さんだいめの雑記帖

日々の出来事を防備録として書き綴るけど、主はゆるゆる自転車ライフ

A4CBA5AC-D5C4-460A-B027-8632B61E48F8-1







































久々のロードバイクです。
年末に久礼に行って以来。
アキレス腱を庇って龍馬マラソンまで封印してましたが、龍馬マラソン後は花粉症で出かけられず。

でも、3本ローラーにはマメに乗ってたので昨年末より走りは軽くなってます。

波介川の堤防を何本か全力で走ってこの日は終了。

GWはどこかで100kmは走っておきたいところです。

ハーフの練習もあるし意外と忙しい。

7月の一番暑い時に開催される汗見川清流マラソン。

昨年、RUNNETでエントリーしたら情報入力してる間に受付開始2分で締め切られてしまいました。
この時の敗因は嫁の分も一緒にエントリーしようとしたので入力に時間がかかったのと通信環境が悪かったからだと思います

今年は光も引いたし、嫁は自分でエントリーするし準備万端

そして受付開始の20時ぴったりにエントリーボタンを押すと「混みあってるから待ってね」みたいな表示が出て前に進まず。

iPhoneでやってた嫁の方が先に登録完了。

私は5回くらい再エントリーしてやっと受付画面へ。情報入力をさっさと済ませて送信したら入力ミスがあるとか言われたり、カーソルが固まったりでうろたえつつも、何とか受付されまして無事、登録完了。

ということで目標が出来たのはいいけど、7月の山道ってどうなんだろう?という不安もあり。

まあ、ゆっくり体を慣らしていきませう。

鉄道大好き、将来はJRの運転手という長男を連れて津山へ。
IMG_1144-1

















津山学びの鉄道館という場所です。
地味に良い。国鉄カラーが郷愁を誘います。
IMG_1148-1

















転車台の実演もあり、見るべきものは圧倒的に少ないとはいえ大宮や京都の鉄道博物館より私は好きです。あそこは飾られてる感があり命を感じませんが、こちらは同じ引退した車両とはいえ歴史ある本物の施設ですし、転車台は現役だそうですし、それだけでも輝いて見えるのは私だけ?やっぱりこの時代のキハが好きですねえ。DDも揃ってて良い。
IMG_1159-1























そのあとは備中国分寺へ。
駐車場近くに酒蔵があり、見学できると案内があったけど、見学は断られる。
応対してくれた人もなんだか覇気がなくて、嫌な予感がしつつもこれもご縁だと思い雄町で仕込まれた純米酒を購入。

で、帰宅後飲んでみたらこのお酒が大外れで、まあ、そうは言っても呑みますけどね。燗すればなんとか・・・

そのあと、三井アウトレットパークへ行き、長男のデイパックと嫁のハンドバックを買い、私も通勤用のカバンを買おうとしたらアウトレットでも高すぎて買えない現実に打ちひしがれる。(自転車より安いやんかという突っ込みは却下!)

ホテルの地下の居酒屋で傷心の気持ちを岡山の地酒(これは美味しかった)で癒し、部屋に戻る家族を残して一人散歩に出ると美観地区でランタンを使ったイベントやってました。
IMG_1162-1























日帰りできない距離ではないけど、一泊旅行にはちょうどの内容でした。

今を遡る事35年前、鷲尾山を登っていた私は激しい目のかゆみに襲われました。
それはもう、何と表現してよいか、数百本の針で目を刺されたような。

それが花粉症とのファーストコンタクト。

世に花粉症という言葉はまだありませんでした。アレルギー性鼻炎とかアレルギー性気管支炎とかそんな呼ばれ方をしてました。

数年前から腸内環境を整えれば治るという情報に接し、乳酸菌を積極的に摂り、その成果が表れたのか昨年はほぼ無症状で治ったと思ってました。

ですが今年は違う。

まあ、一番ひどい症状にくらべれば全然楽なんですけど、去年と比べると花粉症らしい春を迎えております。くしゃみ、鼻水、目や喉のかゆみ。

なのでサイクリングもランもお休みしてます。
マスクして走ったら負荷がかかっていいんだけど濡れたマスクが不快でしかない。

代わりにこの時期と梅雨時にしか活躍しなくなったローラーで毎夜、汗を流しております。

桜の開花がスギ花粉の終わりのサインらしいのでお花見サイクリングを期待していますが、桜の開花はヒノキ花粉の始まりでもあるので、その飛散量次第ではひきこもりが続きます。
ヒノキが終わると松が始まり、松が終わるとイネ科が始まり・・・・そうこうしてると梅雨になって暑い夏が来て。

ううむ、このままじゃいつまでも走れないので真夏のナイトランかナイトライドの装備を充実させようかと思案中。

普段、神頼みしない主義(神様は感謝する対象)なのだけど、どうしても神頼みしなければいけない案件が2件発生したので神様はもちろん、仏様にお願いしまくり、大好きなお酒を断ってまで迎えた2月20日にすべての願いが成就。

となるとお礼参りにいかねばならない。

一番の遠方は出張の時、立ち寄った東京の神社仏閣なのでそれはまた後日。

昨年、夏にお参りした奈良東大寺は5月に行く予定。

まずは県内を済ませておこう。
IMG_1106-1























土曜日は入学手続きを終えてから土佐山田の谷秦山墓所→竹林寺→天満宮

日曜日は市内数か所を自転車で巡って種崎から御畳瀬に渡り
IMG_1110























御畳瀬でメヒカリとイカの干物買って帰る回復ポタ。
IMG_1112























ミニベロ楽しい。いろいろと楽ちん。登りも楽ちん

次はちょっと高い山にでもいってみましょう。

初フルマラソンを終えて3日目を迎えておりますが、満身創痍で歩くこともままならない状態です。

さて来年に向けて改善点などを記しておきたいと思います。

―弦膸間からスタートまでの時間が長くとにかく寒い。使い捨てのポンチョというものらしいがそれを着ている人をけっこう見かけたがあれは良さそう。カイロを持ってても良いかも。

同じくスタートまでの時間が長く、トイレに行けない時間も長いのでスタートまえにトイレは十分に済ませておくように。オリエントホテルのトイレに走り込んでいる人多数。
電車通りにも仮設トイレが欲しいなあ。

H沼気離汽ぅルジャージにアームウオーマー、夏用のアンダーシャツとタイツ以外は自転車装備で対応。タイツは気温次第では暑くなるけど、朝の寒さには有効。

ぅ泪瓩出来そうな場所には前もってテーピング

ゥ┘ぅ匹竜訖は走る上で意味不明な物も多い。キュウリ?ちくわ?  口の中の水分をすべて奪い去るミレーやパン。
私はバナナと塩飴(私設エイド)と梅干(私設エイド)を利用させていただいた。それに加えて今回はジャージのポケットにゼリー飲料を3つ持って走ったが4個は欲しいところ。

痙攣対策の漢方「防風通聖散」を朝食後と中間過ぎで服用したが、効果のほどやいかに?自転車では効果あるんだけど、高強度のフルマラソンでは気休めか?

30km超えると水分さえ受け付けない。内臓のダメージが大きいんだろう。これは練習しかないか?

┘轡礇肇襯丱垢梁圓岨間は仕方ないとして、自転車は市役所の駐輪場に停めておこう。もしくは県庁。もしくは前日に春野公園に自転車をデポしといて、当日は電車で行けばいいか。

龍馬マラソンで走ってきた・・・というか歩いてきました。
IMG_1073

















私がエントリーしたFグループは四国森林管理局南の広場に集合。
スタート1時間前。8時なのでかなり寒いけど、ここは陽があたって暖かい。
IMG_1075

















枡形商店街までノロノロと移動。ビルとビルの間で陽が当たらないので歯がガチガチなるほど寒い。
寒さでなんだか具合が悪くなってくる。
IMG_1078

















枡形電停でスタートを待つ。
県庁前のスタート地点ではなにやらセレモニーをやってるらしいが遠すぎてよくわからない。
そしていつの間にやらスタート。でも、しばらくは進まない。さすがに参加者が1万人だから簡単にはスタートさせてもらえない。
枡形から県庁前までノロノロ歩いて10分後にスタート。想定より5分早いけどFグループの前の方
だったから、最後尾は15分近いんじゃないかなと思う。
IMG_1080

















普段走れないはりまや橋交差点を通過するのがうれしいので線路寄りを走ってみる。
スタート後の渋滞は発生せず、この段階で6分30秒ペース。
このペースなら関門は楽々クリアできるけど脚が削られる。
第二関門まで行ったらペース落とさないといけない。
IMG_1082























とかなんとか言いつつ、流れに乗ってやっぱり6分台で走ってしまう。
心肺はまったく無理がない。気持ちよく走れてるからいいか。
知人が応援に出てるらしいけどわからず。
IMG_1085

















稲生で足の裏に違和感。
土佐市ハーフの時と似てるような・・・
IMG_1086

















トンネルの抜けたあたりでLiLiCoさんと金さんを追い越す。
毎週、ランスマ見てるので一緒に走ってみたいけど、同じことを考える人は多いようでちょっとした渋滞が発生してるし、写真を撮ろうとして前方不注意でコーンに衝突したりとちょっと混乱状態なので自重して前に進む。
この辺から脚裏の違和感ははっきりしてくる。
マメができようとしているに違いない。
このままで20km以上は無理になるので何とかしなければ。
脚の裏をできるだけ靴底に接しないように指で踏ん張ってみる。
(これが後々、大変なことに)

それでも改善しないので新港近くの救護所で足の裏にテーピングしてもらうと効果てきめん。痛みは感じなくなる。
次回からは事前にテーピングしておこう。
救護所で3分ばかり止まってしまったので乳酸が溜まり足が攣りそうになる。
IMG_1088























痙攣しそうでスピードが出せないところについに現れた浦戸大橋。
ここは歩く。というか走れない。
IMG_1091

















下りも歩くが足がますます攣りそうな気配
IMG_1092























やっと中間地点。
ここからは歩いたり走ったり取り交ぜつつ。
次第に歩く距離が増えてくる。
痙攣予防に漢方をドーピング

「エイドのミレーは口の中の水分持って行かれるから食べちゃダメ」って県外のランナーが言ってました。うん、私もそう思うから食べなかった。あれはトラップだな。
IMG_1094























宇佐の折り返しではもう、なんだか、心は折れてしまっている。
心肺は余裕なんだけど足が攣りそうで動かせない。

まさに「魔の30km」とはよく言ったものです。

エイドのカツオ飯はまったくもって受け付けないので寄りもしない。この距離で固形物は無理です。
IMG_1095

















甲殿の左折までが遠すぎる。
心肺も活動限界。
この辺で淡々と走ってきた某印刷会社社長に抜かれる。
一定ペースで走るのが大事です。
IMG_1096























競技場手前の登りには主催者の殺意すら感じる。
「がんばれ」という声援を睨みつけるほどに心も疲れ切っている。
ちびっこが「歩くな!走れ!」って言ってくれたのにはさすがの私も・・・
人として失格です。
IMG_1097


















そしてやっとゴール!
5時間49分45秒。
しかし、大変なのはこの後のシャトルバス乗り場までの道でした。
登らされたと思ったらそこからは長蛇の列。
延々、30分待たされてやっと乗車。

で、バスを降ろされたのが県庁前。
自転車は集合場所近くの県庁西庁舎に停めているから、普段ならなんということのない距離でも、その時ばかりは果てしなく感じる。

そして、自転車で帰る家までの遠い事、遠い事。

帰宅して風呂入って、願掛けの禁酒中なのでオレンジジュースで乾杯して撃沈。

脚の裏をかばったおかげで足の爪が三つ死んでるし・・・。
いや、もう、なんというかフルマラソン、体に悪し。

で、来年どうするかと言うと、目指してみようか4時間台!な今現在です。

さあ、今週末から走るぞ!

龍馬マラソンまであと二日
昨日、龍馬マラソンの経験者とお話ししまして、私のエントリーしたFグループだとスタートライン超えるまで15分かかるんじゃないかとの問いに「10分じゃないですか?」との回答。

いやいや、それは昨年の話だから1万人超えちゃうとそうはいかんのでは?

昨年はEグループで7分半だったそうだし。

やはり15分は想定しないと。

で下が関門の時間です

第1関門 5.1km 大塚製薬株式会社 9:55
第2関門 8.6km すたみな太郎 10:27
第3関門 13.2km 土佐の百姓家交差点 11:09
第4関門 17.0km 東部運送 11:45
第5関門 18.9km 日本サンゴセンター 12:04
第6関門 22.0km 長浜花海道 12:38
第7関門 25.8km 甲殿交差点 ※往路 13:17
第8関門 29.6km 仁淀川河口大橋東詰 ※往路 13:56
第9関門 33.8km 仁淀川河口大橋東詰 ※復路 14:40
第10関門 37.5km 甲殿交差点 ※復路 15:19
第11関門 41.2km 競技場南交差点 15:58

スタートに15分かかるとして第一関門まで40分になるので
7分後半でギリギリ・・・と考えると間違いです。
昨年の参加者のStravaの記録を見ると最初の1kmは10分のスタート渋滞が発生しています。
となると1km過ぎてからは最初の関門まで6分前半を意識しないと間に合わない。

しかし、しょっぱなでそんな走りをすると今の私は20kmで燃え尽きちゃうので完走は絶対無理。

今更ながら7時間という言葉に騙された感があります。

制限時間を6時間から7時間に伸ばしても最初の関門の時間がシビアだと参加者が増えた分、スタートが手間取りFグループは早い段階でリタイア続出するのでは・・・と予想しますがどうでしょう。

ということで私の目標は「完走」から「海まで!」へと変更させていただきます。

 
あ、その場合、バスで春野まで送ってくれるそうなので春野からは走って帰ります(笑)

龍馬マラソンまであと18日・・・

アキレス腱に悪い 自転車は完全に封印し、ランニングとウォーキングの中間くらいのを週一で90分が限界の今、完走はあきらめて完歩に目標を切り替えてはみたものの、完歩さえも怪しいアキレス腱の不調っぷりに日々、不安を募らせております。

金さんが言うには10卅れる脚力があれば完走できるらしい。

その言葉を信じるしかないですね。

でも、浦戸大橋の登りでアキレス腱が壊れる気がする。

7時間も歩くならお弁当を持って走らなくちゃ。
補給所のミレー程度では体力は持たんだろうし。
なんなら、コースアウトしてうどんでも食べに行くか?

なんにせよマラソン終わったら自転車で遠くに行きたいけど、アキレス腱が無事ならね・・・

久礼ライドの疲れも取れぬまま迎えた1月1日の朝。

年寄りなので日の出前に目が覚めてしまう。

どのテレビも面白くないし、家族が起きてこないとお雑煮も作れないし、することがないのでランニングウエアに着替えて鏡川河畔のランニングコースへ出発。

新年早々、前向きな自分に一人で拍手。

途中で初日の出を拝めるはず。


ゆるゆると走っていると新月橋でお腹もゆるゆるになってくる。
家まで持つかと走り続けていたが、このままでは新年早々、大人の尊厳を失いそうになってきたので最寄りのコンビニに直行。

なんとか事なきを得て鏡川堤防に戻ると、ちょうど日の出。まさに身も心も軽く晴れやかに迎えた2017年となりました。
でも、ちょっぴりアキレス腱に違和感。

2日は親父と宇佐沖に初釣り。釣果はなんとか夕食分を確保したが、錨の上げ下ろしで日ごろまったく使わない上半身が筋肉痛。
しかも揺れる船の上で体を支えるとアキレス腱に負担がかかるので、帰宅後、アキレス腱が異常を訴えてくる。が釣った魚を肴に飲んだくれて痛みを忘れる。

3日は受験を控えた長男の合格祈願ツアーということで、谷秦山墓所、竹林寺、天満宮を巡り、そこそこ歩いた上に帰宅後6kmのランニング。

そして4日、仕事始めの日は完全にやっちゃった感が否めないアキレス腱の痛みで憂鬱に初詣と社内会議をこなし。

そして迎えた本日5日。いままでなら効果てきめんだったマッサージをしても状況変らず。


主な原因は久礼ライドで不必要なコース設定で山道を走ったのがきっかけでしょう。久礼に行ったのに獲得標高が2700m超えてたし・・・・。

これでアキレス腱を悪くしたのは3度目です。すべてこの時期なので気温が低いと筋肉が硬直するからかなあ?

という訳で、龍馬に出れらない言い訳を積み重ねておきます。

このページのトップヘ