デントビワレーク

デントリペアのイメージを変える無塗装板金技術
最も環境にやさしいエコなリペア方法

フィアットパンダ 始動不良とアイドリング不安定

GW中の最初の予定
 *YZ125のメンテナンス いつもの排気バルブ清掃とついでにピストン交換 各部グリスアップ 各オイル交換
 *フィアットパンダ 始動不良とアイドリング不安定のメンテナンス。イタフラ店に頼んでいるパーツ以外に手に入った分をDIY
 *草津の実家の周りの木を切る。
 *草津ガレージの入り口の芝生を貼りなおす。

等の予定が、4月16日滋賀県湖東地域で発生した雹被害により、休日は無くなりGWからBW(ブラックウィーク)となりました。


でも最優先で合間を縫って
パンダだけは触りました。

正常に作動している部品も
ボクがオーナーになってから一度も換えていない物は手に入るうちに換えておこうと思います。

DSC_0275
点火コイル・アイドルコントロールバルブ(ステップモーターと箱に表記)・スロポジセンサー





DSC_0277DSC_0279

点火コイルはスムーズに交換
NGK製ではなく海外社外品1個 3250円也、安いので少し不安だけどOEMメーカーなので大丈夫でしょう









DSC_0276
何か 先っぽの長さが違います。無理やり引っ張り出そうとしても無理でした。部品屋さんに確認しようかと思ったけど連休だし、そのまま取り付けて判断することにしました。

始動後しばらく凄くハンチングして、失敗したかな?と5分くらいアイドリングすると嘘のように安定してきました。先っぽがきちっと正規のサイズに伸びたのでしょうか?


その後かけ直し30分ほど始動。
以前と比べるとアイドリングの上下はマシですが温まり切るとまだ少し安定しません。
やっぱり30分から1時間くらい乗ると1回エンストします。がすぐに再始動します。
そしてどこが?やねん!っていう感じで快調に走ります。


ただ、燃料ポンプの空振りから帰ってきてからは何故か?普通にエンジン始動します。外した時に清掃はしてくれてると思いますがパーツを換えたわけでもなく、なんだかよく分からない車です

DSC_0282
インジェクションのカプラーを差しなおしたりポートを洗ってみたりはしてみました。
現代のようなEFIではなくキャブレターの各ジェット類をセンサーで作動させてるタイプ、電子キャブと昔は呼んでいた記憶があるのですが…
なので、清掃したらマシになるかと。あとはゴムチューブ類も確認。

写真下部についてるパーツかその配線が怪しいそうなのですが…


あとはひょっとして O2センサーかなあ?
無頓着なオーナーなら止まるまで走り続けるレベルかもしれないけど、やっぱり調子が良くないのは確かなので気になりますねえ。

争奪戦を制してゲットした26日のパンダリーノに無事行けるのか?逝けるのか?


結局お店に診断してもらはないとこの先は分からないのですけど、まあ手に入るパーツはあるうちに買っておこうと思ってます。

パンダ 始動気まぐれ現象

悩んでます、、、

デジタルというか、電気系大嫌いです。
車も家電も何もかも問題なく作動していれば普通に凄く便利なものです。

が、突然不具合になればどうしようもないといことが多々ありますね。
アナログなら予兆みたいな現象がありある程度想像出来ることもあるのですが。


初代パンダ、世間的にはアナログの固まりのように見られてますが、意外と電子制御してるんです。頼りないセンサーも付いてるし。


去年の暮れからたまにエンジン掛からない時があり、最近は時々になってきました。
セルは回ります。
燃料系か点火系なのですが。

とにかく順を追って
プラグ&プラグコード、クランクPセンサー交換


DSC_0235
DSC_0236
アイドリングも少し乱れ始めてきてたのでスロットルコントールバルブという名前なのかフィアットは分かりませんが清掃
DSC_0237















あとは吸気系のカプラー接点をいいのか悪いのかケミカルで磨いてみる。
ワコーズは良いけど値段も良いのでクレを使ってみた。
DSC_0266








やっぱり燃料ポンプが怪しいのか?
作動音はしっかり鳴りますが年数考えると購入してから15年目5万キロ 換え時過ぎてますね。

DSC_0242
が、ここで問題発生!
部品取りのFF1000佞魯侫蹈△縫曄璽襪ありそこからポンプ交換できます。
でも4WDは同じところにホールはありますがデフが見えます。そうタンクの位置が違うのです。
馬にもぐってタンク降ろして作業するやる気体力もなく、ショップにお願いしました。

が、またまた問題発生!
純正相当品番の外品が寸法違い(1僂眥垢気違う)
で、現在別のパーツ屋さんの部品待ちです。

燃料フィルター、スロットルポジションセンサー等入手可能なのは変えようと思っています。
でも廃版が多くて。

エンジン掛かるときは何事もなく掛かり走りも問題なくアイドリングもまあまあ安定してます。
何回か始動にてこずりつつ掛かった時は20分くらい走るとたまにエンストしますがまたすぐ掛かります。

ちょっと今迷路に入ってます。

今年のパンダリーノ浜名湖までたどり着けるのでしょうか?



他にも最近 分からない故障が多いんですよ。
13年経過の部屋のシャープアクオス24インチTV
突然赤点滅で映らなくなり電源も入らない、色々試してみたけど直らない
で、パネル外して接点清掃 カプラーはめ直しみたら普通に電源入って復活しました。
が、今度はリモコンのボタンが3割ほど反応しない。
これもバラして清掃して組み直したら普通に作動しました。


なんか良く分かりません


今晩からガレージのオーバースライダードアがセンサーか配線不良だと思うのですがワンプッシュで閉まりません。
エラーコードみてマニュアル通り対処してみたけどダメです。
この件は改めてアップします。


本業もまあまあ かなり 結構 忙しいのに…

ホンマに疲れます


N-VAN レカロシート交換

普通に乗用車的にノーマルのまま使ってるとちょっと空いた時間にシート交換くらい出来るのですが、営業車 床板棚板工具一式満載状態だとしっかり休める大型連休中でないと急なリペア依頼があると対応できません。レジアスバンがあるじゃないか?
あれは今モトクロス専用トランポ状態になって草津ガレージのほうに常駐となってパット積み替えてっていうのも無理なんです。

で、暮れの大晦日 やっとレカロシートに交換しました。


DSC_0224
純正シートが思っていたより悪くなく+シートカバーで対応していました。これでも良かったのですが夏の暑さとカバーの分厚さとかさばってシート高も上がって窮屈でした。




DSC_0225DSC_0146仕事の工具類・棚板・リアシートの床板を外します。オールはめ込み式で作ってあったので分解も楽です。リアシート畳んだままだとフロントシートのボルトカバーが外せないからこういう大作業になります。

写真撮るのを忘れました・・・
フロンシートの内側(センター側)のカバーはセンターコンソールを外してからカバーを外します。冬場だという事もありはめ込み部分がものすごく硬く専用の工具が揃ってるボク等ですら慎重かつ少し強引に行かないと外れてくれません。組み立て効率・コストしか考えてないのはどのメーカーも同じで修理に携わってる者としては内外装脱着には日々冷や汗かいてます。
あとシートベルトセンサーのカプラー配線も外した写真も取り忘れました。






DSC_0226シートベルトの受け側はシートサイドをめくって外します。






DSC_0230ベースの取り付けは説明書を見れば簡単だと思います。





DSC_0232N-VANの場合は助手席側がフルオープンなので作業が楽ですね。






DSC_0231付属してあった目隠しを貼り付け取り付けボルトを隠します。





DSC_0233純正+シートカバーで良いかなと思ったけど乗ってみれば全く別物 全然良いです。当たり前ですがめちゃくちゃ楽です。




今回、SR-7の座面サイドが張り出してるスポーツタイプと迷ったのですが、仕事で運転時間も長いし無難にSR-7F肘掛付にしました。色も思い切ってレッドとも思ったけど無難なのにしました。

結局 荷下ろし棚分解からだと計3時間くらい掛かってしまった。
一般の人は多分 シートボルトカバーやら内装外しでてこずると思うので1日くらい掛けるつもりでやったほうが良いかなと思います。

2024年 新年のご挨拶

新年 明けましておめでとうございます。

昨年10月からまた今年からも経理面での法律が変わり車体の変化と共に、慌ただしい世の中がより慌ただしくなると思いますが、今までの通りディーラー・自動車業者中心のスタンスで出来る範囲対応していきたいと考えています。

今後とも宜しくお願い致します。



DSC_0233 








事前に買ってあったレカロシート 営業の都合空くのが大型連休期間しかないので切羽詰まりに詰まった大晦日にやっと交換出来ました。新年からは腰もひと安心です。

GASGAS EC250F タイヤ交換

年々せわしなく時は流れて あっという間に年末になりました。

今年一年、仕事は多いほうの一年で終わりました。本当に有難い話なのですが身体きつかったです。
趣味のほうは何とかモトクロス(YZ)だけはそこそこ出来ましたが、GASGASはほとんど乗れてなくギターも時間は少なかったです。
年代的に80年〜90年の曲ばかりになっていて最近のは出来ないのかと言われてはいないけど、頑張って'優里'に挑戦してみた。けど若い子の曲はコード進行もメロも変幻自在でハードル高くて来年の課題に持ち超す形となりました。


そんなことでほとんど林道ツーリングも行ってないのでなんと初めてのタイヤ交換となりました。しかもリアだけ。
フラットダートは舗装化か進入禁止ばかりで結局タイトなコースしか走れないので140/80-18から120/90-18にサイズダウンします。
EDのほうはIRCのほうが良いと聞いたのでVX40をチョイス。
Evoという新しいのが出てるけどいいのかどうか?知らんけど。


DSC_0218
ビートストッパーが対角ではなく口金の近くにあるタイプなので両方の付近からはめていきます。最近このタイプが多いみたいでハードなライダーは対角にもう一個ビートストッパーを追加しています。

DSC_0217
純正はリムバンドは付いてなくて代わりにゴムのような樹脂のようなテープが貼り付けてあります。昔はボク等もこんな形でガムテープ2周巻をしていたのでこのままでも問題はないと思います。
が、19インチ用ですがリムバンドの在庫があるので追加しました。

なんかチューブ先入れ式やらこのバンドのことやら 20年近くのブランクの間メンテナンスも色々変わってきています。

しかしまあD社のMXタイヤと比べめっちゃビートはめやすくIRC楽勝でした。

DSC_0219








ついでに電子ポットがお湯漏れしてきてたので 調べてパッキンを交換
DSC_0215DSC_0213








ところが中蓋を外してみたら 蓋の中の樹脂が溶けて変形。

DSC_0216
蓋は3,000円くらいで売ってるみたいけど該当品番は無。合いそうなのを買ってみるか?諦めて新品買うか?確か10年以上は使ってるはず。
お湯漏れは止まって何とか使えてますけど、ベーシックな新品なら1万以下であるし。



電気代は省エネ
クルマは低燃費

しかし 次々メーカーレベルで問題が出てきて事件になっています。

修理可能なら 修理で良いと思うのですが どうでしょうか?

新製品新製品という流れは来年も加速していくのでしょう。

YZ125 シフトペダル&スプロケ・チェーン交換

先日から2回ほど久しぶりに「ライダーパーク生駒」に行きました。
さすが大都会大阪近郊 平日でも10台くらい来てるし管理人さんは常駐で安心して攻められます。狭いですけど適度にジャンプありのマウンテンコースでボクは好きです。昔 近畿戦で結構ポイント取れてたんですよ。


最近 またちょっとYZのパワーが落ちてきていてそろそろピストン交換もしないといけない時期だけど、ちょうどYZのほぼ新車のライダーさんがピットが横で、マシン比べるとスプロケがかなり減ってますね。新車から換えてなかったしまあまあ減ってる感はあったけど。ちょこちょこと乗ってるようだけど昔に比べると実走行時間はかなり短いからなあ、長持ちしました。



同時にシフトペダル ZETAのに換えました。4段階に高さ設定ができます。新車からのはちょっと先が開いてきてたし。

DSC_0186DSC_0187
純正は下方向からボルト止めなのですがこれは上から、確かに脱落はしにくいけどちょっと締めにくい位置です。








DSC_0189
ノーマルでギア比も不満無いし3点セットでリーズナブルな純正にしました。
ただガレージ整理してたらRKの新品が出てきました。25年くらい前のかも?でも使えますね。

DSC_0192
ドライブが一番すり減ってました。
ドリブンのほうは緊急予備にまだ使えそう。


DSC_0191ドライブのボルトはエアインパクトは使わずにいつもリアタイヤとスイングアームに木をかましてリアブレーキを掛けながら緩めるというやり方なのですけど、今回過去最高に固かったです。時間かかりました、エア使ったほうがよかったかも。


後は締めてワッシャかしめて、チェーンを通して・・・
スムーズにことは運び
DSC_0193


完了!




当たり前だけど
近畿戦に出てた頃から25年?30年? 年齢的体力的なものもあるけど、圧倒的に実走行時間が少ないのでメンテサイクルもメッチャ長い。
のでメンテ作業も時間かかりすぎ。
ここどうやったかなあ?でマニュアル見直したり検索したり・・・
まあただ2ストのおかげで自分で出来ることも多いけど。


2024モデル
なぜか周りの人は新車ブームなのです。4スト250Fばっかりです。YZ125⇒250Fも数人います。
FI・セル・YZFはアプリエンジン調整・・・毎年進化してる。
価格差はまだあるけど普通に4ストのほうがお値打ち感はありますよね。

ボクのほうは継続モデルでほとんど進化してないけどやっぱり2ストにこだわりたいです。2024の50周年モデルも考えてたけど予想より値段も張るしホワイトはいまいち好きではないので来年考えたいと思います。
絶対無理だろうけど、5万円UPでもいいからセル付けてほしいなあ・・・

ヤイリギター リペア

自分の不注意から破壊してしまったギター
ギターリペア屋さんの動画を見まくったりして 2,3日考えて・・・


結局 購入したワタナベ楽器さんへ相談しに行きました。
他のメーカーは提携リペア工場へ依頼するのですがヤイリはやっぱりヤイリへ送るという事で、「ほとんど目立たないレベルまで直さはると思いますよ、音もサウンドホール周りで力木まで行っていないので問題ない」という想像してたより軽いうれしい返答でした。修理代も10万円近くはいくと思っていたけどもっと安い見積でした。

動画だと、楽器屋さんを通すとマージンが発生したり、依頼内容もまた聞きになったりしてトラブルになるので直にリペアマンとコンタクトとったほうがいいという話がほとんどでした。


が、しかしボクの考えは逆です。
業種は違えどほぼ毎日デントリペアを受けております。ほとんどがディーラー&業者さん通しです。直受けも時々やっていますが、改めて無理(物理的に)っぽいヘコミでも永い付き合いの業者さんとかに頼まれると断れないのでやれるところまではやってみますという事でやってます。


という事で
2週間くらいで上がってきました。


DSC_0182DSC_0183
















サウンドホール周りの意匠は同じものがもうないらしく少し色合いが違うのですが、これはこれでアクセントととらえようと思います。
トップは全く分かりません、綺麗です。
同時にフレット一部打ち換え・サドル&ナット交換もお願いして、でもかなりリーズナブルで済みました。クルマやバイクの感覚からするとまあ部品代材料代が違うけど、こんなんで儲かってるのかなあ・・・

やっぱりメンテナンスやリペアのことも考えるとKヤイリは大正解です。


今回のアクシデントが無くてもそろそろ10年だしメンテナンスに出そうと思っていたので考え方によっては 末永く弾けっという事なのでしょう。

とにかく うれしいです!

秋のPandarino2023

10月7〜8日 秋のPandarino2023 県内湖北のウッディパル余呉に行ってきました。
湖西周りで自宅から下道1時間余りだと思っていたら 3連休でR161渋滞で2時間掛かりました。

本当は参加したのは仕事の関係で7日だけなんですけどね。


実は最初のパンダ関係のイベント参加は2010年の秋キャンプ(日野町グリム冒険の森)からでした。
それから浜名湖の本パンダリーノのほうにほぼ毎年参加するようになりました。

初代パンダ 街中では普段中々これだけの台数見れないですからね。

今回も40台余りの参加という事で丁度良い規模で交流出来るし、本当はこの秋キャンプのほうが良い感じに思います。
ただ日程が合わなく秋はまだ3回目の参加です。


DSC_0176 事前にもらってるパンフレットを全く見ずに この入り口をミスって奥の林道まで行ってしまった。GASGASで行けよ!



DSC_0175DSC_0178 こじんまりしたゲレンデですが全部貸し切りです。
上は物凄い傾斜で普通みんなはスキー目線で...
ボクはヒルクライムしたいなぁ と。







DSC_0177 廃リフトだと思って撮っていたら 冬はちゃんとスキー場として現役らしいです、スミマセン。ディーラー営業時代リフトのメンテ専門の会社に車乗ってもらっていたいたことがあって。
それと動画の廃村・廃屋関係を好きで見てるのでつい。




まあ なやかんやであっという間に夜になり ちょっとギター交流をしたり 焼き物貰ったり いつもの地元のおかきを手土産にその3倍くらいのご飯をよばれたり・・・

でもやっぱり泊まらいとダメですね、キャンプなんだから。

来年こそは絶対と思ってます。


ピーク1ストーブも九州の人に直してもらったし、あとは35年くらい前に買って自走ツーリング時代に使っていた ミズノパリダカテントを張ってみて・・・
ハイエース車中泊は慣れてるんですけどね。


その他 詳しくは パンダリーノで検索してもらうとHPで詳しく出てきます。
あ、それから春の2023浜名湖も参加しましたが、ブログアップし忘れてました。


やらかしました...大切なギター

インボイスやら電子帳簿保存法やらで そのせいではないですがリペア作業でグロッキーな夜 得意先にFAX&メール等のデスクワークをしていたら椅子ごとひっくり返って、大切な一生モノと思っていたヤイリのほうにぶつけてしまった。どんだけ飛ぶん。

ホール周り5僂曚匹劼啌笋譟スパっと欠けてる
大大ショック! カスタムギターなのに・・・・


DSC_0173
DSC_0170








悪夢です!国の法改正の責任か?
でも現実は自爆だし、やっぱり自分が悪いんです。





翌日、メーカーヤイリギターに電話したら、このギターのクラフトマンMさんが出てくれて 別日に持ち込んで現物を見て相談という事になりました。トップがあれだけ割れてるので不可能に近いらしいですが、彦根方面の仕事の時ちょっと(結構距離あるけど)足伸ばしてダメもとで行ってみようと思います。


しかし 眠れない

やっぱり近い京都の楽器屋さんでも診てもらう?
修理可能なら依頼する?でももう音はあかんでしょう。
そのままにして次のギターを買う?でもこれといって欲しいのは無、やっぱり同じタイプ
しばらくTERSのほう1本で我慢 じっくり冷静に考える?

頭の中がぐるぐると・・・

クルマやバイク 楽器その他いろいろ・・・ 
この手のツールは歳を取ってくるとあと何年楽しめるんや?って考えてしまって なら今行っちゃえと逝ってしまうのですね。





あとはちょっと良いこともありました。

買って7年の洗濯機
ベルトが鳴って締めて 一年後また鳴ってきた。
裏返しモーター部のアジャストももう調整も効かないのでベルト交換しました。
ネットで調べても中々分からず、元からのベルトには長いなじみのない記号が・・・
やっと純正品を見つけて購入 970円
袋の中身はMITUBOSI M・・・ホームセンターに半額以下で売ってました ガックリ。


でも 普通に家電屋さんに行ったら ドラム式の新型出てますよって言われるの分かってるのでこれだけの交換で済んで良かった。とことん使うぞ。



DSC_0150DSC_0148DSC_0144

最後⁇のサービスカー

仕事(デントリペア)のほうも何故かしらかなり忙しい上に、夜な夜な少しずつNewサービスカーの内装の架装をしていてホントに時間なかったです。

「最後の言い訳」は弾き語りのレパートリーとしてギリギリ原曲キーで歌ってます、が違った、多分年数的に「最後のサービスカー」になるであろうPOP!なクルマを購入してしまいました。
レジV(ハイエース)はMX専用トランポ兼サブサービスカーとなります。

車体が小さくなった分、棚を工夫しないと工具が積みきれないので現物合わせで作っていきます。ハイエースは余裕で平積みだったから楽だったなあ。


今回のコンセプトは
「SDGs」ていうのか「エコ」? とにかく極力家にある材料を使うということです。
主に今までのサービスカーや100系ハイエース時代のボード等も再利用していきます。

DSC_0134床板 9ミリOSB これはガレージに使っていた板。
出来たら助手席は倒したくないのでリア部分だけ作る。




DSC_0141DSC_0142問題は2段目の棚の支えをどうするか?
クォーターのトリムを外すと左側は燃料系があり斜めになっている。そのまま荷重を掛ければ絶対破損するので板の切れ端と断熱ボードを合わせて中に詰め補強。外側にはゴムを挟む。

DSC_0143その前に床にクッションフロアマットを貼る。うちにあった残り物とフィアットクーボに使っていたやつを再利用したので柄違いが混ざってます。見えなくなる箇所なので良いでしょう。


DSC_0144骨組みは2×4材、6Fを1本買いました。あとはクーボのを再利用。
今回のコンセプトその2はビスとかで固定しないで組み合わせていく、という事でジョイント部分2か所は板で組み合わせたけど結局4か所はジョイント金具をコーナ〇へ買いに行きました。

DSC_0145DSC_0146DSC_0147ここからはスイッチが入ったようにペースが上がりどんどん進んで行く。
棚板もクーボのやつを再利用。
組んでみて寝っ転がってみるとやはりクォーターパネル付近が不安定。なのでやっぱりリアに足を継ぎ足す。

あと
クッションフロアが足りないのでまたコ〇ナンへ買いに行く。草津ガレージから5分と便利。


DSC_0150



荷台スペースに限りがあるので空中殺法を駆使することに。
軽いものはここへ収納します。
DSC_0150DSC_0151100系ハイエース時代の棚のアングルを再利用。
このクルマはDIYしろとばかりに元からフック穴がいっぱい付いています。
アングルも切り目を入れて加工します。ジョイントは買い足しません。
100均のワイヤーメッシュを3枚つなげました。弱いようならホームセンターのちゃんとしたやつを買うことにします。

DSC_0153一番長いデントツールをくぐらせてその上に工具箱を置く棚を作る。これもクーボのやつを再利用。

クーボの時の材料ばかりですけど、今回寸法的に気持ち小さくなるのがほとんどで予想外に再利用出来ました。うれしい誤算です。


DSC_0155まあこんな感じです。
あとは使いながら少しずつマイチェンしたいと思います。


今回 メチャメチャ疲れました。
ので、バテてしまってナビ・ETC・ドラレコは電機屋さんを呼びました。スピーカーは後日自分で換えるつもりです。


車種は全体写さなくても多分わかると思います。
工具が重いためターボが必需、一番上のグレードしか設定が無いので正直軽バンのくせに高いクルマです。

ただ工具満載でもストレスなく走りまたPOPなカラーにしたので、昨今暗めになってきた世の中 パッと明るく行きたいと思ってます。


ブログランキングに参加中です。
↑↑クリックお願いします。
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ