2007年03月11日

2006年の夏、会社を辞めた

時は2006年8月

人口180万人の日本最北の政令指定都市、札幌の市中心に位置する大通り公園



その日は好天で、雲ひとつ無い真っ青な空。何かを祝福するような青空だった。

札幌といえども暑い日は暑い。

最近の札幌は湿度も高くなってきた。本州よりはカラッとしているのかもしれないが、この日も、暑い日だった。



その大通り公園で開催されているビアガーデンで、平日の昼間から中ジョッキを交わす者たちがいた。

そのそばには、ネクタイを緩め、上着を片手にかけ、もう一方の片手で額の汗をぬぐいながら歩くサラリーマンたち。


そんなサラリーマンを尻目に、ビールを楽しむ者たち


“退職おめでとう! 乾杯!!”


   ・・・退職!?


定年退職を祝うには若すぎる若者たち。退職したと思われる男性も30代半ばくらいだろうか?

サラリーマンを辞めたらしい。

しかも彼は、会社ではそれなりの地位と給料をもらっていたという。



リストラで生活に困っている人間もいるこの世の中で、職を失って、『乾杯』である。

ヘッドハンティングでもない。

次の会社が決まっているわけでもない



   なのになぜ乾杯か? 何とも不思議な光景。



彼に訪れた退職は【人生の転機】であるが、この【人生の転機】を招くキッカケは、その前年、2005年5月にあった。



  ・・・つづく

===========================================================================
続きに興味を持っていただいた方はお気に入りへどうぞ。

毎日更新しますのでチェックしてください。

このブログがあなたの人生に、転機を与えかねませんので。。。

heizou555 at 10:25│Comments(0)TrackBack(0)clip!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔