デントビワレーク

デントリペアのイメージを変える無塗装板金技術
最も環境にやさしいエコなリペア方法

KTM690EDR リアタイヤ交換 手組

ご無沙汰してます。
ブログサボっていた訳ではありません、パソコン買い換えてから「不正インプット」と表示され何故かログイン出来ずにいまして暫く投げていました、が気を取り直して復旧しました。


モトクロスのほうは月1かなんとか月2で練習しています。
結局5月からは片道1時間半掛けて甲賀市の「土山モータースポーツエリア」の会員になったのでそこで走ってます。
ライダーパーク生駒も同じく1時間半掛かります。
走行具合とかはまたそのうちアップしますが、見た目はコンパクトなコースで一見優しく見えますが、タイトコーナーとジャンプの連発で休むところがないアグレッシブな中高年の肉体に容赦無く鞭打つ楽しいレイアウトになっています。但し無理して飛ばなかったらセーフティーなのですが、モトクロスのメインはジャンプだと思ってるのでボクはやっぱり一通りは飛びます。


ということで、最近林道KTM690EDRは全然乗れてなかったので、気晴らしに京都京北・美山方面のダートに行く前に・・・3000キロ程で山が無くなりリアタイヤを新品に。

ピレリMT21から試しにダンロップD908RRへ。
20210501_171739
20210501_174738

脱着共に問題なくスムーズに行きました。
自分で手組したほうが林道でのパンク修理(実際は予備チューブ交換)も現地で出来るから必須だと考えます。





20210501_183550
実際走行した感じ。
特にダートかなり良いと思います。正解でした!
ただ、アスファルトのロードノイズが大きくてボクはいいのですが気になる人もいると感じます。
サイズが140なのでビッグオフ乗りにはベターなタイヤではないでしょうか。

前回バイク屋さん経由でMT21を組換えした時は、リムの形状やらビートが固いやら色々な要因で換えずらかったとアップしましたが、今回は外すときはビートが密着していて少してこずったものの問題ありませんでした。

908RRのビートは気持ち軟らかいような気がしますが対面のビートをしっかり落とす・クリームをたっぷり付ける・それと何よりもどうせダートバイクなんだから少々のリム傷は気にしないっていうメンタルと思いっきりが大事だと思いました。

過去ラリーの現場で前後タイヤ30分で手組交換していた頃の自信が少し蘇った気がしました。

KTM690EDR リアフェンダーレス加工

買った時からいや買う前から気になっていた KTM690EDRのやけに伸びた長いリアフェンダー。
3分割になっていてナンバー・ウインカー部分を外してDIYでやれ!と言わんばかりの構造になってます。
そんなに難しい作業ではないと思いますが、2次被害軽いミスも出そうでそれなりに時間は掛ると思って中々やれずにいました。

20200103_140922
20210103_102455


















1年半過ぎてやっと着手、見た目かなりスッキリ! これでハイエースにもリアシート立てたまま積めるでしょう。


2715_01_TS102-80-0500-10_TSry390s_TS

使ったパーツはこれ。


汎用防水LED








ワレンズ

純正ウインカーもそのまま使えるけど。








ラフロのラリータイプステー











20210102_133454
シート、リアのグリップバー、ナンバー&ウインカーのついてる一番下の部分(一番下のやつ・これASSYが不要のパーツ)から外していきます。
燃料キャップだけ外して面倒くさいのでホースはつけたままサイドカバーもずらしたまま作業しました。
ガレージの中で暖房入れながらやりましたが、ウインカーのカプラーが固く外れず変形しました。中程のフェンダーのビス(なんと6ミリ頭でビス)は1本途中で折れてたし。真冬の作業はやっかいです。

20210102_150621

ウインカー・ナンバー灯の線は思い切って切断してキボシに変えて行きます。ワレンズは元からキボシ化しています。圧着後抜けないようにハンダで固めました。
各線は長めに残るようにカットしておくとキボシ圧着失敗した時にリカバーがききますが、逆に長すぎるとセットした時の配線の収まりがよくなかったり挟まったりします。今回少し長すぎました。


ウインカーのセットに5ミリ程度の穴を開けます。フェンダー(今回そのまま使う中のやつ・メイン)の配線用にハンダで少し上部を焼く。

組む前に各部の点灯具合を確認。

予想はしていたけど ワレンズに付属の球は8W、純正は10W ハイフラが起こりました。単純にW数の問題で球を入れ替えました。

ナンバー灯はメインフェンダー白 の裏の一番後ろ辺りに両面でセット。


20210102_153714

ナンバーステーは一度組み立ててから位置決めをしました。





が、色々試してみたけど

買ったステーを付けるとその厚みで テールが半分隠れて見にくい、見えるところまで下げると出っ張って長ーいフェンダーになり意味がない。しかも思っていたより重さもある。690のハイパワー・振動に耐えられるのか?

で結局ラバークッションだけ使って直付。

あとは実際走ってみてダメなところは煮詰める。


知識を得るのにはネットは便利だけど、やっぱり店頭でリアルに選ぶ方が間違いないですね。



あとで検索したら

自分本位にちゃっちゃと作業してばかりで写真撮り忘れてるアバウトなボクのと違って、「ぼっちバイカー」さんのブログがとても詳しく載せておられます、図面もあるし。でも今の愛車はEXCみたいですけど。

ウインカーも球余分に買うなら、直付のやつにしたほうが格好よかったなあ・・・


まあしかし 解って輸入車を選んだにしても、やはりボルトのサイズまちまち、テールはLEDでウインカーは球 等々・・・しかし走りに関しては抜群!・・・それもこれも欧米風の楽しみのひとつと考えましょう。

あとは、約2000舛濃海無くなってきたリアタイヤ(ピレリMT21) 次は何にしましょう。
手作業で交換し易く、かつダートでそこそこグリップして5000舛らいもつやつないですかねえ。



新年のご挨拶

新年 明けましておめでとうございます。

2021年は毎年のようにこうしようとかああしたいとか、全くございません。

一日も早くコロナウイルス終息の光が見えて一人でも多くの命がつながり、また以前に近い日常が戻ることを願うとともに個人的にも出来るレベルのことはして行きたい、それだけです。


20210103_102421











引き続き 本年も宜しくお願いいたします。

2020年も 有難うございました

本年はと言うよりまだまだこれからなのですが、コロナウイルスで大変な日々が続く中、リペアのご依頼を頂きまして有難うございました。

修理の仕事だから影響ないでしょ?と言われたりもしましたが、車両の流通関係で発生するリペア(中古車・商品車等)の割合も多くて特に自粛と明けの5月6月は仕事も激減しどうなることかと思いましたが何とかやってこれました。



振り返れば今年はリターンしたモトクロスの話題ばかりで仕事のアップをしてなかったのに気付いて・・・


20201226_105413
20201226_111209
上下の歪を取って7割がた上げてから写真撮ったので小さいヘコミに見えますが、30型プリウスの定番ドアプレスです。
50型が増えてきたので事例は少し減ってきたのですがこのタイプ定期的にやってきます。OKはもらうのですが、職人としてはあと少しラインが上がりきらないか、上げきると上下に歪みが残るかでフィニッシュなんですよね、この車種の為に自作ツールも色々作ってあるのですが。


最終日 手のひらパー大のビッグデント連発で今年を終えたのですが写真撮るのを忘れてました。



去年の年末年始は
20190507_11410020200118_13335920200126_16490320200617_115719









数日かけて実家の木の伐採を一人でしました。
肩を痛めてしまったけど、すごく達成感がありました。




















お正月は仕事のツールのメンテナンス・ガレージのレイアウト変更・KTMのライトカスタム・・・
あとは大学ラグビーと駅伝を見てと・・・

来年は早く普通を取り戻したいですねえ、ほんとうに。




おにゅう峠

やっぱり専門家の予想通り、この時期またコロナの猛威が・・・
解っていたはずなのにやっと今日GOtoを見直すようです。

自営業のボクでも感染対策・医療体制がまっ先だと考えるし、ちゃんとウイルス抑え込めば自然と人はまた動き、逆に不安要素が大きいと少しくらい安売りであっても安心して旅行できないなと思います。
違う考えの人も多いのは確かだけど。


そんなことで外出は田舎へ行くのが安心なのか、平日半日時間が空いたのでお山の頂上でまったりしようと、朽木〜福井にまたがるおにゅう峠に久し振りにKTM690EDRを走らせました。


でも結果、残念なことが二つ!

一個め
ついに福井県側も全線舗装になりダートは無くなってました。20201118_132633



TVでも有名になった峠の御地蔵さん付近






もう一つ
舗装になったことやコロナの影響からか、平日にも関わらず普通の乗用車の人が多く峠スポットには常に入れ替わりクルマが6〜7台、逆にバイクは2台でした。
車の人からはお約束でKTMを見てあれやこれやの質問攻め、興味ないと思うし説明してもバイクのこと解らないと思うんですよね、スマホで検索してくださいよ、で、バイク乗りたいなら今すぐ買わないと・・・

もうライダー同士でまったり出来なくなりましたね。
ダートの頃はバイクかジムニーたまに軽トラくらいでした、良かったなあ。
まあ、山は広いので他に落ち着く場所を探します。

この手の道路、別に生活道路や職業(林業)道路でもないし茶屋や店があるわけでもない、お金かけて舗装にして整備しても何の経済効果もないと思うのです。

20201118_115730
暇つぶしに針畑川沿いのショートダートを少し。
こちらが鯖街道の古道らしいです。



ダート走るとまだ少し手が痛いです。


単純に
こういう時間が持てるのはやっぱりなんやかんや平和だからなんですよね。
まあ、有り難いことですけど。

’21 YZ125 初乗り

朝晩寒くなってきましたねえ、
例年ならボディ鋼板・内装等気温が下がるにつれ仕事もやりにくくなり・・・とか、言ってるのですけれど、今年は本当にコロナが心配です。
仕事のほうはコロナ前位の量に戻りつつありますが、どうなんでしょう?


そんな中、10日ほど前無理くり休んでまた「ライダーパーク生駒」に行ってきました。
20201028_11295920201028_124124
















1本目慣らし終って、午後からは開けました。
125Xと大きく違うのはやっぱりサス、取りあえず標準設定のまま乗ったので硬めですが連続ジャンプもピックアップ良く飛びやすい。
エンジンは3年の差があるので比べにくいけど、こちらもピックアップが鋭く飛びやすいです。でも125Xもかなりパワーが出てて全開なら遜色なかったと思います。
当たり前ですけど、フィールドのロケーションがちがうのでMXコースの場合は断然YZだと思います。

調子に乗って一人10分+1週をやった後、最後フープス失敗してネットまで吹っ飛んでしまった。ネットに引っかかって大きな怪我バイクの損傷も大したことはなかったのは良かったのですが、こういう時管理人さん常駐のこのコースは安心です。
ちょっとこんなんアカンのですけど、頑張ればこの歳になっても僅かでも上達するのではと、マ〇カルチャンプさんの動画とか見まくってコース研究しすぎて調子に乗り過ぎてしまった。冷静に自分との大きなレベル差考えないとダメですねえ。


仕事がハードなので、手首が中々治りきらない中、今度はなんと家の階段で突き指をしてしまった。
しばらくYZはおあずけして
初乗りに間に合わなかったデカールが来たので。
20201105_192426
ヒートガンで温めながら、でも凹凸があって空気が残る



20201108_13030020201108_130139





いまいち地味かな?











サイトの写真ではフロントフォークアウターチューブのKYBシールのはずが、かわりにフォークカバー用が入っていた。品番は合ってます。
それがUSAだからまあ悪くはないですけれどね。


昔のレース仲間にもリターンして欲しいけど、人それぞれ今の生活や状況があり無理は言えません、またその気になったらで良いと思います。
音楽もそうですけど、世間的には同じバイクでもいろんなジャンルがありもちろん好みが違います。

また特にこの趣味は体力・お金・時間がないと出来ません。

長年ブランクがあるので、まあまあ乗れたら十分と言い聞かせて・・・楽しみましょう。

ライダーパーク生駒&YZ125 2021モデル

大変ご無沙汰しておりますっていうかブログすっかりサボってました、スミマセン。

春から新型コロナで仕事もいろいろありまして、また生活様式というか考え方生き方もホンマにいろいろと・・・


で、8月からボチボチとモトクロスを復帰しまして18年振りにジャンプもしました、大分ちっちゃめだけど何とか飛べます。
今月やっと「ライダーパーク生駒」に行ってきました。最後に走ったのが確か1999年の近畿選なので本当に久し振りです、あの頃はオートランドでした。
20201014_12231520201014_122153
















事前に動画を見まくってイメトレしていたおかげで午後からは一か所除いて連続ジャンプもスムーズに飛べるようになり、いやーこんな年齢になってもまあまあ行けるんですね。
と言っても昔走っていたスーパークロス的なレイアウトだった頃に比べると優しくなってます。

コロナの影響で更衣室やエアコン付休憩所が一時的に使えませんが、自販機・ウォシュレットトイレ・洗車機・レンタルマシンウエア等揃っていて、やっぱりちゃんとしたコースは安心です。

何とか休みを作って片道高速使って1時間半、行った甲斐がありました、現場で同じような中高年ライダーとも交流できたし、久し振りに充実した一日でした。



で、結局ジャンプももっと飛べたらということで、2021モデルのYZ125 買っちゃいました!8月にちゃっかり予約しておいたんですよ。
多分、おそらく人生最後のモトクロッサーでしょう。20201025_095218









250Fと迷いましたが、身体が2ストになじんでいるし本音は現役の頃の250CCが希望だったのですが体力的に病院送りになりそうで125CCにしました。
でも125は難しいんですよね、突き詰めていくとアクセルワークとか半クラとか。

20201026_17562020201026_17563720201026_181503





















125Xに付けていたパーツ等付け替え、あとは自分のポジションにセットアップしてます。まだ走ってません。外装のデカールは10日くらいかかります。

超危険なスポーツなので正直怪我が一番心配ですけど、なんかコロナでいろいろ考えることもあって、まさか一生復帰することはないと思っていたモトクロッサーでまた飛びたくなってしまいました。

最近の買い物

世の中、えらい事になって来ています。
うちの隣の湖岸緑地公園も昨日から駐車場閉鎖になって閑散としています。市役所も感染で閉庁です。
命優先で注意して淡々と出来る範囲でやっていくしかないです。


こんな時になんですが、
買ったのは2月だからいいかなと・・・
20200309_090500
ヤマハYZ125X、試乗車みたいな中古車が出てきまして、こんな歳になってもまだ飛べるんかな?と思いつつも最後に夢をもう一度的に 買ってしまいました。

ボチボチ、セットアップ後慣らし的に乗り始める予定が、先月事故に遇って首を痛め(仕事は何とかしてます)そしてコロナが拡がってきて、まだコース1回も乗れてません。もちろんKTMも乗れません。しばらくはガレージのオブジェになるでしょう。
まあ、スーパークロスの動画でも見てイメトレしてます。


もう一つ、カウンターチェア
20200320_173416
ネットなので心配でしたが、バッチリです。最近では一番当りではないか。




サイトの写真では白っぽ過ぎるかな?と、
で、DIYでまた塗装してやつれ感だせばいいや!っと思って買ってみたら、現物はクリーム色に近くアンティーク塗装になってます。座面の高さは固定式だけど逆に丈夫です。

家具類、見ないで買っても良いこともあるんですね。


KTM690EDR Fスプロケット

オフシーズンの間に、KTM690EDRを色々と自分なりにモデファイしようと思っていますが、暖冬で雪のないダートも多くてずーっとオンシーズンのようで中々作業が進みません。

リアフェンダー廻りのスリム化はそれなりに手間もかかるので後回しにして、ギア比の調整をしました。


ノーマルはフロントスプロケット15T、リア45Tになっています。
これだとツーリングやフラットダートなら問題なく逆にスムーズ感もありそのままでもいいかなと思っていましたけど、ちょっとハードな路面や広場で遊ぶ場合は、高速向き過ぎます。
リアを48T辺りにしようか迷いましたが、現在オドメーター2000キロ、リアスプロケットも鉄製だしチェーンもまだ行けると判断して、フロントを14Tに落とすことにしました。本来はフロント・リア・チェーンと3点セットで換えないといけません。


20200102_14420914T KTMパワーパーツのほうは何故かラバーが付いていなく、ノーマルのを外して移そうと思ったけど取れないしそのままむき出しで付けました。普通のバイクはラバーは付いていないのでこれでもいいでしょう。
緩み止めのワッシャは別の辺の部分を曲げて再利用しましたが、材質が弱くNEWにしたほうが安心かもしれません。




20200102_150549ギアを入れて回す、、インパクトを使う、、、等 やり方はいろいろですが、ボクの場合はタイヤを付けたまま、ギアを入れてリアタイヤとスイングアームの間に回り止めの木を挟み固定し少し緩めてからホイール・チェーンを外します。強引ですかね?

それにしても、ナットが緩いのか?あっけなく外れました。納車後すぐにアクスルナットも緩かったし、ビッグシングルハイパワーだから緩み易いのかマメに点検しておいた方がいいと思います。駆動系の心臓部ですからね。



近くの超ショートダート&山小道を走ってみました。ギア比が変わった分スピンしてロスするかと思いきや意外と低速からグリップしてくれて走り易いです。バイパス80キロも全然スムーズです。多分高速道路も余裕だと思います。ヨーロッパと違って国内の主なダートのロケーションならこれくらいがベターかも。

あと、ガレやウッズでの発進時とかなら、リアを48Tくらいにしてもっと低速に振ったほうが良いかもしれません。
まあ、しばらくはこれで行くことにします。



2020 新年のご挨拶

2020年 新年明けましておめでとうございます

本年も引き続き 宜しくお願い致します!



いきなり とてつもなく大きな話題からですが、地球温暖化・エネルギー問題等で今年は益々、対策が急務だと言われています。自動車業界もそのど真ん中にいる立場として大きな転換期です。

デントリペアはほとんどすべての工程が手作業となり、環境的には最高な修復方法なのです。が、単純に技術難度は年々上がってしまってほぼ毎日作業をしながら悩みっぱなしです。
AIや5G・・・変わりつつある時代に、デントリペアオンリーで良いのか?逆に気持ちのままにこの道一筋で行きたい!半分休んでいるスクールもなんとかしないと!・・・そんな悩みもまたいろいろあります。
スミマセン、新年早々ネガティブで。

20200103_140922
半永遠だと思っている湖も人によって変化して行きます

原動機→EVに積み替えれば乗っていけるのかな?


明日、4日から通常営業致します。


ブログランキングに参加中です。
↑↑クリックお願いします。
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ