大和オヤジのサイクリング紀行

チャリを漕ぐ時間。それは無心に成れる時。

 ジェットの爆音に、驚嘆と興奮を求め。

 野鳥を追っかけて直向きな生に感動。

 奈良や天体を被写体に微速度撮影に熱中。

 そんな日々を奈良 富雄発で発信しています。

 
2016年天体カレンダー




3月9日 皆既日食(インドネシア)



 
  
このブログで取り組み中のGoogleMapのご紹介
京都五山の送り火を奈良から見る 京都五山の送り火を遠望する主旨の主にブログ記事による記録を地図に書込んでいます。
九州新幹線CMスポット 一世風靡した九州新幹線CMの各編のポイントや一般投稿者の関連動画などを書込んでいます。
奈良
(大和オヤジのサイクリング紀行編)
このブログに関連し小生が尋ね作成した動画などを貼り付けています。
お気に入りの音楽をYoutubeでセレクト
安部恭弘 Selection >20代に聞いた安部恭弘。30年近く経っても色褪せる事無く輝いている。
平原綾香 Selection 今 心に染み入る音楽を奏でられる数少ない日本人アーチストだと思う。
当ブログで提案したイベント(Wiki)
JAXAロケットを遥か彼方から見る >JAXAが打上げるロケットを遥か彼方から見る試み。
現在、ロケット噴出光を捉える事が出来たイプシロン2号の記事を中心に更新中
>

ポケGOのレイドバトルでバンギラスをゲットする。7/23最終更新

 ようやく 体調が戻り外に目が向くようになったものの

そうは言っても真夏の3連休。

結局は家でグダグダ過ごしそうな所、ポケモンGOのレイドバトルをバンギラス限定で参加し、ゲットを試みた。

2017.7.15 午後3時過ぎだったと思う。
出現ジム:石仏観音岩屋大黒天 王龍寺 ジム到達手段;軽自動車。

 流石に山寺の駐車場。待てど暮らせど他の参加者は現れず、かと言って一人では到底倒せない。諦めかけた終盤 大型スクータに乗った男性が寄って来て
「お一人ですか?」と話し掛けてきた。
奥にも数台の車が停まっていたのを見ての発言だった様だ。
「この先でも、もう一体出てるから、そちらに行ったかも知れません。見て来て、誰も居なかったら戻ってきますわ」
と言って、去っていった。

レイドバトルが導入されて以降、時々こうして会話がある。

残り13分位の頃、彼は戻ってきて
「車は止まってたんですけど、誰も居ませんでしたわ」
「奥に池があって釣り場に成ってるから、結構車停まってますよ」
とは小生。
「〇〇と△△(いずれもポケモンの種類)持ってはりますか?」
「は〜い」
(いずれも、ゲームが推奨するポケモンで無い。)
「だったらそれで揃えてください。二人でも倒せるかもしれないんで」
その他、彼の指導細かな指導の下、バトルする事 2回。もうあと1歩のところで時間切れと成ってしまった。
何か不慣れな自分が足を引っ張った様で申し訳ない気持ちになったが、気にする風でも無く、会話の後、
「大和文華館で、出てますわ。ちょっくら行って来ます」
と言ってスクーターに跨り、彼は去っていった。

冒頭、バンギラス限定で・・・と書いたが、実はこの出来事で火が付いて、残りの3連休をバンギラスレイドバトルに費やす事に成ったと言うのが正確だろう。

2017.7.16 昼過ぎ
出現ジム:山門 法融寺 ジム到達手段;チャリ。
 自宅に程近い 法融寺。小生到着前後から寺の駐車場にどんどん車が入ってくる。アクセスの良さからか道路脇にも車が停まってる。
 30代から40代の男性や夫婦らしきカップル。小学生を連れた父親等々。中には、ポケGO仲間なのだろうか再会の挨拶を交わしている人も居た。只、昨日会った男性は現れず。

小生が参加したバトルでは6人程度。昨日聞いたポケモンで体制を組み、時間内に勝利した。
しかしながら、ゲットチャレンジでは専用ボールを使い切り、バンギラスには逃げられてしまった。

2017.7.16 15:00頃
出現ジム:大和西大寺駅 ジム到達手段;徒歩と近鉄(定期使用路線内)。
 これ程、人が集まり易い場所は無いわけで、残り20分位のところで現着もバトルメンバーは10人は超えていたと思う。よって、ポケモンを厳選するまでも無かったかもしれないが、1体も倒れる事なく勝利。
しかしながら、ゲットチャレンジでは、ここでも専用ボールを使い切り、バンギラス逃避。

落胆のまま帰宅。尚、家人から言いつけられていたネギの買い忘れを旧ダイエー現イオン富雄店で買って帰る。
(空きテナントエリアが各階に出来て、店側の粋な計らいでテーブルと椅子が設けてある。屋外の酷暑が嘘の様な、快適な空間で、老若男女問わず思い思いに時間を過ごしていた。何がしかの飲み食いを店内で調達してもらえれば店としてもウィンウィンと言えるのかもしれない)

2017.7.17 連休最終日 11:00頃
出現ジム:給水塔(鶴舞団地) ジム到達手段;チャリ。
学園前駅の北の団地エリアの南端。多くの人が行き交う。
ポケGOやってそうな高校生から小生位までの男性を複数視認。
 そして、またしてもゲットチャレンジでは、専用ボールを使い切り、バンギラス逃避。

ゲットチャレンジでの小生の状況だが、仮に8個の専用ボールを有したとして、中盤の3〜4個が弾かれる傾向があった。この辺りの改善を含め、昨夜あたりから、ゲット時の工夫をネットで調べていたのだが、何点かの方法がアップされていた。3回連続で逃げられた事を踏まえ、今一度、ネットの情報を精査した。

2017.7.17 14:30頃
出現ジム:旧富雄変電所(富雄駅) ジム到達手段;チャリ。
 富雄駅前とあって、それらしい人影が多数。
1回のスルーの後、2回目で5人に達しバトル。メンバー的20代から小生辺りまでの男女か。
6体使い切りでバンギラスを倒す。

そしてゲットチャレンジ。ネットの方法通りかは判らないが、6球目あたりでレイドバトルによるバンギラス初ゲットにして図鑑上でも初ゲットとなった。

20170717_163843




7/18 業務終了後 バンギラスの出現の有無を確認する。
新大宮のラウンドワン辺りである。
17:50 近鉄奈良駅発の快速急行で新大宮駅へ

出現ジム:Unique Stone Monument(奈良センタービルディング) 
ジム到達手段;近鉄(定期使用路線内)と徒歩。

 時雨っぽい天気の中、出現時間も残20分弱のタイミングで到着。
 参加者が3人程度で何度かスルー。4人に成ってバトルするも時間切れ。
(ハピネスとか繰り出す人が居て、ツボを押さえられていない人も居そう)
次回6人が集まり漸く1体を無傷で残す状態で勝利と成った。

そしてゲットチャレンジ(専用球は9個)。ぎこちないと言うか、正しいのか判らないがネットで紹介の投球法を実施。専用球残3個でバンギラスをゲット出来た。
20170718_ban
7/21 帰宅後、西登美ヶ丘のグランドパレス学園前脇の公園に出現を知る。
ジム到達手段;チャリ。
チャリ到着時点で、既に道路脇に車が多く駐車しており、バトル友同士の群れも確認。

1回目:6名でバトル開始も時間切れ。
2回目:10人越えでバトル勝利。
ゲットチャレンジ:専用球6個。日が空いた事も影響し、投球がぎこちないなーと思っている内に玉切れで逃避。
意気消沈で帰路につくも、途中で近鉄 学研北生駒駅にバンギラス出現を知る。

出現ジム:近鉄 学研北生駒駅
ジム到達手段:そのままチャリ
残時間約20分で到達。

駅前ながら複数回4人越えと成らず、スルーを繰り返し。
6人と成ってバトル開始、勝利と成る。
ゲットチャレンジ:専用球9個。投球術が戻って来て、いい感じだったが、全球一旦収めるも飛び出し、最終逃避。
20170721_ban

7/22 週末ながら午前は通院のため、午後から参戦。

出現ジム:二人の子供像(奈良市西城戸町)
到達手段:徒歩 近鉄(富雄→奈良 通勤定期間) 徒歩
出現直後に移動を開始するも、現地到着は残り時間20分時点

1回目:9人でバトルもバンギラス約50%の余力で時間切れ
2回目:11人で勝利。

ゲットチャレンジ:専用球9球。残球2でバンギラスゲット。
20170722_ban

サーチツールサービス終了となり、レイドバトルによるバンギラスGET録も終了。
最終戦績:10戦 7勝 3ゲット 1敗 2不戦(人数揃わず成立せず)。

梅雨前の空自イベント 二題

  去る6月3日と4日は航空自衛隊イベントが続いた。

6月3日 奈良基地祭
 午前10時50分からの10分間のF15J*2による飛行展示を奈良基地では無く、京都府木津川市で撮影した。
奈良基地では、真上を通過するためお腹しか見えない上、頭上の撮影は難しい。
そこで、飛行経路と撮影場所について検討したのが2015年

2015奈良基地祭(当日)展示飛行を各所から撮る

 旋回経路を時計に例えると5~10分のところを経路内側から撮影のため、飛行機の側面 更には2旋回目にはバンクを付ける関係で背面を向ける可能性もあるからだ。

 5月29日の事前飛行では告知に反して3旋回のサービスがあったので、そんな点も期待していた。
 チャリで自宅から木津川市のポイントに向かった。到着時点では小生だけだったが、予定時刻には複数組のグループが集まった。

 本番では 規定通りの2旋回。ポイントの選択に誤りは無かったかとは思うが、たまにしか撮らなくなった飛行機動画は加齢の影響も出て?スムーズに追えなく成ってると実感する。

 奈良基地祭は午前のF15撮影で終了。翌日の彦根のブルーインパルスの撮影計画を練る。
Youtubeに上がってくる前日予行の動画から、彦根城を中心に琵琶湖岸沿上を 岸に並行する飛行経路を採っている様に見えた。その結果を踏まえ下記の2段階計画で臨む事にした。

”弦發魏圓押”Ш城も絡めて願わくば琵琶湖も望める見通しの効く場所であって、車で乗り付ける事が出来る場所 → ネット検索の結果 千鳥ケ丘公園の結論を得る。
△修發修癲彦根に近づけず脱出も困難と成る可能性も無きにしも非ず。→車はJR能登川駅周辺のコインパーキングに停め、そこから電車で彦根に向かい 彦根城周辺で撮る。

参照HP:PARKFUL 千鳥ケ丘公園
 
6月4日 ブルーインパルス 彦根城築城410年祭 祝賀飛行日 当日。
7:00過ぎに自宅出発。名阪国道を柘植ICまで走り、後は地道を走るコース。
JR能登川駅の状況を確認後、千鳥ケ丘公園へと向かった。
9:00 千鳥ケ丘公園着。
駐車場近くで、参考にしたHPの写真の箇所を探す。
IMG_20170604_091451
 芝生広場の先に、彦根城方向だけ伐採し見通しが効く場所があったが、空全体とは程遠い。
千鳥ケ丘公園での撮影は無いなと諦め、車で彦根城に接近して状況確認へと向かう事にした。
 流石に渋滞は無かったものの、待機している人々が其処此処で確認でき、車を停めれそうな場所も埋まっていた。

 情けない話、結局 千鳥ケ丘公園に逆戻り。今更、能登川駅に更に戻るのも面倒に成って、此処から徒歩で彦根城を目指そうかとも考えていた。そんな中、今一度参考にしたHPの写真と先程、自分の撮った写真を見比べると、手前の建物との位置関係に差がある事に気が付いた。

 千鳥ケ丘公園には別のビューポイントがあるのでは?

HPには”芝生広場(駐車場あり)とちびっこ広場(駐車場なし)のエリアは雨壷山を挟んだ真反対の場所となっている”
とある。2つの広場は公園内で繋がっておらず、一旦降りて650m程、交通量のある一般道路を歩く必要があった。新神社脇の貯水タンク用と思われる作業用道路を入り、ちびっこ広場エリアに到着した。展望小屋は更にその先にあり、既にマニア風の方が3人陣取っておられた。

 昨日は、ブルーインパルスの岐阜基地到着を撮影後、新幹線で彦根に移動。予行を撮影したとか云々

HPで紹介のビューポイントはここに違いないとは思われたが、3人位が限界の場所でもあった。
ここでの撮影を諦め、戻る途中の墓地脇等も琵琶湖方向の見晴らしが素晴らしいポイントはあったものの、彦根城方向は隠れてNG。
探し切った満足感を頼りに車まで戻ることに... そんな帰路で発見したのが今回の撮影場所となる。

 江東寺に抜ける脇道を少し下った所に、かつての住宅造成地跡の様な平地があり、そこは、彦根城も含め見晴らしが広く効く場所であった。
P1160092
手前の集合住宅の赤屋根とか電柱 電線とか難点もあるが、当日ロケハンの結果としては上出来ではないだろうか。いずれにしても、撮影機材を車に取りに戻る必要は変わりない。

ここまで書いた処で、体調不良となり 1週間経過。

一旦、途中でアップしておきます。

本番の飛行は琵琶湖岸に垂直方向になる飛行経路がメインと成った上、直線距離で2.2kmは離れ過ぎであったと反省する。

大台ヶ原 正木峠からダイヤモンド富士 観望なる。

 
  今年最初の大台ヶ原行。

  梅雨とは思えぬ晴天が続いたものの、週末は崩れるとの予報であった。
が、しかし。想いが通じたのか6月10日の早朝も近畿、東海付近はPカン。若干の懸念は背後となる関東の雲と、中四国にまで迫った雲が6時には大台ヶ原を覆うとGPVが弾き出していた。
 梅雨における条件としては申し分無く、ともかく帰宅後、即仮眠に入る。

 22時30分に起きて荷造り開始。23時過ぎに準備が整い出発と成った。

 所要時間2.5時間でビジター・センター到着。
明るい月が残る空からすると、星撮りの人は居ないと思うが、結構な割合で駐車場が埋まっている。

 秋田での熊被害のニュースから熊除けの鈴が役に立たないと知り、新兵器”携帯ラジオ”を大音量にして暗闇を進む事 約一時間。道中、LEDライトに照らされて光る2つの目の群れが、そこ此処で此方に向けられている。
鹿だとは思うんだけど・・・

 正木峠に到着。ベンチに荷を降ろし、撮影準備に入る。
先着者は二人?既に撮影をしていた男性と、姿は無いが女性らしきDバックがベンチに置いてあった。

 月でピント調整後に富士方向でのファーストショット。タイムスタンプは3:14。星の軌跡らしきものが写っていたので、山際まで徐々にカメラを下げていく。

P1160123

偶然にも、目印に成る 右ピーク獅子ヶ岳と谷を挟んで左側は七洞岳。
富士の位置を予測図で確認しながら画角を探る。

P1160128

3:33 ボーグ(400mm)の画角を決定する。 心眼レベルで富士の頂上付近のシルエットが見えてる様な…

ちなみにこの日持参したカシミールによる予測図はと言うと

日出ヶ岳170610

どうも間違って日之出ケ岳からのモノを持って行っていた様だ。

慌ただしく 中望遠の脚を立て始めた頃、隣で例のDパックの持ち主も撮影準備に入った様だ。
 「見えてます?」と声を掛けてきた。
 「頂上付近が何とかと言うレベルかなぁー」と返す。
Twitterでも活躍中の彼女。一度写真をアップすれば100位のリツイートは直ぐに達する。
小生の場合、100越えは年に1度あるか無いか…

 「実は去年も来て、ダイヤは見れなかったものの、大雲海だったんですよ。」
そらそうでしょうよ。小生も近くで撮影してましたから...
 存在感無いからなぁー

参照当ブログ記事 大台ケ原 正木峠から見渡す限り一面の雲海を望む

P1160131

3:40 徐々に富士の三角錐状のシルエットが確認出来るように成ってきた。

「立ち枯れの一本木を頼りに、いつも探るんです」とは小生
「私もです」

P2580272
小生の撮影位置からだと富士よりかなり左側。今回の画角だと、ぎりフレームアウトする。
後に彼女がTwitterにアップしてた写真を見ると 立ち枯れの一本木の真上に富士が写っていた。
撮影位置は高だか1.5m位の差だった思うが、こんなに変わるとは思っていなかった。

P1160145

3:55 ISOを下げ 絞り込んでTimelapse撮影に入る。

P1160166
「宝永山も見えてる」独り言なのか話し掛けられたものか。彼女から感嘆の言葉が発せられる
(宝永山とは右稜線の途中にあるピーク)
IMG_20170610_042653
4:26 太陽とは反対側 大峰山系に月が沈もうとしていた。
IMG_20170610_042706
4:27 この日 ダイヤモンド富士に立ち会えた人達。 小生のカメラは木道の右端。
さらに背後には男女の若者のグループ。マナー悪いと言う事では無いが、木道上で頻繁に移動されると、結構カメラが揺れるんよね。

P2580381


4:30 三重の山頂部の発光体が風力発電であることが判明。
P1160342

P2580418
4:39 背後の空が赤く焼け、富士の山影が際立って来た。
IMG_20170610_043829
携帯で撮っても、しっかり富士のシルエットが写る。もちろん肉眼でも。
P2580420

P1160357
4:40 ダイヤモンド富士と言うには、右寄りの位置から太陽が昇り始める。
P2580500
4:43 太陽が富士の稜線を離れても、しばらく富士が見えていた。

店仕舞いの早かった彼女が先に挨拶をして去っていった。

ツアー 変更。(関西から行く北米皆既日食◆

 北米皆既日食を約3ヵ月後に控えた5月26日。阪急交通社から突然 ツアーに参加出来るとの連絡が入った。
 確か、予約時点で14人待ちだったと記憶する。

  既に身も心も台湾経由ツアーで固まり、観測グッズの準備をしてきただけに、今更感は禁じ得なかったのだが、今一度、両者を比較することにした。

・皆既時間
  日進:セイラムの北のブドウ園 。中心線にからはかなり離れており、ツアー紹介では触れられておらず、Xavier Jubierで確認した時は1分30秒と成ったが、念のためStellariumで検証してみたところ50秒にしか成らないと判明。

セイラム開始
 阪急:マドラス高校グランド 。中心線に近くStellariumによる検証では2分2秒。
マドラス

因みに、インドネシア パルの経験はStellariumの予測および実際時間共に阪急並みであった。

・晴天率
 内陸に入るマドラスの晴天率は、今回の大陸横断線上でも屈指と言えるが、セイラムも悪くは無い。

 予測雲量:セイラム45%に対しマドラス38%
参照:アメリカ横断皆既日食の概要 (UTC-7)

 インドネシアでの経験は晴天率では必ずしも優位とは言えなかったパルが、日食中は略快晴で最も好条件だった。ツアー企画者が現地大学教授と数年来の親交を温め事前調査した取って置きの場所だったと聞いたが
(ツアー価格も凄く良心的で、今回開催が無いのは残念)

・観測場所の占有性
 日進:他のツアーと合流とあり
 阪急:阪急ツアーで占有

・ツアーの強行性
  日進:土曜日出発のため、前日ポーランドでフリータイムとなり体調調整 観測機器準備に時間がとれる。
  阪急:当に弾丸と言える強行軍。日曜夜出発。更にカナダ経由を選択したため、日食時間帯以外は殆ど何かしら乗り物に乗っている感じ。
果たして耐えられるか?

 シアトルからマドラス迄のバス移動。世紀の皆既日食に道中 大渋滞でたどり着け無いとか発生しないか 一抹の不安。


でも、日食は1秒でも長い方が良いと思い、参加ツアーを変更する事にした。

 せめてもの対策として、時差ぼけ軽減に成るか判らないが、最近始めた事ではあるが、 帰宅後 すぐ寝て 夜中の日食発生時間帯に起る習慣付を行っている。また、細かく仮眠を繰り返して、どんな処でも直ぐ寝れる体質変更に取り組んでいる。

マドラスでの日食時間は
  9:06  (2:06JST) 日食開始
10:19:39 皆既開始
10:21:38 皆既終了
11:41 (4:41JST) 日食終了

Twitter
投票
アンケート
あなたの好きなクロスバイクは?
SPECIALIZED SIRRUS

GIANT ESCAPE R3

LOUIS GARNEAULGS-RSR 4
KONA DEW DELUXE
PROGRESSIVE FRD-900



2006年5月開始〜
☆★amazon★☆
記事検索
Blogランキング参加中
br_decobanner_20091217003318





fc2ブログランク


人気ブログランキング - 大和オヤジのサイクリング紀行

感謝来訪!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
小生宛 非公開メッセージ
星空指数
ミニチュア風動画
楽天で趣味を買う
  • ライブドアブログ