・・・1月30日・文句さんとの特別対談・・・
072
「あ…
 (;´Д`)ハァハァ (*´Д`)ハァハァ
 (*´Д`*)アアアアッッッ!!」(薫)

「よおし。」(耕三)

「(;´Д`)ハァハァ (*´Д`)ハァハァ
 (*´Д`*)アアアアッッッ!!」(薫)

「良いぞ~。」(耕三)

(イき過ぎだろ。)

「何か…イくのが…止まらない…
 (;´Д`)ハァハァ (*´Д`)ハァハァ
 (*´Д`*)アアアアッッッ!!」(薫)

「清められてきた証拠だぞ。
 初々しい身体は
 刺激に敏感なんだ。」(耕三)

(また尤もらしい出任せを…。(;´д`))

「嬉しい…私…ああっ…
 (;´Д`)ハァハァ (*´Д`)ハァハァ
 (*´Д`*)アアアアッッッ!!」(薫)

「よおし。そろそろ仕上げだ。
 中に、思いっきり、出すぞ。」(耕三)

「出してぇ~!!
 私の身体、全身隅々まで
 綺麗にしてぇ~!!」(薫)

「イくぞ。いいか?イくぞ。」(耕三)

「私も…私も…一緒に~っ!!」(薫)

「(;´Д`)ハァハァ (*´Д`)ハァハァ
「(;´Д`)ハァハァ (*´Д`)ハァハァ
 (*´Д`*)アアアアッッッ!!」(耕三)
 (*´Д`*)アアアアッッッ!!」(薫)

(はい。お疲れさん。(;´д`))

お父さんったら、2回も出しちゃって…。

あ~あ。
今日も、お預けか…。(;´д`)

トホホな笑顔で
お母さんと見つめ合っちゃった。

淳美。」(耕三)

「はい。」(淳美)

「アトは、任せる。」(耕三)

「ほわわわぁ~~~ん。
 ・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・」(薫)

ええ~っ?

「さあて、私も夜食を…。」(早苗)

あ、お母さんまで…。

2人とも行ってしまった…。

(何か、無責任じゃねえか?)

多分、耕三さん
疲労困憊の極致なんじゃないでしょうか。
今にも死にそうな顔
見せたくなかったんですよ、きっと。

(あ、そっか。なるほどね。)

早苗ちゃんは、それを知ってるから
耕三さんに
ついてあげたんですよ、きっと。

(夫婦だね~。)

「ほわわわぁ~~~ん。
 ・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・」(薫)

夢の世界に旅立ってしまったような
クッタリと動かない薫ちゃん

精神崩壊しちゃいました?

(いや。俺様には、そういうの見えるから。
 精神は健全そのものだよ。
 【殻】そのものは、俺様には解さんが
 心霊が、見違えるほど、明るくなった。
 全身隅々まで、ただひたすらに
 気持ち良いだけのようだ。)

仕方がない。
私が洗ってあげるか…。

何しろ、私は
薫ちゃんのママだものね~。

「薫ちゃん、立てる?」(淳美)

「たてまひぇ~~~ん。
 ・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・」(薫)

ひぇ~~~。

よっこいしょって抱き寄せてみると…。

「ほわわわぁ~~~ん。
 ・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・」(薫)

わわ。何よ、これ?
お父さんったら
すっごく、たくさん、出したのね。

薫ちゃんの秘花から
まるでおしっこのように…。

あ…。

おしっこだった。

か、か、可愛いっ。
おしっこ漏らしてますよ、文句さんっ。

(判ったから騒ぐな。)

薫ちゃん
気持ち良過ぎて、おしっこしてる~。

「ほわわわぁ~~~ん。
 ・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・」(薫)

本当に清められちゃったのね。
まるで大きな赤ちゃんだわ。

良かったね、良かったね。
ママが綺麗に洗ってあげるからね。

・・・・・

「ほわわわぁ~~~ん。
 ・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・」(薫)

貸してあげた私のパジャマ
思いっきりブカブカなの。
何か、軽くショックだわ。

21歳の成人女性が13歳の少女と
サイズで張り合ってもね~。(;´д`)

(女心というやつだ。見逃してやれ。)

「ほわわわぁ~~~ん。
 ・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・」(薫)

薫ちゃんったら
ず~~っと、うっとりなの。

(大丈夫なのか?)

心ここに在らずって感じですね~。

「お腹、空いたでしょ?」(早苗)

「わ。美味しそう~。」(薫)

あ、帰ってきた…。( ゚Д゚)

(卵リゾットに、つられたか。(;´д`))

まだまだ
色気より食い気の年頃ですものね。

「それ食べたら
 歯磨きして、寝ような。」(耕三)

きゃははっ…。\(^o^)/
お父さん、ずいぶんと、げっそりだわね~。

(死ぬなよ…。(;´д`))

「…ダメです。」(薫)

あらら。どうして寂しそうな顔?

「私の、公園での、経緯を
 お話しする約束だったから…。」(薫)

そういえば、そうね。

「まず最初に
 私の話を聞いてもらったのは
 その上で公園での経緯を話さないと
 エッチで淫乱な女の子の
 単なる暴走でしかないので…。」(薫)

(そうか。
 【身の上話】を先行させたのは
 そんな理由があったからなのか。)

堅い性格ね。
【身の上話】【経緯】
ワンセットじゃないと気が済まないのね。

「気に入った。
 の話、大好きだから
 是非とも聞きたいな。」(耕三)

(大丈夫なのか?
 おまえは、もう、寝てろ。)

「…でも…。(。;´・ω・)」(薫)

「どうしたの?
 時刻のコトなら気にしないでね。
 私達、いつだって
 もう少し遅くまで起きているの。」(早苗)

(ホントかな~?(,,¬ω¬))

「ありがとうございます。
 さっきのお話ほどじゃないけれど
 少し長くなるの…。」(薫)

「長い話、大好きよ。
 さっきのだって、私
 聞かせてもらって本当に良かったって
 思ってるの。」(淳美)

「こうなったら、聞かせてもらわないと
 気になって寝られないよ。」(耕三)

(よく言うぜ。フラフラのくせに。)

「ありがとうございます。
 みなさん、どうして
 こんなにも優しいの?」(薫)

「家族だからだ。」(耕三)

「(´;ω;`)ウッ…」(薫)

(おいおい。
 夜遅いんだから、手早くいこうぜ。)

やっぱり文句さんは、人でなしですね。

(おうよ。
 俺様は人じゃねえからな。)

小鬼でしたっけ?
あ、天邪鬼?

(付喪神だっ。(;`O´)o)

お父さん、教えて。」(薫)

あら?何かしら?

「どうした?」(耕三)

「清めてもらったので
 私、今、心も身体も軽いの。」(薫)

「それは良かった。
 でも、パパさんには
 言わない方が良いぞ。
 余計な心配をしてしまう。」(耕三)

(強姦罪で
 訴えられるかも知れねえからな。)

「うふふっ…。言いませんよぉ。
 こんなコト、どんなに説明しても
 信じてもらえそうにないですから。
 ああ、ホントに軽いわ。
 今までの私、何だったのかしら?」(薫)

「良かったな。
 は今、生まれ変わったんだ。」(耕三)

「あのね、それでね、お父さん…。」(薫)

「何だ?」(耕三)

清くんとの経緯を話すというコトは
 奔放な淫乱女の子だった私のコトを
 詳しく思い出すというコトなの。
 私、再び、穢れませんか?」(薫)

うっわ。

薫ちゃんって、聡明な女の子なんだな。)

頭良いですよね。

「穢れないぞ。」(耕三)

「…?…」(薫)

【清められた】のは
 【弱くなった】というコトではなく
 【強くなった】というコトだからだ。
 生まれ変わった今の自分を
 は、好きか?嫌いか?」(耕三)

「全身すっかり清めてもらった
 今の自分は大好き。
 だって、とっても軽くて
 とっても気持ちが良いの。
 だから、戻っちゃうのが
 怖くて…。」(薫)

(相当強く信じ込んでるな。)

は、自転車に乗れるかな?」(耕三)

「自転車、大好き。」(薫)

(いきなり何だよ?)

「いっぱい練習したのかな?」(耕三)

「何度も転んで擦り剥いて
 いっぱい泣いちゃった。」(薫)

「そんな練習をしたからこそ
 は自転車に乗れるようになって
 自転車が大好きになったんだ。
 練習は辛かったけれど
 それだってが過ごした
 立派な【過去】の1ページだ。」(耕三)

「そう…ね。」(薫)

「自転車に自由に乗れるようになった今
 自転車に乗れなくて
 転んで泣いてた自分を
 恥ずかしく思うのは間違ってる。
 そういう【過去】があるからこそ
 今のが、あるんだ。」(耕三)

「…あ。」(薫)

「今のが、とっても気持ち良いのは
 数えきれないほどの【過去】
 あったからこそだよ。
 中には、恥ずべき【過去】
 あったかも知れない。
 中には、間違っている【過去】
 あったかも知れない。
 【清められた】というのは
 【弱くなった】訳じゃなくて
 【強くなった】んだ。
 そういう【過去】
 自分を創ってきた糧として
 しっかりと愛してあげるコトが
 一番素晴らしいコトだね。」(耕三)

「Σ(・□・;)ああっ!」(薫)

(いいコト言うじゃねえか。)

「今のには、それが、できるんだぞ。
 胸をはって
 堂々と、話をしていいんだよ。
 清との経緯という【過去】
 もしも、間違いだったと思うのなら
 2度と同じコトを繰り返さないんだ。
 そうするコトで
 清との経緯という【過去】
 の糧となって活きてくるんだ。」(耕三)

「(´;ω;`)ウッ…
 お父さん、ありがとう。
 私、話します。
 そして、正面から向き合って
 いっぱい反省します。」(薫)

「リゾット
 食べながらで良いからね。」(早苗)

・・・・・

(いよいよ本題突入か。)

少し短いですが
今日は、これでお仕舞いにします。

(気にするな。)

清くんとの経緯】とやらもまた
24,000文字くらい、あるんですよね~。

(ホントかよっ!?( ゚Д゚))

投稿回数6回分です。

(【身の上話】ほどじゃねえが
 それなりに長いな。(;´д`))

タイトルは【薫ちゃんの献身】です。

(気分が変わって良いと思うぞ。)

これもまた、いつものように
物語風に纏めてみました。

(これもまた、手っ取り早く知りてえから
 俺様はツッコミを入れんぞ。)

了解です。

(それじゃあ、またな。)

(薫ちゃんの献身01へ)

にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな生活(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング