2017年12月05日

神社参拝

 今月に入ってから、奈良県にある大神神社と石上神宮を参拝した。家内と2人で車で行ったのだが、私どもの師走の恒例行事となっている。いつもは、境内地内のちょっとしたスペースに駐車するのだが、ウイークデイなのに一杯で、やむを得ずかなり遠くの専用駐車場にした。40年ほどになるが、初めてである。何か特別の行事でもあるのかと思って質ねたところ、「11月からこういう調子だ」と。敬神の念が再び弘まってきたということなら、まことに御同慶の至りと、少しばかり意を強くした。

ff6f5a04.gif

2017年11月28日

霊幽界での向上

 「この世の私たちが思う以上に時間がかかるようですね」
最近の来会者と話しているうちに、祖霊祭祀の話になった。祭祀の基本は、日々月々、原則に従ってお祀りすることなのだが、そのほかに当教には、祖霊に向上して頂くさまざまな方法がある。氏は、その中でも、かなりの有効性が確かめられている修法を、ずっと以前にプロの教師に行なってもらっている。さらに、しばらく前に、その修法の伝授を受け、自ら実施した。あらためて、「奥が深い」と実感したとのことだったので、冒頭のように話し、「他山の石にしないと」と自戒した。

ff6f5a04.gif




2017年11月23日

誠心(まごころ)

 「大御神様の御前に、自らの身体を運ぶのが、最高の誠心ですよ」 当教本部の秋季大祭には、全国各地から多数の会員が参列してくれた。中には、100才近くになる高齢の女性もあった。深く謝意を表し、教団は、こういう人たちの誠心に支えられていると、あらためて心より感謝した。祭典後の挨拶では、いろいろなことを話したのだが、冒頭の言葉も、その1つに加えた。私どもは、御神威顕現をしっかりと行うのが務めだが、今後も、たゆみなく精進し、各位の誠心に応えていくつもりである。

ff6f5a04.gif




2017年11月17日

「絶好調?」

 最近来会した人と雑談していたときに、健康問題の話になり、「この23年間、医師にかかっていない」と言ったら、「絶好調ですか?」と。「私は、もともと蒲柳(ほりゅう)の質で、絶好調と感じたことは一度もないですね。しかしまあ、そこそこを維持してます」と答えた。私は、あまり丈夫とは言えないので、健康を保つ生活習慣には、人一倍努めているとは思っている。これからも、なるべくお医者さんの世話にならないようにしていきたい。 

ff6f5a04.gif




2017年11月11日

ツシマヤマネコ

 当教本部では、毎年、研修旅行として、当教奉斎の神々の御本宮に参拝している。今年は、対馬の海神神社だった。参拝は順調で日頃の神恩に感謝した。二泊三日で、他の時間を観光にあてたのだが、なかでも、「対馬野生生物保護センター」では、ツシマヤマネコに対面して感激した。対馬は、近年観光客が減り厳しい状況とのことだったが、このヤマネコと、飛び切り大きくて美味なアナゴ料理を、もっと目玉にすればと思った。なお、保護センターは、環境省、長崎県、対馬市の共同運営で、入場料は無料だった。

ff6f5a04.gif



2017年11月06日

木枯(こがら)し

1週間ほど前、東京では、「木枯し第1号」と報道された。当日、当教本部のある岐阜県西南部でも、木枯しというほどではないが、風が強く冷たかった。私は、寒がりなので冬が苦手である。「早くも冬か」と思っていたが、翌日から気温が上がり、今は、小春日和続きである。しかし、冬本番も近い。可能なときは、昼食時に、本部教会と自宅とを徒歩で往復しているが、少しでも身体を慣らし、新年を元気に迎えたいとの心積もりである。

ff6f5a04.gif



2017年11月01日

銀杏(ぎんなん)

当教の本部教会には、銀杏(いちょう)の木が2本ある。開教25周年の記念に植樹したのだが、立派に育ち、毎年銀杏(ぎんなん)が生(な)る。銀杏は、拾ってからの作業が大変なのだが、近年は、奉仕の人が手伝ってくれるので、大いに感謝している。で、少しずつ小分けにして、秋の大祭のお下がりにしてもらっている。なにしろ、根っからの境内地育ちなので、御神気がたっぷりと含まれている。食すれば、まずは、健康にプラスになる。我々にもまわるぐらいにはありそうなので、今年も楽しみにしている。

ff6f5a04.gif



2017年10月23日

大型で強い台風

 10月も下旬になっているので季節外れの感があるのだが、大型で強力な台風21号により、各地に被害が出た。当該地域の皆様に心よりお見舞い申し上げます。地球温暖化が進むと、まず異常気象となり、台風も大型化すると言われている。私の自宅からは離れた所を通ったのだが、予想外の強風に驚いた。当教本部では、天地自然と人間との共生を図る「共生祈願祭」を斎行しているが、あらためて、これからも粘り強く続けないといけないとの想いを深くした。

ff6f5a04.gif



2017年10月18日

寒暖の差

 日系を含む非常に多数のハワイ州無縁先亡諸霊の慰霊祭のためにハワイに出張した。ハワイは常夏と言われている。行きは、日本もまだ比較的暖かかったので、差が少なくて良かった。しかし、その後、日本の気温がかなり低下したとの連絡があった。一応の用心はしていたが、「戻った途端に風邪では・・・」と少しばかり懸念した。帰国日は羽田の空港ホテルに泊まったのだが、翌朝、「今日の最高気温は、昨日より3度から5度高い」との報道だった。お蔭で、「寒い」という感じもなく、これも御神助と感謝した。

ff6f5a04.gif

2017年10月10日

ハワイでの慰霊祭

 昭和60年の頃だが、当教の開教祖が、健康の維持増進のためにハワイを訪れたところ、日本人移民の無縁霊多数が救いを求めてきた。結局、巨大な五輪塔を建立することになった。その後、原住民やアメリカ大陸本土からの移住者、アジア各地の移民の無縁霊も祀(まつ)ることになり、今では、10万柱近くになっている。「現界(このよ)」は、霊幽界(あのよ)のうつし世である」とは、いつも言っていることである。多くの民族の霊(みたま)たちが、1つの塔に鎮まり、共に手を携えて向上するならば、小規模ながらも、霊幽界の平和共生となる。その影響する範囲内で、日米の平和共生、ひいてはアジアの平和共生につながると信じている。今年も、それら諸霊の慰霊祭のために、有志会員と共に、まもなくハワイへ出発する。

ff6f5a04.gif

月別アーカイブ
楽天市場