大和オヤジのサイクリング紀行

チャリを漕ぐ時間。それは無心に成れる時。

 ジェットの爆音に、驚嘆と興奮を求め。

 野鳥を追っかけて直向きな生に感動。

 奈良や天体を被写体に微速度撮影に熱中。

 そんな日々を奈良 富雄発で発信しています。

 そして脱原発を支持しています。
2014年天体カレンダー








 
  
このブログで取り組み中のGoogleMapのご紹介
京都五山の送り火を奈良から見る 京都五山の送り火を遠望する主旨の主にブログ記事による記録を地図に書込んでいます。
九州新幹線CMスポット 一世風靡した九州新幹線CMの各編のポイントや一般投稿者の関連動画などを書込んでいます。
奈良
(大和オヤジのサイクリング紀行編)
このブログに関連し小生が尋ね作成した動画などを貼り付けています。
お気に入りの音楽をYoutubeでセレクト
安部恭弘 Selection >20代に聞いた安部恭弘。30年近く経っても色褪せる事無く輝いている。
平原綾香 Selection 今 心に染み入る音楽を奏でられる数少ない日本人アーチストだと思う。
当ブログで提案したイベント(Wiki)
JAXAロケットを遥か彼方から見る >JAXAが打上げるロケットを遥か彼方から見る試み。
現在、5月24日真昼に打上げ予定のH2A-24号機の情報を中心に更新中!!

2014.4.15 半影食

2014.4.15の月食は関西では本食終了後の半影食。
140415
左 19:26JST 右19:48JST 半影食終了 10:39JSTとある。
19:26JST分 僅かに右上の方が暗い気がする。
(全体の明るさの差は月の高度の差によるもの)

横着の満月と火星接近

 赤道儀を屋上に上げ組上げる気力が湧かず。
三脚での横着撮影。
火星と月
2014.04.14 21:00JST
(焦点距離 35mm換算 400mm)ISO:800 絞り14 SS0.5(火星部分を)を1/200に合成

天理一本桜 2014

2014.04.05
 夜明け前に又兵衛桜を発ち、天理の一本桜に向った。
又兵衛桜の喧騒とは、うらはらの朝らしい風景。
IMGP4056
5:56 それでも既に2台の車が待機。その後更に3台が加わった。

ここからは日が射し込む様子を連続撮影。
IMGP4061
6:31
IMGP4065
6:32
IMGP4071
6:33
IMGP4081
6:34
IMGP4091
6:35
IMGP4121
6:37
IMGP4151
6:40
IMGP4211
6:45

又兵衛桜と天の川銀河 Timelapse


 今週末は晴れたら天の川を撮影に出掛ける心積もりでいた。
月は夜半に沈み PM2.5の影響も無い 低気圧が通過して雨が降った後は冬型になる。そしてGPV天気予報は文句無しの快晴の予報であった。

 一方、奈良市内で満開となった桜。大和高原や宇陀の桜の名勝はまだまだだろうとタカを括っていたので、出掛ける先は曽爾のとある場所と決めていた。

ところが、毎年情報を参考にさせて頂いている今阪屋さんのツイートに決心が揺らぐ
何と8分咲きなんだそうな。 これは又兵衛に行くしかない。
銀河が昇り始める1時に現着を想定して 荷造り後は仮眠。

探偵ナイトスクープの頃に目覚めて外を見る。
まさかのべったり曇天。
30分程思案して GPVは嘘つかない。の結論に達し出発。

1時過ぎに到着。空は相変わらずべったり曇り。カメラを準備する気力が湧かず、車で待機するも
せっかくなので桜だけでも長秒露光で撮るかと動き始める。
140404i0001_5
中々回復しない天気にカメラを出したり、引っ込めたり
140404i0026_5
モクレンが自動販売機の明かりに浮かび上がっている。
140404i0031_5
桜も、次々にやって来る車のヘッドライトや撮影のためにサーチライトを当てる人が居て
時折 発光する。
140404i0017_5
天は見捨てなかったー!
3時過ぎから雲が切れ始めた。

140404i0064
桜の対岸正面に1台のカメラを放置し、もう一台で場所を変えながら撮影。

140404r0086
ライトの当て方が上手な方もいらっしゃって、これはそのオコボレに預かった1枚
140404r0132
これは、車のテールランプが良い塩梅に当たって赤く発色。
140404i0150
桜の周りの発光は撮影者によるもの
140404i0138
(ライトも自己中と言うか 強力にかつ長時間当てる人が居てコチラとしては
過露光と成ってしまうのには閉口。最後にも文句を言っている人も居たが・・・)

140404r0145
さて、4時を過ぎると徐々に空が明るくなって行く

そして小生は最後に取って置きのイベントを待つ。
(周りを見る限り、それを意識している人は居ないようだった)
PassSkyChart2
ISSが4:45からさそり座の下方を通過するのである。
火星の東側あたりにISSを視認するも、画角外。来い来いと念じるも
さそり座付近に雲があった事。そもそも高度的に無理だった?事もあって撮影は叶わなかった。

小生はココで撮影終了。
日の出を待たずして現場を離れた。

比較のため2012年撮影分も掲載。

自身の出来栄えはともかく、2年前と何が変わったと言えば
この時間帯にして、あの撮影者の数。 
Twitter
投票
アンケート
あなたの好きなクロスバイクは?
SPECIALIZED SIRRUS

GIANT ESCAPE R3

LOUIS GARNEAULGS-RSR 4
KONA DEW DELUXE
PROGRESSIVE FRD-900



2006年5月開始〜
☆★amazon★☆
記事検索
Blogランキング参加中
br_decobanner_20091217003318





fc2ブログランク


人気ブログランキング - 大和オヤジのサイクリング紀行

感謝来訪!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
小生宛 非公開メッセージ

名前
メール
本文
星空指数
ミニチュア風動画
楽天で趣味を買う
  • ライブドアブログ