HEIDI blog

1990中野坂上にて開業 週替わりでメニューを組んでます 旬のおいしい魚や野菜 肉料理等 案内をしています  

DSC_0004


今週のメニューです 若鶏のモモ肉のから揚げです 香味野菜の入った酢醤油のソースをかけ 長ネギをたっぷりのせる 定番人気メニューです ご飯も進む一品です

 ネギ・・・独特の香りはアリシン(硫化アリル)という成分で、血液をサラサラにし、動脈硬化の予防に効果が期待できます。
メニューの鶏肉にも含まれているビタミンB1の吸収を助け、疲労回復に効果的です。
白い部分以上に緑の部分は栄養豊富で、ビタミンCやカロテンが多く含まれています

DSC_0007


今週のメニューです 牛ハンバーグ 今回はおろしポン酢ソースであわせます 旬の茄子を揚げて添えます 雨続きで うっとおしい日々ですが あっさり おいしい一品です!

 茄子・・・カリウムが体内の塩分を排出してくれるので、むくみを改善します。
ビタミンB1・B2は皮膚の粘膜を活性化させ、肌にハリを保たせてシミを改善します
更にミネラルや食物繊維も豊富なので、太りにくい体質になるよう働きかけ、美容と健康に効果を発揮します。

DSC_0005


今週のメニューです 旬の気仙沼鰹をピカタに! たまごにくぐらせ胡麻をまぶし香ばしく焼き上げます 昆布だしに香味野菜をすりおろし 酢醤油でスウィートチリソースをいれピリッとさせてみました オニオンと大葉を添えます!

 鰹・・・ビタミンB群、D群が豊富です。
ビタミンDは骨の形成に重要な栄養素であり、カルシウムが充分にあっても、ビタミンDが不足していると骨はできにくくなります。

また、鰹に含まれるアミノ酸の一種である「アンセリン」と「カルシノン」には、疲労の抑制・老化の原因とされる活性酸素の除去効果、などがあります。


DSC_0002


今週のメニューです 酢豚 バルサミコ酢を使ったソースでからめる人気メニューです 暑いですが酸味もあって食が進むと思います

 バルサミコ酢・・・バルサミコ酢は、元々薬用に使われていたそうで、お酢の抗酸化力による、疲労回復・消炎効果があります。
ポリフェノールは黒酢の約3倍ともいわれており、活性酸素を除去し血液をサラサラにして、脳血栓や動脈硬化を防ぎ、コレステロー
ルを抑え、高血圧予防・肝機能向上・がん予防・殺菌などの効果が期待できます。

DSC_0003


 今週のメニューです ピンボケですいません!
 若鶏のモモ肉を焼き上げ フレンチマスタードをぬり特製パン粉をのせ焼き上げます ピリッと辛いブラウンソースをあわせる人気メニューです 

 鶏肉・・・鉄分やカルシウムが豊富で、ビタミンAが牛肉や豚肉の数倍含まれていると言われています。
粘膜を強くして細菌感染を防ぎます。

DSC_0001


あじフライです 旬のあじをフライに! 大葉とバジルを練りこんだマヨネーズソースであわせる人気メニューです フレッシュな大葉とバジル 清涼感たっぷりな一品です 

 鯵・・・ビタミンB2が多く、粘膜を保護する働きにより、口角炎・口内炎などの予防にも効果があります。
身体の成長と細胞の再生を助けます 。

脂肪には、DHAやEPAを多く含み、特にEPAは血中のコレステロールを下げ、 血栓をできにくくする働きがあり、心筋梗塞・脳梗塞などを防ぐ為の健康維持に役立ちます。



バジル・・・バジルの栄養素の中で注目すべきは、体内でビタミンAに変化するβカロテン。
ガンや動脈硬化、老化の原因とされる活性酸素を取り除く「抗酸化作用」があることで知られます。

また、シワや老化の予防効果があるビタミンE、骨粗しょう症の予防に役立つカルシウム、貧血や狭心
症、心筋梗塞を予防する鉄やマグネシウムなどのミネラルも豊富に含ん でいます。
香りにはリラックス作用や、整腸・頭痛解消など、様々な効果があります。

DSC_0003
DSC_0001
DSC_0002


今週のメニューです 若鶏のモモ肉を焼き上げ 新潟で仕入れてきた かぐら南蛮を使って南蛮味噌を作り 生クリームを入れまろやかな味噌のソース煮仕上げました かぐら南蛮とは見かけはピーマンなんですが 唐辛子の一種です 辛味は少々効かせながら仕上げてますんで どなたでも大丈夫だと思います ご飯が進む一品です!

 かぐら南蛮・・・新潟県長岡野菜。ピーマンに似た型で、辛味のある珍しい唐辛子。
果実のシワが、お神楽の鬼の面に似ていることから付いた名前だそうです。

ビタミンC・カロテン・カプサイシンが豊富。
カプサイシンには、殺菌や食欲増進作用・脂肪を燃焼させる効果などがあります。

DSC_0004


今週のメニューです めかじきに焼き色付け茄子とズッキーニをのせ そこにモッツァレラチーズをのせ焼き上げます 清涼感たっぷりのバジルを入れたトマトソースをあわせます 

 ズッキーニ・・・ビタミンCやカロテンが豊富。風邪予防や美肌作りに効果的で低カロリーです。油一緒に摂る事でカロテンの吸収率が上がります。

DSC_0005


今週のメニューです 牛レバーと夏野菜の炒めもの 土日で新潟に行ってきたんで いつもの野菜ハウスで魚沼野菜を仕入れてきました 玉ねぎ かぼちゃ 茄子 夕顔 ピーマンと旬の夏野菜を入れ合わせます この時期のうちの定番メニューです 

 茄子・・・カリウムが体内の塩分を排出してくれるので、むくみを改善します。
ビタミンB1・B2は皮膚の粘膜を活性化させ、肌にハリを保たせてシミを改善します
更にミネラルや食物繊維も豊富なので、太りにくい体質になるよう働きかけ、美容と健康に効果を発揮します。


玉ねぎ・・・血液サラサラ効果がある事は広く知られている事ですが、それは何故なのかというと、玉ねぎに多く含まれているケルセチンという成分が、血管内皮機能を改善するからなのだそうです。この血管内皮には、血管を拡張したり縮めたりする役割があります。これが食事内容やストレスにより傷つくとことで老化し、その結果、動脈硬化や脳卒中などを発症すると言われています。

玉ねぎを継続的に食べることで、血管内皮機能の改善が見られ、大幅に血管が若返ると言われています。


image

image

DSC_0004


今週のメニューです 若鶏のモモ肉を焼き上げ 旬のオクラとトマトを入れ醤油ソースでトロッとからめます ご飯が進む一品です!

 オクラ・・・食欲をそそる独特の粘り成分は、水溶性食物繊維のペクチンと複合たんぱく質のムチン。
ペクチンには、血中コレステロールを減らし、血圧を下 げる効果があります。
ムチンは胃粘膜の保護・たんぱく質の消化促進・整腸といった働きがあります。
カロテンやビタミンB群・ビタミンC・カリウム・カルシウム等も多く含まれ、身体の免疫力をアップさせる野菜です。
猛暑を乗り切る為にも、たっぷり摂りたい野菜です。 

このページのトップヘ