・・・1月30日・文句さんとの特別対談・・・
072
え?え?

(Σ(・□・;)うっわ。
 おめえ、もう、押し倒されて
 馬乗りになられてるぞ!?)

返事をする暇がなかった…。

『ああっ、晃様ぁ。
 私、晃様
 オチンチンを入れて戴く為に
 生まれてきました。』(千里)

(何か、千里ちゃん
 この家に来た時とは別人だな。( ゚Д゚))

何もかも話し尽くして
解放され尽くしちゃったんでしょうか。

『こんな醜い身体なんか、何もかも溶けて
 晃様のオチンチンに
 染み込んでしまいたい。』(千里)
『それは勿体ない。
 千里ちゃんの身体が溶けてしまったら
 こんなにも綺麗な裸が
 二度と見られなくなっちゃいますよね。
 目の前が真っ暗になる思いです。』

(おめえも、よく言うぜ。)

だって、ホントなんですよ。
千里ちゃんの裸体は
【奇跡の美】で、いっぱいなんです。

『びえ~~~~。淳美様ぁ~~。』(千里)

『あ、ほらほら。
 オチンチン入れながら
 泣かないのよ。』(淳美)

(ここにも幼稚園児がいたか。(;´д`))

『だって、だってぇ~。
 びえ~~~~。』(千里)

千里ちゃんが跨ってるのに
 まるで、おめえが
 強姦してるみてえだぞ。)

『あ、ここ、リビングなので
 潮、噴きたくなったら
 私の顔に跨って下さいね。
 潮でもおしっこでも
 1滴も残さずに飲み干しますから。』

『びえ~~~~。』(千里)

(煩ぇな~。(;´д`))

『ボクの家、毎日来てもいいですよ。
 毎日、チンチンを入れても、いいですよ。
 ボクは逃げませんから
 ゆっくりじっくり楽しんで下さいね。』

(そんなコト言って良いのかよ?)

『ああ…。
 ホントに気持ち良いです。
 ・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・』(千里)

『ボクの身体に
 千里ちゃんの身体を重ねて下さい。
 ほら、こんなふうに…。』

『Σ(・□・;)わわっ!?
 晃様が潰れてしまうっ。
 私、重いのに…。』(千里)

『え?そうですか?全然重くないですよ。
 ああ、千里ちゃんって、ズルいですよね。
 体重や体温まで
 こんなに可愛いなんて…。
 このまま、抱きしめさせて下さい。』

(ズルいのは、おめえだ。
 こうやって抱き寄せていれば
 動きが抑制されて
 潮噴き防止になるって思ったんだろ?)

あれ?バレちゃいましたか?

『ああ~~~。
 ・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・
 晃様の上に乗っかって
 オチンチンを入れて戴きながら
 抱きしめられて…。
 私、こんなにも、幸せ…。』(千里)

その時でした。

「あ…淳美ちゃぁ~~~ん。」(真奈美)

(な、何だ?
 今にも死にそうな
 この疲労困憊の声は?)

『ひや…。』(千里)

まるで
悪戯がバレた子供のように飛び跳ねて
千里ちゃんが、私から離れました。

『どうしたの?』(淳美)

淳美千里ちゃん
バスルームへ走っていきました。

・・・・・

少しして
淳美に抱っこされながら現れた
全裸の少年…。

『う、うわぁ~!!』

私は驚嘆の声をあげました。
頭の中が、パニックです。

『紹介します。
 私の主人の、清くんです。』(淳美)

(聞いていた以上の少年だな。( ゚Д゚))

『しゅうじん…?? (・∀・)??』(清)

(ここは、いつから
 刑務所になったのか?(;´д`))

体格は、中3か高1くらい…でしょうか。
でも【幼さオーラ】が溢れ出していて
一見すると、小学生にさえ見えます。

『ね?とっても可愛いでしょ?』(淳美)

(モノは言いようだな。(;´д`))

しかも痩せていて華奢なので
【少年感】がハンパじゃありません。

『ね?守ってあげたくなるでしょ?』(淳美)

(そうか?(;´д`))

多分
【全国少年感コンテスト成人の部】
…なんてあったら
間違いなく優勝するでしょう。

(断言しようっ。
 そんなコンテストは
 絶対に存在しないっ。)

でも、そんなコトは
どうでも良いのです。

(何でだよ?
 どうして迫力出してんだよ?)

この男のコトは
強烈に覚えています。

『Σ(・□・;)田島ぁ!!( ゚Д゚)』

(やっぱり、おめえの
 知り合いだったか。 (;´д`))

小学校時代
年中、おしっこやウンチを漏らし
トイレからチンチン丸出しで戻ってきて
淳美の教科書をお絵描き帳にして
いつも淳美のスカートを捲っていた
あの田島です。

(やっぱり、そういう繋がりだったか…。
 予想どおりでは、あるな。(;´д`))

そですか。( ゚Д゚)
私は、その時、正直ビックリでした。

『はいっ。』(淳美)

私の勢いに
緊張した表情で返事をする淳美の顔は
とっても可愛いのですが…。

『…あらやだ。
 今は、私も、田島なのよ。
 だから、清くんって
 呼んであげて。』(淳美)

そっか…。

『だぁ~れぇ~?? (・∀・)??』(清)

淳美の抱っこから
すとんと飛び降りた清くん
ぽよんとした表情で私を見上げました。

(さすがはアンポンタンだな。
 おめえは覚えていても
 こいつは、おめえのコト
 あっさり忘れてるようだぞ。)

何だか、とっても、あどけないです。
同い年と知っても尚
子供のようにしか見えません。

それに…

小学校時代の田島
突飛な言動と特異な奇行で
頭の先からつま先まで
いわゆる【変な子】でした。

喋らせれば、激しくドモりますし
いつも鼻水を垂らしていました。

同一人物なのは間違いないのですが
今は【変な子感】なんて微塵もなくて…。

(ウソだ。
 【変な子感】満載じゃねえか。)

小学生の頃の田島から
【変な子感】を完全消去して
【子供感】を増したように思うのは
気のせいでしょうか?

アンポンタンの小学生時代を
 俺様は、知らねえが
 確かに邪気のねえ子供って感じだな。)

まるで、産まれ直したかのようです。
人間、そんなコトが、可能なんでしょうか?

(俺様に訊くな。)

私、ただひたすらに、唖然です。

『ごめんね。(。;´・ω・)
 そんな昔のコト
 覚えてないのよ~。』(淳美)

淳美ちゃんが謝るコトじゃねえよな。)

内助の功なんですよ。夫婦なんですね。

あちゅみ…。
 だれと、だれと、だれと
 だれと、だれぇ?』(清)

(そっか。
 忘れてるのは
 おめえのコトだけじゃねえんだな。)

それなら、初対面の人として
お近づきになりましょうか。

(バカタレ。チャンスじゃねえか。
 近づくな。離れろ。バカが伝染るぞ。)

『どうして、みんな、はだかなの?』(清)

裸祭りだからよ。』(琴乃)

(ヽ(・、 .)コケッ…
 それを琴乃ちゃん
 言うかね~。(;´д`))

断じて違います。
裸祭りじゃありません。

『はらまわり?』(清)

(ヽ(・、 .)コケッ)

断じて違います。
腹回りじゃありません。

(判ってるよっ。(;`O´)o)

『清くん。
 チンチンの皮、剥いてもいい?』

(な、な…
 何てコト、言うんだ!?( ゚Д゚))

だってぇ~。

清くんの場合、初対面の挨拶は
皮剥き以外に、ないかと…。

『え?( ゚Д゚)むいて、くれるの?( ゚Д゚)
 むいて、むいてぇ~。\(^o^)/』(清)

ほらね。大喜びです。

そ、そんなに、チンチンを
突き出さなくても…。(;´д`)

『きゃ~、きもち~。。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。
 もっかい、やってぇ~。』(清)

(泣いて喜んでるぞ!?
 男同士なのに
 そんなに気持ち良いのか?)

清くんにしてみれば
多分、男女なんて、関係ないんでしょう。

『ボク、晃だよ。』

すっごく伸びて、お餅みたいな皮です。

(要らん実況をするな。)

『あららぁ~?』(清)

(随分と残念な名前になったな。(;´д`))

『きゃ~、きもち~。
 あらら、いいひとぉ~。
 こんどは、ぼくが
 あららの、かわ、むく~。』(清)

(ほら見ろ。ど~すんだよっ!?)

私、皮、無いのに~。(;´д`)

(あったら
 剥いてもらいたかったのかっ!?( ゚Д゚))

『あらら?? (・∀・)??』(清)

(駄洒落かよ。(;´д`))

『な、何だか、思ったよりも
 清くんって、可愛いわね。』(綾乃)

野郎2人醜悪なじゃれ合い
 何を、どう見て
 そう思ったのか?( ゚Д゚))

『でしょ?でしょ?
 清くんの良さが判るなんて
 綾乃ちゃんって良い人ね。』(淳美)

淳美、とっても嬉しそうです。

アンポンタンについて
 共感を得るなんてコト
 そうそう、ないだろうからな~。)

『私も、皮剥き
 挑戦してみたくなっちゃった。
 清くん、オチンチンの皮
 剥いてもいい?』(綾乃)

『え?( ゚Д゚)むいて、くれるの?( ゚Д゚)
 むいて、むいてぇ~。\(^o^)/』(清)

やっぱり大喜びです。

『きゃ~、きもち~。。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。
 もっかい、やってぇ~。』(清)

(やっぱり泣いて喜んでるぞ!?
 今度は相手が女だから
 そういう意味では
 見ていて安心感があるな。)

『きゃ~。\(^o^)/
 お餅みたいで、プルプルだぁ~。』(綾乃)

『きゃ~
 きもち~。。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。』(清)

(こら。(;`O´)o
 そんなバッチいモン
 オモチャにしたら、いけませんっ。)

『こぉ~んなに引っ張ってるのに
 痛くないの?』(綾乃)

(包茎初体験みてえな言い方だな。
 旦那だって、立派な包茎なのにな。)

『きもち~の。。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。
 もっと、ひっぱってぇ~。』(清)

誠…立場なさそうな
情けない顔をしてますね~。(;´д`)

『えいっ。』(綾乃)

『きゃ~。\(^o^)/』(清)

アンポンタンの皮…
 よく伸びるなぁ~。(;´д`))

『おもしろ~い。(^^)(^^)』(綾乃)

『おにいちゃん、だぁ~れ?』(清)

(散々かまってもらった果てに
 今頃名前を訊くのかよ?( ゚Д゚))

しかも【お兄ちゃん】
なってますしね。(;´д`)

『私、綾乃だよ。』(綾乃)

『ああの、いいひとぉ~。
 おもいっきり、むいてぇ~。
 きれて、おれて、ちがでて
 ちんちん、とれちゃうくらい
 むいてぇ~。』(清)

『判ったわ。いくわよ~。
 えいっ、えいっ、えいっ。』(綾乃)

うっわ。そんなに乱暴に…。

(大丈夫なのか!?( ゚Д゚))

綾乃も、調子に乗り過ぎたって
思ったのでしょう。
しまった…という表情をしています。

『きゃ~、きゃ~、きゃ~、きゃ~。
 ・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・』(清)

(大丈夫だった…みてえだな?)

『え~ん、あちゅみぃ~。
 ああの、いいひとぉ~。』(清)

『良かったわね。
 いっぱい、お礼、言うのよ。』(淳美)

『うんっ。
 ああの、ありがとう。
 ああの、ありがとう。
 ああの、ありがとう。
 ああの、ありがとう。
 ああの、ありがとう。
 ああの、ありがとう。
 ああの、ありがとう。』(清)

(あ~~~~っ。うっせえな~。)

『ああの、あり…けほこほ…』(清)

淳美に言われたとおり
ホントに、いっぱい言うんですね~。

(咳き込まなかったら、きっと
 果てしなく続いていたぞ。
 まったくガキなんだから…。)

『ホントに幼稚園の子みたい…。
 ( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)』(琴乃)

『ああの、ありがとう。
 こんどは、ぼくが、ああのの
 チンチンの、かわ、むくね。』(清)

(何だって!?( ゚Д゚))

『…あれ…?? (・∀・)??
 ああの、おんなのこ?』(清)

Σ(・□・;)
な、何て【超越】!?!?

さすがの私も驚きました。

(散々全裸で絡んでたのに
 綾乃ちゃんが女だって
 股を広げて見るまで
 気づかなかったのか!?( ゚Д゚))

(396へ)

にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな生活(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング