おやじのお掃除ブログ

50過ぎのおやじです。自分の暮らしを次第に侵食してきた汚屋敷ぶりに一念発起し、家の中をひっくり返して片付けを始めました。家族と闘うようにしながら、協力をあおぎながら、掃除を続けています。最初は、自分の片付け能力に自信たっぷりで始めたものの実は自分もダメダメオヤジと発覚。掃除を続けつつ自分を見つめる日々に。

あまりにサボりすぎて何日めかも分からなくなるくらい。
でも、確実にニュートラルになってきている。

朝、母が訪ねてきた。
家具屋さんに祖母用の介護ベッドを買いに行こうというのだ。
安売りをしているらしい。
やめておこうと言った。
だって、自分の家で買ったら100パーセント支払わなきゃならなくなる。
何のための介護認定なのだ。
ぶーたれた表情を見せてすごすごと帰って行く母。
ちょっと悪かったかなと思ったら、妻から
「優しいのね」の一言。
自分の母に対してだったらもっと「何を言ってるの!?」と
厳しい口調で言うと思うというのだ。
そんなものかなあ。

でもよく考えたら
どういう風に介護用ベッドを購入すれば良いのか
手順を知らない。
また相談員さんに聞いておこう。

ということで、
またまた母屋に行かず、
自分の家の掃除もせずに過ごした私でした。

でも畑の水やりと野菜のお世話だけは
半ば怒りまくりながらやりました。
妻が水やり手伝ってくれた。
ありがとうです。

今日も休み。
少し疲れが取れてきた。
と思っていたら、夜中にこむら返り。
朝になってもふくらはぎが痛い。
5月以来、休みの日に2日も母屋のことをせずに過ごしたことなんてなかった。
もう少し休んでやる気を貯める。

玄関まで行ったけど引き返してきた。
畑の水やりはしてきた。
畑で少し野焼きをした。
祖母をどうするか、母をどうするか、父をどうするか、
少し相談した。
それ以外はない。
疲れた。休もう。

↑このページのトップヘ