・・・1月30日・文句さんとの特別対談・・・
072
とっても幼稚で、バカバカしいゲームなのに
何故かは、とっても熱中して、楽しみました。


孝ちゃんのオチンチン
 とっても逞しくなっちゃった…。」


「そりゃあそうだよ。
 世界一綺麗な花に指入れてるんだもん。」


「まあ!何て素敵なんでしょう!
 私のアソコ、花なんですか!?」


「うん。奇跡のように綺麗…。
 それにしても…空腹に、キビしいなあ。」


「え?
 オチンチン大きくなるのって
 お腹空いてると、ダメなコトなの?」


「何だか、クラクラしてきたよ。」


「大変!孝ちゃん、死なない?」


「死なないよ。イかなければ、大丈夫。」


「イくと、死んじゃうの?」


「死ぬかどうかは判らないけど
 そんな精力、残ってないよ(;´д`)」


「あ…。私…。イきそう…。」


「え?そおなの?僕、イかないけど、いい?」


「ごめんなさい。私…イっても…いい?」


「いいよ。いいよ。
 でも…僕…女の人の悦ばせ方、判らなくて…。
 最後は、どんなふうにしてあげれば、いいの?」


「お…おマメちゃんを…グチャグチャに…」


「それじゃあ、こんな感じは、どう?」


「ああっ…す…すごいっ…(⊙﹏⊙✿)
 どうなっちゃったの?」


「人差し指と中指と薬指を入れながら
 親指で、おマメちゃんを苛めてるの。」


「こ、こんなの…初めて…
 ああっ…もう、イっちゃうっ…(*´д`*)ハァハァ
 (;´Д`)ハァハァ (*´Д`)ハァハァ
 (*´Д`*)アアアアッッッ!!」


若く瑞々しい若菜の肢体が大きく反り返ります。
今まで感じられなかった【エロスの香り】
若菜の裸身に満ち満ちているのが
何とも可愛いです。


それで気づいたのですが
今まで、その全裸を、惜し気もなく開いていたのに
纏っていたオーラは【少女の香り】だったのです。


「…え~ん。
 私が淫乱だってコト、バレちゃったぁ~。
 嫌いになってもいいですよ。」


あ、また【少女の香り】に戻りました。
若菜って、ホントに、不思議な女性です。


さて、文句さん


(おう。)


若菜がどうやって孝と親密になったのか
そろそろ、御理解戴けたと思います。


(まあな。
 まるで小学生みてえな、さっきの会話にゃ
 正直、ドン引きしたぜ。)


孝と若菜の物語は、まだまだこれからなのですが
やはり、さすがに、2人は、脇役なので
この先は、あらすじ…と、いいますか…。


(おう、いいぞ。)


シャワーをかけて、ひととおり洗い流します。


入浴剤を入れて、薄いブルーの乳白色になった
温めの温度の浴槽に、が入ります。


「このお湯、浸かってるだけで
 身体が綺麗になるんですよ。
 食事、用意してきますから
 その間、しっかり、歯磨きしていて下さいね。」


真新しいピンク色の歯ブラシに
ピンク色のいちご味歯磨きを乗せて渡されます。


(たはは…。)


この家に来て初めて
は独りぼっちになりました。


(お?逃げるチャンスだぞ?)


裸ですし、着るモノありませんし
食事が用意されるのなら、食べたいですし…。


言いつけどおり、歯磨きします。


「どうですか?」


意外な早さで、若菜が戻ってきました。
浴槽から出て、若菜のひざ枕で
歯磨きの仕上げをしてもらいます。


「あ~っ。虫歯、いくつもありますね~。
 明日、歯医者さん、行きましょうね。」


そんなコト、は、ウワノソラです。
だって目の前に
ロールパンとポテトサラダ
オレンジジュースが、あるんです。


(ケチな飯だな~。)


「ずっと食べてなかったんだから
 いきなり、いろいろ食べちゃうと
 身体に悪いですからね~。」


(そういうコトか。)


パンを小さくちぎって
の口に入れてあげます。
ポテトサラダをスプーンに少しとって
の口に入れてあげます。
オレンジジュースを
ストローでゆっくり飲ませます。


「美味しいなぁ~。世界一美味しいよ。」


「またまたぁ~。大袈裟ですね。」


ひとつひとつ、口に運んであげるのは
空腹に急いた食事では身体に悪いという
若菜の愛情でした。


(そうか、そうか。
 いろいろ気を遣ってるんだな。)


「オチンチン、元気になりました?」


「そんな。スグにはムリだよ。」


「も~い~かい?」


「まあだだよ。」


(うわ。もう、こういうノリなのか。)


2人とも、すっかり仲良しですね~。


「え~ん。早く入れてほしいのにぃ~。」


(そしてこの上、肉体関係作りか?
 念の入ったコトだな。)


「ちょっと訊くけどさ…」


「違いますよ。
 私だって、女の子なんですから
 知らないおじさんのオチンチンなんか
 死んでも入れたくないですよ。」


「それじゃあ、どうして?」


「だって、こんなに素敵な孝ちゃん
 こんなに素敵なオチンチンなんですから。」


「…………。」


「私だって、女の子なんですから
 こんなにも素敵なオチンチンを目の前にしたら
 死んでも入れたくなりますよ~。」


「も…もうちょっと…待ってね…。」


若菜の散髪をしてくれました。
理髪店でバイトの経験があるとかで
なかなかの手際の良さで
なかなかの腕前でした。


(へえ。若いのに多芸なんだな。)


「あ~ん。孝ちゃん、ズルいですよぉ~。
 どうしてこんなに素敵なんですか?
 これじゃあ、反則じゃないですかぁ。
 罰として、結婚しちゃいますよ?」


(どんな罰だよ?)


綺麗さっぱりスポーツ刈りになった
髭や脇毛、脛毛まで
眉毛を残して、身体中の毛という毛を剃られます。


もちろん、チンチンも、お尻の穴も
全部、ツルツルです。


(がはははっ…。
 【ケツの毛まで抜かれる】なんて
 よく言われるけれどな。
 地でいったか。)


でもは、若菜にしてもらうコトなら
どんなコトでも嬉しいのです。


浴槽のお湯を入れ替えて
小さな機械からホースで繋がった
四角いマットを浴槽に沈めます。
超音波浴槽に早変わりです。


(うわ。オシャレだな~。)


ボコボコ噴き上がる泡に洗われながら
若菜が、改めて、感嘆の溜め息をつきます。


「ああ…。それにしても…。
 何て素敵なオチンチンなのでしょうね。
 きっと世界一だわ。」


「包茎で…ごめんね。」


「あら?どうして謝るのですか?
 包茎って、とっても素敵ですよ。
 私、包茎、大好きなんです。」


「そうなの?
 それじゃあ、包茎で良かった…。
 僕、ずっと、コンプレックスだったの。
 僕の時代は、銭湯だったからね。
 町内の人達や、学校の友達に
 チンチン見られないように
 いつもコソコソしてたんだ。」


「まあ、勿体ないわ。
 みんなに見せて自慢したら良かったのに…。」


「そんなコトしたら
 次の日、学校で、苛められちゃうよ。
 包茎って、あだ名つけられて
 女の子達の前で、パンツ脱がされちゃう。」


「まさか!?」


「中学の時にね
 実際に、そんなふうに苛められてるヤツ
 いたんだ。」


「ヒドいわね~、こんなに素敵なのに…。
 包茎じゃないオチンチンと包茎のオチンチン
 2つ並べて好きな方を選べ…って言われたら
 間違いなく包茎を選んじゃいます。」


「どうして?」


「だって、いろいろ楽しいじゃないですか。
 剥いたり戻したりできるのって
 ラジオのアンテナみたいで
 とっても高性能だと思いますよ。」


(表現が斬新だな。)


ラジオのアンテナ…って
ロッドアンテナのコトですよね…(;´д`)


(伸び縮みするもんな~。)


孝ちゃんの包茎オチンチンと
 孝ちゃん以外の包茎オチンチン
 2つ並べて好きな方を選べって言われたら
 間違いなく孝ちゃんの包茎オチンチンを
 選んじゃいます。」


「どうして?」


「だって、とっても可愛いんだもん。
 小さい時って、ホントに小さくて
 先っちょが完全に隠れて
 皮が、たくさん余ってるでしょ。
 まるで、キャンディみたい。」


「ははは…(;´д`)」


「それに、とっても美味しいんだもん。
 孝ちゃんのオチンチンさえあれば
 オカズの必要ないですよね。
 オチンチンのお汁だけで
 御飯食べられそうです。」


「怖いコト言わないでぇ~。」


(まったくだ。)


孝ちゃんって、不思議ですね。
 その紳士的な御心から、オチンチンまでも
 素敵の塊みたいな人ですね。」


ママのような綺麗な女性に
 そんなふうに褒めてもらったから
 もう、死んでも、いっかな~。」


「…さっきから、それ
 とっても不思議なんですが…。
 私のドコが、そんなに綺麗なんですか?」


「隅から隅まで、全部だよ。
 本当に、人間の女の子なのか
 疑っちゃうほど綺麗だもん。」


「すんごいベタ褒めですね~。
 たとえば、ドコですか?」


「その長い黒髪…。
 とっても艶やかで
 シャンプーの宣伝からスカウトされそう…。」


「きゃははっ\(^o^)/お上手ですね~。
 私、パーマとか、そういうの、苦手なんです。
 かといって
 縛ったり三つ編みしたりも嫌いで…。
 伸ばしっ放しのお子ちゃまヘアなんですよ。
 唯一良いトコロは
 髪がしっかりしているので
 静電気に強いトコロかしら…。」


「その愛らしい顔…。
 大きくて、澄んだ瞳…。
 アイドル事務所からスカウトされそう…。」


「きゃははっ\(^o^)/
 またまた、お上手ですね~。
 私、実は、お化粧も、苦手なんです。
 夏、汗っかきなモノですから
 お化粧しても、みんな汗に崩れちゃって…。
 それに、お化粧してると
 顔、洗えないですよね。
 私、外出先でも
 ザブザブ、顔を洗いたい人なんです。
 放ったらかしの童顔タヌキ顔なんですよ。」


「細やかな気配り…。
 一生懸命前向きな姿勢…。
 お嫁さんにしたい女性の国民投票があったら
 日本一、間違いなしだよ。」


「それ、根本的に、間違ってますよ。
 私だって、女の子ですから
 大好きな男の人の前では
 細やかな気配りにだって努めますし
 一生懸命にも、前向きにもなりますって。」


(そんなに、僕のコトを…?…)


孝ちゃんの前だけ限定で
 私、イイ女になりたいんです。」


(何とも泣かせるじゃねえか。)


「んもう。あんまり褒めてると
 私、孝ちゃんと、結婚しちゃいますからね。」


(それ、脅しのつもりなのか?)


「それなのに…。
 まるで芸術の極みのように美しいお身体を
 汚しちゃった…。」


「きゃははっ\(^o^)/
 孝ちゃんのウンチ
 いっぱい、ついちゃいましたものね。」


「僕の罪は、千年の牢獄でも、贖えないよ…。」


「うっわ。大袈裟ですよ。
 幸ウンが、ついちゃって
 私、とっても感謝なんですヨ。」


(上手いコト言うじゃねえか。)


孝ちゃんは、良いコトしたんですよ。
 だからむしろ、胸をはっていて下さい。」


「いい歳して…恥ずかしいヨ(;´д`)」


「あれ?
 恥ずかしがらなくて、良いと思いますよ。
 誰だって、ウンチ、しますから。」


「…そうは言っても…。」


「きゃははっ\(^o^)/
 孝ちゃんって、デリケートで繊細なんですね。
 トイレにするか、パンツの中にするか…。
 たったそれだけの違いですよ。」


(たったそれだけの違いが
 人間であるか動物であるかの
 決定的な違いなんだが…。)


「私だって、ウンチしますよ。
 私のウンチ、くっさぁ~いんですよ~。
 その臭いは、千年の牢獄でも、味わえません。」


(お。またまた上手いなぁ~。)


ママは、女神様だから
 ウンチなんか、しないもんっ。」


「きゃ~💛
 そういう、少年のような発想、大好きです。」


(ははは…。軽く、イナされてらぁ。)


(92へ)


にほんブログ村


人気ブログランキング