り継いで10時半前に帰宅。

そうそう。今年もドラクエ9のすれ違いからの金管コンサートとと今日札幌ドラクエコンサートの時にだけ会う方にも並んでる時にぺこりとあいさつしました。
もうあれから来年で10年ですか。。。自分も相当ガタ来てますし、Twitterなどで近況解る知ってる方はたまにですが今でもお気にかけてます。
リメイクがスマホで出るとなると、機種変更や長時間プレイでの充電池のへたりでちょっとやる気なくなってしまうので、switchか3DSかにスマホ版リメイク9が移植されたらDS版の不名誉挽回するべくガチでやりこむつもりでいますm(__)m


旭川公演にすぎやま先生が来るか来ないかスタッフの方に聞く勇気もなく、高齢なので行事に参加された翌日だと来られる保証がないよなと勝手に思ってしまって、自分も今日のコンサートのために体調整えてきたのも緊張がほぐれて疲れもあったので、旭川への特急往復料金約6,000円と当日コンサートチケット代2,500円は来年のコンサートチケット代に回すことにして断念して、Twitterですぎやま先生旭川に来ましたとの報告見て安心して深夜ラジオ聞きつつぐっすり眠ってしまった翌日。

旭川公演終わって夜は美味しいものを金管メンバーと食べて、その翌日は旭川で初雪とニュースで見たので、小雪が舞う中すぎやま先生御一行は帰宅されたのかなと思いにふけながら。

今度の連休にはセンチュリー交響楽団に顧問でもあるのでご出演されますし、
東京シティフィルでは何やら大きな発表があるとも見たので、
すぎやまこういち先生のますますのご活躍と御健康をお祈りしつつ、
来年2年ぶりに札幌ですぎやま先生をお目にかかれるのを今から楽しみにしつつ、
まだ震災から2か月とちょっとなので災害に巻き込まれないようにも気をつけながら、
まだ家の場合は目に見えた損傷もなくライフラインも何ともなく生活できてるだけでも良かったと思いつつ、
ドラクエ11Sやドラクエ召離弌璽献腑4のサントラ発売を心待ちにしつつ、
今回の平成最後である僕自身のドラクエコンサート生視聴から元号が変わってのドラクエコンサート生視聴楽しみにしつつ、
日々ドラクエ召inしながら数々のシリーズの名曲聴きながら過ごして生きます!!

来年は穏やかに過ごせますように。
今年まだ終わってないけど、夏の札幌競馬開催の馬の写真撮り等楽しかったりもしたけどもう今年に関してはへとへとですw

ではここではまた来年!

heeheehee1 at 09:50|PermalinkComments(0) ドラクエコンサート