・・・1月30日・文句さんとの特別対談・・・
072
「まぁるくて、すべすべで、や~らかくて
 いにょいで、ぽにょんで
 ぶいんで、やさしくて
 かおを、うずめると、うれしくて
 ちゅうちゅう、すると、おいしいから
 オッパイが、すき。」(清)

(唐突に始まった【褒め言葉シリーズ】
 唐突に中断して唐突に再開か。)

…やだ。濡れてきちゃった…。

(何と!?( ゚Д゚))

「すべすべで、や~らくて、いにょいで
 みみを、あてると
 ごにょごにょって、いってて
 おヘソが、とっても、か~いくて
 ときどき、まくらに、なるから
 おなかが、すき。」(清)

淳美ちゃんって、ヘソが痒いのか?)

おヘソが、可愛いって言ったんですよ。

「ごにょごにょ
 いってる?(⊙﹏⊙✿)」(淳美)

「うん。」(清)

そういえば、パパのお腹も
ごにょごにょ、いってるわね。
何て素朴な表現なのかしら。

「ときどき、ちが、でて
 ないちゃうくらい、か~いそうだけど
 すべすべで、や~らくて、いにょいで
 とっても、きれいな、おしっこが、でて
 いつも、きれいな、おはなが、さいてて
 いつも、ぬれてて、キラキラしてて
 かおを、うずめると、あんしんで
 ゆびが、はいって、オモチャも、はいって
 ぼくの、チンチンも、はいって
 きもちくて、ふたりで、あ~ってなるから
 おまたが、だいすき。」(清)

え~ん。完全に濡れちゃったよぉ~。

(何でだよ!?( ゚Д゚))

「。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。」(淳美)

淳美ちゃん、情けなくて泣いてるぞ。)

感激してるんだと思います。

「すべすべで、いにょいで
 おんぶ、して、くれるとき
 かみのけが、ふわと、かかるから
 せなかが、すき。」(清)

(何とも
 コメントしづらいな~。(;´д`))

そうですね~。
おんぶされたコト、ないですからね~。

「まぁるくて、すべすべで、や~らかくて
 いにょいで、ぽにょんで
 ぶいんで、やさしくて
 かおを、うずめると、つよくなれて
 あなから、でてくる、ウンチが
 とっても、おもしろくて、か~いくて
 あなに、ゆびも、はいって
 あ~って、なるから
 おしりが、だいすき。」(清)

「。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。」(淳美)

淳美ちゃん、大泣きになってるぞ。)

「ぼくを、だっこ、したり
 おんぶ、したり、したとき
 しっかり、ささえて、くれて
 とっても、つよい。」(清)

(少し、構成が変わったな。)

「それなのに、とっても、すらりで
 ぜんぜん、ふとく、なくて
 きんにく、もりもりじゃ、なくて
 ふしぎ。」(清)

(何のコト言ってんだ?)

なぞなぞかしら?

「ぼくと、おさんぽ、するとき
 ぼくの、すきな、トコロに
 いっしょに、いって、くれて
 とっても、やさしい。」(清)

(謎は深まるばかりだな。)

「すべすべで、や~らかくて、いにょいで
 パンツから、おまたの、にょいが、して
 あたまを、はさんで
 あまえさせて、くれるから
 あしが、すき。」(清)

「。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。」(淳美)

(脚だったのか。(;´д`))

きゃ~。。゚( ゚^∀^゚)゚。
私、もう、びしょ濡れぇ~。

(ホントかよ!?( ゚Д゚))

「いつも、いつも
 ぼくのこと、かんがえて、くれて
 いつも、いつも
 ぼくのこと、しんぱい、してくれて
 いつも、いつも
 ぼくと、あそんで、くれて
 いつも、いつも
 ぼくに、やさしく、してくれて
 いつも、いつも
 ぼくに、わらって、くれて
 いつも、いつも
 ぼくを、ぎゅ~って、してくれて
 いつも、いつも
 ぼくを、あらって、くれて
 いつも、いつも
 チンチンの、かわ、むいて、くれて
 おまたに、いれて、くれて
 おねつ、でたり、ころんだり、したとき
 ぼくの、かわりに、ないて、くれて…。
 それから…それからね…
 う~ん。まだ、たりない。
 でも、ぜんぶ、いえない。
 だからぼく
 あちゅみが、だあいすきなの。
 だい、だい、だい、だい、だい、だい
 だあいすきなの。」(清)

な、な、並べたわね~。( ゚Д゚)

清くぅ~ん。。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。」(淳美)

あちゅみの、だいすきを、おもうと
 なみだ、でるの。」(清)

「私だって、大好きよ。
 だから、こんなに、泣いてるの。
 。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。」(淳美)

あちゅみ
 ぼくの、そばに、いて、くれて
 ほんとうに、ありがとう。
 いっしょに、いて、くれて
 ほんとうに、ありがとう。」(清)

「。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。」(淳美)

「。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。」(清)

最初は
おしっこしながらの日常会話として
淡々と受け止めていたけれど…。

終わって…みれば…。

…………。

それは…。

…………。

世界一正直で、世界一素直で
世界一純粋で、世界一純朴で
世界一一生懸命で、世界一まっすぐな
清くんの愛情表現…。

訥々とした独特の話し方が
逆に私の心の中に
ズンズンと溶け込んでいったの。

ひとこと…ひとこと…そのたびに
深く…また深く…
心の中に沁み込んでいったの。

途中から
膝に力が入らなくなって…。

涙が、いっぱい、溢れ出してきて…。

何て幸せなのかしら。
何て幸せなのかしら。
何て幸せなのかしら。

私ほど幸せな女の子は
世界中捜しても居ないわね、きっと。

だから私、思いっきり
大きな声で、泣いちゃった。

・・・・・

『そうか、そうか。
 良かったね~。(^^)』(綾乃)

『まさに
 雨降って地固まる…だな。』(みゆき)

『それがね、この時だけじゃないの。
 清くんったらね
 毎日じゃないけれど
 時々、こういう【熱い言葉】
 熱心に語ってくれるの。
 今朝も、私が
 オチンチンを食べてる時にね
 むふふ…。(´∀`*)ポッ
 ホントにもう…
 まいっちゃうんだから。』(淳美)

(すんげえ露骨なノロケだな。( ゚Д゚))

頬を桜色に染めちゃったりして
あの淳美
女子高生みたいになってますよ?

・・・・・

私と、お父さんと、薫ちゃんの3人で
遊園地に行ったの。

清くんったら、私の目を見てね
30秒くらい見つめてね
清くんなりに、何かを汲んだみたいなの。

千里さんと、遊んでるって
留守番を快諾してくれたのよ。

(あのアンポンタンがか?
 信じられねえな。)

出掛けに、久し振りに
パンティ脱がされちゃったけれどね。

(何だ。全然成長してねえじゃんか。)

薫ちゃん、ビックリしてたわ。(;´д`)

(そら、驚くだろ。)

お母さん
魔法の触媒を求めて外出してるし…ね。

(何でわざわざ遊園地なんか…?…
 清めてやったんだし
 薫ちゃん、帰らせればいいじゃねえか。)

文句さんって、どうしてそんなに
人でなしなんですか?

遊園地ってゆうワードに
ピンときませんか?

耕三さんと淳美で疑似家族として
薫ちゃんを、伸び伸びと遊ばせてやるのが
【清めの最終仕上げ】だというコトくらい
説明なしでも判るでしょ。

(わ、判ったよう。)

しかも、早苗ちゃん
【取って置き魔法】の準備中です。
今、帰らせて、どうするんですか?

(判ったから、そんなに苛めるなよう。)

・・・・・

連れてきて、ホントに良かったわ。
薫ちゃん、とっても楽しんでいたもの。

ジェットコースター・観覧車・ゴーカート
ティーカップ・メリーゴーランド・遊覧船
トロッコ電車・ミラーハウス・お化け屋敷…
うわあ~、数えきれないわ。

(ちょっと待て。
 お化け屋敷っていったら
 耕三にとっちゃ、鬼門だろが。)

どうしてですか?

(お化け屋敷から出てくると
 チンチンが大きくなってるって
 淳美ちゃんが言ってたじゃねえか。
 【256】を見てみろよ。)

あ、ホントだ。

いいんじゃないですか。
それだって、きっと、薫ちゃんにとっては
おもしろいアトラクションだったでしょう。

(そんなもんか?)

お父さんを父親として
私を母親として…。

何とも急ごしらえで
不格好な疑似家族だったけど
薫ちゃんは、心の底から、楽しんだみたい。

・・・・・

ああ…。

今日は、本当に、楽しかったわぁ~。

昨日、お父さんに、清めてもらって
本当に良かったわぁ~。
だって今、私
身も心も、とっても軽くて
まるで小学生に戻った気分だもの。

アトラクションは
どれも、とっても楽しかったし…。
お父さん、とっても優しいし…。
淳美姉さんママみたいだし…。

あ、そっか。
だからなのね。
2人が私のパパママをしてくれたから
遊園地を、こんなにも楽しめたのね。

ここじゃないけれど
私だって、パパママ
遊園地に行った思い出があるわ。

あ、そっか。
だからなのね。
私、今、小学生みたいな気分で
思いっきり、はしゃいでいるもの。

こんな気持ち、本当に、久しぶり…。

涙が出ちゃう…。

(本当だな。俺様には見えるぜ。
 薫ちゃんの心霊にもう完全に
 【あたりまえの女の子】だ。
 【最終仕上げ】も成功だったようだな。)

・・・・・

陽が暮れて
ガス灯のような洒落た照明と
遊具に瞬くイルミネーション…。
遊園地の中は
たくさんの光に満ち溢れたの。

「まるで、光の海の中に居るみたい…。
 *:..。o(O*´∀`* O)o。..:* ☆彡」(薫)

ああ…
お父さんが、私と同い年だったらな~。
絶対絶対、彼氏になってもらって
絶対絶対、結婚するんだ。

だって、こんなにも素敵な男性…。

まるで恋人同士のように
お父さんの腕に
もたれかかって歩く薫ちゃん
ウットリモード全開ね。

そんな2人を、後ろから眺めていると
何だか、それだけで
とっても幸せになっちゃうわよね。

腕を組んで
もたれて歩いてるのって、迷惑かしら?
周りから見たら、みっともないかしら?

だってだって
光の海が、とっても綺麗だから
少女マンガの主人公になったみたいで
まるで夢のようだし…。

大好きなお父さんに、しがみついて
甘えながら歩きたいんだもの。

今、この瞬間に、一生分の幸せが
ギュッと凝縮されてる気がするわぁ。
☆彡・+(*゜∀゜*)+・☆彡

「!!…」(淳美)

私の腕にも、突然誰かが
もたれかかって…。

(痴漢か!?( ゚Д゚))

「お母さん。( ゚Д゚)」(淳美)

よく、ここが、判ったわね~。( ゚Д゚)

「はあ…はあ…間に合っちゃった…。
 お母さんの魔法が上手くいくように
 淳美も祈っていて…。」(早苗)

(何!?魔法だと!?( ゚Д゚)
 人間風情が、そんなバカな…。)

え?

見ると
愕然とした様子の薫ちゃん
お父さんの腕から離れて
まるで放心状態のように歩いていたの。

静かに、でも素早く
私とお母さんのトコロに戻ったお父さん
お母さんと無言の笑顔でハイタッチ。

何なに?

何が、どうなったの?

薫ちゃん、どうしちゃったの?

私からは後姿で
薫ちゃんの表情が判らないの。

・・・・・

突然ですが、ここで…。

(何だよ?
 今いいトコロなんだから、邪魔するな。)

はい…。

せっかく、文句さん
薫ちゃんの心を読めるので
後姿しか見えない淳美の描写より
薫ちゃん本位
この魔法の詳細を追いかけたいと思います。

(おお。それは、いいな。)

…と、いう訳で
次回記事は再び薫ちゃんシリーズです。
タイトルは薫ちゃん帰る】です。

(どういう訳か、薫ちゃんシリーズ
 読者諸氏にウケが良いからな~。)

それって、暗に
【私と文句さんが不要】って
コトでしょうか?。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

(たとえ真実でも
 それは触れちゃいけねえコトだぜ。)

(薫ちゃん帰る…へ)

にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな生活(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング