さんだいめの雑記帖

日々の出来事を防備録として書き綴るけど、主はゆるゆる自転車ライフ

昨日、「痛かった右手から今度は左手まで痺れるようになった」と主治医に伝えたら、漢方内科的には、主たる痛みの場所が分散するのは良い事だそうで。

脈診しながら「血の巡りが良くなってきましたね」ともいわれる。
なんか、頭の悪い子だったような言われようだが、ひょっとして頭もよくなるか?

運動せづに食べてばかりなのに体重は減ってます。漢方で代謝が活性化したのか?
今が痩せるチャンス!

何より汗見川まで一カ月ちょっとしかない。
9割あきらめてるんですが万が一、良くなったときに後悔したくないので軽く体は動かしておかないと。

ということで、ウォーキングから始めてみました。
ガンガン歩くのではなくて山道をのんびり1時間程度。

勉強中の自転車の乗り方も「まずはウォーキングからしっかり体を作って、足裏の荷重を意識しながら」と書いてある。

歩いてみると左腕が痺れるけど強烈な痺れはありません。
歩いた翌日の方が症状も軽い。急性期は過ぎたのかな?


山道を歩いていたら道の上に大きなヤマモモが落ちてたので、食べられそうなの拾って食べたら完熟で美味しかった。
野生?のビワも完熟してたので食べてみたら実は小さくて食べられる部分も少なかったけどこれも完熟で美味しかった。
クヌギの木でクワガタ見つけたり・・・
人家の庭先の花を眺めたり・・・

途中すれ違うのはおじいさんばかりだしウォーキングというより完全に散歩ですね。

20年後をイメージして歩いております。

相変わらず自転車厳禁、ジョギング厳禁、酒厳禁?な生活が続いていますが、徐々に改善傾向にあります。

治療開始3日で10の苦痛が3くらいまでに減りました。
これもゴキブリ様のおかげかと・・・・

ちょっとばかし調子が良いからといって油断しちゃだめですよと主治医に言われてるのですが、休みにすることが無いので暇。どうせ自転車乗れないんならと暇つぶしに勉強中の乗り方用に大きくポジション調整してみました。
シートを前一杯に動かして、シートポストも2cm下げて。

そうしたら確認したいじゃないですか?

で、乗ってみた訳です。

3本ローラーに(振動ないし、首の角度も一定だからなんとか大丈夫)

そしたら、まあ、これが走りやすいったらありゃしない。今までのポジションは何だったのか?
ローラーなら50km台が楽々出ちゃう。

そうなると、実走したくなるじゃないですか?
まあ、この辺は1合、2合で酒を止められないのと同じ心理ですわね?

で、同じく大幅にポジション調整しててステムがちょい短いなあと思うミニベロ号で城北サイクルまで走ったわけです。

ロードほどではないが走りやすくなった。後はステムを2cm延ばせば理想の形になるはず。

ステム交換の話をして、ワイヤー長が足りなくなるからワイヤーの張り直しも含めて後日お願いするって相談をしてロードのシートポストもついでに5cm切ってもらう。そうこうして調子に乗って家に帰ってきた結果!!!

寝込む・・・・3の苦痛が10に逆戻り、というか、別の場所も痛いんだが・・・。
背筋鍛えてからじゃないと、この乗り方はケガする。

ミニベロってタイヤが小さいので路面の振動がもろにくるんですよねえ。
ヘルニア悪化の引き金はこいつか?


本気で自重します。

整骨院でゴリゴリされたら悪化して、整形外科では診断と治療方針がはっきりしないんで先生に「原因は他では?」って聞いたらプライドの高そうな先生だったから何だか投げやりに匙投げられて、行き場を失ってたところで四国銀行の支店長に勧められた東洋医学を中心とする病院に行ってみた。

レントゲンの結果、そんなに重症のヘルニアでもないし、漢方薬と鍼灸で2か月後には治して見せますと言われたのでお任せすることにしました。

東洋医学は体の一部を治すのでは無くて、全身を整えて行けば自ずと原因も解消するだろうという考えだそうで、この際、全身の悪いところを整えていただきましょう。

脈診で別の症状をずばり言い当てられたのには驚きました。
私はお酒を飲んではいけない人だそうです・・・。(肝臓とかではなくて体質として)

まずは煎じた漢方薬を一回分づつパック詰めしたのを1週間分。保険が利く漢方と利かない漢方がミックスされてるのですが保険の利かないやつがなかなかお高い。純米酒が2升買えちゃう。

薬剤師に「これってどんな成分で何に効くんですか?」って聞くと困った顔で「それは先生に聞いてね」と言われる。

帰宅後、飲んでみるとそんなに飲みづらくない。セロリの香りが強くて土臭い感じ。
さっそく主治医じゃなくてgoogle先生に聞いてみた。

そしたら保険の利かない方にジリュウ、シャチュウというのがある。

「ジリュウ」漢字にすると地龍(この辺で嫌な予感)・・・ミミズの乾燥させたの。
うえええええええええ、そう来たかああ。
でも、まあ、漢方になるという知識はあったので許す。

「シャチュウ」漢字にすると地鼈(再び嫌な予感)・・・シナゴキブリの雌を乾燥させたの。
嫌あああああああああああ!!!それは無理いいいいい!!!

植物由来でミミズが入ってる程度なら抵抗ないけど、ゴキブリはなあ・・・。
昆虫は全般に好きだけどゴキブリはなあ・・・。

薬剤師が説明渋ったのもこれか?

人間、イメージ一つで変わるものですね。
知って以降、飲むのが辛くなりました。

すっかり病気ブログと化しております。

土曜日、どうもすっきりしないし、右手の握力も戻らないのでちゃんと診断しておこうということになりまして人生初のMRIとなりました。

結果、やっぱり頚椎ヘルニアなんだけど、症状が出るなら左のはずが、痛みやしびれは右なので、なんでだろうねえ?と主治医も不思議がってます。

そんなことで治療方針ははっきりしないまま、まあ、とりあえず今の方法で続けてみる?ってことになった。


そんな状況でありながらその夜は気を許せる仲間でお城下で遅くまで飲んでしまい、その勢いで家まで走って帰ってしまったので日曜日は二日酔いも加わり起きて辛い。けど、次男坊の運動会だったので痺れる手でビデオカメラを持つ苦行で夕方からは寝たきり。

布団の中でうとうとしていたらあるイメージが浮かんできました。
今回のように背中や首が痛かった時に自ら編み出した治療法を思い出した。

背中にたすき掛けするだけなんですけど、それが私には効く。

ということでたすきを探すも無い。先月、衣替えの時にもう必要ないからと捨てのだった。

で、今朝、会社で探してたら予備のもう一本がでてきました。

これで様子を見てみましょう。

それとどうしても自転車をあきらめられないので、勉強中。
「おじぎ乗り」

症状が引いたらストレッチから始めてみようと思います。
年内は自転車乗らないくらいの覚悟です。

名古屋、岐阜と出張

名古屋は地下鉄があるし、会社も駅周辺に集中しているので不便はありませんが、岐阜は高知と同じくらい不便。

普通はレンタカーなのでしょうけど知らない土地を車で走るのは嫌(我がまま)

そこで自転車を使えないかと検証してみた訳です。

岐阜駅でレンタルサイクル借りると1日100円

レンタルサイクルを借りる際の注意点は空気圧の管理がされていないこと。
案の定、指で押さえると簡単にへこむレベルだったので充填。

ブレーキは前輪はブレーキパッドが死んでる。

この日の訪問先の会社まで3.8kmだからのんびり。

少し早く着きそうだったのでちょっと足を延ばして長良川まで。
IMG_1356-1



















追い風が気持ちよかったのでずんずん進む。
IMG_1357-1



















この日はあくまでもお試しです。
出張三日前に整形外科で「頚椎ヘルニアで自転車厳禁」と言われちゃいましたが、ママチャリのポジションなら首に負担もかからないだろうと。

本番は明日、来週に控えたツアーオブジャパン美濃ステージのコース上にある訪問先へ行くのです。
訪問先までタクシーだと最寄りの駅から片道3500円かかるらしいけどレンタルサイクルなら1日200円。片道8km、ママチャリでも20分だから問題なし!コスト意識を持つと、こういう結論になるのですよ。(と正当化してみる)

なんとかママチャリなら乗っても大丈夫っぽいので、そのつもりをしていたら訪問先の社長(自転車が好きだけど首痛めてる)から「そんなことは絶対しちゃだめ」ときつく止められる。

えー?なんなら岐阜から片道28km走るつもりだったのに。

翌朝、同じ方向に配達があるから乗せて行ってくれることになりました。
結果的にこれは正解で、8kmは登りだったので止めてもらってよかった。

帰りは訪問先の社員さんに送って来てもらう。
IMG_1361-1














美濃市のうだつの町並みです。
散策しようとしたら列車の時刻が迫ってきていたので味のある街並みを堪能せずに全力疾走。(ランニングなら出来そうなことがわかった)

ゼーゼー言いながら長良川鐡道に無事間に合い、帰ってきました。
IMG_1366-1















とさでん交通の桟橋線を走っている赤い電車は名鉄の車両ですが、あれが来たのは名鉄美濃町線。その名鉄美濃駅が残ってたのを横目でチラッとしか見れなかったので次回はゆっくり美濃の町を散策したいですね。

GWにはしゃぎすぎた結果、背中の痛みと右腕のしびれに襲われています。

原因は明らかで、私は体幹が鍛えられてないので自転車に載るとき重心が前になり首から肩に体重がかかりすぎ、肩の筋肉が炎症を起こして鎖骨の神経を圧迫しているからです。

原因は肩なのに整骨院で痛みやしびれのある場所をゴリゴリやったものだから症状が余計に悪化して、今では酒飲んでるとき以外は常に痛い。

もちろん、自転車も無理だし、ランも辛いだけ。

昔からある症状なんだけど、今回は特にひどいようで。

どこか上手に診てくれる整骨院とか整形外科はないものか???

GWが始まる前に妹から「仁淀川を遡りたいから道の駅633美まで行こうと思う」というメールが来たので「国道沿いは交通量も多いし、スピードも速いから気が抜けなくて面白くない」と返信し「行くなら日高村から国道の対岸の県道をひたすら遡って越知まで行くが良い」とアドバイス。

で、5月5日は結局、暇なので私も同行することに。

日高村の小村神社前の交差点を右折すればあとはひたすら一本道。

カーブが多いし、道は狭いし、ロードバイク向きではないけど、車が少ないのでのんびり走れます。
ただし、車の方も、まさかこんな道を自転車が来るなんて思ってないので出会いがしらには注意が必要。しかも高齢者ドライバーが多いので油断は禁物であります。
実際、ヒヤッとする場面もありました。おばあちゃんの運転する車が前から来たけど明らかに視線が別方向に向いててこっちに気付いていない。ギリギリ横を通り過ぎても気づいてないままだった。

出発から1時間半で片岡の沈下橋に到着。ここで対岸に渡る必要があります。
IMG_1343



















今回は妹の脚力に合わせて私はミニベロです。
IMG_1351



















観光物産館おち駅で休憩して、県道298〜297号というこれまた車通りがほとんどない田舎道を走って帰ってきました。

距離70km、3時間程度のポタならミニベロで十分。  

29日は120kmライド、3日は10kmラン、5日は70kmライド、7日は16kmランという走ってばかりのGWになりました。

私はうどんが好きです。

一時期、香川県に住んでいたときは朝昼うどんを食べていました。
おかげさまでうどんには少々こだわりがあります。

20年前は高知でまともなうどんを出す店は一軒しかありませんでしたが、うどんブームのおかげで店の数も増え、レベルも向上してきたのはうれしい限りです。

さて、そんな私が前々から気になっていたうどん屋へ行ってきました。
IMG_1314

















まずは鏡川を遡り
IMG_1315























平石から久々の本格ヒルクライム
IMG_1316























そして久しぶりの工石。
心拍上げないように止まりそうなスピードでゆっくりゆっくり登っていましたらトンネル手前で赤白TREKがさわやかに抜いて行かれました。
青少年の家の前で少しお話しましたが平石から36分?とかで登られるそうで、それでも、まだまだ上がおられるそうで、「自分のようなおじさんにはこの程度」などとおっしゃっていましたが、私より少し若いか似たような年齢とお見受けしましたので、それじゃ1時間10分もかけて登ってきた自分はどうなるの?とか思ってしまった。住む次元が違う。
IMG_1317

















あまりにもゆっくり登りすぎたので開店時間まで残り40分。
ウインドブレーカーを着て土佐町へ下り
開店10分前に到着
IMG_1318

















バイクスタンドも完備
IMG_1319


















とり天ぶっかけ(温)を注文
普通盛りだけど麺多めでお腹が張る。
麺は固めで出汁はカツオ。
評価としては普通。
IMG_1321


















次の店を目指します。
大豊インター手前を左折して県道5号から県道262号へ。
やがて見えてきた吊り橋
IMG_1322

















長さも高さもいい感じ
IMG_1325























床がグレーチングなので透けて見える。自転車で走ると空を飛んでいると錯覚してちょっと怖い。
IMG_1324























穴内で国道32号と合流する手前に架かる旧吉野川大橋。
今は通行できませんがレンガの橋脚が美しい。
IMG_1331























そして目指す二軒目に到着するも
「店主、体調不良で閉店」という張り紙が(廃業っぽい)・・・
まあ、実のところ一軒目のうどんが多かったので営業していたとしても食べられたかどうか・・・
IMG_1333























2軒目のうどん屋に行くために遠回りしたのに閉店だったので精神的ダメージが大きく大杉駅で休憩。輪行袋を買うことを密かに決意する。
IMG_1334


















こんなものが見たくて国道の旧道を走る。
付け替え前の土讃線旧線に残る鉄橋
IMG_1335























旧道と国道のトンネル出口が合流したらすぐに対岸へ渡ると「ゆとりすとパーク」へ続く道に合流。
この道も旧土讃線なので傾斜もなくカーブも緩やかなので自転車は走りやすい。
IMG_1336
























この後は国道32号沿いをひた走り、根曳峠を越え、若宮温泉方向から下ってきました。

久々の100km越えで峠もあったのでお尻が痛くなりました。
アキレス腱は今のところ無事です。

できればGW中にミニベロで工石へ登ってみようかな?

A4CBA5AC-D5C4-460A-B027-8632B61E48F8-1







































久々のロードバイクです。
年末に久礼に行って以来。
アキレス腱を庇って龍馬マラソンまで封印してましたが、龍馬マラソン後は花粉症で出かけられず。

でも、3本ローラーにはマメに乗ってたので昨年末より走りは軽くなってます。

波介川の堤防を何本か全力で走ってこの日は終了。

GWはどこかで100kmは走っておきたいところです。

ハーフの練習もあるし意外と忙しい。

7月の一番暑い時に開催される汗見川清流マラソン。

昨年、RUNNETでエントリーしたら情報入力してる間に受付開始2分で締め切られてしまいました。
この時の敗因は嫁の分も一緒にエントリーしようとしたので入力に時間がかかったのと通信環境が悪かったからだと思います

今年は光も引いたし、嫁は自分でエントリーするし準備万端

そして受付開始の20時ぴったりにエントリーボタンを押すと「混みあってるから待ってね」みたいな表示が出て前に進まず。

iPhoneでやってた嫁の方が先に登録完了。

私は5回くらい再エントリーしてやっと受付画面へ。情報入力をさっさと済ませて送信したら入力ミスがあるとか言われたり、カーソルが固まったりでうろたえつつも、何とか受付されまして無事、登録完了。

ということで目標が出来たのはいいけど、7月の山道ってどうなんだろう?という不安もあり。

まあ、ゆっくり体を慣らしていきませう。

このページのトップヘ