・・・1月30日・文句さんとの特別対談・・・
072
『秘花を開いて、中を弄られるんでしょ?
 *:..。o(O*´∀`* O)o。..:* ☆彡』(真奈美)

(何で憧れ色全開なんだ?( ゚Д゚))

『とってもとっても痛いんでしょ?
 *:..。o(O*´∀`* O)o。..:* ☆彡』(真奈美)

(まさか、楽しみにしてるのか?( ゚Д゚))

『終わったアト
 女としての哀切に涙が出るんでしょ?
 *:..。o(O*´∀`* O)o。..:* ☆彡』(真奈美)

(変なドラマでも見たか?( ゚Д゚))

『楽しみだなあ~。((o(^-^)o))』(真奈美)

(まるで、小さな女の子
 初めての遠足の前の日みてえな
 わくわく笑顔だぞ。(;´д`))

内容は、小さな女の子とは
あまりに掛け離れ過ぎてますけれどね~。

『…あ。(⊙﹏⊙✿)
 濡れてきちゃった…。』(真奈美)

(ついていけんな~。(;´д`))

後々判ったんですが
私が心配しないように
明るく振る舞っていたそうです。

(明る過ぎだ。(;`O´)o)

電話の向こうで、綾乃達が大騒ぎです。

(言っちまったのか!?( ゚Д゚))

、真奈美ちゃん
 本当に、ごめんなさいっ。
 。・゚(゜´Д`゜)゚・。」(綾乃)

『いや。全然、ごめんなさいじゃないよ。』

「ちょっと…。
 包丁なんか、どうするの?」(ママ)

、覚悟しなさい。
 、真奈美ちゃん
 お詫びに、今から
 のオチンチン、斬り落とすね。」(綾乃)

(何を血迷ってるんだ?( ゚Д゚))

綾乃、大泣きの錯乱状態です。

『そんなコトしないでっ。( ゚Д゚)
 (゚-゚;)三(;゚-゚)』(真奈美)

(如何な真奈美ちゃんとて
 そら、慌てるわな。)

チンチンの一大事ですからね~。(;´д`)

(間違うな。の一大事なんだぞ。)

っ、パンツ脱ぎなさいっ。」(綾乃)

パパ、どうして、こんな時まで
 オチンチン、大きいの?」(琴乃)

(発言はねえが
 も錯乱状態のようだぞ~。(;´д`))

「あ、ダメ。
 せっかくのオチンチンが
 勿体ないわよぉ~。」(ママ)

(勿体ないってゆう問題なのか?(;´д`))

「ママ、やめてぇ~。
 ウチには、オチンチン
 これ1個だけなんだよ?」(琴乃)

(誰か、本人の心配を
 してやれよ。(;´д`))

綾乃、聞いて。
 ボクは、むしろ、感謝してるんだよ。
 誠、ありがとう。ホントにありがとう。』

(何言ってんだよ?( ゚Д゚))

真奈美ちゃんだって、その気になれば
 ちゃんと妊娠できるんだってコト
 証明してくれたんだもんね。
 我が家の家族計画に
 とっても明るいニュースだよ。』

(確かに、年がら年中中出し主義の割にゃ
 今まで妊娠しなかったもんな~。)

実は、真奈美ちゃん
上手なだけなんですけれどね。

真奈美ちゃんの顔
 見せてあげたいくらいだよ。
 すんごく幸せそうな笑顔なんだよ。
 真奈美ちゃんの幸せが
 ボクの幸せなんだ。
 だから今、ボクも、本当に幸せ。
 本当にありがとう。』

(確かに、すんげえ
 トロけるような笑顔だな。)

『誠、本当にありがとう。
 綾乃ママ琴乃も、本当にありがとう。
 この恩は、一生忘れないよ。』

(さすがは俺様の相方だ。
 口から出任せを喋らせりゃ
 この大宇宙で右に出る者は居ねえ。)

それ、褒めてるように聞こえません。

「…晃…。」(誠)

(おお。
 やっとの声が聞こえたな。(;´д`))

『これからも、真奈美ちゃんの中に
 どんどん出してあげてね。
 それが真奈美ちゃんの幸せなんだから
 これからも、よろしくね。』

「……。」(誠)

『これで懲りちゃった…なんて言ったら
 それこそ怒るからね?
 誠は、真奈美ちゃん
 大事な大事な不倫相手なんだからね?』

(ははは…。言うじゃねえか。)

そもそも、誠は
言わば【被害者】のはずですからね。

どうせ、真奈美ちゃん
中に出さないと怒る…とか言って
脅しまくったんでしょうからね。

(それは言えてるな。)

ぉ~。
 綾乃ちゃんの傍で居心地悪いなら
 いつでも私の家においで~。
 私の家の人になっちゃお~。』(真奈美)

(お。揺さぶりをかけにきたか。)

『今回はゴメンナサイしちゃうけど
 絶対にまた私を妊娠させてね。
 私、本当に嬉しいの。
 女に生まれて、に逢えて
 本当に良かったわ。』(真奈美)

(ガハハハッ…。
 ゆっさゆっさ揺らしてらぁ。)

「やだやだ。
 私のを、取らないでぇ~。」(綾乃)

「なあんだ。
 やっぱりパパ
 大切なんじゃない。」(琴乃)

(呆気ねえな~。)

は、とってもイイオトコよ。
 奥さんである綾乃ちゃんが
 大事にしてあげなくちゃね。』(真奈美)

「え~ん。ぉ~。
 ゴメンナサイ。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。」(綾乃)

「あんまり判らないコト言ってると
 綾乃が晃くんのタネで妊娠しちゃった時
 晃くんの身の安全も
 保障できなくなっちゃうわ。」(ママ)

…ぎく…。( ゚Д゚)

あり得なくないだけに…。(;´д`)

ママちゃんにしちゃ、鋭いじゃねえか。)

真奈美ちゃんに包丁持たせたら
綾乃何千倍
デンジャラスですからね~。(;´д`)

(タチドコロに生命ねえな~。(;´д`))

『そう。そのとおりです。
 さっすがママちゃんですね~。
 、これで堂々と
 綾乃ちゃんやママちゃんを
 妊娠させてあげられるね。』(真奈美)

(どんな論理だよ?(;´д`))

「………。」(綾乃)

綾乃ちゃん
 何も言えなくなっちまったか。)

電話のアト、綾乃の家では
大きなケーキを買って
お祝いしたそうです。

(間違ってるっ。
 何かが徹底的に間違ってるっ。)

そしてその夜、綾乃
思いっきり愛してもらったそうです。

(期せずして2人の夫婦仲も
 強くしたようだな。)

その横で、全裸のママ琴乃
コンビニおいなりさん食べながら
思いっきり応援してたそうです。

(運動会の
 父兄競技じゃねえんだぞ。(;´д`))

・・・・・

『え?何なに?
 妊娠しちゃったんだって?
 (^^)(^^)(^^)』(淳美)

連絡を貰った淳美
早苗ちゃん清くん千里ちゃんを連れて
夕方になって笑顔キラキラ来訪です。

(むわた、エロエロな夜か。)

『早くぅ。早くぅ。
 お腹、触りたいの。
 耳つけてみたいの。』(淳美)

それは良いのですが
どうして4人とも、あたりまえの顔をして
玄関で全裸になるのでしょうか?

(変な習慣だな。(;´д`))

清くんのチンチン
今日も、とっても、可愛いです。
いっぱい、剥いてあげなくちゃ。

(それもまた変な習慣だな。(;´д`))

・・・・・

妊娠しているコトを
3日間、たっぷり堪能して…。

(何してんだ。早く病院に行け。)

予約をしたら
最短で3日後だったようです。

(さよけ。)

『あ、いいの、いいの。
 は、いいの。
 私、1人で、病院に行きたいの。
 だって、知らない男
 秘花をたっぷり弄らせるのよ。
 愛する旦那様が一緒だと
 思う存分楽しめないじゃないの。
 う~ん楽しみっ。(^^)v』(真奈美)

(まだ言ってるか…。(;´д`))

そんな訳で、真奈美ちゃんは病院に
私は普通に出勤しました。

(何はともあれ、野郎は働け。)

・・・・・

普通に帰宅して…
でも、家に真奈美ちゃんが居ません。

おかしいな。確かに靴はあるのに…。

あ、居ました。

客間で座り込んでいました。

『…ごめんね。…ごめんね。
 本当に、ごめんなさい。
 。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。
 ああ、神様。
 どうか安らかでありますように。
 本当に、ごめんなさい。
 。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。』(真奈美)

何時に帰っていたのか判りませんが
地味な服装のまま座り込んで
ずっと泣いていたようです。

遠くてよく見えませんが
真奈美ちゃんの目の前には
病院の診察券や、諸々の書類
それとパンフレットのようなモノが
ありました。

『…ごめんね。…ごめんね。
 本当に、ごめんなさい。
 。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。』(真奈美)

私が帰ってきたコトに気づかないで
暗くなった部屋で、独りで泣いています。
片手に透明の数珠がありました。

『悪いお母さんを許してね。
 。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。』(真奈美)

いつも明るい真奈美ちゃん
こんなふうに泣いてるのを
私は初めて見た気がします。

それだけに

もしかしたら、こんな姿を
見られたくないかも知れない…。

そう思った私は
そっと家の外に出ました。

病院関係の書類を位牌にして
独りだけのお葬式
してるようにしか見えなかったからです。

取り敢えず私は
家の周辺の散歩に出掛けました。

さすがに少々
取り乱している自分を自覚します。

まずは冷たい風に微熱を冷まし
心を静かに落ち着けて
深く反省しようと思いました。

自分は、どうしようもなく、ガキだった…。

私達夫婦は今日
自分達の勝手な都合で
純粋無垢な生命を
摘み取ってしまったのです。

これは、れっきとした殺人です。

自分は、どうしようもなく、ガキだった…。

法律に触れなければ良い
…というモノではありません。

何て愚かで
罪深いコトをしてしまったのでしょう。

しかも

全て終わって
激しく泣いている真奈美ちゃんを見るまで
そのコトに気づかなかった自分に
腹立たしささえ覚えます。

せめて、私は、私だけのお葬式を、しよう。

たくさんの黒い電線に
無慈悲に分割された夕闇の空が
哀しそうに見えました。

今日のこの日、この風景を
心に刻み込んで、お葬式しよう。

この世を踏みしめるコトなく
この世で呼吸するコトもなく
自分の声と自分の鼓動を
この世に響かせられないまま
何ひとつ穢れていない純粋無垢な生命を
名もないまま無念にも逝かせてしまった
どんな言い訳も通用しない大罪…。

せめて私だけは、生涯
…いいえ、この魂が灰燼に帰すまで
忘れないでおこうと思いました。

(そうしろ。)

尽きるコトのない反省に時を忘れ
真奈美ちゃん
無用な心配をかけてもいけないので
30分後くらいに、再度帰宅しました。

『おかえりなさぁ~い。
 \(^o^)/\(^o^)/』(真奈美)

良かった。
いつもの明るい真奈美ちゃんです。

『なぁ~に?\(^o^)/
 いつもは、インターフォンなんか
 押さないのに。』(真奈美)

もしも真奈美ちゃんが、まだ泣いてたら
時間的猶予を持たせる為の配慮でした。

『うん。ちょっとイタズラ。
 ビックリした?』

『うん。ビックリしたぁ。
 ビックリして濡れちゃったし
 知らない男の手垢がついてるから
 アトで秘花を綺麗に洗ってね。』(真奈美)

さすがに今日は
全裸のお出迎えではありませんでしたが
まだ玄関だというのに
早速エロエロな話です。

『お腹空いたでしょ。
 今、食事、用意するね。』(真奈美)

『身体、大丈夫?ツラいんじゃないの?
 もしも何なら
 自分でラーメンでも作るよ?』

さっきまで、あんなに泣いてたのですから
きっとまだ、何も準備してないでしょう。

『え?
 でも、もう、作ってあるよ。』(真奈美)

鍋のフタをあけると
ぱぁ~っとカレーの良い匂い…。

『私、こんなだけど
 これでも一応、の奥さんなのよ。
 たとえ、片手片脚なくなったって
 疲れて帰ってくるの為に
 晩御飯の支度くらい
 デキなくちゃね。』(真奈美)

(泣かせるじゃねえか。)

(402へ)

にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな生活(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング