デントビワレーク

デントリペアのイメージを変える無塗装板金技術
最も環境にやさしいエコなリペア方法

GW スクールRコース

 真夏日に達する日もあって四季の移り変わりは早く、まあ気温が上がって行く分には鋼板が上げやすくて寒いよりは良いと思います。
でもすぐに梅雨そして夏が来るんですね、晩年は年中暖かい南の島で暮らすと夢見ていた若い頃に戻りたくなります。

現実は全然違います!
GW中 短期スクールRコースだけでなくリペア作業も途切れなく入ってきて、ほぼ一か月休みがありません。メンタルより先に身体が悲鳴上げてます。

RコースのRとは「リベンジ・リターン・リスタート」といった意味です。
今回は現役リペアラーの方でビッグデントを習いたいという事です。

DSC_0565
ルーフのリブ部分のヘコミで写真撮るのが遅れて手のひら大クラスがリブ部分だけになってしまいました。よくあるケースで見た目よりパワーも必要でプチッとなりやすい箇所です。

あとは雪害の緩いヤツ(ルーフの5分の1程度)ルーフのボコボコとリアゲートの端の手のひら大、鉄柱攻撃を浴びたバックドアと耳折れ、こんな感じで5日間の日程は終わりました。

大きさ的にはボクからするとビッグというよりミディアムデントかなと思いますけど、事例が多くテクニックが必要なパターンを選んだつもりです。

DSC_0560DSC_0564
普段の何気ないビッグデントです。写真では緩く見えますがドア半分の範囲の広さよりもアール逆アールアーチといった3Dデザインを作り直していくというのがポイントで難易度も高いです。


判断の基準がどうしても大きさになりがちなのですが、難易度のポイントはデザイン・鋼板の伸び・裏側の形状になってきます。
またビッグデントのリペアラーのポテンシャルとしては身体的パワー・ファイト・そして3Dデザインに対する適応というか感覚が絶対必要だと思います。組み立てに関する器用さ等は有った方がいいけどそれほどの意味はないかなと思います。


最近大きいのやる人も増えてきたと聞きますけど(動画も多くて)やり易い箇所は見たらすぐわかるし、大抵のデントリペアラーは5僖ラスまでしかやらないみたいでビッグデントに関しては賛否両論あります。
それぞれの自由だと思います。

確かに15年目にもなると蓄積された分、自身の身体は悲鳴を上げて常にどこかは悪い状態なのは事実です。晩年のジャイアント馬場がブッチャーのトランクスを支えに引っ張って立ち上がっていたのが理解出来るようになってきました。ハンセンは蹴散らしてましたけどね。

でもまた、このビッグデントは対応できないくらいのご依頼数が常にあるのも事実です。
ライトな日(一般小さいデント)も織り交ぜながら何とか続けていけたらいいなと思ってます。



弾き語り

先々週は風邪でダウンしてました。
滅多に引かないのですけど、熱も出て2日間休みました、スミマセンもう大丈夫です。

その間 ネット動画で昔のドラマ「やまとなでしこ・全12話」を走破!
去年の「冬ソナ」より短くて楽。
いやあしかし、リアルタイムは当然素晴らしかったけど、時を経て今見ても良いもんですねえ・・・次はどれにしょうかなあ・・・


久し振りに昨日夕方、隣の公園の人々が減り始めた頃、弾き語りました。

公園の入口 what方向に向かってバンダナ&ストロークがんがんっていうスタイルのアコギの先客が・・・
一応挨拶しようと思ったけど全開で歌って(叫んで)いたしちょっと音楽性が違う感じもしてスルーしました、また声掛けは今度にします。

DSC_0555で、いつもの入り江の先端に近い東屋で

DSC_0553DSC_0552





小さくてもいいので砂浜があると最高なのになあとご近所さんと言ってます。





基本フィンガーピッキングのバラード系が好みなので ボクはバンドは無理だと思います。久々の野外は病み上がりの喉でイマイチ 痛めてる左肩でFやらB♭が押さえづらいしで5曲ほどで引き揚げました。

物置小屋DIY R3

花粉なのか風邪なのか?
2,3日前から体調が悪いです。


合間合間の少しずつの作業でやっと屋根張りが終わりました。

DSC_0542
フランス製オンデュリンクラッシックシートは丸鋸でスイスイ切れて割と順調に張れました。
鋸刃が傷むとネットに載っていましたが大丈夫でした。




DSC_0543
2か所に設けた明り取り部分はポリカ中空平板+ラティスの枠無+ポリカ波板をサンドウィッチ。
オンデュリンと波板の高低差は垂木で調整しました。



あとは柱塗装、雨樋排水、土間関係です。
全面壁は増築扱いになってしまうのでこのカーポート状態で一旦、フィニッシュとしたいと思います。
タイトルは「木製ストックヤード」「木製バイクポート」って感じですよね。


草津ガレージの場合は かなりの部分をDIYをしていた関係で、新拠点に来てからは業者任せにしていたことも多く、趣味建築DIYとは言いにくくて何処からかガッカリという声も聞こえてきて・・・今回は100%自分ですることにしました。

ハッキリ言って少し意地になって作業していた時もあり、本来のDIYの楽しみながらやるというのとは趣が違って、やっぱり原点にもどって楽しまないといけなかったですね。

ただこうして一段落して建物を見ると
それなりにやった感はあります。

しかし費用としては材料だけで約10万円掛かってまして、労力を考えると業者に投げたほうが正解かもしれませんね。
やっぱり自分で楽しむとか達成感とかメンタルが大事で、お金のことを考えるのはやめておきましょう。



物置小屋DIY R2

少し暖かい日も出て来ましたが、全体的にお天気が悪く物置小屋の作業が進まないです。

本業のデントリペアのほうも、県北東部の大雪でのルーフ雪害の見積依頼が多くて思うようにDIYの時間が取れないでいます。
例年何台かはルーフ雪害の作業は入るものの、今年の半端ない降雪量と低温で雪が固まって重いのか修復不可能なほどの深いヘコミが多く、ルーフ交換かあるいは代替えというケースもあるくらいです。
1台作業するとなると バーベル2時間差してるより遥かにハードで後3日間ぐらいダメージが残る場合があり、体力的にお断りしてるケースもあります。なんせ生身の人力作業なもので スミマセン。

1円玉&豆粒くらいの超スモールデントも喜んでやってますので、そちらのほうよろしくお願いしますね。


DSC_0537ポリカを貼る予定の明かり窓部分を残してアスファルトルーフィング貼りまで終えました。



DSC_0538断熱材(カネライトフォーム)+空気の通り道+12m合板+アスファルトルーフィング+オンデユリンクラシックシートの順番で貼って行きます。




早く完成させて細かいものすべてここに収納して メインガレージにはシンプルにツール類だけにしたいと思ってますけど、いつものトランキーロ!で焦らず行きます。


お気に入りの音楽番組

寒いですねえ、今年は特に

仕事柄冬はグローブをはめているにもかかわらず指はひび割れ、マニュキュアベースというのを塗って強化している爪も割れ、瞬間接着剤作戦で応急処置をして何とか弦を押さえられるようにはしてますが、基本寒いのは嫌いです。早く春が来てほしいけど近年花粉のせいで憂鬱です。


日曜日6割くらいは仕事してますけど、予約が詰まってる以外は朝はゆっくりめにして 毎週9時からやってるBS-TBS 「こころふれあい紀行〜音と匠の旅〜」を見ています。
トップ二胡奏者ジャーパンファンさんと中村圭之助さんの繊細なギターが奏でる一応音楽番組なのですけど、全国各地のこれっていう職人さんの工房を訪ねで取材して、お礼に一曲生演奏という涙が出るような構成になってます。

また番組を見ながら約3〜4週間ごとにギターの弦交換をしてます。
DSC_0535







大体短時間でも毎日弾いてると2週間で弦が死んできます。コーティング弦だと1か月以上は持つと思いますけど、ボディの磨きやメンテも兼ねてこれくらいのインターバルにしてます。
今はマーチンのパック弦で回してますけど在庫無くなったら、中学時代のギター仲間お奨めのフェーンというのにしてみようと思ってます。

中学生の頃は弦が死んで錆びてもペーパーを掛けたり最後はお湯で拭くと一瞬甦るとか、少ないこずかいで買った弦なのでとことん使ってましたけど、おじさんになって小金が出来ると下手なくせに贅沢になるんですね




番組HPには職人さんを紹介してくださいと載ってますね。
デントリペアもたしかに自動車業界の中では高度技術職です。
でも遠く及ばないくらいの職人さんばかりで、もっともっと突き詰めて頑張らないといけないなあと思います。

こっそり応募してみようかな?という気も10%くらいありますけど、デントは職人数も多いしちょっとメジャーすぎてダメなような気がします。本音を言うと商売よりもうちで生演奏を聴きたいのですけどね、出来たら SHOW-YA寺田姐さんと双璧日本が誇るトップ女性シンガーだとボクが思う番組主題歌のボーカル小柳ゆきさんも来てもらえたら感無量最高の想い出でございます。


まあそんな妄想に近いことはさておいて、メディア露出は実力に見合ってればいいと思うのですけどそうでない場合結局墓穴を掘ることになるしそちらは目立ちたがり屋達に任せて、地元目の前の難解なヘコミを攻略していくという日常 それだけでいいかなと思ってます。

物置小屋 DIY

大寒波で県東北部や高島市では凄い積雪、うちの地区でも結構な雪が積もりまして仕事にも支障が出ています。
少し積り始めただけで、スタッドレスを履いていてもFRの1BOXでは危険がいっぱいで、やっぱり奮発して4WDにした方が良かったのでしょうか?

DSC_052515日の雪、隣の公園からマリーナを望む 積雪20僂らい






DSC_0531今朝の公園 自宅から見て
冬ソナの木が綺麗です





という事で寒い厳しい日が続いていてガレージ裏の物置小屋の施工があまり進んでいません。

当たり前ですが全て一人でやってます。


DSC_0528
DSC_0529
草津ガレージの時はもっと大きかったのですがサブロク(3尺6尺)ベースの長方形で出来たためスムーズに行ったのですけど、今回は三角形の土地の為わずか2坪ながら異形屋根と 3メートル超の高さに手こずり想定以上に苦戦しています。

取りあえず早い段階で屋根の合板+ルーフィング貼りを済ませ、カーポート状態までは持って行きたいのですけど、またまた雪で中断です。

DSC_0530屋根に入れる断熱材(カネライトフォーム)を垂木間に合わせ切り込みます。


屋根材はDIYに向いているアスファルトシングルを予定していましたが、3メートル超の高所作業にビビってしまって、15度の緩勾配にしたのでガルバリウム鋼板か、おフランス製のオンデュリンという波板にしょうかまだ迷っています。
土間は春になってから業者に土間打ちを頼むか、自分で空練り+ブロックレンガにするかまだ決めていません。
それに外壁は杉板+塗装にするか、家に合わせてモルタルのコテ仕上げに挑戦するか?その前にカーポートで止めておくのか?これも決めていません。

こういう行き当たりばったりのタイプの人はDIY以外の選択肢はないですね。
なんか やりながらフィーリングで気が変わっていくんですよね・・・・


雨よけのブルーシートも買い足したし、今回はゆっくりボチボチで行きます、そう「トランキ・・・・・」もうええか、意味判らない人が多いみたいだし

2017 ご挨拶

2017年 本年も宜しくお願い致します


BlogPaint








毎年 年頭に思うのは特に何事もなく平穏な一年であってほしいという事。

でも なかなかそんなうまくは行かず
小さく狭いデントリペア業界においても、この滋賀地区は小規模県ながらしっかり関西圏であり、入れ代わり立ち代わりニューフェイスリペアラーが生まれてきては・・・というスクランブル状態。

15年目になって尚更初心を忘れず、今年も「デントリペアオンリーワン」で走って行きます。

4日から営業いたします。

2016 有難うございました

28日で現場仕事は終わりました。
なんやかんやで今年も施工台数800台近くになりました、有難うございます。


寒いですねえ・・・ ホンマに
東岸から少し北に緯度が上がった西岸に引っ越して、朝方の寒さの違いを痛感しています。しかし琵琶湖畔のロケーションを考えると大プラスですけどね。


毎年 年齢を重ねるごとに1年が早いと言われています。そのとおりだと思っていたのですが、去年の今日は新居の形が出来てきて内装クロス屋さんが最終仕上げをやってくれてました。本来縦目用の壁紙を横貼りにして踊り場から2階まで行って欲しいというわがままな施主の要望を聞いてくれた腕も愛想も良い職人さんでした。


2016は新拠点への移転
また 叔父・叔母、そしてボクが世話をしていた(といっても長期入院)伯母が12月に亡くなって
そういった大きな出来事があると、1年って意外と長く感じるものですね。

という事で 新年の年賀は無し、挨拶も控えめにさせてもらいます。


DSC_0523
昨日から、小屋作り始めてます。
新拠点に関して業者に丸投げが多く、知り合いからはがっかりですわ!っていう声も耳にしていたので オール自前のDIYでやります。

但し、身体のアチコチにガタがきているのでゆっくりやるつもりです。
そう 今回も「トランキーロ」焦っせんなよ! 



それと、足元が寒いので
DSC_0513暖炉風ヒーターを〇〇リで買いました。吹き出し口が下過ぎて思ったより威力を感じません、少し高いけどTVショッピングでみたヤツのほうが良かったかも・・・



この年末年始は久し振りの関西勢が元気な大学ラグビーを見る以外はDIYをやってますので、御来店であればリペア作業も可能です。
まあ、正月早々はそんなん無いか?

それでは良いお年を

トランポ架装 

ついに最高気温が一桁止りと言うデントリペアには厳しい季節になりボディ鋼板や内装は硬化してきて、真冬になって慣れるまでは「焦んなよ!」と言い聞かせつつ慎重に作業しています。


合間合間に少しずつ

結局、スピーカーのスペーサーを市販の物に付け替えました。
木製のアルパイン製を選びました。
DSC_0499
DSC_0501
隙間テープを貼ったけど要らないくらいあっけなくジャストフィットでした。








仕事で移動、1時間も走ると腰というよりお尻も痛い純正シートに耐えられず、レカロに換えました。
DSC_0514SR7F+ウルトラローポジレールをチョイス
オーダーしたかのように体にフィットしました。座面ポジションも少し下がり天井にゆとりが出来ました。





やっと時間が空いてボディのガラスコーティングとウインド撥水をしました。
CGK-FP100
「クリスタルガードプロ」
エアで水切りをしなくてもというより水で流すタイプで施工が楽、一般の方にお奨めですよ。
まあ、結果は何年後かですけどね。


大きいことはこれで一旦落着!

あとはカーテンとかですけど
お正月休みにやるとしますか。


深い秋の湖風を浴びながら

今日は仕事がライトで中抜け午後一少し時間が空きました。

物凄く澄み切った青空、約3か月ぶりに隣の衣川公園で弾き語りました。


DSC_0502
大体 この東屋で演奏します。この季節地元の方のお陰でコスモスに囲まれ良い気分




DSC_0505日差しは最高ですが 入り江のマリーナからの北風はそれなりに冷たく左指の動きが硬い。真冬の野外でもやってるアーティストは凄いですね。





DSC_0506十分な広さの野外ライブスペースもあります。
いつかはここでっていう夢を持ちつつ・・・



ギターの腕のほうは全く伸び悩み状態、そろそろ誰かと絡まないとダメなようです。デントリペアでもそうですけどタマには他の人と一緒に仕事したほうが幅が広がります。
ただし土日定休でないボクのような自営はみんなで日時決めて練習っていうのは無理に近いんですよね。だからバンドよりアコギソロになってます。

お琴とトランペットの人は常連さんなのですが、よかったらギター弾きの方もこの公園に来てくださいね。


ブログランキングに参加中です。
↑↑クリックお願いします。
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ