・・・1月30日・文句さんとの特別対談・・・
072
清くんの鼻水を啜って
綺麗に嘗め取っています。( ゚Д゚)

(惜しげもないのもホドがあるぞ。(;´д`))

いいよ
 私の方こそ、お願いします。
 オチンチン入れて下さい。』(泰葉)

『やったぁ~\(^o^)/』(清)

(はいはい。(;´д`)
 【かくれんぼしよっか…いいよ】
 まるでそんな世界観だな。)


清くんの持ち味ですね~。

・・・・・

ゆ…湯気が…?…

(アホ。そう見えるだけだ。)

満足そうな顔をした女性10人
大股開きのまま、ノビています。

(全員、恍惚の極みだな。(;´д`))

丸出しの秘花から
湯気が上がってるように見えるのは
私だけでしょうか。

早苗ちゃんの秘花を見ろよ。
 ぱっくりと開いたままだぞ。( ゚Д゚))

少し赤くなった全員の秘花が
溢れ出て止まらない精子で
ドロドロになっています。

琴乃ちゃんも、奪われちゃったか?)

ソコまで非道じゃないですよ。
チンチンを秘花に押し当てて擦り当てて
連続12回もイかされた小学生
ほっかほかにデキあがってノビています。

『やだ…妊娠しそう…。』(綾乃)

『俺の精子は死太い。
 妊娠したら、また来いよな。
 今度はタダで堕ろしてやる。』(ガンマ)

『そ、想像以上の働きだわっ。』(真奈美)

『まだ足りない。もっと女性はいないのか?
 今日はヤりたい放題って
 聞いてきたんだが…。』(ガンマ)

(何てヤツだ。( ゚Д゚))

ガンマのチンチンは、いまだ頑強で
萎える様子など、微塵もありません。

『私、もう1回。』(ママ)

(こりゃ意外だな。( ゚Д゚)
 よっぽど良かったんだな。( ゚Д゚))

『よおし。天国に行かせてやる。』(ガンマ)

・・・・・

(何か、いつにも増して
 乱れに乱れてる感じだが
 状況は、どうなんだ?)

ガンマの10人斬りは
結局2回戦に突入しています。

(大丈夫なのか?)

尤も、1回戦で琴乃がギブアップしたので
2回戦めからは9人斬りですが…。

(小学生なんだぞ。
 1回戦つきあっただけでも
 大したもんだ。)

異常な巨大チンチンに
最初は苦戦していた女性陣
ようやく慣れてきたようです。

(慣れちまっても良いモノなのかな?)

全員、痛い痛いと泣きながらのSEXです。

(全然慣れてねえじゃねえか!(;`O´)o)

それでもガンマとのSEXを
やめようとしません。

(痛みをおして尚余りある快楽が
 みんなを搦め取っているようだな。
 恐るべし、ガンマの魔力。)

泰葉ちゃんは、清くんの精力減退を
絶世の美不思議な薬で癒した後
智克次郎三郎にまで薬を使って
SEXを思いっきり楽しんでいます。

(あっけらかんとしたマイペースだな。)

みんなのクスコをしていた私も
綾乃淳美がちょくちょく気遣ってくれて
チンチンが寒くなる暇がありません。

(何だかんだいっても、この2人は
 おめえのコトが大好きなんだな。)

そして今、私の上には
絶世の美女が跨っています。

『あ、
 お願い。(*´д`*)ハァハァ
 私と結婚して。(*´д`*)ハァハァ
 お金は私が稼ぐから(*´д`*)ハァハァ
 はチンチンだけ貸してくれれば
 それで良いから。(*´д`*)ハァハァ』(泰葉)

(何か、難儀な性格なんだな。(;´д`))

・・・・・

泰葉ちゃんみゆき姉ちゃん
楽しそうに話をしています。

(おい、おめえ。
 泰葉ちゃんからの求婚
 ちゃんと断ったんだろうな?)

はい。そりゃもう、キッパリと。

『きゃははっ\(^o^)/
 ヤダぁ~。そうなんですか?』(泰葉)

(その割にゃ、明るいじゃねえか。)

新人類なんですかね~?

(そおゆう片付け方で良いのか?)

SEX最中のサレゴトとはいえ
私に求婚した時点で
ここにいる女性全員を敵に回す危機感
瞬時にして感じ取ったようです。

(世渡り上手でもあるようだな。)

あっけらかんと何もなかったかのように
明るく過ごしています。

『この間
 そういう患者さんが来て…』(泰葉)

『ああ、そおゆうのは
 相手にしない方が良いぞ。』(みゆき)

泌尿器科医というコトで
意気投合したようです。

(そっか。大先輩だもんな。)

『でも、診察券出されちゃうと…』(泰葉)

『だから、そおゆう時は
 さっき言ったヤツを
 例の配合で…。』(みゆき)

『あ、なるほど。
 そういう時に使うんですね。』(泰葉)

(何か、危ねえ会話じゃ
 ねえだろうな?(;´д`))

・・・・・

2回戦が終わって
綾乃淳美が抜けました。
3回戦目、突入です。

(3回戦目は7人斬りになったか。)

3回戦が終わって
芳恵光ちゃんが抜けました。
4回戦目、突入です。

(5人斬りになったか。)

あまりにタフ過ぎて
ガンマの周りに居るのは、いつの間にか
真奈美ちゃん泰葉ちゃんママ
早苗ちゃん千里ちゃんの5人だけです。

ガンマ攻めから抜けた他の女性達
智克くん達清くん
楽しく戯れています。

この5人は、泰葉ちゃんの薬のせいで
チンチンが勃起したままなので
みんな楽しいオモチャになっていました。

泰葉ちゃん
 おめえにも薬を使ったのか?)

必要ないわね…って言われちゃいました。

(賢明だ。)

『やったぁ~。\(^o^)/』(ママ)(早苗)

(何だなんだ?どうしたんだ?)

ようやくガンマの勃起が収まったのです。

(それはそれは…。
 達成感もひとしおだろうな。)

みんなで拍手喝采でした。

『し…信じられないわ。
 勃起してないパパのオチンチンを見るの
 生まれて初めて…。( ゚Д゚)』(泰葉)

(どんな父娘なんだ…。(;´д`))

【裸祭り】は2泊3日で開催しましたが
ガンマ泰葉ちゃんは診療の為
智克くん達3人芳恵光ちゃん
それぞれの生活の為、初日で帰りました。

(何か、やっと、平和になった気がするな。)

・・・・・

年が変わって、春休みも全員出席でした。

(え?全員って…?…
 また
ガンマ泰葉ちゃんも参加したのか?)

一応声をかけてみたら
変な薬持参で、大喜びの参加でした。

(変な薬は余計だ。
 3バカトリオも参加なのか?)

もちろんです。
大盛況の【裸祭り】です。

(やれやれだな。(;´д`))

でも、みゆき姉ちゃんから
【引退宣言】が飛び出しました。

(ほう…。)

結婚するのだそうです。

(めでたいじゃねえか。)

そうなんですが
泰葉ちゃん、ショックで大泣きです。

(仲良しみたいだからな。放っておけよ。
 めでたいコトに間違いねえんだから。)

そう…なんですが…。

(何だよ?
 まさか、おめえも
 ショックで大泣きしたとか
 言うんじゃねえだろうな?)

何で知ってるんですか?( ゚Д゚)

(泣いたのか…。(;´д`))

はい。それはもう、思いっきり。
あまりに泣き過ぎて
おしっこ漏れちゃいました。

(ドコまでガキなんだ…。(;´д`))

だって、泰葉ちゃん
お漏らししてましたよ。
泰葉ちゃんのおしっこ
私、頭から、被ったんです。

(Σ(・□・;)何だって!?
 どういう体制で絡み合ったら
 そうなるんだよ?(;´д`))

『そんなに泣いてくれて
 ありがとうね。』(みゆき)

みゆき姉ちゃん、優しいから
私と泰葉ちゃんのお漏らしの始末をしながら
優しく微笑んでくれたんです。

(何てこった…。(;´д`))

私が大泣きしたのは
寂しいからだけじゃないんです。

みゆき姉ちゃん、確かに初婚なのですが
もう48歳なので
結婚式も新婚旅行も、しないのだそうです。

(ほう…。)

静かに籍を入れて、静かな結婚です。

しかも、相手の男を
自分の戸籍に加えるのだそうです。

(ややこしそうだな。)

男の名前は吾郎
昔、海でお世話になった源ちゃんのお店で
板前として働いていました。

(おお。そういう繋がりか。)

どんなコトにも豪胆で親分肌の源ちゃん
3年前に他界したそうです。

(何だって!?( ゚Д゚)
 あの殺しても死ななそうな男がか!?
 人間の寿命なんて
 判らんものだな。(;´д`))

源ちゃんの店は
源ちゃんがいたからこそ
成り立っていました。

(そうだろうよ。)

2~3年で立ち行かなくなり
働いていた人間も
どんどん辞めていきました。

(わ。( ゚Д゚))

源ちゃんの店の従業員だった
A子さんB子さん
吾郎を頼って相談に来たのは
店が潰れた2ヶ月後くらいのコトでした。

(何ともおざなりな仮名だな…(;´д`))

A子さんには子供がいました。
女の子です。
B子さんにも子供がいました。
男の子です。

A子さんB子さん
吾郎に身の上を話しました。

とりあえず、A子さんです。

(黙って聞いてやる。存分に話せ。)

【可愛い】【綺麗】
A子さんは、幼い時から
そんな讃辞を欲しいままにしてきました。

それが徒となったのか
A子さんも、A子さんの両親も
徐々に倫を踏み外してゆきます。

小学5年生にして
おフロ場で父親に、処女を奪われました。

でも、A子さんは、特に悲しくもなく
特に怒りもなかったと言います。

だって、物心ついた時から
いつも父親と一緒におフロでした。

父親のチンチンは
シャボン玉やアヒルさんといった
おフロ玩具のひとつでした。

初めてチンチンを食べたのも
初めて精子が飛び出すのを見たのも
小学校1年生の時でした。

初めてイくコトを覚えたのは
小学校3年生の時でした。
父親のチンチンを愛撫して
イかせるのを覚えたのも
小学校3年生の時でした。

そうやってナシクズシ的に
A子さんは、父親の性玩具として
成長してゆきました。

だから処女喪失も
あたりまえの出来事のようにしか
思ってませんでした。

しかし、怒り心頭の母親
父親を許すコトができませんでした。

両親は離婚しました。

父親がいなくなって気づいたのは
A子さんにとって、父親
性玩具に過ぎなかったというコトでした。

大事なオモチャを奪われたという思いから
母親との溝は深まるばかりでした。

中学生になったA子さん
益々可愛く益々綺麗になりました。

それを利用して
3年生の不良グループ達に取り入り
自宅で母親を犯させました。

父親という大事なオモチャを取り上げた
母親に対する復讐でした。

5人の男の子達
3日3晩犯され続けた母親は妊娠してしまい
行き先も告げずに引っ越してしまいました。

だからA子さん
家に帰らなくなりました。

父親と2人暮らしの
不良グループの男の子の家に
まんまと転がり込んだA子さん
毎日毎日、2人のチンチンを入れながら
生活しました。

自分の食いブチは自分で稼ぐ…。

まだ10代のA子さんにとって
街に出て身体を売り歩くのが
唯一の収入手段でした。

日陰のような生活の乱れきった性関係で
A子さんの秘花には
毎日数えきれない人数の精子が
溢れていました。

でも持ち前の明るい性格と
綺麗で可愛い容姿のおかげで
小金持ちのSEXフレンド
どんどん増えてゆきました。

幸いにしてSEXフレンド達
マンションを借りてくれました。
だから思いきって
独り暮らしに踏み切ります。

せっかくのSEXオモチャを
手放したくない不良父子
A子さんの独り暮らしに反対し
アレコレ邪魔をします。

(414へ)

にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな生活(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング