・・・1月30日・文句さんとの特別対談・・・
072
「まあまあ。
 脚、崩して、カルピス飲んで。」(早苗)

判ってるわ、判ってる…。
どうせ、清くんに、うまく搦め取られた…
薫ちゃんは、むしろ、被害者よね。

(ホントに、そう、言えるのか?
 車の中じゃ
 むしろ率先してSEXしてたじゃねえか。)

あの調子なら、公園でも
自分から脱いで、自分で濡らして
自分で清くんのチンチンを入れてますよね~。

(そうだよな。
 見れば見るほど
 綺麗で可愛い女の子なのに…。)

自己紹介のリズムが独特で
とっても素敵だったので
私もマネしよっと。

「はじめまして。私、あちゅみです。
 あ、ホントは、淳美っていいます。
 清くんが私のコトを、あちゅみって呼ぶので
 薫ちゃんも
 あちゅみって呼んで下さい。」(淳美)

「はあ…。
 でも…それじゃあ…。(。;´・ω・)」(薫)

あらま。
意外に普通の受け答えね。

しっかりした良識を備えているようね。

(その、ようだ、な。( ゚Д゚))

「淳美お姉様って
 お呼びしていいですか?」(薫)

「大歓迎です。」(淳美)

きゃい~ん。
こんな妹が、欲しかったのぉ~。(^^)

(こら!(;`O´)o
 そんな場合かよっ!)

「はじめまして。私、さらえです。
 あ、ホントは、早苗っていいます。
 清くんが私のコトを、さらえって呼ぶので
 薫ちゃんも
 さらえって呼んで下さい。」(早苗)

(どんなハヤリだよ…。(;´д`))

「とんでもないですよぉ~。(。;´・ω・)
 早苗お姉様って
 お呼びしていいですか?」(薫)

「わぁ~お💛大歓迎です。」(早苗)

早苗ちゃん
 若く見られると露骨に喜ぶよな。)

「淳美お姉様と、早苗お姉様って
 とっても素敵な姉妹ですね。
 私、ひとりっ子なので、憧れます。」(薫)

「まあ!薫ちゃん、良い子ですね~。」(早苗)

うっわ。すっごく喜んでる。
薫ちゃん、お世辞が上手いですね~。

(ところが…な。
 俺様には判るんだが
 お世辞なんかじゃねえんだ。
 薫ちゃん、大真面目だぞ。)

ほえ…。

まあ、確かに
早苗ちゃん、とっても若いから
姉妹に、見えなくも…ない…かな?

「私、淳美の母してます。」(早苗)

「Σ(・□・;)ええっ!?」(薫)

(本気で驚いて、絶句してるな。)

勢いよく立ち上がって
呆気にとられてるわね…。(;´д`)

「そ、そ、それじゃあ…
 早苗お姉様と清くんって
 どんな御関係なんですか?」(薫)

清くんは私の息子です。
 義理ですけれどね。」(早苗)

「Σ(・□・;)ええっ!?」(薫)

わ。
今度は、がっくり脱力して
膝をついてしまったわ。

まるで、大リーグボールを打たれた
星飛雄馬のようですね~。

(そのネタ、以前にも使わなかったか?)

「そ、それじゃあ…淳美お姉様って…。」(薫)

(声が震えてるぞ。(;´д`))

「はい。\(^o^)/
 清くんの奥さんしてます。」(淳美)

「Σ(・□・;)ええっ!?」(薫)

うっわ。そんなに驚くコトなの?

忙しいのね。
また勢いよく立ち上がっちゃった…。

(充分に【そんなに驚くコト】だろ。
 アンポンタン淳美ちゃんじゃ
 取り合わせがアンバランス過ぎるもんな。)

あ…。
秘花から精子が零れ出してるぅ~。

「ぁゎゎ ヽ(゚○゚ ;ヽ)三(ノ; ゚□゚)ノ ぁゎゎ
 (゚-゚;)オロオロ(;゚-゚)
 ぁゎゎ ヽ(゚○゚ ;ヽ)三(ノ; ゚□゚)ノ ぁゎゎ
 (゚-゚;)オロオロ(;゚-゚)」(薫)

きゃ~。どうしよぉ~。
パニックになってるわ~。

「私っ…私っ…
 清くんって、絶対、小学生だって
 思ってたんですっ。」(薫)

やっぱり、そうなのね。(;´д`)

(ガハハハッ\(^o^)/
 そりゃ、ムリもねえな。)

「あっ…あっ…
 ごめんなさいっ。」(薫)

(こんなにも大慌てなのに
 旦那を小学生呼ばわりしちまった非礼に
 スグに気づく辺りは
 確かに良識を備えているようだ。)

「でもっ、でもっ、ホントですっ。
 ホントなんですっ。
 信じて下さいっ。」(薫)

「判った。判ってるわよ。
 大丈夫。信じてるわ。」(淳美)

「……!!」(薫)

きゃ、危ないっ。
足元が覚束なくなって仰向けに倒れたの。
もちろん私、しっかりと抱きとめたわ。
間に合って良かったぁ~。

「ごめんなさい、ごめんなさい
 ごめんなさい、ごめんなさいっ。
 。・゚(゜´Д`゜)゚・。」(薫)

…泣き出しちゃった。

「。・゚(゜´Д`゜)゚・。
 。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。」(薫)

わ…。大泣き…。
すっごく震えてるし…。

「。・゚(゜´Д`゜)゚・。
 。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。
 。・゚(゜´Д`゜)゚・。
 。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。」(薫)

…泣きじゃくってるわ。

可愛い女の子って、特よね~。
泣いてても可愛いんだもん。

(そんな場合かよ?)

「。・゚(゜´Д`゜)゚・。
 。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。
 。・゚(゜´Д`゜)゚・。
 。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。」(薫)

え~ん。泣き止まないよぉ~。

(何とかしろっ!)

・・・・・

どうしよう…。(。;´・ω・)

薫ちゃん、全然泣き止まないの。

(おいおい。かれこれ、15分は経つぞ。)

「何か…身体も、冷えちゃうわ、ね。
 それに、泣き過ぎて
 熱出しそう…。」(早苗)

な、何よ何よ。
私が一緒に、浴槽に入れっていうの?

「あ、私
 晩御飯の支度、しなくちゃ…。」(早苗)

あ、ずるぅ~いっ。

(そういえば
 アンポンタンは、どうしたんだ?)

カルピス飲んで
早苗ちゃんとシャボン玉遊びをして
飽きちゃって、寝てます。

(あ、あ、あの野郎~~~っ。
 チンチン大きくしたまま
 大の字になって高いびきか。)

チンチンが大きいから
【大の字】じゃなくて
【太の字】…ですよね~。(;´д`)

(そんなドタバタ三文ギャグで
 俺様が喜ぶと思うのか。
 ついでに訊くが
 千里ちゃんは、何をしてるんだ?)

大量の精子で
びしょ濡れになった後部座席を
一生懸命、掃除してます。

(損な役回りだな…。(;´д`))

仕方ないわね~。(;´д`)

泣きじゃくる薫ちゃんを、そっと床に寝かせて
私、裸になったの。

「薫ちゃん
 とにかく、身体を暖めましょうね。」(淳美)

「Σ(・□・;)!!!!……
 …えっく…ひっく…」(薫)

(な、何だ!?
 あんなに泣いてたのに
 淳美ちゃんが裸になったら
 急に泣き止んだぞ!?( ゚Д゚))

「……淳美……お姉様……
 …綺麗…。( ゚Д゚)( ゚Д゚)
 ・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・」(薫)

あらま、いやん。
薫ちゃんって、良い子ね~。((o(^-^)o))

(煽てに弱いんだから…。(;´д`))

「そんなコト、ないわ。
 薫ちゃんの方が、1000倍綺麗よ。」(淳美)

「……そんなコト…そんなコト…」(薫)

おお。( ゚Д゚)

これぞ、奇跡で、ありますな。

麗しく美しい2人の女性の裸体が
この地上に天界を顕現させました。

(確かに、2人とも、綺麗だよな~。)

「うふふっ…。
 いっぱい泣いて、フラフラ、ですね。
 一緒に浴槽で暖まりましょう。
 おいで。抱っこしてあげます。」(淳美)

「そ、そ、そんな…。
 とんでもないですっ。」(薫)

何て勿体ない…。
21歳の淳美が全裸になって
両手を開いて招いてくれているのです。
私なら、人間やめて
イモムシになってもいいから
無我夢中になって抱っこされるのに…。

(イモムシになった段階で
 抱っこされねえと思うぞ。)

「ダメですよ。
 私、こう見えて
 宇宙で一番、ワガママなの。
 抱っこさせてくれなかったら
 泣いちゃいますからね。」(淳美)

(またワガママ作戦か。
 ワンパターンだな~。(;´д`))

でも、強力ですよ。

「そ、それよりも…。」(薫)

わわっ!!
薫ちゃんが土下座してるぅ~!!

(い、今、変な音、しなかったか?( ゚Д゚))

可愛いオデコを
床に思いっきりぶつけたようですね。

「何をしてるの!やめなさいっ!」(淳美)

「いいえ、いいえ。
 私…
 淳美お姉様の大事な旦那様を
 汚してしまいました…。
 この罪は、死んでも償えません。」(薫)

(おいおい。ホントに中学生の女の子なのか?
 らしくねえセリフだぜ。)

「いいわよ、いいわよ。
 どうせ、経緯は、あらかた、想像つくもの。
 何とも思ってないから
 そんなコト、やめなさいっ!」(淳美)

ホントは、ウソ…。
ちょっぴりは、何とも思ってるけどね~。

「いいえ、いいえ。
 本当なら、死んでお詫びするのが
 スジですが…私…弱い人間です。
 さっきからずっと
 何度も何度も
 舌を噛もうと、努力してたんですが
 死ぬ勇気もありません。」(薫)

(やっぱりちょっとヤクザっぽいぞ?)

「死ぬ勇気がなくて良かったわ。
 知ってる?
 死んだら、もう
 清くんの、オチンチンを
 永遠に、入れられないのよ?
 それでも良いの?」(淳美)

「…………。」(薫)

(あれ?知らなかったみてえだぞ?)

少しは天然要素があって安心しました。

「それに、今死んだら
 私、薫ちゃんのコト
 100億年経っても許さないからね。」(淳美)

「…………。」(薫)

(どうやら、それは、困るみてえだな。)

誰かの怨みを背負って生きていくなんて
疲れちゃいますものね。

(それは正論だが
 中学2年の女の子が
 それを理解すると思うか?)

…あ。

だけど、何となく、理解してっぽいですよ?

(やっぱり何か
 この子、タダモノじゃねえな。)

「それなら…せめて…」(薫)

え~ん。
薫ちゃん、土下座、やめてくれないよぉ~。

「びしょ濡れの恥ずかしいトコロから
 精子を垂れ流している
 ブザマな格好のまま
 永遠に土下座させて下さい。」(薫)

(やっぱりちょっと
 中学生の女の子らしくねえコト言うよな。)

「知ってる?
 永遠に土下座してたら
 御飯、食べられないのよ?
 それに、もう、清くん
 オッパイを、愛してもらえないのよ?
 それでも良いの?」(淳美)

「…………。」(薫)

(あれ?知らなかったみてえだぞ?)

そういう天然なトコロ、愛せますよね~。

「……良いんだ…?…(,,¬ω¬)…」(淳美)

「……………イヤです。(。;´・ω・)」(薫)

(おいおい。
 もう、薫ちゃんの心情を
 掴んだみてえだぞ?)

さすがは淳美ですね。

「もしも、私への謝罪の気持ちがあるのなら
 土下座なんて、意味ないわ。
 だって私、誰かに土下座されるの
 だいっ嫌いだもん。
 私の嫌いなコトをして、私を困らせるなんて
 薫ちゃんってイジワルね。」(淳美)

「そんな、つもりは、ありませんっ。」(薫)

(おお。慌てて顔を上げたぞ。)

そんなふうに言われたら
顔を上げない訳には、いきませんからね。

「私…どうしたら…。」(薫)

(ソコどこあたり、所詮は中学生だな。)

経験値が少ないから
どうしたら良いのか判らないんですね。

「うふふっ…。カンタンですよ。」(淳美)

(顔をあげたトコロで
 優しい微笑みで懐柔する…か。)

「お願いします。教えて下さい。」(薫)

薫ちゃん、今や、完全に
淳美のコントロール下ですね。

「ひとつだけ
 私の望みを、叶えてちょうだい。
 そしたら私も、薫ちゃんが
 大好きになれそうだもん。」(淳美)

(そして、とってもカンタンな謝罪方法で
 更にツカミを強める…か。)

「……どんなコトでしょうか……?…」(薫)

薫ちゃん
渡りに舟って顔してますね。

「私と、お話、しましょ。
 仲良く、おフロに入って
 いろんなコト
 いっぱい、教えてちょうだい。
 それが私の望みです。」(淳美)

かなり強く躊躇っていて
ちょっぴり時間を要したけれど
私、にこやかに、待っていたの。

こおゆうタイプの女の子は
とにかく、徹底的に
お話を聞いてあげる必要がありそうだものね。

3分くらい…かしらね。
ようやく、私に向かって
震える両手を遠慮がちに差し出したので
私、一気に、抱きあげたの。

(ホントに、長い間、躊躇ってたんだな。)

何か、後ろ暗いコトでも、あるのでしょうか?

(381へ)

にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな生活(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング