デントビワレーク

デントリペアのイメージを変える無塗装板金技術
最も環境にやさしいエコなリペア方法

深い秋の湖風を浴びながら

今日は仕事がライトで中抜け午後一少し時間が空きました。

物凄く澄み切った青空、約3か月ぶりに隣の衣川公園で弾き語りました。


DSC_0502
大体 この東屋で演奏します。この季節地元の方のお陰でコスモスに囲まれ良い気分




DSC_0505日差しは最高ですが 入り江のマリーナからの北風はそれなりに冷たく左指の動きが硬い。真冬の野外でもやってるアーティストは凄いですね。





DSC_0506十分な広さの野外ライブスペースもあります。
いつかはここでっていう夢を持ちつつ・・・



ギターの腕のほうは全く伸び悩み状態、そろそろ誰かと絡まないとダメなようです。デントリペアでもそうですけどタマには他の人と一緒に仕事したほうが幅が広がります。
ただし土日定休でないボクのような自営はみんなで日時決めて練習っていうのは無理に近いんですよね。だからバンドよりアコギソロになってます。

お琴とトランペットの人は常連さんなのですが、よかったらギター弾きの方もこの公園に来てくださいね。

トランポ架装 

朝晩寒くなってきましたね、数日前から暖房入れてます。
琵琶湖からの風が直撃してこれから厳しい季節になる新拠点ですが、それも自然の出来事、人間が慣れれば良いだけなのです。

先日、午前で仕事終わってやっとナビ付けが出来ました。


その前にルーフに暖衝材を入れる
まずは荷台部分から
DSC_0492
DSC_0491
普段からルーフのデントでライニング外しは必須作業、車種的にメッチャ楽です。
ルーフ自体に張り付ける予定がテープを貼っても外れてきて、ライニング側に固定



DSC_0495フロント部分も同様に。
ナビ&ETCアンテナの時に一緒に取り付ける


暖衝材あるのとないのとでは、雨音や断熱性が全然違います。
検索すると高額な素材を使ってるショップがありますが、ホームセンターで売っている10m厚のウレタンフォームを使用しました。充分だと思います。



ナビはスマホで十分という声も多いようで、ボクも最初はオーディオだけにしようと予定していました。
でもTVが見たいし、日々デントしかしてなくて長らくナビに興味がなくいざ直面すると、値段安くなったんですね。デッキ+ゴリラとあまり変わんないので思い切ってナビ買いました。

時期的に楽ナビの型落ちを狙っていましたが、新型の評判があまりよろしくないようで逆に値段が上がってしまい、結局新型のストラーダにしました。
DSC_0497機能がありすぎて使いこなせんでしょうね。
かなりの値段差があってワイドはやめて2DINに。


DSC_0496買ったショップの話ではスピーカー(ケンウッド)の付属のバッフルが使えますよと言う話を信じたが、トリム側を削ったりバッフル加工したり・・・でも5mmほど浮いてしまいます。再度ショップに聞くと今度は取り付け専門の人からハイエース専用のバッフルを買わないとダメらしく、次回取り替えることにします。
取りあえず隙間テープで塞いでおこう。

結局スピーカーで手間取りナビに夜9時まで掛かってしまった。


しかしまあ、世の中新しいアイテムが増えても古いものも捨てがたく困ったものです。
スマホにナビが付いてるのにやっぱりカーナビはカーナビで便利です。

昔、ディーラー時代(ウィンドウズ95)にパソコンに移行したら今までのCRカード(顧客管理)は要らなくなるから捨てろ!と言われたのですけど紙は紙でメリットも大きくて結局両刀で管理。
FAX・パソコン・モバイル・・・  ブログ・フェイスブック・ツイッタ―・インスタ・LINE・・・
どんどん増えていきます。
毎日が凄く凄くせわしないです。
LINEは仕事で必要なのでやってますけど、ハッキリ言って嫌いです。スマホも5年くらいになりますけどデスクトップ&XP辺りの時代に戻りたいです。

アナログ・マニュアル・・・・な ボクはこういう傾向にうんざりだと嘆きつつギターの練習しています、良いですよアコースティックは自分の時間って感じがして。



あとはシートやら車高調やらあるけど、次はボディーコーティングで一区切り着けたいと思います。

「トランキーロ!焦っせんなよ!」
頑張ってる内藤哲也も良いですけど、タイガーマスクWが好きです













トランポ架装 

日常淡々と過ごしてる中 またまた急に大きな災害が起こってしまって 今度は仕事仲間の地元なんです。
東日本の時も仕事仲間がいて想像を絶する規模だったこともあって1か月後くらいにやっと連絡が取れたことを思い出しました。
すぐにどうこう役に立てないのに連絡するのもどうか?という思いが迷いとなって・・・ただただ無事を祈るばかりです
報道等参考にしつつ時期を見て判断したいと思ってます。


仕事のほうは相変わらずビッグデント&ハードデントが多くバーベルの必要がないほどに身体を酷使してます。
夜な夜な少しずつレジアスエースの架装に取り組みやっと床と棚が仕上がりました。

DSC_0479切り売りのマットを敷き詰めました。ベースの合板は両脇の棚と共締めにするため中央部が浮くといけないと思って前後に3枚敷きましたがセオリー通り左右対称にした方が出し入れ敷き直しが楽です。




DSC_0480いつかオフロードバイク復活の暁にと タイヤストッパーを裏はアルミ板でボルト留め




DSC_0482100系の時の棚が使えたら良いなと思っていたけど使える訳が無く一から作ることに・・・右側はリアシートベルトから後ろに棚を設置 いつものパターン ミルクペイント塗装(ほかの発想はないのか?)




DSC_0485純正のロープフックを利用して棚を固定






DSC_0487一旦右側と同じ棚を作ったけどどうせなら折り畳み式ベッド&棚にしようと変更
DIYだから変更自由なんですよね
あとは色を塗って床と同じマットを貼る





DSC_0490普段仕事には棚として使います。 フルサイズのモトクロッサーを積んだままベッドになりバイクと一緒に寝れるという嬉しさとこれで良いのか人生は?という少しの寂しさを体感できる仕様になってます。



DSC_0489跳ね上げるとベンチになります。
2×4材をたくさん使うと丈夫ですが重量もそれなりに重くなるので 垂木を三角トラス式に組んだり肉抜きしたりしてベッドや工具箱置きとして耐えられるようにしました。





ついでにDSC_0484両サイドに断熱材を入れる。
住宅用のアクリアマットという銘柄です。
ルーフは追ってやります。





DSC_0486ETCのステーを自作してます。うちに有ったアルミ板で作りました。
検索したら1400円で売ってました、ちょっとショックですね。





DSC_0488下側にアルミ板が少し見えるのは愛嬌という事で
でもちゃんと収まってます。





次回ははオーディオです。
が、普段デントしかしていないと中々世の流れについて行ってないことが判明、最近のナビがかなり手ごろな値段になっていてナビにしようと思ってます。スマホがあるから要らないという意見もありますけどやっぱりそれなりに便利です。



とうことで納車から1か月
こんなあんなの作業でまだオドメーターは200キロ

まあ乗って楽しむクルマではないし 楽しむ場所へ行くためのクルマなのでまだまだ他に作業は続きます。
段々夜が弱くなりペースが上がらないんですよね・・・

「トランキーロ! 焦っせんなよ!」



 


トランポ復活!7年振り

9月に入って雨の日が多く、あんなに暑かった夏も今年は意外とあっけなく終わり、本当に短かったです。
その9月ももうすぐ終わるんですね、季節の歩みは早いです。

報告です!

全国のレア輸入車フリークの皆さま、ごめんなさい。

初代パンダのほうは行けるところまで行くけど、
フィアットQUBOを手放してしまいました。
惚れて買って4年、プライベート的にはまずまず気に入っていたのですが、兼サービスカーとしては使い勝手が悪くストレスが溜まっていまして・・・
やっぱりもう少し広いほうがよいかっとなると輸入車には1BOXバンは中々なくて・・・

結局 レジアスエース(ハイエースのネッツ盤)になりました。

ええ! そんなメジャー中のメジャー 似合わへん・話ちゃうやん・楽し過ぎ意気地なし・・・という声が聞こえてきそうなのですけど、

最近でこそイタリアンなイメージですが、実は過去には 100系ハイラックスピック→100系SGL→100系リビングサルーン→また100系SGLとモトクロス&ダートツーリング&仕事として乗り継いでいました。

が、しかし200系はデザイン的にどうしても好きになれずにいたのですけど、ちらっとフルモデルの噂も流れる中
熟成モデルだし今となっては剛性鋼板もまあまあしっかりしてるし、GLパッケージなら価格も手ごろ(SGLは高い無理)だし・・結局無難な選択をした訳です。


納車して早1週間
走っていません。早く仕事に使わないと!

今週はスーパーヘビーなビッグデントが連発でかといって小粒なデントもあって忙しくて夜な夜な少しずつしか架装が進みません

まずは土台
床張り中です。

DSC_0473
荷台フロアリブ凹部に暖衝材代わりに安かったのでキャンプ用のアルミシート1センチ厚を敷き詰める





DSC_0474
セカンドシート部は全体的にもう一枚敷く






DSC_0475
荷台部分は合板を切り抜いて





あとは切り売りのフロアマット
固定
タイヤストッパー(バイク復活した時用)

と、現時点はここまでです。


今後作業予定は
オーディオ関係
ETC
ガラスコート

荷台棚
ルーフ&サイドパネル断熱

アルミ
フロントシート

1〜1.5インチ程度の車高調・・・

やること 満載です。

完成はいつになるやら


業者仲間に投げたら 身体も楽でクオリティも高いけど やっぱり好きなように出来るだけ自分でやりたいわがままな性格なんですよね。

デントリペアの芸術品

最近ウェートトレーニングはごく軽めにして、代わりにロングブレスを取り入れて体調はまずまずだった。
しかしハードなリペアが連発、7月の終わりから古傷の膝の半月板が再発、合わせて今まであまり経験のなかった左側の朝だけの腰痛。
夏休みまで鞭を打ってなんとか乗り切ればと思っていましたが、久し振りに画像を取ってもらうと脊椎の一部が変形していました。年齢的にはそういう人多いようですがそれなりにショックです。

今年の夏休みは体調を考慮してオリンピック三昧のつもりが、腰痛も良くなってきてパンダで海まで出かけたところ砂浜を歩いただけで過去何度もやってる右側の腰がアウト。以後家でオリンピックを見ています。
ヘルニアで銅メダルとかぎっくりの翌日試合とか・・・トップアスリートは全く次元が違います、凄いです。



そんなことで
今年に入ってから本職のデントリペアの記事が一つもなかったことに気づいて。


ご存知のように当方の系統のリペアラーは日常普通にビッグデントをやっています。これによって地域で認められるようになったのは事実ですし近隣では次ぐ人はいません。ただそれによってボクの身体が傷んでいるのも事実ですけども。

ビッグデントは一目瞭然 凄いインパクトがあります。
でも本当に奥が深くパワー&テクニックを要するのはプレスラインだと思っています。
プロレスの芸術品は「ジャーマンスープレックスホールド」
デントリペアの芸術品は「プレスライン&逆アール」


作業事例を

DSC_0438DSC_0439DSC_0443DSC_0445

DSC_0451DSC_0452






































大きさ的には大したことはないので大変だと思われないのが少し悔しいです。OKはもらってますけど毎回自分の目指すパーフェクトラインには達していません。伸びる鋼板3Dデザイン・・・ゴールは遠い。


いつものお得意先だと普通に依頼があって普通にこなすというパターンなのに、時々今でもプレスラインは鈑金&交換だと思っている方もいて、事実断ってるデント屋さんも多いようです。
何故やらないのか?理解に苦しみます。

まだまだ少しはツールの改良の余地はありますが、最終的はメンタルな部分が大きいと思います。
やらない人の事はどうでもいいいので、この「デントリペアの芸術品」を本当に芸術だと思ってもらえるように日々挑戦していきたいと思ってます。


その為にまずは今日一日で身体回復させないといけませんね。

K yairi ギタークリニック

8月に入り やはり完全な夏ですねえ・・・
昔は夏大好き人間でしたが、今は普通です。


先月31日夕方
京都のワタナベ楽器で行われた「ヤイリギタークリニック」に行ってきました。

好評で枠すぐ埋まるので開催予告間もなく予約しておきました。
後から濃い親戚の法事が重なってしまってきついスケジュールでしたが、最終枠でよかったし我が家から京都東ICまで20分、だけど今回は本当に久し振りに山中越経由でも余裕で間に合いました。

しかしクルマがどんどん幅広になってきたからか?京都市内の昔からの道はこんなに狭かったっけって感じです。まあそれほど変わらぬ街並みも道路もそれも含めて京都らしさなんですよね。



買って2年弱なのと、前にギタースタンドごと倒してしまって傷は自分で補修したものの、一度メーカーのプロに診てもらおうと思ってました。


DSC_0447
担当は田中さん
フレットがメインらしいです。



どうしても1,2弦のところが溝が出来ますが、ボクのはまだもうしばらく使えますということです。
交換もヤイリに送ればリペア屋さんよりかなり安く上がるようです。



DSC_0448
倒した部分はネックも大丈夫で問題はなかったです。


弦高はストローク中心の場合は今くらいで良いけどフィンガーピッキングならば少し下げたほうが良いということで調整してもらいました。

最近1段軟らかいカスタムライトを使ってましたけど、ライトゲージでも普通に押さえ易くなりました。



外国の有名ブランドも確かにメチャクチャ良いけれど(一応マーチンも持ってます)こういうリペアとかアフターはやはり日本製特にヤイリは充実しています。
アコースティックは生き物なので定期的に診断してもらえるのは有難い話です。
クルマもこんな感じでビンテージになるまで付き合えたら最高なんですけどね、その点は旧ミニとか空冷ビートルとか輸入車になりますよね。


倒した傷は機能的に問題はなく小傷は勲章として とにかくこの道前さんのカスタムとは末永く付き合って行きたいと思います。

新拠点DIY3 ガレージ棚

梅雨の合間はやっぱり本格的な夏がやって来てます。
途切れずに仕事があることは本当にありがたい話なのですけど、プレスラインやビッグデントは適度な水分量を遥かに超え集中!集中!と言い聞かせてリペアしています。
まだもう少し気温も上がるはず、昔流行ったプリプリの曲は今と比べたらそんなに暑くもないという感じですね。


ということで、ガレージのDIYはあまり進まず
合間を縫って夜、やっと奥の作業台のデッドスペースに棚を作りました。

DSC_0433隣接するバスルームを1坪にした関係(足を伸ばして浸かりたかった)で斜めの出っ張りになって。




DSC_0435
異形の天板、腕の見せ所です。





DSC_0434
一番上、木材が足りず在庫あったもので対応した。昔 廃材で小屋を作ったスピリットがちらっと。


草津ガレージのときは調子に乗って棚を作りまくったことでモノがいっぱい増えてしまいその反省として、今度の新拠点のコンセプトは「必要以外のものは置かない」という事にしたため、室内には棚はこれ以上増やさないつもりです。


代わりにガレージ奥に掘っ立て式の小さな小屋を作る予定
小さいと言っても草津の廃材物置クラスはあり、まして今度は異形土地の為三角形の土台になります。
肉体的時間的なことを考えたら、基礎&枠組みだけでも業者に投げようかと弱気な面もあります。しかしプロに頼むと図面を起こしてとか当然きっちりしすぎる面倒くさいことや 途中流れで変更できないとかいろいろ堅いのでやっぱりオールDIYがいいです。

頭の中では南欧風のさびれた小屋が出来上がっております。あと屋根がナナメになるのでどうデザインしていくか?

ただこの夏は過去最高に暑いらしいので、秋・・・まあ早くて年内完成という目途でいてますけどね。

パンダ 重症メンテ&パンダリーノ2016

先月は濃い親族に不幸があったり法事も多く、また何故か仕事も忙しくGW明けからほとんどプライベートタイムは取りにくい日々が続いてる中、毎年恒例のパンダリーノには何とか参加出来ました。


1月末にクラッチトラブルにより不動だったパンダ。
新居が落ち着いたら直そうと思っていたけどどう考えてもリーノに間に合いそうになく、設備やSSTもなく結局得意先の修理工場行に。

予想通りスプリングが折れて砕けてました。

DSC_0403



DSC_0416
ついでにヘッドガスケットも交換







ギリギリ 間に合って

DSC_0421
DSC_0419













縁起良く 「141」
来年からは希望エントリーナンバーになったりして・・・・


このところ あちこち結構な交換作業が出てきて 程度の良いパンダを探したほうが良いのかなあとも思いますが、程度の良いタマはここ最近メチャクチャ高騰しております。
自分ではまだまだ旧車と言う感覚はなく初代が100台以上集まるリーノの場合まだ新しいめの部類だと感じていますが、世間ではスッカリ旧なんですねえ。

良い時代だったという車種で管理出来てるタマはかなり値段上がってます。
エンジンや足だけでなくボディにきてますからね、シャッター付保管なら尚更高騰しています。

20万キロ越えのパンダの人もいるし11万キロのボクのはまだまだ頑張ってもらわないといけません。

雨よけ庇 南欧風

玄関はシンプルに何もないほうがスタイリッシュだと 庇無の設計にしていました。
でも実際住んでみると比良山系から琵琶湖方向へ雨風が吹いて、玄関ドア開けたまま話もできない状況でやっぱり庇は必要です。

建築屋さんに頼もうか?
木造で南欧の片田舎風に自分でDIYしようか?
アンティーク風鉄加工DIYに初挑戦しようか?


ネットで調べると「ひさしっくす」という業者さんから出てるかなりリーズナブルでおしゃれな庇(ローマモデル)を見つけました。
電話で細かい質問をしつつ、4月に注文していた商品が連休中に届きました。


最初1200ミリ幅モデルを予定してましたが、固定する柱の間隔、またうちの場合ポーチからのアプローチ等考慮してカタログまだアップしていない1820ミリ幅モデルにしました。


DSC_0406
DSC_0407
最初に組み立ててから取り付けるようです。
ちょっと支柱の肉厚が薄いようですが重量的には12キログラム程なので問題はないでしょう。





欧米の人は自分で取り付けるのが普通らしいです。
当然、ボクも!


BlogPaintしっかりと下穴を開けないといけないし水平も大事だし、ポーチがあるので足場も良くないし姉夫婦に助っ人を。

DSC_0409
壁との隙間にシ―ラーを入れて、ビス&ボルトを黒く塗って完成!


フルDIYにすると最高に気持ちいいですけど、こういうキットの取り付けだけでもそれなりの満足は得られます。

ただし、冬に雪が積もったときはつっかえ棒が必要かもしれません。
そうかちょっと補強が必要かも?
でも想像してたよりいい感じで良かったです。

これで梅雨を迎えられます。

新拠点 DIY2

あれよあれよという間に月日が過ぎて GWに入りました。
真夏の一歩手前くらいの暑さです。
うちの場合は3,4,5日の3連休で 考えてみれば普通のサラリーマンの方なら年間何回かあるんですよね。


壁掛けの予定でTVボードを建築してもらったのに新しいTVは買わずに結局前からのTV台式にすることにした。
家具屋さんも廻ったけど、人と違う方向性が強い人間はやっぱり自分で造るしかありません。

という事で

DSC_0387
DSC_0388
DSC_0389
2×4と1×4を組み合わせて
最近味をしめて使いまくってるミルクペイントでアンティーク風に仕上げる

DIYはいわゆるワンオフだからベストマッチング
だから止めれない魅力があります。

あとは配線を隠さないと。



DSC_0400
東側の空きスペース(6メートル×0.5メートル)にやっと芝生を張りました。
造園屋さんからロールを買えばいいんだけど少量なので近くのコ〇リで購入。
午後からは日陰になるのでちゃんと育つか心配
養生してる部分はアンティークレンガを固定中です。

新築の場合、まだまだ山ほどすることがあります。
気持ち的には毎日でもDIYしたいのですけど、ローン返すほうが先だし現役世代は本職のリペアを頑張らないといけませんね


尚、ここ大津市堅田の新ガレージ「湖風基地」やっと作業可能な状態になりました。
東の方はアメリカンな「草津基地」 湖西・京都方面の方はイタリアンな「湖風基地」という感じでチョイスしていだだければと思います。
ただ、普段はクルマ屋さんへ出張して留守が多いので取りあえず事前にご予約をお願いします。


ブログランキングに参加中です。
↑↑クリックお願いします。
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ