おやじのお掃除ブログ

50過ぎのおやじです。自分の暮らしを次第に侵食してきた汚屋敷ぶりに一念発起し、家の中をひっくり返して片付けを始めました。家族と闘うようにしながら、協力をあおぎながら、掃除を続けています。最初は、自分の片付け能力に自信たっぷりで始めたものの実は自分もダメダメオヤジと発覚。掃除を続けつつ自分を見つめる日々に。

長らくお待たせしました!
って誰も言ってくれなかった。

修理が完了しました、お風呂のシャワー。

結局、シャワー付きの混合水栓はアマゾンでポチり、
1万数千円で収まりました。
でも、専用の部材やら工賃で別途7万円。
10万越えはしなかったけど、痛いなあ。

DSC01997
 

いやいや、お掃除オヤジではないのである。
私はあくまでぐうたらに生きる。
でないと生きていけない。

とにかく、時間があればやり続けることがわかった。
やめたら自分は何にもしないことがわかった。
自分がやめたらどんどん元の木阿弥に戻っていくことがわかった。

じゃあ、以前と同じようにやればと思うかもしれないけど、
それは嫌なのである。

ぐうたらに、適当に、やり切るのである。
こだわっていたら時間オーバー確実。
もうちょっとと思ってもやらないのである。

でも、今日1日はほぼ終わり。

最後にゴミ捨て5個!行ってきた。
まだ、キッチンの洗い物とお風呂掃除が残ってる。
あ、ぐうたらなのでこれもやらない。

その前に、新聞と雑紙と、アルミ缶とスチール缶と段ボールを
回収場所に持って行った。

当然その前に家の裏の我が家のゴミステーションを綺麗にした。
これもぐうたら適当レベル。

1階と2階のトイレの床と洗面所の床、掃除機。
階段の掃除機も適当レベルで終了。
24時間換気の吸入口と排出口にフィルター貼りまくり。(あ、これは昨日だったか。)
リビングの片付け。
自分の部屋の片付け。
各部屋のゴミの収集。

もう社会人になったのに
長女は動かない動かない。
PCの前から一歩も動かず。
嫌味だけは言っておいた。
猫トイレ、放置。
お昼ご飯は作ってくれたけど、
食洗機に放り込んで回すのはしてくれたけど、
排水口周りは汚いまま。

洗面台の周りで臭いがしたので
塩素系の薬でとりあえず誤魔化した。

おお、この一日二日でかなりやったぞ。
もしかしたらこれが自分の原動力だったのかもしれない。
1、2、3月とサボってきたけど
掃除することで元気を得てきたのかもしれない。

でも、ぐうたらにやる。
ぐうたら万歳。

とりあえず、シンク周りの
アフタートビフォアを画像で残しておく。

アフター
DSC01994

ビフォア
DSC01993


 

少し、掃除しようと溜まりまくっていた新聞紙の山を
片付けていた。
隣にある廊下の本棚、一番下の部分に小さなカーテンが突っ張りポールで
セットしてある。
新聞紙の山を片付けたところに動かしていたら、
妻から「本がホコリまみれになるから、そこに付けていたのに。」
ということで元の位置に戻した。

しばらくして考えたら、
ホコリまみれになるところに本棚を置いて本を置くのもどうかなと思った。
(きっと、「私の部屋をなくしたくせにそんなことを言うなんて」と返されると思う。)
ホコリまみれになる前に廊下を掃除機やモップで綺麗にすればいいと思った。
(「毎日忙しくて、疲れて帰ってきているのにそんなことをする時間はない。」と言われそう。)

いつの間にやらコーヒーメーカーもメタルラックの棚の中、炊飯器の横に移動している。
コーヒーのセットがやりにくくて仕方がない。
分けを聞けば、カウンターの上に置いていたら長女がコーヒーを溢れさせて
カウンター下の次女のノート類がコーヒーまみれになったからとのこと。

ちゃんと長女がコーヒーを入れたらいいだけのことなのになあ。
次女がそんなところに自分のノートや書類を置かなければいいのになあ。

ここ数ヶ月で色々物の位置が変わっていて、模様替えとしてはそれでいいのかもしれないけど、
よく考えると理由に納得がいかない。

そうだ、これを10年以上放っておいて対話をしてこなかったから
こんなことになったのだ、きっと。

と新聞紙をくくりながら思った。以上。 

↑このページのトップヘ