・・・1月30日・文句さんとの特別対談・・・
072
『ごめんなさいっ。ごめんなさいっ。
 本当にごめんなさいっ。』(佐祐理)

そして、もう一度土下座して
床に額を押し当てて
一生懸命謝っています。

女子中学生が全裸になって
一生懸命土下座していると
妙な征服感が湧き起こるのは
何故でしょう?

(人でなしっ。ケダモノっ。)

漆黒の長く美しい髪に、まばらに守られた
雪のように白い背中を
踏みつけてみたくなるのは何故でしょう?

(そんなコトしてみろ。
 俺様が直々に
 おめえの息の根を止めてやる。)

『悪いのは僕だよ。
 気にしないでね。』

確かに、間違いなく、思いっきり
人でなし感情なので
冷静になりたくて仰向けになりました。

(賢明だ。)

あ…冷た…。

びしょ濡れベッドが冷たいです。(;´д`)

(自爆か。(;´д`))

『ああ…。(゚-゚;)三(;゚-゚)
 私ったら、どうしよう。
 (゚-゚;)三(;゚-゚)
 (´;ω;`)ウッ…』(佐祐理)

ベッドに戻ってきた佐祐理ちゃん
何を狼狽えたのか、どう間違えたのか
大胆にも、仰向けの私の上で
四つん這いになっています。

(しっかし、本当に
 かまわない娘だな~。(;´д`))

佐祐理ちゃん
脱ぎ捨ててあった自分のシャツブラウスで
チンチンを一生懸命拭き始めました。

『あ…そんなコト、されたら…
 また、イきそ…。』

『Σ(・□・;)えええっ!?』(佐祐理)

慌てて手を離すと…
深々と食べてしまいました。

『それ…逆効果…。』

『Σ(・□・;)えええっ!?』(佐祐理)

(ギャグなのかよ?
 コントなのかよ?(;´д`))

『ごめんなさい、ごめんなさい。
 僕の方こそ、ごめんなさいっ。』

目の前5cmで揺れ動く
これ以上ないほど丸見えの、びしょ濡れ秘花と
テラテラと濡れ輝く、可愛い可愛いお尻の穴に
私は、一生懸命、謝りました。

『謝らないで。私が悪いの。
 全部、何もかも、私が悪いの。
 ああっ…。( ゚Д゚)
 シーツも、びしょびしょぉ~。』(佐祐理)

(また何とも大量に出たよな~。(;´д`))

『きゃ~、マットレスも…。゚( ゚^∀^゚)゚。
 もう、手に負えないわ。
 みゆきさぁ~ん。』(佐祐理)

Σ(・□・;)!!!!
…ビックリ…しました。( ゚Д゚)

(すんげえ大きな声が出るんだな。( ゚Д゚))

びしょ濡れ秘花が
叫んだのかと思いました。( ゚Д゚)

(驚いたのは、そっちかいっ。(;´д`))

別の部屋で寝ていたお子ちゃま達が
一斉に泣き出します。

とんとんとん…と足音が近づいてきます。

(ピッカピカの処女を全裸にして
 ここまで精子まみれにしたんだ。
 最凶助平も
 いよいよ年貢の納め時だな。)

何で、そんなに
愉快そうなんですか…。(;´д`)

『大声で私を頼るなんて
 珍しいコトもあるんだな。』(みゆき)

『高感度なマイクが
 壊れるかと思ったわよ。』(真奈美)

ドアが開いてみゆき姉ちゃん
真奈美ちゃん綾乃
部屋に入ってきました。

『どうしよう、どうしよう。(゚-゚;)三(;゚-゚)
 シーツとマットレスが
 濡れちゃって大変なの。』(佐祐理)

(開口一番、気にするのは
 シーツとマットレスなのか?)

『まあ、うふふっ…。
 こんなの何てコトないのよ。
 綾乃ちゃん、手伝って。』(真奈美)

『いや待て。私が手伝おう。
 綾乃ちゃんは晃くんを…。』(みゆき)

みゆき姉ちゃんって
ホントに優しいんです。

(アホ。)

『佐祐理ちゃんは大丈夫なの?』(綾乃)

『私は大丈夫なの。
 生まれて初めてくらい
 とろっとろに楽しかったし
 生まれて初めてくらい
 とろっとろにいっぱい笑ったし
 生まれて初めてくらい
 とろっとろに甘えられたし
 手相も見てもらって
 とろっとろになったし
 3回もイっちゃって
 とろっとろになったし
 星の数よりもたくさん綺麗って言われて
 とろっとろに、お姫様気分なの。』(佐祐理)

(その、とろっとろ…って何なんだ?)

イマドキのギャル語でしょうか?( ゚Д゚)

『でも、が…。
 がぁ~(´_`。)グスン』(佐祐理)

(泣くようなコトかよ。
 どいつもこいつも、二言めにゃ
 最凶助平の心配をしやがって…。)

後々聞いたのですが
この時佐祐理ちゃんが、何とも自然に
【晃】と呼び捨てにしていたコトで
3人とも、詳しいコトは聞かずとも
概ねの雰囲気を掴めたんだそうです。

 罰として佐祐理ちゃんを
 洗ってあげなさい。』(綾乃)

『は~い。』

(当然だ。)

『違うのよ、違うのよ。
 は1mmも悪くないの。ホントよ。
 罰なら私が…。』(佐祐理)

(違わないのよ、違わないのよ。
 このバカが全部悪いの。ホントよ。)

文句さん
気持ち悪過ぎます。((((;´゚Д゚)))

『それなら佐祐理にも罰をあげる。
 晃くんを綺麗に
 洗ってあげるんだ。』(みゆき)

・・・・・

そんな訳で
精子まみれになった
佐祐理ちゃんの制服の洗濯と
精子まみれになった
私の部屋の掃除は
3人の女性達に任せて
私と佐祐理ちゃん
今、おフロ場に居ます。

(散々遊んだオモチャを散らかしたまま
 まんまとフロ場に逃げおおせた
 ワガママな悪ガキと
 何も変わらねえな。(;´д`))

長くて綺麗な佐祐理ちゃんの黒髪にも
気づけば精子がベッタリでしたから
シャワーは正解でした。

『あ、また泣いてる?』(佐祐理)

(バカだからです。)

『だって、佐祐理ちゃん
 とっても綺麗なんだもん。』

(3回もイって全裸になったら
 見違えるほど心霊が明るくなった。
 だから益々綺麗になったんだ。)

『それ、勘違いよ。
 私は、さっきも言ったとおり
 とっても汚い女の子なの。』(佐祐理)

(まだ言うか。)

そんなコトはないと思うのですが…。
さっき見た佐祐理ちゃんの秘花は
世界一の清純さが溢れていました。

(助平っ!!…と言いてえトコロだが
 秘花からすべてを洞察するおめえの力は
 天下一品だからな~。)

『それに、佐祐理ちゃん
 とっても優しいんだもん。』

(心が軽くなった分
 余裕ができたんだろ。)

『それは、正解よ。
 だっては、私の赤ちゃんだもの。
 母親は赤ちゃんに優しくて
 当然でしょ。』(佐祐理)

『うんっ。\(^o^)/』

(すんげえナリキリだな。( ゚Д゚))

そおゆう設定を忘れていないのは
嬉しいですよね~。

吾郎さんはね
 イくとスグにオチンチンが萎むの。
 見る間に小さくなって
 先っちょがデロデロになって
 とっても可愛いの。』(佐祐理)

(イキナリ何のハナシだ?( ゚Д゚))

処女の割には経験豊富です。

『そのデロデロを嘗め取ってあげるとね
 恥ずかしそうに顔を赤くしてね
 くすぐったそうにしながら
 とっても喜ぶの。』(佐祐理)

私も嘗め取られたいです。

『でも、は違うのね。
 さっきイったばかりなのに
 オチンチン小さくならないわ。』(佐祐理)

(残念だったな。
 嘗め取られてえなら小さくしてみろ。
 デキねえだろ。)

光太郎も、なかなか小さくならないの。
 どうしてかしら?』(佐祐理)

綺麗で優しくて柔らかな佐祐理ちゃんの手が
純白の泡を纏って
チンチンに絡みついているのです。
小さくなれ…というのが
土台、ムリなハナシです。

(ご尤も…。(;´д`))

『だって~だってだって~。
 僕ね、僕ね
 綺麗で可愛くて柔らかい
 佐祐理ちゃんの秘花にね
 チンチン入れたいんだも~ん。』

(おめえ、バカなのか?
 佐祐理ちゃんは処女なんだぞ?
 ダメに決まってるじゃねえか。)

『( ゚д゚)アゼン…。』(佐祐理)

(ほらっ!唖然とされてるぞっ!)

判ってますよぉ~。
ちょっと清くんのマネしただけだも~ん。

(どんな理由なんだ…。(;´д`))

『あ、そっか。私ってば、バカね。
 そっか…。(。;´・ω・)
 オチンチンが大きくて太くて固くなるのは
 秘花に入れる為だものね。』(佐祐理)

(この、世にも美しい生き物
 怒るというコトを
 知らねえらしいな…。(;´д`))

『そんな、泣くほど
 私の秘花に入れたいの?』(佐祐理)

『うんっ。(´;ω;`)ウッ…』

(ザレゴトが過ぎるぞっ!(;`O´)o)

男の人って
 そおゆうモノなのかしら?
 (。;´・ω・)』(佐祐理)

(こいつは4次元レベルで
 特例中の特例です…。(;´д`))

『あ、そっか。
 だからかもね。(;´д`)』(佐祐理)

(何て迅速で的確な理解力…!( ゚Д゚))

『今スグ、死んじゃうくらい
 佐祐理ちゃんの秘花に入れたいよ。』

(まだザレゴトを重ねるかっ!(;`O´)o)

『大変っ!( ゚Д゚)
 今ズグ死んだら、とっても、困るから
 今ズグ、秘花に入れていいよ。』(佐祐理)

(おいおい…。(;´д`))

うっわ。( ゚Д゚)
言ってみるもんですね~。( ゚Д゚)

素早く仰向けになって
大きく大きく脚を開いて
びしょ濡れ秘花が丸出しになって
チンチン受け入れ体制は万全です。

(本気なのかよっ!?!?( ゚Д゚))

『準備OK💛
 濡れてるから
 いつでも、どうぞ💛』(佐祐理)

どうぞ…って言われましても…。(。;´・ω・)

(すんげえ女子中学生だな…。(;´д`)
 ホントに処女なのか?(;´д`))

確かに準備OK💛ですね~。
毛のない秘花が
キラキラと濡れ輝いています。

『はぢめてだから、優しくしてね。』(佐祐理)

使い古された感が夥しいのに
何て破壊力のあるお言葉…。゚( ゚^∀^゚)゚。

『でも…
 どうして私の臭くて汚い秘花なんかに
 入れたいの…?…』(佐祐理)

そう言いながら、開いた両脚を両手で抱え
まるで赤ちゃんの
オムツ交換体制のようになります。

(今までより
 更に入れやすくなりました。…なんて
 ありきたりの洗剤CMコピーみたいな
 恥ずかしいツッコミを
 させるなよな~。(;´д`))

『だって佐祐理ちゃん、こんなにも綺麗で
 こんなにも優しいんだもん。
 チンチンを秘花に入れたら
 きっと天国のような
 素敵な気持ちになれると思うんだ。』

『きっと地獄のような
 ドロドロの気持ちになると思うわ。
 だって、私の秘花は
 淫乱女の匂いがするもの。
 とっても醜くて
 とっても臭いもの。』(佐祐理)

(ああ、判った。)

何がですか?

(少し長いぇが、聞くか?)

もちろんです。
何が判ったんですか?

佐祐理ちゃん母親はきっと
 源ちゃんの店で働いていた時も
 それまでの淫乱症が治らなくて
 毎晩秘花を濡らしてたに違いない。
 が欲しくて狂おしくなっている
 盛りのついた女の匂い
 ぷんぷん撒き散らしてな。)

まあ、考えられるコトですね。

(誰かを連れ込もうにも
 手っ取り早く、町で売ろうにも
 源ちゃんの目が厳しくて叶わねえ。
 仕方なく独りで慰める毎晩だ。)

ありがちな風景ですね。

(考えてもみろ。
 確か6畳一間だったよな。)

…あ。

母親にしてみれば
 日々の労働のせめてもの癒しのひととき
 …くらいにしか思ってなかったろう。
 佐祐理ちゃんの前でも平気で丸出しにして
 慰めていただろうぜ。
 欲求不満の女の匂いを撒き散らしてな。)

なるほど。有り得ますね。

(457へ)

にほんブログ村 大人の生活ブログ エッチな生活(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング