January 23, 2011

≪第10回ヘレボルス倶楽部/クリスマスローズ展示会≫案内5


≪第10回ヘレボルス倶楽部/音ノ葉展示会≫
 10周年念「クリスマスローズ展示会」

日時:2011年2月12日10時スタート / 2011年2月27日16時終了
場所:音ノ葉園芸特設会場
地図:http://oto-no-ha.jp/user_data/map.php
所在地: 〒112-0014 東京都文京区関口2-11-31
Tel 03-3947-1151(代表) 03-3942-0108(店舗)
Fax 03-3947-1260
URL:http://oto-no-ha.jp/ Email: info@oto-no-ha.jp

かの有名な目白:椿山荘(フォーシーズン・ホテル)のお隣です。
椿山荘のカフェでお茶しながら、クリスマスローズの観賞はいかが
でしょうか?

JR目白駅前から都営バスご利用の場合
------------------------------
新宿西口行き、または椿山荘行き(白61)
椿山荘前下車、バス亭前
------------------------------
東京メトロ有楽町線をご利用の場合
(駅から徒歩10分ほど。急坂にご注意)
江戸川橋駅出口1Aから江戸川橋(神田川)をわたり
約50m先の目白坂下のコンビニ手前を左折道なりに約500m。
椿山荘となり
------------------------------

April 06, 2008

ヘレボルス古株の株分け&交配の楽しみ

当地では、ツバメの巣作りが始まる頃に、クリスマスローズ・シーズンの終盤を迎えます。今年もその季節がやってきました。

初めてクリスマスローズを購入した株の子孫にひとつ気にかかっていた株があり、今日、鉢から抜いて見ました。2世代目のこの株も7年を過ぎようとしています。この年になると、本来なら活発に新根を伸ばしているのですが、見ての通り、根がほとんど動いておりません。

株分け01
























こうなると、毎年のように花数が少なく咲き、いずれ天国に召されるでしょう。子孫を残す場合は、若返りを図るため株分けをせざるをえません。時期的に遅い感もありますが、思い切って、株を断ち割ってしまいました。時期的に遅いため、今からでは新根が伸びてくれません。このままギリギリで育て、秋に茎元から伸びる新根に期待しましょう。 

株分け02

















今年は、初めてゴールドが咲いたので、この花粉を使い、プリムローズ・イエローに交配してみました。また、糸ピコのダブルやプリムローズ・イエローの花粉をゴールドにかけてみました。ゴールドは基本的に劣勢遺伝だと言われています。と言うことは、F1はゴールドの血は隠れますので、ゴールドの特性を出すには、F1を咲かせて、選抜し、更に戻し交配でゴールドをかけてやる必要があるのかも。。。6〜8年後か・・・ふ〜む。。。

Gold交配親
今年の交配親_ゴールド

















糸ピコダブルを花粉で交配したら・・・を!!!膨らんだ子房が黄色いぞ・・・
今年の交配親_糸ピコWをかけたら
















プリムローズイエローの花粉で交配したら・・・を!!!膨らんだ子房が黄色くないぞ・・・
今年の交配親_プリムローズをかけたら

December 15, 2007

斑入りニゲル

今日の最低温度は1.7℃。本格的な寒さに突入でしょうか?植え替え時に手が悴んで困ってしまいます。そろそろ植え替えもStopですかね。

私が一番苦手とするニゲルの育成。種もよく蒔くんですが、必ずと言ってよいほど根腐れ/根の痛みで、成長がストップするか枯らしてしまいます。何度トライしても駄目みたい。あきらめの境地に落ちっています。何で駄目なんだろうと自問自答の世界。

この写真は、今日撮ったんですが、何年目になるんだろう。この斑入りニゲルは・・・3年目?・・・確かあやさんから種を何粒か頂いて蒔いた分です。昨年は斑の入りが少しだったんで、先祖帰りするかなと思っていたけど、今年は鮮やかに現れてきたようです。でもまだ9cmポットで、根痛み中。やばいかも。

斑入りニゲル




















そして、今年は温暖化のせいかぽろぽろと花が咲き始めたようです。つぼみを見るとちょん切っていたけど、気がつくと葉陰にこんな花が。。。しゃあないですね。
でも、去年は渋めのグレーで、好きだったのに・・・こんな感じで咲くんですね。

パープル

November 24, 2007

ヴェシカリウスに魅せられて&「アグリクール」と「NEW碧露(へきろ)」

今年もヴェシカリウスが展開し始めました。ただ、現在の状態を見ると日陰に置きっぱなしのせいか徒長しているようです。今後、枝分かれした葉が地上部に2茎程度展開すると思われますが、これで4年目を迎えました。成長期には、徒長させずに、太陽にがんがんと当てる必要がありそうですね。花を見られるのがいつになるやら・・・あと3〜4年はかかるかも知れませんね。まっ!枯らすことが無くなったので、地道に行きたいと思います。

20071124_ヴェシカリウス01
























20071124_ヴェシカリウス02














ようやく、クリスマスローズの種まきが終わりました。本来だったら10月の半ばに終わらせている予定だったのに・・・相変わらず、全体が遅れ気味です。

種まき















最近のニュースで、無農薬の有機栽培で、最近良く使われている植物保護液の「アグリクール」から国内で使用が禁止されている【農薬】が検出されたみたいですね。と思っていたら、薔薇族の必須アイテムであった「NEW碧露(へきろ)」と「緑豊(りょくほう)」からも国内では販売や使用が禁止されている殺虫剤「アバメクチン」が検出されたみたい。なんでも4ppm含有していたようです。無農薬栽培で使われるNEW碧露(へきろ)」と「緑豊(りょくほう)」がこれでは・・・

アバメクチンは、日本では禁止だけど、海外で殺虫剤として使われている農薬。国内で使われる登録の農薬に比べて毒性が強いそうです。そのため、農薬取締法によって、輸入や販売が禁止されているんですね。海外からの輸入植物に0.01ppm以上含まれていると出荷停止になるのに、4ppm含有していた。何を信じてよいのか。。。無農薬で薔薇を育てる人にはショックが大きいかも・・・

農林水産省-報道発表資料
三好商事株式会社が製造・販売した「アグリクール」から農薬の有効成分(アバメクチン)が検出されたことに伴う立入検査の実施等について
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouyaku/071122.html

アバメクチン」とは(農林水産省のHPより)
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouyaku/pdf/071122-09.pdf


October 08, 2007

ヘレボルスシーズン到来

ようやく気候も安定して、ヘレボルスにとって完全な目覚めなシーズンの到来でしょうか?

ぼちぼちと植え替えはやっていたのですが、重い腰を上げ、冷蔵庫で保管していた種まきを始めました。今回は、去年の秋にオ−ストラリアで採種され、一年間冷蔵庫で安眠していた種も含めて蒔きました。

一部には、袋の中で発根し、我が物顔で根を伸ばしているのも・・・だいぶ根をちょん切ってしまいました。これらは、地上部に出てくるのでしょうか?

へばりつく種












先日、ヘレボルス倶楽部で行った秋の特別講演会。[クイーン・アリスの和食部門であるクイーン・アリス in 歌舞伎]で、和食の世界にどっぷりつかり、講師は、横山園芸の直樹さんに山形からヘレボルスにおいて、独自の世界を生んでいる樋口さん(大森プランツさんで超有名。わずかな時間で完売する幻のクリスマスローズの生産者)のダブルトークショー。面白い話と美味しい和食」それに、参加者全員にプレゼントされたのが黒ダブルの交配苗(確率は40%〜50%だそうです)。これには、びっくり。本当に楽しかったです。

樋口さんから配られた「ポストカード」
Postcard














プレゼントされたDouble Black formの実生苗
ヘレクラ講演会プレゼント苗BlackW
















そして、恒例のヘレボルス倶楽部展示会。来年も日本橋三越屋上のチェルシーガーデンで、開かれます。三越・チェルシーの薔薇カタログの裏に案内されています。

ヘレボルス倶楽部展示会(2008年2月19日-2008年3月2日)
日本橋三越屋上のチェルシーガーデン・特設会場にて

ヘレボルス倶楽部展示会案内











天気:晴れ後曇り
気温:最低温度:18.5℃ / 最高温度:24.0℃
ウォーキング:118326歩 / 消費カロリー:583.40Kcal
歩行距離:約11.91km



May 04, 2007

チべタヌスの実生のスタート

チべたの種
チベタヌスの子房(種袋)何粒入っているのでしょうか?



暑い日が続きますね。クリスマスローズにとって、一番過酷な時期を迎えつつありますね。これからは、過酷な時期を乗り切るための休眠期に突入します。この時期は、一切、肥料を与えません。体力が弱っている時期の肥料は、ヘレボルスにとって、一番の地獄かも知れません。

休眠させる前にやるのは、種の採種。重い腰を上げ、ようやく袋がけを始めました。今年はタイミングが合わずに数は激減しましたが、それでも少し採種の予定。写真は、チベタヌスの子房です。中の種が成熟することを祈って・・・足掛け4〜5年、ようやくチベタヌスの種まきに本格的に取り掛かれそうです。多分、右往左往しながら咲くまで、5〜6年はかかるでしょう。ようやく、自家製種まきの第一歩ですね。楽しみです。




April 30, 2007

あっという間に・・・

気がつくと庭の片隅でヘレボルスがひっそりと最後の花を咲かせていた。今日で、4月も終わりと言うのに・・・
Cream rednec
















今年もあっという間にヘレボ〜なシーズンが通り過ぎていった。結局、今年もほとんど何も出来ずに終わってしまった。昨年来狙っていた親同士の交配が今年はなぜか両親になる予定の花のタイミングが合わずに、ほとんどが交配せずに終わってしまった。ちょっとショックかも・・・あるのは気がつくと子房が膨らんでいたものが少し。明後日からの休日に袋がけをしよう!今年の種まきは、過去最低だと思う。

明後日からの4日連休で、どれだけポット上げや植え替えが出来るのかな・・・頑張ろう!!!

March 25, 2007

クリスマスローズ-実家植栽計画第二弾!!!実施

今週は、休暇を取り、2年振りに実家へ帰省していました。久しぶりの実家周辺の環境は、変貌していました。我が家は、小高い山の中腹にあり、自然も豊かだと思っていましたが、「いつまでも残っていると思うな」を実践されていました。

今回の実家への帰省は、2年前に植えたクリスマスローズの成長の確認と新たに拡張して植えることを目的のひとつとして、小苗から5号鉢まで約100株程度持込み、4年後の成長をにらんで、今後のことも考え、木漏れ日が当たる場所、午後から日陰になる場所、全日照の三箇所に大小まぜこぜで植えつけて見ました。

たぶん、高齢の両親では、草抜き等出来ないので、植えっぱなしになると思います。今春からは、雑草との戦いも開始されるでしょう。たぶん、今度いけるのは2年後だと思います。どれだけ、生き延びてくれるか・・・結果が将来の実家においてのクリスマスローズの植栽計画に影響してくると思われます。

最終的には5年程度の計画で、5〜600株程度植える予定。
ただ、第一期時代に植えたダブルや良い花を植えたと思われるところにボツボツと穴が・・・半分に減っている。

う〜む!!! 気前の良い両親は、気に入ったらもって行け〜をやったらしい。今後は、それを見越して植えなければ・・・うちでは、高齢の両親が健康のために作っている野菜やきのこ(しいたけ)、そして、野良ばえの野草類(ノビル、ふき、ツワブキ等)は、知り合い&近所の方々は取り放題らしい。それに、クリスマスローズが加わっただけさ・・・

両親の精神は子供に引き継がれているようです。うちも奥方の友人達にもっていけ〜!状態ですもん・・・

【木漏れ日が差し込む程度の日当たりになると思ふ】
実家のクリロー02















【春から初冬までは栗の大木の下で半日日陰】
実家のクリロー01












【全日照で、日当たりガンガン・・・】
実家のクリロー03














我が家の2階の部屋から見る風景!狙ってます。この場所を
温室を建てるべ!!!・・・
ねらい目

February 19, 2007

明日からクリスマスローズ展

いよいよ明日からヘレボルス倶楽部主催のクリスマスローズ展が以下の通り、開催されます。

ヘレボルス倶楽部 クリスマスローズ展示会
日本橋三越本店
最寄り駅のご案内

クリスマスローズ展01

















ヘレボルス倶楽部 クリスマスローズ展示会案内
東京・日本橋 三越屋上・チェルシーガーデン特設会場
期間:2月20日(火)から3月4日(日)迄


展示会02

February 12, 2007

ヘレボルス倶楽部 クリスマスローズ展示会案内

ヘレボルス倶楽部 クリスマスローズ展示会案内
東京・日本橋 三越屋上・チェルシーガーデン特設会場

期間:2月20日(火)から3月4日(日)迄

写真のクリスマスローズは園芸店等で見た非売品や販売株です。

糸ピコDDW





















期間:2月20日(火)から3月4日(日)迄

期間中は、以下の催物が開催されます。
詳細はチェルシーガーデンに確認してください。

・ご予約・お問い合わせは、2月1日よりチェルシーガーデン
 筺03-3274-8505


。卸遑横影(水)14:00〜 
 「プロが教えるカメラで植物を綺麗に撮るコツ」

・プロ・カメラマン今井秀治


■卸遑横監(土)13:00〜
 「プロが教えるカメラで植物を綺麗に撮るコツ」

・プロ・カメラマン今井秀治


2月24日(土)15:00〜(△)
 「クリスマスローズが引き立つコンテナガーデン制作実習」

  ・植栽研究家 澤泉美智子


ぃ卸遑横菊(日)13:00〜
 「クリスマスローズの選び方・春の植替え・花後の管理」

  ・園芸研究家 野々口稔


ィ卸遑横菊(日)14:30〜(△)
 「クリスマスローズのコンテナガーデン製作実習」

・七栄グリーン 伊波英雄


Γ卸遑横憩(火)14:00〜(△)
 「春のお花の押し花額制作実習」

・アトリエ花の実 篠田知恵子
  ・(△)の講座は制作実習に電話予約のうえご参加できます。
   (材料費別途/先着10名様)

糸ピコSemiDouble



















グレー



















_ダブルバイカラー



















レッドフラッシュダクネク




















小輪レッド

January 14, 2007

ミヨシ-試作系統シリーズ・ローズリバーシブル

先日に引き続き・・・
ミヨシのメリクロン・試作系統シリーズからローズ・リバーシブル。
咲いてみないとどんな感じか想像がつきません。


ミヨシローズリバーシブル01

ミヨシローズリバーシブル02

January 09, 2007

ミヨシピコティー咲き桃筋花

またまた、「試作」シリーズから1株

ピコティー咲き桃筋花・・・この桃筋って・・・???
この『桃筋』ほれ込んでしまいました。

ミヨシピコティー咲き桃筋花01ミヨシピコティー咲き桃筋花02

January 08, 2007

メリクロン-ミヨシ試作系統

偶然にも目にした商魂逞しいタイトルの「試作系統」・・・
興味津々でGet・・・メリクロン苗の試作系統「アプリコット」・・・
今出回っている第一期(?)アプリの発色はあんまり印象に残ら
なかったけど・・・今度のはどうなんだろう。
結果は来年か再来年にわかるのかな。。。

ミヨシアプリコット01

ミヨシアプリコット02

January 01, 2007

パーライト実験のその後・デュメトラム偏

明けましておめでとうございます。

今日の最低温度は、氷点下-1.8℃。霜柱は立てど初氷の便りは、聞けず・・・氷点下も瞬間的なんでしょうかね。と思いつつ、正月早々私は何をやっているんでしょうか?はい!そうです、正月恒例の気になる株の植え替えをしておりました。その中から一点。

パーライト植えの実験株からデュメラム。この株は、パーライト70%、残りが超硬質赤玉、日光砂、日向砂、燻炭、ゼオライト等で、昨年(2006)の春に植え付けたもの。置き肥中心に管理した株です。案外いけていると思いませんか?パーライトは、使い方によっては有効みたいですね。後は、どういう配分が理想的なのか実験を続けて行きたいと思います。

根はこんな感じ・・・ある程度充実していますね。

01_デュメトラム

この株は更なるステップアップを目指して、日光砂中心の用土に植え替えました。
02_デュメトラム

















今期、購入した中国から輸入のチベタヌスの根・・・傷んだ根の先端をカットして、HB101 5001倍溶液に、根を1日漬け、日光砂40%/パ−ライト30%/超硬質赤玉&蝦夷砂20%その他10%混合用土に植え替えました。この株が今後どう変化していくのか、実験かてら次期開花まで報告していきたいと思います。枯れなければ数年以上かかると予想しています。どうぞお付き合いのほどを・・・


01_チベタヌス

天気:晴れ時々曇り
気温:最低温度:氷点下-1.8℃ / 最高温度:8.8℃
ウォーキング:19491歩 / 消費カロリー:629.40Kcal
歩行距離:約12.67km


December 30, 2006

早くも蕾が・・・

今日の最低温度は、0℃でした。日中も寒風が吹き荒れ寒かったです。明日は大晦日!ようやく寒波の到来でしょうか?やはり、今年の冬は暖冬なんでしょうね。鉢植えのクリスマスローズもあちこちで蕾が見えてきました。

ダブル・レッド・・・トルカータスの血が濃いタイプです。なんと13.5cmポットで2年連続開花・・・トルカータス系にしては強い性質かもしれません。
ダブルレッド

ニゲルのダブルファンタジーだと思います。ニゲル・ダブルとして2年前に神代植物公園の園芸店で安く購入。この手にしては、何故か弱い株です。去年は作落ちして、瀕死の重傷。ようやく立ち直りつつあります。
ニゲルダブル














チベタヌス・・・白花は貴重と言う話が高値で、昨年出回っていましたが、なんということはありません。中国の採取地の場所によって、白花タイプは多いようで、今年はかなり出回っているように見えます。実は、濃ピンクの方が貴重だったりしてと思うことも・・・
チベタヌス












ヴェシカよ再び・・・ようやく本線が出てきました。ここまで、長い道のりでした。我が家では、圧倒的に成長は遅いようです。ひょっとして、今の時期こそ、全日照にすべきでしょうか・・・

01Vesica.jpg











02Vesica.jpg














天気:晴れ
気温:最低温度:0.0℃ / 最高温度:9.9℃
ウォーキング:18768歩 / 消費カロリー:588.0Kcal
歩行距離:約12.20km


December 08, 2006

まだまだ続く植え替えが・・・・

まだまだ続く植え替えが・・・・

植え替えがまだまだ続いております。最近、気がついたことがあります。この時期の植え替えにも関わらず、新根の動きが鈍いこと。本来は、かなり伸びて当然なんですが、写真の通り、夏以降の休眠期開けの状態とほとんど変わらず。今年はこんな株が多いような気がします。株が充実して見えるので、やはり、気候の影響か・・・良くわからなくなってきました。

ちょっぴり新根が・・・
ヘレボルスの根









株自体は充実しているのに・・・
ヘレボルスの株



















たぶん、今から10℃以上の温室管理にすれば、一気に成長するかもと思ってしまいます。徐々にですが、植物も徐々に進む環境の変化に敏感に気が付いて、対応しているのでしょうか?
不思議な感じがします。

天気:曇り
気温:最低温度:8.7℃ / 最高温度:12.7℃
ウォーキング:25862歩 / 消費カロリー:780.70Kcal
歩行距離:約16.80km


November 26, 2006

チベタヌスの植え替え・・・

01チベタヌス

残されたチベタヌスの植え替えをしていたら、一番元気そうがったのがこの株・・・
この株は、実は、不評のスーパーマルチ培養土「ゴールデン粒状培養土」をメインにパーライトと混合して実験的に使っていたやつです。ゴールデン粒状培養土も、過湿や凍結なんかで瞑れてしまうことも多いけど、パーライト等を使い、水はけをよくして、植えると良いこともあるようですね。もう少し工夫をして、改めて使ってみたくなりました。う〜む!手持ちに無いので、新たに買うべきか?

ゴールデン培養土



















拡大してみると、このふっくらさは、花芽かも・・・
02チベタヌス

昨日は、「うもーりー」さんに、日帰りで、行ってきました。クリスマスローズも苗ですが、来年開花見込み株多かったです。あれもこれも手を出しそうでしたが・・・さすがに、まだまだ、この時期は、財布の中身が少なく断念!でも、富士サクラや白花ツワブキや。。。散財してしまいました。クリスマスローズ以外にもほしいものは多かれど・・・買うと帰えれなくなっちまう・・・

うもーりーさん、昨日は本当にお世話になりました。こんどは、来年になると思いますが・・・また、行きますので、宜しくお願いします。


天気:晴れ後曇り
気温:最低温度:5.8℃ / 最高温度:11.0℃
ウォーキング:17520歩 / 消費カロリー:565.40Kcal
歩行距離:約11.39km

November 19, 2006

初開花

昨日の最低温度は、4.6℃。冷え込んできましたね。窓ガラスが結露するようになってきました。クリスマスローズの秋の成長期も一段落でしょうか?これからの厳寒期に向けて、冬篭りの為の最後の肥料やりを行わなければ・・・

今年は、何故か今の時期に開花する株も例年より多いようですね。うちもニゲルとダブル・ピンクが開花してしまいました。まだまだ、ポット上げも鉢増しも数多く残っているのに・・・なんてこったい・・・完全に出遅れだにゃ!。

ダブル・ピンク(初花)
DDPink


ニゲル(今年の春に売れ残り品をお花屋さんより頂いたもの)
Niger




















天気:曇りのち雨
気温:最低温度:8.8℃ / 最高温度:13.1℃
ウォーキング:15525歩 / 消費カロリー:478.1Kcal
歩行距離:約10.09km

November 04, 2006

早くもGetモード突入か・・・

寒さが一段と厳しくなってくると、何故か心“o(* ̄o ̄)o”ウキウキ♪・・・園芸店巡りが楽しくなってしまいますね。今回も赤玉の中粒を買いにJマートに行くとちび苗達が売られていました。今年は、色別が豊富ですね。これらの苗を見ると毎年のようについつい買ってしまいます。今回も2株ほど運試しに買ってみました。

でも、数年後には、確実に泣くのですが・・・この泣きが嬉し涙になることを祈って・・・!!!(今までは、100%泣きの泪でした・・・(爆))懲りないやっちゃ・・

果たして、購入したこの名札が示す2株の子株は・・・

01_Hellebo株













苗の状態はこんな感じ・・・元気印です・・・

02Hellebo株
















そして、名札を改めてみるとWEBアドレスが・・・
(http://www4.ocn.ne.jp/~w-clema/)

これを見て・・・一発でどこか分かったあなた!名札が示すような花が咲く可能性は、何%と思われますか・・・(;´Д`) うぅっ。。クリスマスローズの実生は、さまざまな花色が出現します。親と同じものはほぼ無いでしょう・・・分かっているのについつい買ってしまう浅はかさ・・・!!!泪・涙・泪!!!でございます。

天気:晴れ
気温:最低温度:14.8℃ / 最高温度:20.8℃
ウォーキング:16135歩 / 消費カロリー:501.10Kcal
歩行距離:約10.49km

October 29, 2006

チベタヌスの植え替え

この時期になると、どうも気分がむずむずして、どうしてもホジホジしたくなるポットがある。そう!。チベちゃんのポットです。今年の夏越しは、どう影響されたのか!・・・地中で来春の早春に向けて活動し始めるこの時こそが見るチャンス。

と言うことで、ポットをひっくり返してみました。この株は、今年の春、とあるところで今年咲くよ・・と開花サイズとして買ったもの。実際は咲くどころか、こんな感じの根茎と根でした。・・・ん!と言うことは、春とと全く変わらず・・・現状維持って、ことのようですね。

チベタヌス02






頂上に芽がぽつんと一芽あるので、取り合えず、無事夏は越せたと言うことでしょうか。これだと咲くまでに3年以上かかるかもしれませんね。今後、来年の早春に向けて、置肥と液肥で肥培してみようと思います。新根が数多く出てくれればよいのですが・・・





用土は、ガーデンハイブリッド用の作った用土60%+軽石(中粒)40%で、植え替えてみました。この配合が良いのか悪いのか・・・じっくり育て上げてみたいと思いま
す。

植え替えた用土はこんな感じ!
チベタヌス用土











天気:晴れ
気温:最低温度16.6℃ / 最高温度22.2℃
ウォーキング:14179歩 / 消費カロリー:384.50Kcal
歩行距離:約9.22km


October 28, 2006

徒然なるままに・・・ヘレボルスの発芽

2005年2月に発芽したヴェシカリウスが丸2年目を迎えようと発芽してきた。とりあえず枯らすはめに・・・からは卒業したようだ。感じからおくと、雨季&乾季のようなメリハリのある水やりや夏の高温多湿の時にどのくらい水を上げれば良いのか・・・思う事はたくさんあれど、株数が少ないため、実験出来ないのが残念だ。乾季に備えて、長く伸びる太根。これを如何に傷めずに細根を増やすか・・・まずは、鉢底まで十分に根を回すことが出来るかどうかかな?

ヴェシカリウス

















あやさんから一昨年前に頂いた斑入りのニゲルの種。確か新潟産だったと思うけど・・・発芽したら普通のニゲルの葉だったので、雑に放置していたら、なんと2年目にして、1株のみが斑入りに変貌してもうた。ふ〜む!ちゃんと遺伝子を引き継いでいたんですね。これで、この株を枯らすことが出来なくなった。ちゃんと大きくして、咲かせて種を採種せねば・・・斑入りって、2年目にして変貌する事もあるんですね。良い経験をさせて頂きました。

斑入りニゲル























9月の後半に蒔いた発根種。ぼちぼちと発芽して来ました。なんと中途半端な時期に!もう少し早ければ、本葉が1本出て、冬越し出来たのに・・・この時期から双葉じゃ寒さとの戦いで、今年は、双葉で越冬体制を築かなくてはならないかも・・・本葉が出ていると放置していてもだいたいは大丈夫なんだけど、双葉の場合は、凍り付く凍結が数日続くと駄目になるかも・・・何処かでトロ箱を入手せねば・・・

ヘレボーな発芽
















ヘレボーな発芽02






























ようやく種まきが完了しました。なんやかんや言いながらも今年の種まきは順調に終ったようです。但し、今年の早春に発芽した苗のポット上げがかなり残っているし、来年の開花用の鉢増株もこれから・・・これからは、寒さと時間との戦いになるかもしれません。霜はOKなんだけど凍結すると手も足も出なくなるから、それまでにどうにか・・・

天気:晴れ
気温:最低温度:15.9℃ / 最高温度:22.5℃
ウォーキング:17134歩 / 消費カロリー:455.60Kcal
歩行距離:約11.14km



October 15, 2006

ヴェシカリウスに魅せられて

ヴェシカリウス01 ="left" />

ヴェシカリウス02

今年の早春に発芽したヴェシカリウスの地上部が無くなり早四ヶ月。不安な日々を過ごしてきましたが、最低気温が10℃近くになった今(10月中旬)、植え替え時期を迎えたようです。早いものは、発芽して葉を展開し始めましたが、まだ地中で目覚めたばかりの苗もありました。どうにか、夏越しに成功したようです。地上部が無い原種は、今が植え替え時期。地下では既に動き始めているようですね。

ヴェシカリウスのポットをひっくり返してみると、小苗は、主根一本のまま、太い根(主根)が、地中深く伸びているように見えます。気候が涼しいところでは、地中奥深く伸びた根は、先端が枝分かれしているようですが、我が家では難しいのかも知れません。まだまだ、水遣りを含めて、工夫が必要なようです。

2006年2月発芽苗 Ъ膾が伸びて、先端が分岐しています。
ヴェシカリウス03

2006年2月発芽苗◆Ъ膾が伸び切らずいじけている。数年成長が遅れるかもね。
ヴェシカリウス04

2006年2月発芽苗:主根が伸びているが分岐せず。今後の成長を見守りたい。
ヴェシカリウス05


原生地では、夏は暑く乾燥している時期が続きますので、乗り越える為に地中奥深く、水を求めて主根が伸びていく性質なんでしょうね。一年目から根の伸びが尋常ではありませんでした。なんらかの形で、いじけたら根が短い!多分、成長するのに数年余分にかかると思われます。

ふと思った。最初から筒状の長い鉢に種を蒔く方が良いのかもしれません。直径10cm以上の太目のビニール管にドリルで無数の横穴を空けて蒔くと良いかもね。と思ってしまいました。

今回は、ヘレボルス用に作った通常のマルチ培養土にカルトンを少し多めに混合して、水はけ重視の用土に、ポット上げしてみました。結果は如何に・・・原種は、分からない分、探究心を起こさせて、好きですね。良い塩梅で育てば良いですが・・

天気:晴れ
気温:最低温度11.6℃ / 最高温度21.4 ℃
ウォーキング:20007歩 / 消費カロリー:481.60kcal
歩行距離:約13.0km


September 17, 2006

まだ見ぬ花に夢を乗せて!・・・我が家の種まき偏

クリスマスローズのポット上げも植え替えも本格化してきましたね。その合間を計って、種まきもスタートしました。今年は、夜間が涼しかったせいか、春に採種した冷蔵庫野菜室で放りっぱなしの種も8月半ばを過ぎると早々と発根し始めていました。発芽の条件はなんだろうと首を傾げる毎日。種も生きているのを実感ですね。

さてさて、我が家の種まきですが、いつもこんな感じで行います。

(1)種床準備
まずは、用土を準備。赤玉土の小粒を主体に、水が速やかに抜けるよう蝦夷砂の小粒やパーライトを少々加え、保湿のために籾殻燻炭を加えます。気持ち的にゼオライトを少々・・・これをまぜまぜしたのが、このバケツの中の用土・・・

04_用土準備.jpg

用土を拡大すると・・・
05_用土拡大01.jpg









そして、うちは種が多いので、こんな感じで、種床を一気に作ります。我が家では、9cmビニポットに10粒〜15粒蒔きます。10.5cmポットの場合は、16〜25粒程度・・・このトレーで。9cmポットが12個入るので、12種で、約150粒前後でしょうか?
01_ビニポット準備.jpg

鉢底石を入れます。
12個並べて、軽石の中粒を1ポットに、私の手で軽く一握りがベスト。約1〜2cm程度、埋まる感じでしょうか?
03_軽石準備.jpg

拡大するとこんな感じ・・・
02_軽石準備.jpg








そして、作った用土を適当(1cm程度、後から覆土できる感じ)に入れて、十分に灌水して、微塵を抜きます。
08_ビニポットに散水.jpg







(2)種まき偏
ピンセット、名札、油性の細書きマジックと種を準備します。ピンセットは、清潔にして使います。(殺菌剤に浸け、ライターで焼くのがベストですが)・・・うちは、水洗いだけです。気分次第で家庭用洗剤で洗って、使うこともあります。

種まき準備万端
09_種まき準備.jpg







灌水したビニポットに、ピンセットを使い、一粒、一粒蒔きます。その時に、ピンセットで挟んだ種をほんの少し潰すように力を加えて、種が腐っていないか確認します。腐っている場合は、軽く押さえれば潰れますので、直ぐに分かります。

ただ、気をつけることは、軽く押さえて潰れないけど、ピンセットにくっつく場合。その場合は、種に粘り気があるのでやばいです。蒔いた後に腐る可能性が大です。翌春の発芽率が悪い場合、このような種が混じっている場合に起きるような気がします。粘り気がある種は、隔離して蒔きましょう。

蒔いたら、1cm程度、覆土して、HB101、1000倍溶液を十分に灌水させます。灌水したらこんな感じ・・・これで、日陰に置きっぱなしにして、乾いたら水まきをして湿らせ、翌春の発芽を待ちます。

1cm程度、覆土したところ
11_種まき_用土を1cm覆う









はい!最後に十分に灌水して終了!!!
12_種床散水






天気:曇り後雨
気温:最低温度:20.5℃ / 最高温度:23.7℃
ウォーキング:13755歩 / 消費カロリー: kcal
歩行距離:約8.94km


September 03, 2006

異端児発見!!!

58d96979.jpg

今日の日中は、夜間の涼しさが嘘のように暑かったですね。気が付くと周囲でコオロギがいっせいに鳴き始めました。日が暮れるのも早くなり、一気に秋の気配が漂ってきたのでしょうか?

午前中は、精力的に植え替えをしているといるんですね。やはり異端児が・・・我が家で、一番多いニゲルの異端児。今の時期は、ちゃんと咲きもしないのに何故に蕾をつけ持ち上げる???原因は何でしょうか?これが解明できれば、菊みたいに咲かせたいときに咲かすことができたりして・・・なんちって!誰か研究してください。

でも、このじきに蕾を待ち上げるなんて、蕾の形成時期は何時なんでしょうか?興味深いです。植え替えを始めるとクリスマスローズ以外にも沢山の植物が鉢植えで生き延びていること・・・.病気等で、2年も放置され続けたのに・・・

涙が出てきそうになりました。植物の生命力は素晴らしいです。なんか、分けてもらったような気がしました。あっ!悲しいかな、当然、地上部が全くない鉢も多かったですが。。。

天気:晴れ
気温:最低温度22.6℃ / 最高温度31.2℃
ウォーキング:11499歩 / 消費カロリー:335.20kcal
歩行距離:約7.47km


August 13, 2006

秋の園藝シーズン到来!クリスマスローズの植え替え開始

巷では、お盆ですね。高速の渋滞を聞くと、いよいよ秋のシーズンに突入です。クリスマスローズの1〜2年苗を中心に植え替えを開始しました。と言っても来年開花が見込めない苗が中心になりますが・・・


うちの基本的な植え替え作業は以下のようになります。

1.)
用土:基本的には水はけ重視の用土で、冬の凍結で用土が崩れないよう超硬質を使います。「超硬質鹿沼土/超硬質赤玉土/蝦夷砂/パーライト/ゼオライト/木炭礫/籾殻燻炭/腐葉土/牛糞/有機肥料等」を混合した用土。

植替03

















2.)
9cmビニポットから抜いたところ、根が十分に巻いていますね。これ以上長雨に当たると根腐れする可能性大のところまできていますので、Good Timingのようですね。


植替01


















3.)
このように根鉢を1/3程度崩します。底でどくろを巻いた根が少しほぐれた状態で、壁も少し壊してしまいます。根がある程度飛び出るくらいかな・・・


植替02


4)
鉢サイズを決めるため、スポッと鉢の中へ置きます。決まれば、鉢の中心に置いたままにします。


植替04













5)
上から用土を1/3程度入れます。


植替05

6)
株の茎元をつかんで、微動させながら上下に上げ下げして、鉢底に用土を適度に落とし、安定させます。


植替06













7.)
その後、更に株の茎元をつかんで左右上下微動させつつ、用土を入れて完成させます。


植替07


8.)
水を十分に与え、完成です。写真なし。
この方法は、片手1本で全てをこなすために生まれた方法かもね。
7号サイズまでは、この方法でいけます。・・・(爆)
でもそれ以上は、難しいっす。だから、残念ながらうちでは、7号止まりで精一杯。
それ以上大きくできません。

天気:晴れ
気温:最低温度23.0℃ / 最高温度30.0 ℃
ウォーキング:12175歩 / 消費カロリー:321.0kcal
歩行距離:約7.91km


hellebo at 21:58|PermalinkComments(5)TrackBack(0)clip!

August 05, 2006

ヘレバカ実験隊・パーライト植えの結果報告

(;´д`)ゞ アチィー!!ですね。当地の今日の最高温度は36℃。肌がチリチリと焼けていくのがわかるくらい真昼間は大変でした。そんな中、この炎天下でこりもせず、去年からヘレバカ実験隊で実験中のパーライトシリーズの一部を様子見で植え替えてみました。

まずは、パーライト50:腐葉土50の場合

10.5Per50_Fu50

太根と細根がバランスよく伸びて、根張りもGoodですね。これは、いけますね。

パーライト50:腐葉土50の葉っぱ!

10.5Per50_Fu50_Leaf

ふむふむ・・・若干葉の緑が薄いような・・・微量要素と肥料をもう少し与えるべきでしたね。基礎肥料として「遅効性肥料」を入れておくと良いかもしれませんね。

そして、パーライト50:籾殻燻炭50の場合

10.5Per50_Ku50

これもよさげなように見えますが、細根(髭根)が少し少ないように感じます。でも、根張りといい、これも少し手を加えれば、いけるかも知れません。

パーライト50:籾殻燻炭50の葉っぱ!!
10.5Per50_Ku50_Leaf

(□。□-) フムフム!パーライト50:腐葉土50の葉っぱとほとんど変わりませんね。やはり、微量要素と肥料不足でしょうね。このあたりを工夫すれば、いけると思います。

今後は、パーライト50:腐葉土50を元に色々とやってみたいような気がします。
試してガッテン!!・・・沸々とやりたいことが浮かんでくるようだ・・・

天気:晴れ晴れ
気温:最低温度25.3℃ / 最高温度36℃
ウォーキング:12545歩 / 消費カロリー:313.40kcal
歩行距離:約8.15km

July 29, 2006

秋の本番にむけて

55cfe9d8.jpg暑い日が続きますね。そろそろ8月の声も聞こえてくる今日この頃・・・ぼちぼちと秋の本番に向けて、様子見の植え替えを敢行。今年は、トルカータスの成長がよさげです。写真を見ていただくとわかると思うのですが、ひょっとしたら、日陰より陽射しがあたる環境の方が良いかもと思い始めました。

この時期にあんまり根痛み/根腐れもほとんどなく、髭根も充実しているように見えます。去年までは、髭根が黒ずんで腐り、太い根も根先が痛んでいましたが、今年は、見る限りご機嫌のようです。ただ、違うのは、去年は、この時期には、新根が出始めていた株もあったのですが、今年はまだのようです。

8月の声が聞こえたら、1年以上〜2年以内の苗を中心に植え替えを始めようと思います。まずは、昨年のわんこ用の蚊取り線香の余りものを天日干ししなくては・・・そして、用土作りの為に、不足分の用土をネット注文しなくては・・・

昨年、パーライト80%、90%、100%等の用土を試したけど、微要素や栄養素が足らず、肥料やりや水遣りに、滅茶苦労したので、今年は、用土の半分をパーライトとして、混合用土を作り、使おうと思っています。もちろん、腐葉土多めに混入します。果たして、うまく行くか・・・鉢は軽くなってよいのですが・・・

天気:晴れ
気温:最低温度24.4℃ / 最高温度31.9℃
ウォーキング:15011歩 / 消費カロリー:382.10kcal
歩行距離:約9.76km


May 07, 2006

チベタの行方!

d2e735a8.jpg写真:チベタヌス実生・・・

写真のチベタヌスは、去年発芽したんですが、あまりに小さく、ポット上げ出来ずに放置した株。今年になって、本葉が1枚展開したんだけど、そのまんまで動きなし。気が付くとポット上げをし損ねた予感が・・・これもヴェシカ並みの遅さか?来年辺りから太い茎の葉が展開すると思う。このチベタ、今夏(お盆頃)にポット上げ予定。梅雨から夏にかけての気をつける点は一つのみ。鉢土壌の温度上昇を極力防ぐこと。水遣りは夜が基本って事ですね。

天気:曇り後雨
気温:最低温度16.8℃/最高温度19.7℃
ウォーキング:12325歩 / 消費カロリー:304.20kcal
歩行距離:約8.01km


April 13, 2006

今日の一枚から-我が家のクリスマスローズ ラスト

47e4f64a.jpg今日の一枚からラスト-9cmポットでダブル開花(初花)

写真では、鉢サイズが上手く比較できないが、このピンクのダブル・・・9cmのとんでもないポット化粧鉢タイプで開花した。多分ポット上げして、忘れ去られた株だと思う。運よく、生き永らえて開花まで来たようだ。この花、実は裏の倉庫の屋根の上で育てていた株のひとつ。。。ただ、奥の方にあったので、気が付かなかったんですが、前方の株を展示会に出す為降ろした後に、ちょこっと全体を整理していて9cmポットを見つけたんです。それを後ろでは、可哀想だからと表に持ち込んで、1ヶ月後。。。なんと咲いていた。いつ花芽が・・・クリスマスローズって、9cmでも立派に咲くんですね。実は、もうひとつ9cmポットで、アプリコットタイプも咲いたんです。

シリーズもこれで最後にします。デジカメで収めた2006年度初花の写真の最後を見ると2006-086だった。これに展示会に出したのをあわせると今年は、100株以上が初めての花を咲かせたようだ・・・自分的には十分に喜怒哀楽を楽しんだように思う。そして、そのほとんど株は。。。我が家から奥方の手を介して、新天地で根を下ろすため旅立って行った。。。新天地で我が物顔で勢力を拡大して行って欲しい。来年は、初花を迎える花は、ガクッと減る。病気によって面倒が見られなかった1年。。。結局、2年分遅れを取った様だ。ぼちぼちと復活させよう・・・まずは、去年の春に発芽したポット苗のポット上げを本格的にスタートせねば。。。10.5cmポットに10数本x50ポット・・・丸2年過ごさせるのは良くないですよね・・・500株かぁ〜!頑張ろう!!!。。。

天気:晴れ
気温:最低温度12.8℃/最高温度20.3℃
ウォーキング:14388歩 / 消費カロリー:318.90kcal
歩行距離:約9.35km


April 11, 2006

今日の一枚から-我が家のクリスマスローズ 30

e1a20054.jpg今日の一枚から:Black系ダブル・・・

この花も交配用に我が家に来た花。この花に、スモーキー・ブルーのシングルをかけて、戻し交配したりして、より黒くしたいと思っている。足掛け9年かかりの交配が来年からスタートする。我が家で誕生させる黒ダブルと黒セミ・・・買うのでなくて、作り出す過程に醍醐味を感じてしまう。反対に、黒のシングルにダブルをかけることも取り組んでいる。。。楽しみは9〜12年後に・・・やはり、実生は、自分で新たに創作するところが面白い。

高額な値段で高い買い物をするよりは、普通の値段で購入した株から作り出すのが遥かに楽しいってことですね。。。最近、イギリス帰りの株は、既に完成品なので、それを手に入れて交配しても楽しみが半減するような気がしてきたんですよね。値段も日本では滅茶高くなっているし・・・なんとなく冷めた目で見る自分を発見してもうた・・・これからは、自分の実生株の中から見出して・・・むふふふの世界が開いているかも・・・

天気:曇り後雨
気温:最低温度9.1℃/最高温度11.5℃
ウォーキング:14928歩 / 消費カロリー:343.50kcal
歩行距離:約9.70km

April 10, 2006

今日の一枚から-我が家のクリスマスローズ 29

77a6a3eb.jpg今日の一枚から:H.dumetorum(デュメトラム)-原種

原種にしては、比較的楽に育てられるデュメトラム。この花も案外花型に変化があるので面白い。この花は、9cmポットで昨年うちに来た株から咲いた。履歴ははっきりしない。今探しているのが、梅花咲きタイプで白複輪な花・・・どうしても交配親にと思っているのだが・・・なかなかはっきりくきりの白複輪に出会いませんね。やはり、種を蒔くしかないのかな・・・

天気:曇り一時雨
気温:最低温度9.8℃/最高温度12.1℃
ウォーキング:14530歩 / 消費カロリー:320.40kcal
歩行距離:約9.44km
-----------------------------------------------