2004年11月03日

【京都】スワンS結果ほか ブロガーさんの回顧記事斜め読み

大外から豪快な追い込み。混戦を断つ

30日(土)、雨・良馬場の京都競馬場の行われたスワンステークスは、10番人気の3歳馬タマモホットプレイが外から追い込んで快勝。メイショウボーラーに競り勝ったマイネルソロモンが2着となった。

全着順(ネットケイバ)

アタマ、クビ、クビ、クビ‥  文字通り上位入線はコンマ1秒の範囲での大混戦。(A votre sante !)

タマモホットプレイが差し切った。 シンザン記念2着馬も、その後は精彩を欠いていので、そこまでの馬かなと思っていた。しかし、この距離は良く走る(とらうま)

タマモホットプレイが大外一気の差しきり勝ち。京都1400mベストでこれで3戦3勝。文句なし!! (楽しい競馬の時間)

マイネルソロモンは完全に「善戦君」になってきていますね。今日のレースは取っておかないといけなかったような気がしますが...(お馬の写真)

シーイズトウショウをみていると キョウエイマーチを思い出したり、、、エイシンバーリンを思い出したり、、、 なんとなく。。。(nonnnonnnohibi)

ゴールデンキャストは4着。(中略)直線は4頭併せの一番外。馬場は外が伸びていたが、それでいて中の2、3着馬に追い負けたのはパンパンの良馬場タイプだからか(JRA攻略百年構想)

ネイティヴハート (7着) …上がり34.5は最速。展開向かず(河原純一選手と共に苦難を乗り越えてゆくブログ)


【京都】渡月橋S結果

31日、日曜メインの渡月橋ステークス(1600万下、芝1600m)は、直線で抜け出した3歳馬インマイアイズをキネティクスがクビ差捉え、通算6勝目を挙げている。逃げたキーボランチが3着。

全着順(ネットケイバ)


【京都】萩S結果

土曜9Rの萩ステークス(2歳オーブン、芝1800m)は、マイペースの逃げに持ち込んだテイエムヒットベがそのまま押し切り、未勝利戦から2連勝を飾った。1番人気ヴァーミリアンが半馬身差の2着。

全着順(ネットケイバ)

父ヘクタープロテクター、母ワカセイウン(その父ホリスキー)という血統の九州産馬で、(中略)近親に香港国際C(香G2)や中山記念(G2)などを制したフジヤマケンザンをもつ(優駿への道)


人気blog Ranking


Posted by heiwajima_motor36 at 00:00│Comments(0)TrackBack(4)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/heiwajima_motor36/8810206
この記事へのトラックバック
スワンS ◎メイショウボーラー(3着)…見せ場はあったが捲られた。 ○ギャラントアロー(14着)…終了。 ▲フォルクローレ(5着)…相手が悪かったか? △ネイティヴハート(7着)…上がり34.5は最速。展開向かず。 キルトクール:ゴールデンキャスト(4着)…良馬場・小雨なので
スワンS・武蔵野S 【結果】【河原純一選手と共に苦難を乗り越えてゆくブログ】at 2004年11月03日 00:30
武蔵野S。2番手追走から直線抜け出しを図ったサイレンスボーイを同様に好位からのレースになったピットファイターが差し切り勝ち。3着には最後方から追い込んだ人気薄のベルモントパティ。 ピットファイターはダートでは連を1度しか外しておらず底が見えていなかったものの
武蔵野S、スワンS結果【お馬の写真】at 2004年11月03日 00:43
 シルヴァーゼットは能力的に落ちるので外したが、結論だけ見れば距離延長組をそのまま拾っただけという予想。それでいて狙った4頭は1、4、5、6着。着差はアタマ、クビ、クビ、クビ、1/2と接戦だったし、予想の方向性としては大間違いでは無かったが、馬券となるとそう
スワンS回顧【JRA攻略百年構想】at 2004年11月03日 01:01
アタマ、クビ、クビ、クビ‥
スワンステークスの回顧【A votre sante !】at 2004年11月04日 09:56