デントビワレーク

デントリペアのイメージを変える無塗装板金技術
最も環境にやさしいエコなリペア方法

GW ガレージマイナーチェンジ

GWは昨日5月1日〜5まで休業しています。

去年からの構想で、大津衣川に来て6年になり元々広くないガレージ、バイクやらなんやかんやで狭くなって、YZ(モトクロス)関係とクルマのオイル・タイヤ関係そして大きな作業台は草津ガレージに戻そうと思っていました。

本当はお正月にパワーゲートを借りて引っ越しする予定でしたが、草津ガレージのオーバースライダーの故障そしてワクチン打ってからどうも関節(座骨・股関節等)がひどくて(今も良くないけど)、なのに何故か仕事のほうは混んでばかりで、月1か2日くらいしか休めなくて結局延び延びになっていたのです。
ストレスやらなんやら溜まりに溜まってました。

取り合えず2日間で大まかに型をつけようとハイペースで、肝心な写真を撮るのも忘れてました。


1800×600のスティール製の作業台・7段工具キャビネット・ツールワゴン・60リットルコンプレッサー・3トンジャッキ馬等、あとYZと部品用品 レンタカーを借りずに自分のハイエースで気合の2往復。


草津ガレージの写真はハイペースな作業でグロッキー、撮るの忘れてしまったけどまたちゃんと配置し直してから撮ります。


DSC_0053作業台を移したことによってパーツや工具の棚も撤去、ガレージ雑誌のようにスッキリしました。



20201025_095218
20200309_090500事前写真も撮る余裕もなくて、前はこんな感じでした。











DSC_0051外した木材は再利用します。
物価高でSPFとか木材は倍くらいになってますね。





DSC_0054増築したカーポートスペースに工具キャビネット一式を移動。作業台は以前に手作りしてありました。
あとは棚をパーツ・工具に合わせて増やしていく。


狭いのは確かですが工夫次第でかなりコンパクトに仕上がってきたと思います。
これでガレージのほうは全面使えることになり、軽クラスなら一台入れたままもう一台作業できる環境になりました。


DSC_005210年くらい使ってる2台目のパナソニックのドリル、さすがにバッテリーが弱くなってきてニカドは廃版になってしまって、新しいのを注文。

Am〇zonタイムセールを待って、思い切ってハイコーキの18V業務用にしたのですが1週間経っても発送されてません、在庫ありになってましたけど、お届け日も段々延びて5月5日になりました。遅延理由は色々重なってるみたいですが、プライム会員にならないと最近こうなるようです。


新車も納期はかなり掛かるし、他の商品もすぐにないのが多いし、店も閉まるし、平成までのように欲望のほとんどがお金ですぐ手に入る、そんな時代は終わったのでしょう。

納期は余裕を見ておく、ダメだったら欲望を押さえるという、今言って今という! 日本人的なせっかちはホンマ ダメですわ。

フランス・イタリア車感覚がちょうど良いと思います。

オーバースライダードア 修理

今年は凄く寒いです、半屋外での作業時はもちろん工場・ピットでも電熱ヒートベストを使用しています。


先月に故障した草津ガレージのオーバースライダードアの修理ですけど、結局 静岡県の輸入ガレージドア修理専門業者さんが汎用の部品交換で直るでしょうという事で約1か月待ちで来ていただきました。

写真やメール・電話のやり取りで、ボクのほうはセンサーの故障だと疑っていたのですが、すぐさまスプリングの破損で全く同じ部品の取り寄せも可能だけれどアメリカからいつ入荷するかわからないし、現在良く使われているシャフト・ギア・スプリング等へセット交換で行けると思いますという返事で早速お願いすることにしました。



DSC_0026
DSC_0027

元のドアが一番軽量シンプルで細いスプリングがシャフトに内蔵したタイプだったため、破損しているか目視出来なかった。

今度のは従来の外側スプリングです。





DSC_0028
ワイヤーも太いタイプに。




やはり10年くらいでリフレッシュしないといけないですね、16年経ってますもんね。


ついでに

DSC_0024大津衣川のドアのワイヤーが滑車のところでほつれてきてまして、、、見つけたのが保証期間を過ぎていた。
のでワイヤー交換を





DSC_0020
スプリングのテンションの調整も必要で DIYではちょっと危なそうです。






遠方からという事もあり修理代はそれなりにしましたけど、新品の手動巻き上げシャッターに交換するのと比べてもかなりリーズナブルに済みました。
ましてドア本体やモーターは全然使えるのに、新品はもったいないしゴミにもなるし。


自分のデントリペア業でも言えることですが、問い合わせの段階から的確に答えてもらって、やっぱり専門で場数を踏んでる業者さんだと安心ということだと思います。
地元にあると尚いいんだけどね。

新年のご挨拶 2022

新年 明けましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします


DSC_0017報道で滋賀県は豪雪地帯のように思われてますが、めちゃくちゃ寒いですけど うちはずっと積雪0僂任




今年はどうなって行くのか 全く読めませんし自分でもどうして行くのか決められないでいます。
丸20周年を迎える本年、そろそろ後継者も作らないといけない節目の年だと思うのですが、具体的にこれといった形にはなっていません。

コロナ渦が続く中、余計に先が見えないのは事実ですが、しかし反面 手洗い・うがい・マスクといったアナログが結局効果がある事も分かり、オール手作業であるデントリペアも捨てた技術ではないと感じています。
ただ、こういうオールアナログ的な技術職は他の業界でも次世代には全く人気がありません。

新年早々 愚痴っても仕方ないので、今年も難易度の高いヘコミにアグレッシブに向かっていくだけです。

よろしくお願いします!

今年は凄く寒い

26日からの寒波は凄かったですねえ…

と、書くと 彦根のR8号線の大雪立ち往生で滋賀が全国一の豪雪地帯のような報道がありましたけど、うちの県南部は積雪0センチです。
27日はかなり前から予約をいただいていたので意を決して高島市のディーラーへ出張修理に行ってきたのですが現地積雪1メートルくらいかな?でも ほぼR161オンリーのルートは除雪設備バッチリでFRのハイエースでも問題なく走れました。除雪に予算を取っている自治体とそうでないところは今回のような大変な事態が起こります。

道中 有名な白髭神社の雪化粧を写真に収めようかなと思ったのですけど、走路以外は雪の山でクルマ止めれませんでした。

何が何でも予定通り行かないといけないとする日本人的な考えはこういう時は裏目に出るので、時にはアバウトな発想も必要だと感じます。


オフロードバイク復活してからそちらの話題ばっかりだったので、久しぶりにギターの話を。
冬の夜は音楽がいいですよね。


愛用品です。

DSC_0012
ダダリオのカスタムライト
標準のライトゲージより音は小さくなりますけど特にヤイリのほうは押さえやすいのです。





DSC_0014弦には左、指板やボディーには右、コーティング剤です。




DSC_0013
ペグ回し
ヤイリカスタムに付属していたやつです。別にネーム入りもあります。


12月ということで お気に入り「サイレント・イヴ」を弾くことが多かったのですが、最近は動画で研究しながら、昭和最後のディーバ 明菜ちゃんの曲をアレンジしてます。「北ウイング」のアコースティックバージョンはそれなりに形になってきたかなと勝手に思ってます。
まあ、作曲が林哲司さんで杉山オメガから流れてきたのですけど…後の曲は初期の来生サウンド。
とりあえず今は4曲しかできてないんですけど。

夜遅くに20分くらいの日もありますけど週4はギターに触るようにしています。



モトクロス&オフロードバイクは体力・気力・技術・時間が必要で、冷静にあまり長く続けられる趣味でもないので、やっぱりギターはいいなあと思ってます。
子供の頃から、ピアノのほうがやりたかったのですがバイク降りてから初めても間に合うのかな…ちょっと厳しそうですよね。



仕事のほうは昨日詰めて廻って実作業は一応終わりました。12月はなぜかしら休みは一日だけでした。
緊急のリペアならしますけど、今日は溜まりに溜まった雑用仕事に当てる予定です。


コロナ渦の中、今年も一年 デントリペアオンリーでやってこれました。
有難うございました。

草津ガレージ オーバースライダードア不調

今年は冬が来るのが早くて、仕事はもちろんプライベートでも一番苦手な季節でテンション低いです。

そういう時にはいろんなことが重なってくるもので。

先日、ある日突然
草津ガレージのシャッターが、エラー 動かないぞ!
20210506_100609DSC_0005













症状は

「開けるとき、下から20センチ(障害物センサー付近)で止まります。
再度スイッチを押すと一旦下がって反転しセンサー付近で止まります。それの繰り返しでそこから上がりません。

ちなみにセンサー位置をずらして(外に向ける)開けると50センチ(パネル一枚分)で止まり、長押しすると
パネル一枚分づつ止まりながら、長押し、作動を続けて上がり切ります。閉めるときは長押しすると一度で全閉になります。」


2005年の秋にこの輸入ガレージを新築してから、たまーにエラー的なことはあったけれど、まずご機嫌に作動していたのに、こういうことは突然前触れもなく あるある ですよね。

まあ、正直年数的にはこの手の電動オーバースライダーとしては長寿で元気だったと思います。

DSC_0006DSC_0002DSC_0001











クルマでいうと初期のインジェクションキャブ時代に相当するのでしょうか・・・
チェーン駆動でスプリングも内蔵タイプです。
大津衣川のはベルト駆動でモーターも2時代くらい新しいです。
が、これは頑張ったらバラシてチェック出来そうなのですけど、カプラー、コンセントの差し直し、スプロケチェーン、障害物センサー着脱等 見れる範囲で見たのですが・・・ダメ





やはりプロに依頼するしかない。
でも地元の知り合いに聞くと輸入ガレージドアはメンテナンスしてくれる所は無。取り付けだけみたいですね。
建ててもらったガレージ屋さんは長野飯綱高原と遠いし、雪積もってるんじゃないか。


DSC_0007当時のパンフが出てきました。







年式から言って当然モーターから一式最新式に取り換えとなるんでしょうか?
クルマは当然ながら 住宅機器から何から何までデジタル時代。

そんなに便利がいいのでしょうか?
デスクトップパソコンで十分だし、先日スマホ(やっぱりビビッてandroidのまま)も機種変したけど別に?って感じだし、バイクもABSは要りません、オフロードで谷底行きます! 
プライベートで隣県程度なら 我が141パンダMTで十分。

半導体がらみもあってか、コンピューター系にうんざりです。

でもしかし、ポツンと一軒家に暮らせるだけのスキルも根性もありません。

今の仕事のデントリペアもリペア自体は超アナログ手作業なのですけど、本番に行く前と後作業の内装・部品脱着等はデジタルです。

なんか しんどいです。

京都京北美山の尾根に行きたいです、のんびりと。でももう冬か。

日帰り林道 京都花背〜京北

急に空き時間が出来たのと、見上げればコレぞ秋晴れ、半年ぶりに京都北山・京北方面のダート林道を伝って山の上でマッタリしたいということで。


山一つ越えれば京都大原になります。そう大津と京都はお隣さんなのです。

昔走りまくった、百井〜花背峠
本来は大見方面から尾根を登って花背峠に出るのですが、重量級のKTM690EDRしかもソロということで峠から逆に行けるところまで行ってまた戻るという軟弱パターンで行きます。


20211114_112406
小山を登ると琵琶湖が見えるポイントで一服、結局下りにガレ場の始まりで引き返しました。



2008年にWR250Fに乗り換える前まで乗っていたXR650R(ロシアシベリアの大地も疾走したメモリアルマシン)で大見から本来のルート(エスケープではないほう)で上がっていた記憶があります。転倒でデコンプレバーを折りました。
そんなパワフルでワイルドな男も今や大きくパワーダウンして臆病になりました・・・

やはりガレになると正直軽めの200〜250侫ラスが欲しいです。フラットダートやオンロードだと690EDRは最高なのですけど・・・


20211114_142309
小塩集落からのダートの途中
ひっそりとソロキャンプ出来そうな河原
丹波広域林道へはこの林道からのゲートは空いています。




20211114_12510920211114_140638

頂上付近で遅めのランチタイム
のんびりとしたひと時








途中 オフローダーが3台 全工程では7台出会いました。


京北の西方面 ウジウジ峠とかにも行きたかったのですが時間なく、家出るのが遅いし半日強では無理。

しかしまあ、滋賀はどこの自治体とは言いませんけど、理由はよく解るんですけどダートというダート通行止めばかりで走れません。よそ者来るな!っていう風潮が地元民まで入れません。

比べて京都特にこの辺りは昔からツーリスト(ハイカー・自転車・バイク)に寛容でまだまだ走れるところがあり一つの文化があるんだと嬉しく勝手に思っています。
ちゃんとルールを守って無茶しなければ継続は可能なのでしょう。

ちょこちょこ行きたいと思います。

KTM良いのですけどね本当に。
でも今はベータのクロストレイナーがメッチャ気に入っているのですが、予算とか現実的にはKLX230くらいで十分なんですかねぇ・・・3台持ちは無理?やなあ、パワー落ちてる身体一つやし。








フィアットパンダ141 リアマフラー交換2度目

急に寒くなってきました。
内装パリパリ・塗装カチカチ・鋼鈑ガッチガチ・・・仕事には嫌な季節だけど、パンダの場合は夏に比べたら寒いほうが安心。


少し前から気持ち排気音が大きくなってきた感じがしていて、マフラーの接合部に耐熱塗料を塗っておいたのだが、先週あっけなく触媒との溶接部からポロリ!

20211111_165315
大抵はここが逝くんですよね。
ちょい乗りが多いからなあ。



前回はセンターマフラーとリアマフラーをセット交換しましたが、今回はリアだけで済みそう。9年間、3万キロもったから良し!としよう。

外品でいいので部品でるのか?なければステンレスのワンオフ?
検索すると、幸運にも有りました!

今付けてるのと同じメーカー「ボーサル製」ARMから販売されてて、前買ったサイトから購入しようとしたけど在庫状況が分かりづらく、取引先のイタフラ屋さんに相談、別の部品業者に在庫がありそちらを購入。 最近 歳のせいか石橋を叩くようになったんですよね、直にポチるとちょんぼすることもあって。


20211110_162651
表面、これぞ素材 鉄っていう感じです。









20211110_164908
前回同様、耐熱スプレーで事前に錆予防をしておく。







ラダーをかまして気持ち潜りやすくして、作業開始
首・肩がきつい、リフトが恋しいです。
お約束でセンターマフラーとのジョイントが中々抜けず、ラスペネで潤滑、マイナスドライバーで開けてハンマーで叩いて、後方へ外れました。


前回もなのですけど
20211111_174919
タイコを真っすぐしようとするとステーの角度が合わずにまたリーフに接触します。ステーの加工も考えたけど時間もかかるし機能的に問題ないのでタイコが割と斜めになるけど強行しました。

念のため、他の人のブログを見ると、こんな感じで良いようですね。


まあしかし、この年式で部品が入るというのは本当にありがたい話です。
脱炭素やらEVやら・・・
部品があればまだまだ乗れるんです。4×4だけど燃費も市街地乗りでリッター15K以上は行く、優秀な車だと思います。






裏山(比叡山系)のダート

半導体&部品生産国のコロナ事情等で新車の納期が遅れて、その分中古車が売れそのリペアが多いからなのか?査定の点数基準が変わってきたからか?要因は定かではないですが、最近中古車の加修が増えてまあまあ途切れず仕事しています。関節痛いです。

午後から少し時間ができて、これぞ秋晴れという天気だったので久しぶりにKTM690EDRで家から一番近いダートを目指し、頂上手前の琵琶湖一望の林道で一人缶コーヒーと行きましょう!


ところが、、、

20211107_145701

こんな看板が!

違うルートにも同じ看板が。

キャンプブームで馬鹿なことする人が増えてるからか?、、、でも人から見たらボクも暴走ダートバイクなのでしょうか?




20211107_145816
バイクも手前の駐車スペースに止めて歩けということですね。





ここは30年以上前、オフバイク仲間とよく京都大原まで抜けてました。ちょっときつかったけどDT200RとかXLR250とか普通のトレールで行けました。


ならば 歩いて仰木峠まで行ってみよう。

20211107_150012

ロープも設置してるほど枯れがれです。



登山道なので 倫理上今の時代バイクで行くのはアウト!という前に、トライアル車でも無理な感じ。

股関節と右の座骨を痛めてるのと 平底モトクロスブーツなので、200メートル付近でギブアップ。
また改めて登りたいと思います。



脱炭素社会
特にオフロードバイクの時代はもう終わりなのでしょうね、、、、

世の中の多くの製品は石油から出来てますけど、電気自動車だけでなくどこへ向かっていくのでしょうか?
寂しいです。

ぶらパンダ(ぶらりフィアットパンダ)3

コロナ、長いですね・・・
増えたり減ったり波繰り返し、まだまだ続きそう。

うちの隣接する湖岸緑地公園駐車場も確か8月7日?辺り(忘れました!)から まん延防止〜緊急事態 9月末まで駐車場は閉鎖してます、毎朝、警備員がチェックしてます。
公園自体は利用可能ですが、車依存のわが県で車が止められないということは実質閉鎖ということです。

感染対策とは言え、自分たちは京都・大阪に働きに行って、逆に京都大阪から琵琶湖に来るな!とイケズ(いやがらせ的な方言)してるような気がしてます、個人的には。

ので 毎朝、閑散たる公園の景色をみるとやる気がなくなります。
琵琶湖を見てお腹が膨れるわけではないですが、時期的に仕方がないと分かっていても琵琶湖から夏を取ってしまうと滋賀県は何も無い県のように感じます。

ワクチン2回目、副反応がしっかり出てしまい(年齢的に納得できないけど)以降2週間経っても何故か腰・膝等関節痛だけは残りバイクに乗れる体調ではないので、ちょっと空き時間「ぶらりパンダ」してきました。


旧志賀町の水泳場付近の湖岸を流しました。
かなり細いルート、少しだけダートもありです。
ほんとは高島から奥琵琶湖まで行きたかったけど。

20210915_12195120210915_121625

















がっちり注意書き看板とロープ&チェーンで閉鎖

焼いてる外国人っぽい人と沖にジェットが数名いましたが、釣り人はゼロ。


20210915_123003




ここは管理自治会が違うのか?普通に入れます。
釣り人が数名。

が、しかしゴミの山散乱!
結局 空いてるところに集中してそこが密になるだけだと思うんですよね。


去年より、淋しい夏
結局、海どころか琵琶湖にも一度も浸からなかった夏でした。

まあ夏休みもほぼほぼ仕事だったのでこういう年もたまには・・・いやいや こんなんダメですよね。

土山モータースポーツエリア

5月から甲賀市にある県内唯一のモトクロスコース「土山モータースポーツエリア」の年間会員になって、月1回か2回走りに行っています。

県内とはいえ自宅から1時間半、草津ガレージからは1時間掛かります。新名神土山SA近くということで三重県北中部からのほうがアクセスも良く会員も三重の方がかなり多いです。

会員は365日好きな時に走行が可能で、ボクのような一人自営業にとっては非常に都合が良く、平日の場合でも一人だったことはないです。

20210730_16315120210730_163142
コースはフラットでハッキリ言って狭いです。ジャンプも小さめですが、タイトコーナーとコンビネーションの組み合わせで中々テクニカルなレイアウトになってます。








近年、オフロードバイク業界特にモトクロス業界は縮小縮小で大変厳しい現状になってます。ブームだった80年代と90年代2度近畿戦中心に活動していた自分にとっては、リターン後の状況は淋しい光景ばかりでまた「脱炭素・・・」等言われるとモータースポーツ全体暗い話題になってしまいます。


この歳になると、本当はもっと死ぬ気で事業頑張って大きくして、山の一つや二つも手に入れ音頭を取ってみんなに楽しんでもらえるようなオフロードコースを提供出来る立場になってないといけないのだけれど、実際は私利私欲に走ってしまい今さらそんなん完全に無理です。

ので、このコースも少しでも存続していけるように僅かでも頑張りたいなあと思っています。


一般でも会員同伴だと、1日なんと「1,000円!」で走れます。
ボクの回数だと多分 計算上は年会員のほうが高くつく勘定になるかも?知れないけど、そんなセコいことは1ミリも思っていません。僅かでもコース維持に使っていただいたら光栄です。


20210731_173113定期的に初オフ体験会も実施しておられます。ブログが遅れて今日明日開催なんですけどね。

一応、うちのガレージ前にも告知しておきました。



何故、自分でも今頃復活したのか?分からないのですけど、モーター(原動機)の力を借りると普通では得られないG(パワー)を感じれるからだと思うのです。
世間ではマイナーですけど、良いスポーツだと思います。


ブログランキングに参加中です。
↑↑クリックお願いします。
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ