2004年09月29日

【大井】東京盃結果

道悪でも力強い足取り。マイネルセレクトが差し切る

水が浮く不良馬場で行われた第38回東京盃(G2、ダ1200m)。ディバインシルバー、ハタノアドニスの2〜3番人気馬に道営所属の3歳馬シャンハイジャンプが加わるなど、先行争いが激化。1番人気マイネルセレクトは道中6〜7番手でレースを進める展開に。中央オープン特別を2連勝中のヒカリジルゴニアが直線抜け出すも、マイネルセレクトがあっさり差し切って3つめの重賞タイトルを手に入れた。昨年JBCスプリント2着の実績があるが、交流重賞優勝はこれが初めて。ドバイゴールデンシャヒーン5着以来となった前走さきたま杯では6着に惨敗していた。

全着順(NAR)
全着順・レース動画(南関東4競馬)
レース後のコメント

先行争いに加わった3頭は、ディバイン6着、ハタノ9着、シャンハイしんがり14着でそれぞれゴール。


いや〜、所属する高崎競馬の廃止が決まった直後のタイガーロータリー、頑張ったじゃないですか。追い込んで4着。不良馬場では群馬記念3着など[4014]という成績だったんで、ソコソコやってくれるんじゃないかと期待してたんですよ。ちなみにMXテレビによれば、「次走はJBCスプリントか武蔵野S」とのこと。

人気blog Ranking



Posted by heiwajima_motor36 at 21:14│Comments(0)TrackBack(4)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/heiwajima_motor36/7378278
この記事へのトラックバック
雨だというのに性懲りもなく大井競馬場まで行ってきました。 詳しいレース内容はNA
東京盃(GII)観戦記 9/29【That's】at 2004年09月30日 00:45
田んぼのような馬場のなか、スタートからディバインシルバー、ハタノアドニス、シャンハイジャンプといった辺りが激しい先頭争い。その後ろにつけた重賞初登場のヒカリジルコニアが直線早めに先頭に立ったところをマイネルセレクトが差しきって重賞3勝目となりました。 ...
東京盃回顧【お馬の写真】at 2004年09月30日 08:32
東京盃結果(NankanKeiba) マイネルセレクト1:10:9で快勝。2着は1馬身1/2差でヒカリジルコニア。3着シャドウスケイプ。安勝騎乗の2番人気ディバインシルバーは6着でした。 水の浮き出る泥田のような不良馬場のなかマイネルセレクトは中団前目を追走。直線ヒカリジルコニアが
東京盃マイネルセレクト快勝【E30.JP】at 2004年09月30日 09:31
マイネルセレクト強い!馬場が悪化したことで力差がはっきり出てしまったのか、中央勢の圧勝でした。今回はスタート直後から前回とまったく行きっぷりが違い中団追走、直線あっさりと先に抜け出したヒカリジルコニアをとらえ完勝。前走はなんだったんだ〜。JBCスプリントもあ
大井・第38回 東京盃結果【競馬と株の相変わらずの日々】at 2004年10月06日 23:33