引き続き、  ’09「世界砂像フェスティバル」オープニングイベントに登場したブルーインパルスの模様です。

 いつもの航空祭と違って、鳥取らしさを出そうと砂丘からとも思いましたが、1.5km程離れており残念。それではと言うので会場前の砂浜の波打ち際を選択。波の音も入れつつ、倍率は普段より控え目に風景も入れながら撮る事にしました。
 11:00に先ず、会場上空偵察に1機が現れました。その間 東方上空で編隊飛行の体制を整える各機を確認しましたが、登場は日本海 北方からでした。
 増槽を付けて小松からのリモートのため、演目は水平系の編隊飛行が中心で高度も高めとなりました。

 撮影場所が前に出過ぎたせいで、頭上で旋回となり撮影し辛くなったのは否めませんが、なにせ今シーズン初めてです。カムの操作誤りもありブレも解消せずのドタバタとなりました。


P1020689風が無く、スモークも暫く残る好条件でした。ビデオ撮りの合間に撮ったワイドローパスのスモーク痕。欲張ったせいで次のナイフエッジ撮り損ないの一因となりました。

 さくら以降の後半の様子です。バイバイフライトはソロを担当した5番機のみとなり、2年前に見た経ヶ岬の全機対応より寂しくなったのは、不況のせい?あるいは、あくまでサブイベントとしての奥ゆかしさからでしょうか・・・

P1020691さくらのスモーク 28mmで狙いましたが、それでも全体が収まりません。



P1020693編隊飛行のラスト演目
レベルオープナー のスモーク痕。

 終了は11:23。約15分との案内でしたから、多少サービスあったのかな?
撮影時間は8分強。実質15分ってところでしょうか。

P1020685
これにて終了。せっかく此処まで来たのだから美浜まで足を伸ばそうかとカーナビに美浜基地と入れると約100km。流石に地道100kmは辛いなぁーと思い帰路につく事に。

12:00 鳥取砂丘出発。国道9号に乗るまでは渋滞。
13:00 現在の鳥取自動車道の起点 河原着。
P1020695
零石山でパラグライダーに興じる人々。

P1020696千代川をはさんで河原城を望む。
道の駅”清流茶屋かわはら”でみやげを買い。ファミマで”キチントチキン”他で昼食。ここの”キチントチキン”は美味しい。店でこんなに違うとは・・・・。

揖保川パーキングエリアで仮眠。
阪神高速 水走出口から阪奈登り口で多少渋滞。
帰宅は16:30頃
総走行距離:463km
高速代金 往路 阪神高速¥500−中国(池田〜佐用¥1,300
高速代金 復路     ¥500−        ¥1,450
撮影機材:ビデオ ivis HV10。カメラ DMC-FZ18-K