・・・1月30日・文句さんとの特別対談・・・
072
『そうよ、女の子よ。(^^)v』(綾乃)

綾乃ちゃん、怒らねえんだな。( ゚Д゚))

清くんの目の前に
びしょ濡れ秘花を丸出しにしながら
むしろ、愉快そうですよ。

あちゅみぃ~。( ゚Д゚)
 ああの、おんなのこ、なんだって。』(清)

(大発見のように報告するなっ!
 みんな知ってるぞ!(;`O´)o)

『まあ!ホント?
 清くん、大発見ね💛』(淳美)

(お、おいっ。( ゚Д゚))

独特の世界観ですね~。

あちゅみぃ~。
 ああの、ぼくと
 けっこん、する、ひとぉ?』(清)

(な、何だ?( ゚Д゚))

『あ、良いですよ。大丈夫です。
 いいえ、むしろ、是非…。』(誠)

咄嗟に目が合ってしまった淳美に気を遣って
から進んで承認です。

にしちゃ
 気が利くじゃねえか。( ゚Д゚)
 …に、しても、良いのかよ?
 綾乃ちゃんの気持ちは、どうなんだ?)

行きがかり上、断れない感じですよね~。
綾乃が本心で受け容れるのなら
良いのですが…。

、ありがとう💛
 琴乃、お願い。』(綾乃)

(ありがとう…って…?…)

パパ、格好良いわぁ~💛
 だあい好きっ。』(琴乃)

琴乃に抱きつかれて
まんざらじゃないに安心したのか
淳美綾乃の目を見て頷きました。

(何か、綾乃ちゃん
 乗り気のようだな。)

『ああのは、清くん
 結婚、しないわ。』(淳美)

『そっか…。(;´д`)』(清)

(思いっきり、残念そうだぞ。)

清くん
 う~になっちゃった?』(綾乃)

『うん。
 ぼく、ああのの、おまたに
 ちんちん、いれたいの。』(清)

(何て素直なヤツ…。(;´д`))

この上ない直球勝負ですね。
羨ましいです。

『素敵、素敵💛
 オチンチン、こんなに、大きいものね。
 結婚は、しないけれど、特別よ。
 私のお股に
 オチンチン、入れて良いわ。』(綾乃)

『ホント!?( ゚Д゚)』(清)

(そして、思いっきり、嬉しそうだぞ。)

『ホントよ。』(綾乃)

『ホントにホント!?( ゚Д゚)』(清)

『うん。ホントにホントよ。』(綾乃)

『ホントにホントに
 ホント!?( ゚Д゚)』(清)

『うん。ホントにホントに
 ホントよ。』(綾乃)

(おいおい…。(;´д`)
 これも果てしなく続くのか?)

あちゅみぃ~!?( ゚Д゚)』(清)

(聞こえてたって…。(;´д`))

『良かったわね~。
 ちゃんと、お礼、言うのよ。』(淳美)

『うんっ。\(^o^)/』(清)

道ならぬSEXに
 今から励もうっていうのに
 そんな会話に聞こえねえのは
 俺様だけか…?…(;´д`))

・・・・・

『…こ、腰が抜けた…。
 。゚( ゚^∀^゚)゚。』(綾乃)

話に聞いていた【ドリルちんちん】
たっぷり堪能した綾乃…。

(げ。そうだった。
 こいつには、そういう
 訳の判らねえ小技があったんだっけ。)

清くん、またしてね。
 必ず、してね。
 絶対、してね。
 約束よ?お願いよ?』(綾乃)

(そんなに良かったのか?( ゚Д゚))

『うんっ。\(^o^)/』(清)

清くんの返事に安心したのか
仰向けになってしまった綾乃
秘花をヒクヒクさせながら
ダラダラと精子を垂れ流しています。

(恍惚状態丸出しだな。(;´д`))

そんなにも、良かったのか…。

そんな綾乃の乱れ姿を
目の当たりにした他の女性達は…。

(ハッキリ言っちまえよ。
 みゆきちゃん
 ママちゃんの2人だろ?)

…はい。

表面こそ冷静を装っていますが
噴出する性欲を抑えきれずに
持て余しているのが
明らかに表情に表れています。

(早ぇハナシ
 火ぃ点けられちまったって
 コトだな。(;´д`))

『清くん、チンチンの皮
 剥いてもいい?』(誠)

『え?むいて、くれるの?
 むいて、むいてぇ~。』(清)

そんな2人
焦燥にも似た性欲を知ってか知らずか
何故か、
清くんのチンチンの皮を剥き始めました。

(うっわ。何だ?
 このピリピリ感は…?…( ゚Д゚))

この、一見ムダなの行為
清くんの消耗を回復させる
絶好の時間稼ぎになると踏んだ2人
温かな眼差しを繕って
2人のじゃれ合いを見守ります。

(もしかしたら
 今日一番の緊張感かもな。)

2人の狙い目は
この時間での回復を最も堪能できるであろう
の次の番】です。

(うっわ。あんなに、チンチンを
 突き出してるぞ…。(;´д`))

『きゃ~、きもち~。。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。
 もっかい、やってぇ~。』(清)

『ボク、誠だよ。』

『まころん~?』(清)

(お菓子みてえな名前だな。(;´д`))

『きゃ~、きもち~。
 まころん、いいひとぉ~。
 こんどは、ぼくが
 まころんの、かわ、むく~。』(清)

そろそろ、お気づきと思いますが
会話の内容は、私の時と
一字一句、違いません。

まるで、台本でもあるかのようです。

(アホなアンポンタンのキャパは
 底が浅いってコトなんだろ。)

尤も、これ以降は
私の時に不可能だったじゃれ合いが
始まりますが…。(;´д`)

『あ、清くん、気持ちいいっ。
 もっと、剥いてぇ~。』(誠)

(うげぇ~(;´д`))

・・・・・

結局
運良くの次の番】をゲットしたのは
みゆき姉ちゃんでした。

ママちゃんは、どうしたんだ?)

念の為、トイレに立った隙に
先を越されました。

ママちゃんらしいな。(;´д`))

『ど、ドリルちんちん…
 恐るべし…。』(みゆき)

さすがは、泌尿器科医師です。

清くんのチンチンの秘密を
自分の膣で感じて
イかされながらも途切れがちな
詳細なリポートは
ママの性欲を、更に煽り立てました。

ちなみに
もしやと思っておられる読者も
いらっしゃるのでは…?

会話の内容は、綾乃の時と
一字一句、違いません。

まるで、台本でもあるかのようです。

(【学芸会の三文劇】を
 【エンドレスエイト】されてもなあ…。
 (;´д`)(;´д`)(;´д`))

文句さん
そのツッコミ、判らない人も、多いです。

大股開きのまま
恍惚状態となったみゆき姉ちゃん
何と、おしっこを、漏らしてしまいました。

(元ヤンのみゆきちゃんが?
 信じられねえな。( ゚Д゚))

こうなると
自己紹介皮剥き
みたいな流れになってしまって…。

みんなに順番に皮剥きされて
清くんは御満悦です。

自己紹介のたびに
清くん流ニックネームを貰ったみんなも
御満悦です。

アンポンタンなんかに
 迎合し過ぎじゃねえか?)

みゆき姉ちゃんみゆん…でした。

清美ちゃんきよん
 近い変形だな。)

琴乃こっとん…。

(綺麗じゃねえか。
 …って、ちょっと待て。
 琴乃ちゃんまでやったのか。)

はい。
きゃっきゃと大喜びで
それはそれは熱心に
皮剥きしてましたよ。

(世も末だな。(;´д`))

こっとん…。』(清)

『なあに?』(琴乃)

こっとんの、おまたに
 チンチン、いれても、いい?』(清)

『きゃ~。』(琴乃)

アンポンタンめ。
 ドサクサに紛れやがって。)

『ダメよ。
 琴乃ちゃんと、芳恵ちゃんと
 光ちゃんは、ダメ。
 他の人にしなさい。』(淳美)

『はぁ~い。\(^o^)/
 こっとん、ごめんね。』(清)

(ちっとも【ごめん】じゃねえぞ。)

あちゅみがね
 ダメって、いうの。』(清)

(まるで、淳美ちゃんが悪いみてえな
 言い方だな。(;´д`))

『こちらこそ、ごめんなさい。
 いつか、清くんに、相応しい女になった時
 また、あちゅみに
 いいかどうか、訊いてみようね。』(琴乃)

琴乃ちゃん
 何て健気なんだ。(´;ω;`)ウッ…)

ママままん…。

(これは、そのままか。)

芳恵よっし…。

(ゲームキャラかよ。)

光ちゃんぴかん…。

(何となく【ん】で締める傾向にあるな。)

・・・・・

清くんとみんなの
【愉快なコミュニケーション】
粛々と進んでいる最中に…。

(ハラがたつほど綺麗な言い方だな。
 【包茎チンチン皮剥きズコバコ祭り】って
 言ったらどうなんだ?)

文句さんって
下品で野蛮ですね~。( ゚Д゚)

『ひえ~~~。』(真奈美)

千里ちゃんの肩を借りて
真奈美ちゃんが戻ってきました。

わぁ~。
真奈美ちゃんの身体
すっかり綺麗になっています。

(Σ(・□・;)!?!?
 どうやったら、こんな短時間で
 こんなにも綺麗になれるんだ!?)

『そりゃあもう、凄かったわよ。
 高速洗浄機で、丸洗いされた気分よ。
 洗車機を通過する自動車の気分だったわ。
 私の感覚が正しければ、この短時間で
 30回はイっちゃったもの。』(真奈美)

『え~ん。』

何だか、久しぶりに
真奈美ちゃんが帰ってきたみたいで
嬉しくなっちゃって
桜色の乳首にしゃぶりつきました。

『きゃ~~~。
 (;´Д`)ハァハァ (*´Д`)ハァハァ
 (*´Д`*)アアアアッッッ!!』(真奈美)

(何だ?いきなりか?( ゚Д゚))

な、何て敏感な…。

、ごめん。
 私、今、全身、隅々まで
 超敏感な、性感帯…。
 暫く、そっとしておいて
 くれる?』(真奈美)

(因幡の白兎状態って訳か。(;´д`))

・・・・・

(ちょっと、いいか?)

何でしょう?

(今、急に、現実に戻った気がしてな。
 千里ちゃんって
 アンポンタンの母親なんだよな?)

はい。そうですね。

(…ってえコトは、だぜ。
 大雑把に言えば、おめえの母親
 同世代ってコトだろ?)

…げ。

千里ちゃん
 何度もチンチン入れやがって。
 それって、母親にチンチン入れるのと
 精神的に観念的に理念的に道徳的に
 繋がるトコロを感じねえか?)

…げ…げ。

(そんなコトが平気なおめえだから
 敢えて訊くんだがな。
 まさか、自分の母親
 チンチン入れたコト、ねえだろうな?)

あり得ませんっ!!
ソレだけは、断じて、あり得ませんっ!!

(…ホントか?)

ウソだったら、私のチンチン
斬り落としても、いいですよっ。

(助平しか能のねえおめえが
 ソコまで言うんだ。
 信じてやるよ。(,,¬ω¬))

少しも信じてない顔ですよ。

(信じられると思うのか?)

母親とSEXしたコトがあると言ったら
信じるんですか?

(0.1秒で完全に信じる。)

ヤなコト、言いますね~。(;´д`)
この先、千里ちゃんや、ママ
早苗ちゃんに、チンチン入れる時
母親の顔が浮かんでしまいそうです。

(それじゃあ、もう、ヤめておけよ。)

いいえ。

千里ちゃんも、ママも、早苗ちゃん
私の大事な大事な女性です。
折れても擦り剥けても
チンチンを入れます。

(それでこそ、宇宙最凶の助平だ。)

・・・・・

あれから、何回目のSEXでしょう?
いつの間にか、今日は
清くんSEX祭り】
なってしまったかのようです。

(散々寝腐りおった挙句に助平し放題か。
 おめえのオカブ、完全に盗られたな。)

むふふ…。そう思うでしょう。
ところが私には
淳美綾乃がいるんです。

(何てこった。
 何だかんだ言っても結局この2人
 おめえが好きなんだな。)

この2人だけは
私を放っておかないんです。

(この幸せ者がっ。)

ちなみに誠には
早苗ちゃん千里ちゃん
真奈美ちゃんの3人が
ずっと、つきっきりになってます。

(人数で負けてるじゃねえかっ。)

3人は、私に気を遣って
誠についたんですよ。

(どういう意味だ?)

だって私、また、泣いてたんです。

(どうしたんだよ?)


にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな生活(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング