・・・1月30日・文句さんとの特別対談・・・
072
「あ、清くん、脱線…。」(千里)

「わ。たいへんだ。( ゚Д゚)」(清)

私、ショックで、軽い目眩い…。

薫ちゃんがあまりに綺麗だから
私のコト、ブサイクだって気づいて
飽きちゃったのかしら?(´;ω;`)ウッ…

(プラレールに夢中だな。(;´д`))

清くん、もしも今
 私にオチンチン入れてってお願いしたら
 入れてくれる?」(淳美)

「い~よ~。
 でも、いま、プラレール、してるから
 あとでね。」(清)

(顔も見ないで答えてるぞ。(;´д`))

私、ショックで、軽い目眩い…。

私よりも、プラレールが
好きなのね~。(´;ω;`)ウッ…

「大丈夫だと思いますよ。
 私だって、さっき、お願いしたら
 入れてくれました。(´∀`*)ポッ」(千里)

(嬉しそうに言うなっ。)

し、新婚旅行帰りの新妻みたいな…。
何て初々しい照れ笑い…。( ゚Д゚)

え?え?( ゚Д゚)

この人、清くんの、ママ…だわよね?

(諸般の事情だ。気にするな。(;´д`))

千里ちゃん、肌艶がキラキラしてますね~。

(満足そうな笑顔だ。(;´д`))

「中に8回も出してくれたんです。
 *:..。o(O*´∀`* O)o。..:* ☆彡
 私、10回くらい、潮噴いちゃいました。
 ☆彡・+(*゜∀゜*)+・☆彡」(千里)

何て嬉しそうな顔をするのかしら?
この人、ホントに
清くんの、ママなの…?…

(気にするな
 …というのもムリか。(;´д`))

私、ショックで、軽い目眩い…。

千里さんとは
もう、済ませたのね~。
私より、千里さんの方が
好きなのね~。(´;ω;`)ウッ…

(やれやれ…。(;´д`))

「あ、そういえば、改めて…。
 薫ちゃん、清くんが3日間も
 大変な御迷惑をお掛けしました。
 本当にごめんなさい。」(千里)

(わ。正座して頭を下げてるぞ。)

「あ、いいえ、そんな、困ります…。」(薫)

やっぱりママ…みたいね。

(超越してるんだ。(。;´・ω・))

清くん、もしも今、私に
 オチンチン入れて…ってお願いしたら
 入れてくれる?」(薫)

「い~よ~。
 でも、いま、プラレール、してるから。
 あちゅみが、おわった、あとでね。」(清)

(線路直しながら
 顔も見ずに答えてるぞ。(;´д`))

え?

薫ちゃん、こんなに可愛いのに
私のアトなの?

私、飽きられた訳でも、ないのかしら、ね。

薫ちゃん、賢いな。
 淳美ちゃんを元気づける為に
 わざと訊いたな。)

確かに
【嵐のようなSEXおねだり】がなくなって
ホッとするトコロではあるけれど…

何故?何故なのぉ~!?!?

・・・・・

【荒らしのようなSEXおねだり】
さぁ~っと、波が引くように
しなくなってしまった…。

それは何故なのか…。

確かに、言葉どおり、清くん
それ以降、自分からおねだりするコトが
全く、なくなったそうです。

(あれ?
 でも確か、今は、違うんだよな?
 確か【51】【52】辺りじゃ…)

文句さん
そおゆうの、よく覚えてますね~。

(一応、おめえの相方だからな。)

その当時は
頼めばSEXしたそうですが
頼まないと、1ヶ月でも2ヶ月でも
SEXなしで平気だったようです。

(おめえとは大違いだな。
 それにしても
 ずいぶんと極端な変化だな。)

激変に心配した淳美
清くんを病院に連れて行ったそうです。

(まあ、そうなるわな。(;´д`))

診察、大変だったみたいですよ。

チンチン丸出しにされた清くんは
付き添いの淳美に訊いたそうです。

この人は、ボクと結婚する人ぉ?

(はぁ!?( ゚Д゚))

初老の男性医師だったそうですが
驚いて30秒ほど放心状態だったそうです。

精子採取にあたって使用した機械が
とっても気に入ってしまって…。
1回でお仕舞いと知ると
大泣きの駄々っ子になって
手がつけられなくなって…。
結局、15回くらい
採取してもらったそうです。

(あの、アンポンタンめ~。(;´д`))

ドタバタの果てに出た診断結果は【正常】
ついでに【無精子症】と言われて
淳美、相当、ショックだったようです。

(そっか。気の毒だな。(;´д`))

淳美、子供、好きですからね~。(;´д`)

(そういえば、さっきから
 みんなの会話を全然載せてねえが…。)

いつにも増して特に激しく
ドタバタギャグと
エロエロSEX三昧だったもので
割愛させて戴いてます。

(どうせ、元凶は
 おめえなんだろ?(,,¬ω¬))

そのまま載せると、このシリーズ
いつ終わるのか、判らなくなりますので…。

(既に充分、判らなくなっているぞ。)

【荒らしのSEXおねだり】
どうして、したのか?
どうして、しなくなったのか?

それについて、淳美
独自の推理を、みんなに
お披露目してました。

(おお。( ゚Д゚))

・・・・・

清くんは、高熱を境に
オチンチンが勃起しなくなりました。

(おお。
 ブログでいうと【43】の辺りだな。)

淳美は、こう読み解きました。

高熱で死にかけて
一生懸命助かった幼い心は
絶対的な安心揺るぎない安全
完全確実に保障してくれる【母性】
必死になって、しがみついた
だから、母親に対して、女性に対して
勃起する必要がなかった。

(はあ?何だ?
 ずいぶんと断定的だな。)

でも私、素直に納得できましたよ。
何といっても、淳美
清くんの一番の理解者ですからね。

(なるほど。
 普段一緒に居る淳美ちゃんだからこそ
 感じ取れるコトもあるってコトだな。)

そおゆうコトです。

(でもよぉ。
 勃起っていえば生理現象だろが。
 必要があるとかないとかで
 変えられるモノなのか?)

判りませんが
私にはムリですね~。(;´д`)

(でも…そっか。
 アンポンタンにゃ
 常識が通用しねえもんな。)

そおゆう境地になってみたいですね~。

(ウソくせ~。(;`O´)o)

淳美が言うには…ですね~。

清くんは、高熱で
いろいろと、変わったわよね。
客観的に、それは
【退行】…と、見られがちだけれど
私は【超越】だと思っているの。

(またまた
 嫁バカなんだから~。(;´д`))

【エッチな心】が、皆無になるんだもの。
【悟りを開いた】なんて
カンタンなレベルじゃないわ。
【人間】というより
【純粋な生命体】に近いわ。

(変に説得力があるなぁ~。(;´д`))

そして、そのうち、清くん
【スカート捲り】に、熱中し始めました。

(おお。
 ブログでいうと【45】の辺りだな。)

淳美が言うには…ですね~。

すっかり超越してしまった精神も
何とか落ち着いてきて
自分の拠りどころとしていた【母性】
【自分とは違う】コトに気づいたの。

自分が身に着けるコトのない
【スカート】という存在に気づいて
その中に息づいて色濃く香ってくる
【パンツ】という存在に気づいたの。

自分が穿いてるパンツと違って
オチンチンを出す穴がないんだもの。
新鮮な驚きだったと思うの。

(うっわ。
 言われてみれば
 確かにそうだったかもな~。)

だけどまだ【異性】という認識にまでは
至らないようでした。

(何で、そう言える?
 スカート捲りしてるんだぞ?)

布に隠された中身は何なのか
気になるのは自然なコトです。

(それが【異性】とか
 【助平心】とは無縁だって
 どうして言いきれるんだ?)

清くん、相変わらず
勃起しなかったからです。

(あ、そっか。)

でも今度は、いきなり、全く突然に
勃起するようになりました。

(おお。
 ブログでいうと【43】の辺りだな。)

淳美が言うには…ですね~。

元亭主さんの暴力から解放され
さとみさんのおかげで
人間らしい生活を得た清くんの精神が
また少し成長できた頃です。

暴走族の女性達のスカートの中から香る
大人の女性のパンティの色香…。
真夏の眩い太陽と、キラキラ煌めく海…。
砂浜で無防備にも楽しそうに戯れる
見知らぬ水着女性の華やかさ…。
キワドイところまで露出した
何とも悩ましい、しどけなさ…。
さとみさんと千里さんの
真っ赤なビキニと
パンティ1枚の無防備な寝姿…。

(ぐへ…。
 淳美ちゃんが浅草専門化してる~。)

ど、どういう意味ですか?

そんな誘惑的な全ての刺激が
清くんの中に眠っていた【性欲】
叩き起こしたと推理します。

(なるほどな~。)

そんなに、あっさりと
納得しちゃうんですか?

(早いハナシ
 アンポンタンはアンポンタンだから
 そういう方面に目覚めるのが
 普通の人よりも
 遅かったってコトだろ?)

まあ、そうなんですが…。

(遅いか早いかの違いだ。
 それ自体は、何ら不自然じゃねえよ。)

だけど、ここから先は
ちょっぴり不自然かも…。

(え?何があったんだっけ?)

そして今度は、日に何度も
スグに、イっちゃうように
なりました。

(あ~、そうだった。)

勃起するようになってから
ちょうど1年後
やっぱり、同じように
さとみちゃんの実家にいる時です。

(ああ、それは
 ブログでいうと【66】の辺りだな。)

淳美が言うには…ですね~。

さっきも言ったように、清くん
他の人を遥かに【超越】しています。
人間というより【純粋な生命体】に近い…。

(はい。嫁バカでしたぁ。)

異性だと判った瞬間
幼い【性欲】が、一気に暴発しました。
清くんには【強烈な純粋】
【海より深い純朴】が、あります。
だから、如何に幼いとはいえ
暴発してしまった【性欲】
そうカンタンに静まりません。

(そうは言ってもなぁ。)

誰よりも【超越】している清くん
無意識のウチに、自身の精神を
肉体に反映できる特技があるようです。

幼い性欲が一気に暴走した結果
【精子乱射事件】へと
発展したのでしょう。

何か、まるで
銃乱射事件みたいな
言い方ですよね。(;´д`)

(ちょっと待て。)

どうしました?

(【精神を肉体に反映できる特技】なんて
 そんな都合の良いモンがあったら
 進化論そのものが根底から揺らぐぞ。)

言いたいコトは、判ります。
でも、その時、清くんが
日に何度も何度も精子を出していたのは
紛れもない事実なんです。

(まあ、そうなんだろうがな。)

文句さんの言いたいコトは判りますが
動かし難い事実なんです。

(事実なら…仕方…ねえよな。
 無理矢理、納得するしか、ねえよな。)

【精神を肉体に反映できる特技】

それについて、
斬新な切り口を、してました。

それじゃあまるで
デビルマンよね。

(何だ?そりゃ?)

あれ?
文句さん、小悪魔のクセに
デビルマンを知らないんですか?

(俺様は小悪魔じゃねえ。付喪神だ。
 デビルマンって、何だよ?)

え?説明するんですか?
やだな~。

(何でだよ?)

だって
他でもないデビルマンの説明となると
手抜きできませんからね~。
ブログの趣旨が変わっちゃう…。

(うるせえな。
 四の五のヌカさねえで説明しろ。)

は、地球に、生命の息吹を創造しました。

人類が誕生する以前に地球に住んでいた
先住人類のデーモン族
毎日毎日、相手を殺すコトだけに
唯一絶対の価値観を見出し
その為に合体能力を身につけました。

(すんげえトコから始まるんだな。( ゚Д゚))

(389へ)

にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな生活(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング