大和オヤジのサイクリング紀行

チャリを漕ぐ時間。それは無心に成れる時。

 ジェットの爆音に、驚嘆と興奮を求め。

 野鳥を追っかけて直向きな生に感動。

 奈良や天体を被写体に微速度撮影に熱中。

 そんな日々を奈良 富雄発で発信しています。

 
2016年天体カレンダー




3月9日 皆既日食(インドネシア)



 
  
このブログで取り組み中のGoogleMapのご紹介
京都五山の送り火を奈良から見る 京都五山の送り火を遠望する主旨の主にブログ記事による記録を地図に書込んでいます。
九州新幹線CMスポット 一世風靡した九州新幹線CMの各編のポイントや一般投稿者の関連動画などを書込んでいます。
奈良
(大和オヤジのサイクリング紀行編)
このブログに関連し小生が尋ね作成した動画などを貼り付けています。
お気に入りの音楽をYoutubeでセレクト
安部恭弘 Selection >20代に聞いた安部恭弘。30年近く経っても色褪せる事無く輝いている。
平原綾香 Selection 今 心に染み入る音楽を奏でられる数少ない日本人アーチストだと思う。
当ブログで提案したイベント(Wiki)
JAXAロケットを遥か彼方から見る >JAXAが打上げるロケットを遥か彼方から見る試み。
現在、2月12日夕刻に打上げ予定のH2A-30号 ASTRO-Hの情報を中心に更新 今回はkmlファイルも公開中!!
>

2016年 帝塚山幼稚園・小学校花火大会


 夏の花火シーズンの訪れを告げる帝塚山幼稚園・小学校の花火大会が7月16日に開催された。

開催日時を調べるも、主催者側からの発表は無く、当日 かろうじて会場近くの駐車場のブログから確証を得る。
 夕方、自宅周りで撮影ポイントを探るも目ぼしい場所を見出せないまま帰路に。その時、在る場所が閃いた。

GoogleMapで所要時間を確認すると徒歩で片道23分。打ち上げ開始の20:00から準備時間を考え19:00自宅を出た。
P1090355
旧ダイエー(今はイオン)が目に付いたのでそれよりは北寄りかと決めた方向がコチラ。
焦点距離140mm(35mm換算280mm)で花火も収まるかと思ってたのだが
P1090369
途中 不安になり流石に富雄駅(左端の明るい箇所)が入る位置かと北に振る。
P1090377
最終的に花火が始まってから決めた方向はとんでもなく更に北方向 画角も引かないと花火が収まらない。
焦点距離48mm(35mm換算96mm)

露出も過多で途中 再調整した。 練習には成ったかな。

強風とガスにマケズ大台ケ原正木峠からの富士山遠望

 7月最初の週末もそこそこの天気に成る予報が出ていた。
土曜にすべきか日曜にすべきか
予報から日曜の方が可能性がありそうだったので、土曜は家人の要望で風鈴寺でお馴染みの”おふさ観音”に出掛けた。

 翌朝に備え帰宅後は休養に努める。夕刻 自宅から南方を望むと大峰山系のシルエットがクッキリと浮かび上がっていた。(見通しは申し分無し) 直前の予報では南アルプスに雲が発生し視野を隠す恐れが懸念されるも、”後悔する位なら出掛ける”と自分に言い聞かせる。

 車移動2時間半と徒歩移動1時間弱から逆算して午前0時 自宅を出た。
 午前2時30分 ビジターセンター前駐車場に到着。
見上げた空は見渡す限りの曇天。今シーズン3度目の大台ケ原だが、その中でも最悪の状況。
とりあえずトイレを済ませ車に戻って来た時の事。
一人の男性が話しかけて来た。
天の川を撮りたくて大台ケ原に来たらしい。展望台(おそらく日之出ヶ岳)の視界や道順など質問された様に思う。
 小生は正木峠に行くと告げ、一旦別れたのだが、大台ケ原初体験の彼は不安を感じたのだろう。同行したいと申し出て来た。曇天に、そもそも1時間掛けて移動する事を躊躇していたが、彼の言葉に後押しされ行く決心がついた。

 午前3時30分 正木峠着(彼に合わせて貰った)。あいにくと言うか当然というか天候は回復せず、更に周囲はガスに包まれている様である。
奈良の大学院生という彼は博士課程の卒業年次の今年、全国を旅しながら写真を撮っていると言い、その写真を見せて貰っていつつ、念のため撮影の準備をしていた。
 P2550473
3:53 いつもの如く高ISO 長秒露光で富士山方向を撮影する。
写真左下隅の枯木を目印に富士山方向の導入(3回目とも成ると確かなものだ)
つまり 画面中央の三角シルエットは富士だと確信した。

俄然 撮影に力が入る。
P2550477
3:57 態勢整えタイムラプス撮影開始。
しかしながら、天候は安定せずガスが一瞬にして辺りを包む。かと思うと一気に視界が開けるの繰り返し。
そして、カメラも体も持って行かれそうな強風。(実際1度 笹原にカメラが三脚ごと倒れた)
P2550588
4:36 4時半過ぎから安定的に富士山方向の視野が確保され、見事な朝焼けと共に麓付近まで明確な富士の姿を肉眼でもハッキリ見る事が出来た。南側稜線途中の尖塔は宝永山。
富士山の北側には南アルプス深南部の岩岳山(1369m)竜馬ヶ岳(1500m)蕎麦粒山(1627m)高塚山(1621m)の稜線が確認出来る。
日出ヶ岳_1
残念ながら日の出タイミングで再びガス襲来。ダイヤモンド富士の瞬間を撮り逃がしたと思われたが、帰宅後見直してみると写り込んだ写真があった。
P2550684
4:46 富士の山頂から南側稜線寄りで太陽が昇っている。
P2550711
4:53 日の出後10分間 富士山のシルエットを確認する事が出来た。

 それにしてもこんなこともあるんだなー。
先ずもって最悪の状況と思われたのに、クリアさでは一二の富士を見れるとは・・・
”行くと決めたら、初心貫徹で登らにゃいかん!!”
 そのように導いてくれた博士学生の彼には感謝したいと思う。
(それにしても、彼は意図せず初大台ケ原で富士を見たんだから、彼が幸運を持ってたのかもしれない)

 遠望は目的であったが広角の光景も申し分無かった。
あいにく携帯しか無かったのが残念。
IMG_5915[1]
4:32 真っ赤に焼けた空を金団雲の様な雲が近くを通りすぎる。
携帯だけど富士のシルエットも確認出来る。
IMG_5918[1]
4:36 富士のシルエットがより鮮明に。
IMG_5920[1]
4:38 北方(日之出ヶ岳)の雲も赤く焼ける。

生涯6回目の富士山観望
富士からの日の出との定義で言うところのダイヤモンド富士として5箇所目
今シーズン3回目

2016.6.26 小泉進次郎氏 参議院議員選挙区選挙応援演説

 自民党奈良県連から職場にFAXが入り 週末 小泉進次郎党農林部会長が西大寺で選挙区選挙候補者の応援演説で来奈するとの情報が入った。
P2550441
 安倍総裁をしのぐ人が集まると聞いていたので、どんなものかと様子を見に行く事にした。
 自由民主党のHPより6月26日15時45分から西大寺サンワシティー前とある。
 三和住宅の社長であり自由民主党の第一支部長のK氏の御膳立てか?

それはさておき

 当日15時過ぎに自宅を出発。15時30分に西大寺駅に着いた。
電車のドアが開くと共に、大音量で飛び込んで来る演説の声。
現地に行ってみて初めて公明党との合同演説会と知る。
公明党で近大付属病院医師から転身の比例代表候補が演説中。
いわゆる”絶叫型”演説で内容が全く入って来ない。
が、団体としての結束力からか、妙な盛り上がり。
P2550398
 続いて、北側副代表。流石に演説慣れしていて安定感はあるが、一般受けと言うより、党員受けレベルであった。
P2550407
 自民党にバトンタッチと成り、奈良県選挙区候補の演説と成ったが、前回の安倍総裁の演説を参考にした様な内容に変えて来たものの演説の技量の上達が見られず、会場が盛下がり気味と成る。

 ふと、隣を見るとMBSスタッフがドヤドヤとやって来た。大型のカメラ三脚を設置した後で、一応周りに大丈夫か確認したのは熊本地震取材での失態から多少学習したのかもしれないが、後から言われてもどうしようも無いんだけど・・・ 
 おっ 何処かで見た顔。と思ったら”ちちんぷいぷい”の西アナウンサーが隣に立ってる
P2550405
カメラが向いてないと意外と不愛想。
(レンズは望遠しか持ち合わせず、MBSスタッフが離れた場所に移動した際に撮影)
結局、隣にデンと設置された大型TVカメラ用三脚は、最後まで活用されることは無かった。
P2550410
15:53 真打 進次郎氏登壇。
会場の雰囲気が一変する。小泉氏を見つめる聴衆のまなざしがやさしいのが見て取れる。
P2550413
その時である。いわゆる18歳選挙権拡大で、今回の参議院選で初投票となる若い女性4人組が、握手でも求めようとしたのだろうか、小泉氏に近寄ろうとしたのである。一瞬、その場に緊張感が走ったが小泉氏が
「どうぞ、前に来て」といったのだろう。更に
「今回、初選挙になる人。どうぞ前にやって来て」と促した。
P2550419
そうして近くに集まった若者を前に熱弁をふる。
論点を整理してみた。(撮影しながらなので抜けがあるかもしれない)
・如何に奈良の農産物が優れているか(具体的には種無しスイカを生み出した奈良を持ち上げる)を農林部会長としての知識を交えTPPでの野党の姿勢を批判
以下は、進行上(若い女性の乱入とか)で前後はあるが数時間前の三重での演説の様子を収めたYoutubeと変わらない。

・衆議院の選挙と違って6年間の議員期間が保証されている参議院議員。野合とも言える野党に投じ無い様 頑張ろうコールで締めくくった。
P2550461
確かに演説が上手い。引き込まれていくものがあり、話は明瞭で判りやすい。安倍総理が一言も触れられなかった改憲の話題にも踏み込む。卑怯な真似をしたくない意志を感じる。
 帰り際 後ろを歩くカップルが
「ほんまや 6年もあるんやから野党には任されへんわ」
との会話が聞こえて来た。

完全に釣られてしまったなぁー。結構 釣られた人多いんだろうとは思う。

 嘘のつけない小泉進次郎だからこそ憲法改正に踏み込んだ。つまりは、選挙後、間違いなく憲法改正論議に成るって事で、その辺の事判ってんのかなーって思う。

 確かに野党は情けない。支離滅裂だ。民主党時代の様ないい加減な政治はまっぴら御免である。
只、あくまで参議院議員選挙であり政権選択では無い。行き過ぎた方向に成らない様 ブレーキが踏める機会だと思っている。
P2550449
ところでMBSの西アナウンサー。この演説をどう聞いたのだろうか

県道7号南向き富雄北3丁目路面のうねり 緊急工事

 6月24日金曜日 仕事を終え帰宅路において富雄川沿いの県道7号南向き脇の歩道を歩いていると、県土木の車両が複数川寄りの車線に停車。赤色灯ならぬ黄色灯を光らせている。

 職員が携帯で「えらいこっちゃー」と叫び。合わせて、他の職員に1車線の車線規制をもっと手前からする様指示していた。

 何事か?と路面を見てみると、やけに波打っている様に見える。またマンホールの場所が高く残り、他の箇所が下がっている様にも感じる。川沿いの車線程では無いが、歩道よりの車線も同じく波打っている箇所がある。
 この日は、深夜からの豪雨で大雨洪水警報が出ていたが、その影響だろうか?

1日おいて6月26日 日曜日
 週末のお約束。杵築神社へのお参りの帰りに回り道をして様子を伺う。
P2550380
応急規制から修復工事体制に切り替わって工事も進んでいる様である。
P2550384
投入されている重機類。 舗装関連の機材である。
P2550381
川沿いの車線は仮舗装が施され、発生時の状況を今と成っては確認出来ないが、通行可の歩道側の車線の陥没具合ですら異常と言える。
P2550382
陥没による道路の亀裂。

 しかし、舗装のし直しで済む問題だろうか?
P2550383
川寄り車線の堤防のつなぎ目のズレ。今回発生したモノなら、この周辺の地盤が動いた可能性もある。
P2550387
川を挟んだ北行き車線脇歩道から、工事対象箇所を望む。
富雄川による河岸段丘の地形。川岸から背後に見える法融寺 三松墓地までは結構な勾配でせり上がる。
P2550388
 道路維持に関連する部門が、とりあえず自分の担当部署で解決出来る範囲として舗装のやり直しだけをやっているとしたら、背後に潜む大きな問題を見逃す恐れがある。
P2550389
 豪雨により顕在化した訳だが、よくよく考えると、帰宅時間の関係で育英西のスクールバスが2台連なって、この付近を通過するのに度々遭遇していた。女子生徒を満員乗せた大型バスが、このあたりで大きく2度3度上下にバウンドしていたのである。
 今回の事象に繋がる何かが、徐々にではあるが進行していたと思われる。

 幸いにして大きな事故とか災害に成っていない今の内に、後方に見える法融寺の三松墓地あたりを含め、早急にGPS測量を調査を行うべきと思う。

 
Twitter
投票
アンケート
あなたの好きなクロスバイクは?
SPECIALIZED SIRRUS

GIANT ESCAPE R3

LOUIS GARNEAULGS-RSR 4
KONA DEW DELUXE
PROGRESSIVE FRD-900



2006年5月開始〜
☆★amazon★☆
記事検索
Blogランキング参加中
br_decobanner_20091217003318





fc2ブログランク


人気ブログランキング - 大和オヤジのサイクリング紀行

感謝来訪!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
小生宛 非公開メッセージ
星空指数
ミニチュア風動画
楽天で趣味を買う
  • ライブドアブログ