・・・1月30日・文句さんとの特別対談・・・
072
『は、早く、穿き替えなよ。』(光太郎)

『ここじゃ、恥ずかしいわ。』(佐祐理)

『だって、だって、どうしよう。』(光太郎)

(すっごく狼狽えてるぞ。)

『どうかしたの?』(みゆき)

『え~ん。。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。』(光太郎)

(泣いちまった…。( ゚Д゚))

『どうしたのよ?』(佐祐理)

『だって、だって、ぐすん…。
 大事な大事な佐祐理ちゃん
 大事な大事なお股が
 風邪ひいちゃうよ。』(光太郎)

(だははは…。(;´д`))

本気で思いっきり心配してますね。

(泣きながら震えてるもんな~。
 本気の証拠だ。(;´д`))

『大丈夫よ、風邪ひかないから。』(佐祐理)

『…ホントに?』(光太郎)

『うん、風邪ひかないよ。』(佐祐理)

『…ホントのホントに?』(光太郎)

『ホントのホントよ。』(佐祐理)

『良かったぁ~。(´▽`) ホッ』(光太郎)

(幼稚園児かよ…。
 判ったら涙拭け…。(;´д`))

心の底から安心してますね~。

『知らない男の人のオチンチン見て
 興奮しちゃったのね…。
 光太郎、私のコト、軽蔑する?
 私、光太郎にだけは
 捨てられたくないよ。』(佐祐理)

『うふふっ…。
 そんなコトで捨てられちゃうなら
 私なんか、粗大ゴミだわ。
 だって…ほら。』(みゆき)

『うっわ。( ゚Д゚)
 びしょびしょだ。』(光太郎)

『きゃ~。( ゚Д゚)
 みゆきさん、凄い。』(佐祐理)

(考えてみたら、すんげえ親子だよな。
 年頃の息子の前で
 全裸で大股開きになって
 びしょ濡れの秘花を
 平然と丸出しにする母親って…。)

『おしっこ漏れちゃったの?』(光太郎)

(普通なら、ブッ飛ばされっぞ。)

『おしっこじゃないわ。エッチなお汁よ。
 ほら。\(^o^)/』(みゆき)

自分で押し開いて
光太郎くんに中の中まで見せてますよ。
みゆき姉ちゃん一家ならでは…ですね。

『今日は裸祭りだからね~。
 私、今、とっても、エッチな気分なの。
 何度も何度も壊れちゃうまで
 オチンチン入れてもらおっと。』(みゆき)

『Σ(・□・;)ええっ!?
 あの男の人達のオチンチンを
 入れてもらうのっ!?』(佐祐理)

『何度も何度も
 壊れちゃうまで!?( ゚Д゚)』(光太郎)

(何を今さら、驚いてるんだ。
 多少のコトは
 事前に聞いてきてるんだろうに。)

初々しくて良いじゃないですか。

(こおゆう場合、その形容詞で
 ホントに合ってるのか?)

『そうよ。
 だって裸祭りだもん。
 だから、最低でも、このくらいは
 濡れておかなくちゃね。』(みゆき)

『最低でも?( ゚Д゚)』(佐祐理)

(どんなに濡れてても
 全部吸い取っちまう
 助平な幼稚園児が居るからさ。)

光太郎だって、私の秘花に入れたかったら
 好きなだけ入れてもいいわよ。』(みゆき)

『ホント?』(光太郎)

(これも教育方針とやらか?)

『ただし、佐祐理に入れて
 佐祐理を幸せにしてから
 佐祐理に許してもらえたらね。』(みゆき)

みゆき姉ちゃん
光太郎くんから佐祐理ちゃんへ童貞を
佐祐理ちゃんから光太郎くんへ処女を
捧げさせたいようですね。

(そのようだな。)

みゆきさん、教えて。
 僕みたいな、汚い子でも
 裸になっていいの?』(光太郎)

(この子達って、いったい…。(;´д`))

『うふふっ…当然よ。
 だって光太郎
 少しも汚くないもの。』(みゆき)

『臭いって言われない…?…
 汚いって言われない…?… 
 (。;´・ω・)』(光太郎)

(口を開けば自虐的だな…。(;´д`))

『毎日毎日、私が心を込めて
 綺麗に洗ってあげてるでしょ。
 今、お汁で汚れてるなら
 私が嘗めて綺麗にしてあげる。』(みゆき)

『そういうのじゃ
 なくて、さ…。(。;´・ω・)』(光太郎)

(やれやれ…。)

『じゃあ、私みたいな子でも
 裸になっていいの?』(佐祐理)

『もちろんよ。』(みゆき)

『醜いって言われない?
 ブサイクって言われない?』(佐祐理)

『言われないわ。
 だって、佐祐理は、とっても綺麗で
 とっても可愛いもの。』(みゆき)

ホントですよね。

さすがに男の子のコトは判りませんが
佐祐理ちゃんは、ホントに綺麗で可愛くて
素敵な女の子です。

(まあ、ある意味おめえも
 女の子の専門家の端くれではあるからな。)

『脱いだらスグに
 サラサラになるまで、しっかり拭かないと
 汚いって言われちゃうね。』(佐祐理)

裸祭りではね
 腿の内側全部をびしょ濡れにして
 床に垂れるくらい濡れると
 みんなに、思いっきり
 褒められるのよ。』(みゆき)

『ほえ~。( ゚Д゚)』(佐祐理)

『ほら、あそこにいる千里さんなんか
 濡れ濡れの潮を噴くのよ。
 おしっこみたいに遠くへ飛ばして
 床をびしょ濡れにしちゃうの。』(みゆき)

『叱られるでしょ。』(佐祐理)

『ううん。だって裸祭りだもん。
 だから、みんなの人気者なのよ。』(みゆき)

『ほえ~。( ゚Д゚)』(佐祐理)

(そういえばこの頃
 あまり潮噴きシーンを見かけねえな。)

千里ちゃん、私に嫌われたくなくて
コントロールを訓練したようです。

(何て勿体ない。
 天然が、千里ちゃん
 売りなのに…。(;´д`))

ホントですよね。
床が腐るほど撒き散らしてほしいです。

『それに、この家はね
 裸祭りしてない普段の日でもね
 朝でも昼でも夜でも真夜中でも
 女の子は、イっちゃうくらい思いっきり
 秘花をびしょ濡れにしていなくちゃ
 逆に叱られちゃうのよ。』(みゆき)

『ほえ~。( ゚Д゚)』(光太郎)
『ほえ~。( ゚Д゚)』(佐祐理)

(2人とも、同じ顔して驚くんだな。(^^))

『でもでも、パンツ穿いてたら
 濡れてなくても
 判らないわよね。』(佐祐理)

『うふふっ…パンツ穿いてたら、ね。
 朝でも昼でも夜でも真夜中でも
 生理でも、オリモノべったりでも
 晃くんの気まぐれで、いつでもスグに
 脱がされちゃうのよ。』(みゆき)

『ほえ~。( ゚Д゚)』(光太郎)
『ほえ~。( ゚Д゚)』(佐祐理)

(おお、おもしろい。(^^))

『それに、この家はね
 裸祭りしてない普段の日でもね
 朝でも昼でも夜でも真夜中でも
 男の子は、イっちゃうくらい思いっきり
 オチンチンを大きくしてなくちゃ
 逆に叱られちゃうのよ。』(みゆき)

『ほえ~。( ゚Д゚)』(光太郎)
『ほえ~。( ゚Д゚)』(佐祐理)

(双子みてえだ。(^^))

『でもでも、パンツ穿いてたら
 大きくなくても判らないよね。』(光太郎)

『うふふっ…パンツ穿いてたら、ね。
 朝でも昼でも夜でも真夜中でも
 おしっこ、ちびっていても
 ガマンのお汁が、べったりでも
 真奈美ちゃんの気まぐれで
 いつでもスグに脱がされて
 思いっきり食べられちゃうのよ。』(みゆき)

『ほえ~。( ゚Д゚)』(光太郎)
『ほえ~。( ゚Д゚)』(佐祐理)

(これはもう、立派な芸だな。)

『パンツ脱がした瞬間に
 精子が勢いよく飛び出したら
 ノーベル賞とったくらい
 思いっきり褒められるわよ。
 もしかしたら、お小遣いだって
 貰えるかもね。』(みゆき)

そんな決まり
いつの間にデキていたのでしょう?( ゚Д゚)

(知らなかったのか?( ゚Д゚))

『でも…信じられないな。
 だって、私、この間、剛くん
 ブスって言われたもん。』(佐祐理)

剛くんって、ジャイアンですかね?

(知るかっ!(;`O´)o)

『あら?
 剛くんと私と
 どちらを信じるの?』(みゆき)

『私、生まれてきちゃ
 いけない子だったのかしら?』(佐祐理)

佐祐理ちゃん
 かなり自虐的だな…。(;´д`))

『2人とも、忘れちゃった?
 私、毎晩、ありがとうって
 光太郎と佐祐理に感謝してるでしょ?
 生まれてきてくれて、本当にありがとう。
 生きていてくれて、本当にありがとう。
 私のトコロに来てくれて
 本当にありがとう。』(みゆき)

(3人の会話を丁寧に載せてきた
 おめえの真意が
 だんだん判ってきたよ。)

ありがとうございます。

『わわっ!?( ゚Д゚)
 みゆきさん、見て。
 あの男の人が、あの女の人の秘花に
 チンチンを入れてるよ。』(光太郎)

『きゃ~。ホントだわ。( ゚Д゚)』(佐祐理)

男の人は、誠くん
 女の人は、千里さんよ。』(みゆき)

裸祭りって、ホントに
 チンチンを入れちゃうんだね。』(光太郎)

『あら?気づかなかった?
 今までだって、いろんな人が
 いろんなトコロで
 オチンチンを入れてるわ。』(みゆき)

『あ( ゚Д゚) …アソコでも…。
 わ( ゚Д゚) …こっちでも…。』(光太郎)

『気づかなかったわ。
 ホントに入れちゃうのね。』(佐祐理)

『2人とも、まだ恥ずかしい?
 心の準備ができたら
 脱いじゃっても良いわよ。』(みゆき)

『だけど、僕が、裸になったら
 おかしくないかな…(。;´・ω・)』(光太郎)

『私が、裸になったら、臭いって
 言われないかしら…(。;´・ω・)』(佐祐理)

『おフロ場の中で、服着てると、変でしょ。
 おトイレ入ったら、パンツ脱ぐでしょ。
 この家は、変わってるから
 そういう感覚で良いのよ。』(みゆき)

(良い表現だ。判りやすい説明だ。)

私の家って
公衆便所だったんですか~。(;´д`)

(知らなかったのか?( ゚Д゚))

『僕と佐祐理ちゃん
 不潔な子供じゃないの?』(光太郎)

『いつも言ってるけれど
 そんなコトは
 絶対にないのよ。』(みゆき)

『それなら、良いんだけど…。』(佐祐理)

『恥ずかしいの?』(みゆき)

『…うん。
 だって、知らない男の人
 居るもん。』(佐祐理)

(おお。極めて正常な意見だ。( ゚Д゚)
 この家には珍しい存在だ。)

『それじゃあ
 脱がないで良いわ。』(みゆき)

(あら。ヽ(・、 .)コケッ)

『僕も?』(光太郎)

『脱がないで良いわ。
 この家は、変わってるから
 脱ぎたくない人は
 脱がないで良いのよ。』(みゆき)

強制しない…。
それもみゆき姉ちゃん
教育方針なんですね。

『そうよ。』(真奈美)

『Σ(・□・;)わわっ!!!』(光太郎)

(おお。真奈美ちゃん登場だ。)

後々聞けば
堂々巡りで閉塞感いっぱいだった
会話の流れを変えるべく
みゆき姉ちゃんからアイコンタクトを貰って
乱入したそうです。

(なるほど。)

『この家は、晃くんの家。
 この人は、晃くんの奥さん。』(みゆき)

『…………綺麗…。( ゚д゚)アゼン』(光太郎)

(ほら、どうしたよ、青少年。
 弄りたかったんだろ?
 お望みどおり、裸の女だぞ。)

『近くで見ると
 女神様みたい…。( ゚Д゚)』(佐祐理)

『きゃははっ\(^o^)/
 2人とも、良い子ね~。
 はい、アイス、あげる~。』(真奈美)

『わあ。ありがとう~。』(光太郎)
『わあ。ありがとう~。』(佐祐理)

(おいおい。アイスには飛びつくんだな。)

無邪気で良いですね~。

『私のコトは
 真奈美ちゃんって呼んでね。』(真奈美)

『真奈美ちゃんって呼ばないと
 すっごく怒るのよ。
 悪いのは耳なの?それとも頭?
 そう言って、包丁持って
 追いかけてくるからね。』(みゆき)

『…………((((;´゚Д゚)))…。』(光太郎)
『…………((((;´゚Д゚)))…。』(佐祐理)

(不必要に怖がらせ過ぎだ。(;`O´)o)

でも、事実ですものね~。(;´д`)

(442へ)

にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな生活(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング