・・・1月30日・文句さんとの特別対談・・・
072
誰も何も言いません。
言える訳がありません。
乱暴とか、虐待とか、暴虐とか
言語が表現できる限界を遥かに超えていて
最早、人間離れしています。


『…………。』(千里)


さすがに気まずい雰囲気を察知したか
千里も困ってしまいました。


(おい、何か言ってやれ。
 
千里ちゃん、困ってるぞ。)


『花びらが…』


『あ、花びらは、ですね。』(千里)


救われた…といった表情で
スグに千里が反応しました。


(花びらがどうしたよ?)


『乳首と同じように
 穴をあけて紐を通して引っ張ったんです。
 左右とも、ちぎれてしまいました。』(千里)


残っては、いるんです。
でもまるで、蝶の羽根のように
上下に別れていました。


(…何か
 俺様まで、痛くなってきた…。(;´д`))


何て根性ねえんだ。
 俺様が根性を焼きつけてやるから
 有難く思え。
…そう言って
 タバコの火を、押し当てられました。』(千里)


ヤケド痕は、ポチの左右に1つずつ
花びらの上部分に1つずつ
花びらの両外に3つずつありました。


(オッパイのヤケド痕より、色が濃くねえか?)


同じトコロに
毎日何度も押し当てられたそうです。


(鬼畜野郎だな。)


ぽくっ


綾乃のグーパンチが、の頬に
力なく当たりました。


拳を頬に押し当てたまま
綾乃は俯いています。


拳を頬に当てられたまま
は、黙ってじっとしています。


『くぅ~…。』(綾乃)


俯いたまま、呻くような泣き声が
搾り出てきました。


(怒りの持っていき場が、ねえんだよな。)


『それにしても、綺麗なお尻の穴ですね~。』


(何だ、おめえ。
 そんな力ねえ切り返しじゃ
 場の雰囲気を持ち直せねえぞ。)


でも、ホントに綺麗なんです。


(わわっ!確かに綺麗だ!
 まるで、赤ちゃんの口のようだな。)


『わ。嬉しいっ。ありがとうございます。
 元亭主も、お尻の穴だけは
 いつも褒めてくれたんですよ。』(千里)


(あんな奴と同じように言われてもなあ。)


でも…
まるで女の子のような笑顔を見せてくれたので
良かったじゃないですか。


千里が潮を吹く女だと知ると
面倒臭くなった元亭主
千里に感じるヒマを与えないSEXを
するようになりました。


『何て勿体ない。』


『ホントよね。
 悪いけれど
 価値がまるで判ってないわ。』(真奈美)


『どういうコトでしょうか?』(千里)


(どういうコトだよ?)


『こんなに綺麗な潮が吹ける秘花なんて
 もしかしたら、世界一かもですよ。』


(何言ってんだ、おめえ。
 ドサクサに紛れて
 いいかげんなコト言ってんじゃねえよ。)


あれ?文句さん知らないんですか?


『???』(千里)


『涙が出るほど羨ましいです。
 私も千里さんのような秘花に
 生まれたかったです。
 どうか潮が吹けるようになりますように…って
 女子高生の頃は
 毎晩、丸出しにした秘花を月の光に当てながら
 神様にお祈りしてました。』(真奈美)


(どんな女子高生だよ?( ゚Д゚))


『そして毎晩3時間
 筋トレならぬ、秘花トレしてたんですよ。
 おしっこ我慢しながらイってみたり
 イく時の精神統一と
 力配分を工夫してみたり…。』(真奈美)


(だ・か・らぁ~
 それって、どんな女子高生だってんだよ!?)


『結局は、千里さんのような秘花になれなくて…
 がっかりでした。(;´д`)』(真奈美)


『僕、真奈美ちゃんと出逢ってなければ
 
千里ちゃんと結婚してたかもです。』


(おめえ、また
 すんげえ、見え透いた…。(;´д`))


『…お2人とも、ありがとうございます。』(千里)


『あ。
 咄嗟に思いついた
 根拠のない慰めだと思ってませんか?』


(思ってそうな顔だぞ。)


『僕、千里ちゃんのコト
 何億倍も、大好きになりました。
 またイかせちゃって、いいですか?
 今度は、その潮を、口の中に受け止めて
 飲み干してみたいんです。』


(おめえ、ホントにやる気だろ?)


みんなも、そう思ったみたいで
何となく、それがきっかけで
場の空気が少しずつ、和んでゆきました。


『千里さんの秘花、世界的な銘器かも。』(真奈美)


私達夫婦の【潮吹き秘花銘器発言】
早苗ちゃんママちゃん淳美綾乃
半信半疑の呆れ顔で見守っています。


(【突発的マニアック発言】の、間違いだろ?
 そら、呆れられるわな。)


『ホントですよ。僕も聞いたコトがあります。
 多分、
千里さんの秘花
 ホントに世界的銘器かも。』(誠)


(お?ここにも同意者が…。)


『何よう。ちゃんと説明しなさいよね。』(綾乃)


『痛い、痛いっ。今聞いたとおりだよぅ~。』(誠)


(そんなに強くタマ袋引っ張ったら
 ちぎれるぞ?( ゚Д゚))


『ストラディバリウスみたいな
 モノ…かしら?』(早苗)


(何だ何だ?)


ストラディバリウス、知りませんか?
有名なので、調べて下さい。


『皆様、本当にありがとうございます。
 元亭主も、そんなふうに思ってくれたら
 私達、変わっていたかも知れませんね。』(千里)


潮を吹かれたら困るので
元亭主は、濡れてもいない秘花に
慌てて無理矢理入れるようになりました。


だから千里のSEXの思い出は
ただひたすら【痛い】のです。


(そりゃ確かに痛かろうよ。)


潮を吹かれたら困るので
少しでも感じ始めると
慌てて暴力行為に及び
千里の性欲を消沈させました。


だから千里のSEXの思い出は
ただひたすら【痛い】のです。


(そういうカラクリだったか。)


潮を吹かれたら困るので
少しでも濡れ始めると
慌ててタバコの火を押し付け
千里の性欲を吹き飛ばしました。


だから千里のSEXの思い出は
ただひたすら【熱くて怖い】のです。


(やれやれ。
 SEXの相性が悪いにもホドがあるぞ。
 そんなコトだから
 夫婦として続かなかったんだ。)


付喪神の文句さん
人間の夫婦の長続きの秘訣みたいなモノ
どうして知ってんですか?( ゚Д゚)


のオチンチン、お勧めですよ。
 少し大きめなので
 思いっきり濡らしてから入れてみて下さい。
 この男、オチンチンだけが取り柄なので
 そりゃあもう、最高なんですよ。』(真奈美)


(す、すんごいコト、言ってるぞ。)


ドコも間違ってませんから…
良いんじゃないでしょうか。


自分がヤケドさせて、自分が醜くさせた裸体を
今さら愛でる気もないので
元亭主は、灯りを点けないままのSEXを
するようになりました。


(こいつ、時々、メチャメチャ小物だよな。
 自分の犯罪結果から目を背けるタイプだ。)


だから千里は、元亭主のチンチンを
しっかり見た記憶がありません。


だから千里
まさか自分の秘花にチンチンが入ってるなんて
夢にも思わなかったそうです。


(【万年処女・千里ちゃん】の出来上がりだ。)


『良かったら
 今すぐ、お楽しみ下さい。』(真奈美)


『…ありがとうございます。
 でも、ムリしないで下さいね。
 だって…』(千里)


私のチンチン、小さくなってました。


(何だこりゃ。使えねえ奴だな。)


そりゃあそうですよ。
今だってまだ

千里ちゃんの秘花を目の当たりにして
平静を保つの、相当必死なんです。


(そうかそうか。頑張ってるのか。)


『3秒で大きくしないと
 離婚してオチンチンを斬り落として
 塩を擦り込むわよ。』(真奈美)


こういうコトを真顔で言うから
真奈美ちゃんは、おもしろいです。


(そんなコト言ってる場合かっ!
 
真奈美ちゃんなら、やりかねねえぞ!)


だ、だってぇ~。(;´д`)


『!!!!!』


その時でした。
キラキラと濡れ輝く
ホントに綺麗なお尻の穴を見て
私、気づいちゃいました。


(何だ!?どうした!?)


【満身創痍の向こう側にある素地】
…とでも言いましょうか…。


(何じゃ、そりゃ?)


丁寧に剃って
すっかりツルツルになった秘花を見つめます。


普通、55歳の女性の秘花を剃毛したとて
ソコにあるのは、55歳の秘花なんです。


(ったりめえだろが。)


綾乃、秘花、見せて。』


(すげえよな。
 奥さんを前にして、別の全裸女に
 あったりまえの顔をして
 そういうコトを頼むか。)

だってぇ~。

『突然、どうしたの?』(綾乃)

(すげえよな。
 奥さんを前にして
 あったりまえの顔をして脚を開いて
 剥き出しの秘花を切れるほど開いて
 中の中まで丸出しにするか。)


言われなければ
不自然だとは思いませんでした。


綾乃の秘花は
【奇跡的な綺麗】に満ち溢れています。
17~18歳の秘花と言っても
過言ではないでしょう。


(ホントに綺麗だなあ。
 子持ちだなんて、とても思えんぞ。)


『ありがとう。
 
千里ちゃん、もう一度秘花、見せて。』


『???…はあ、どうぞ。』(千里)


やっぱりです。


(何がだよ?)


千里ちゃんの秘花は、綾乃に負けてないんです。


(何だと!?そんなバカな…。)


綾乃の秘花は、17~18歳くらいに見えますが
千里ちゃんの秘花は、それ以上です。


(あ!
 そう言われると、何となく
 そんなように、見えてきたぞ。)


私、過去に、こんな秘花を、見たコトがあります。


あ!思い出しました!


中学1年の時
淳美が、念願の秘花を、見せてくれました。


あの時の淳美の秘花に、そっくりなんです。


(何だと?
 おいおい。
 いくら何でも、そんなバカな…。
 
千里ちゃんは、55歳なんだぞ?)


まったく、バカげていますよね。
私、狂っちゃったのでしょうか?


毛を剃ってツルツルにしてしまったせいもあってか
気づけば、千里ちゃんの秘花は
11~12歳の若さに
いいえ、未成熟の幼さに、満ち満ちていました。


(…あ。)


どうしました?


(…いや、何でもない。
 でも…)


だから、どうしたんですか?


隅々まで一片の黒ずみもない
美白の素肌のみで構成されている秘花は
【男を知らない処女の輝き】に満ち溢れた
【究極の奇跡】でした。


(う~ん。悔しいが、認めるぜ。
 仮にも神である、この俺様が
 こんなアホバカ助平チンチン野郎に
 オーラを読み取る力で後れをとるとは…。)


何だ。
そんなコト、気にしなくて、良いんですよ。


女性の秘花に関しては
私の感性は、神様以上なんですから。


(畏れを知らんコト、平気で言いきりやがって。
 でもまあ、そうなのかもな
 確かに、この秘花は
 奇跡の幼さに満ちているな。
 重大な摂理違反だ。)


そうと判れば、こっちのモノです。


(何をする気だ?)


こんな【究極秘花】を楽しまないなんて
私の存在意義にも拘わります。

いったい、何の為に生まれてきたのか
判らなくなります。


ただ、ケガをしているだけ。
ただ、ヤケド痕があるだけ。


だから、私の心と目に
フィルターをかけるんです。


(何だ、そりゃ?
 コト、秘花に関しちゃ
 おめえの感性は、人間離れしてるな。)


ん、ほら。


わぁ~。懐かしいなあ~。


中学1年の時に見た淳美の秘花、そのものです。


(あ~あ。
 人間離れした特殊技能を
 いともカンタンに披露しやがって…。
 どれ…。こいつの頭の中を覗いて…。
 うっわ!何じゃ、こりゃあ!)


(207へ)


にほんブログ村


人気ブログランキング