2005年09月15日

輝ける未来

 今日井の頭線に乗っていると隣に男子高校生が2人しゃべっていました。耳をすまして聞いてみました。

男子高校生A 「昨日〜が〜高校のやつにかつあげされてたらしいぜ」

男子高校生B 「まじで?そんでどうなったの?」

     A 「なんか〜のやつめっちゃびびっちゃってたらしいよ(笑)」

     B 「えー俺なら絶対びびらないよ!とりあえず口喧嘩するな!」

     A 「俺ならとりあえず手が出ちゃうね!あっでも手出したら停学だっ        け?」
     
     B 「そうだね、停学だね」

     A 「向こうから先に手を出したら殴ってもOKだよな!でも最近喧嘩し       てねーなー。中学の時は勉強で忙しくて喧嘩してる暇なかったもんな       〜」

     B 「そうだよな〜俺も忙しくて喧嘩なんて全然してる暇なかったよ」

 どうやら最近の中学生は非常に忙しいようです!ゆとり教育とは名ばかりのようですよ。でもそんなことをしゃべっている少年たちの目には間違いなく輝かしい未来が映っておりました。
 ふと逆隣に目をやると最近異常に白髪の増えてきたうちのボーカル三輪たけひ小町HGが死んだ魚のような目をして窓の外を眺めていました。
 中島真哉24歳山羊座B型。将来が不安になりました。  

Posted by hello_nap at 22:53Comments(0)TrackBack(0)

2005年09月12日

強い男

 ブラザーフッドをみました。これは朝鮮戦争を舞台にした映画で、戦争に巻きこまれ翻弄される兄弟が描かれています。私はなにげに戦争映画が好きなようで今までにかなりの戦争映画を観てると思います。
 かといって戦争が大好きでというわけじゃありません。もちろん戦争なんて体験したことのない私は戦争という人と人とが殺しあうという究極の状態にこそ人間の本質というものが浮き彫りにされているのではないかと勝手に思っています。だから私は戦争映画をたくさん観る気がします。
 戦争映画を観てまず最初に思うことは絶対戦争には行きたくないということです。もしも日本が戦争に巻き込まれようものならとりあえず自分の足をへし折るなりして動けなくしようと思います。戦争が長引くようなら片足くらい切り落としてもかまいません。とりあえず自分を戦争にいけない体にしようとおもいます。
 もし戦争に行くとしたら私のような日本の将来に貢献できないであろう兵隊は間違いなく最前線に送られることでしょう。どう考えてもあっけなく死んでしまいますわ。絶対戦争には行きたくありません。
 でも一方で、自分の大切なひとたちが殺されたとしたら、私は竹やりでもなんでももって敵を殺しにいく気がしたりもします。
 そんなことを私は想像しているだけですが今この瞬間も世界のどこかで確実におこっているのでしょう。大切な人が殺されたから、大切な人を守りたいから、現実に殺し合いをしている人たちがいます。その人たちを前にして簡単に「戦争はいけないことだからやめろ」なんて言えそうもありません。考えれば考えるほど戦争は無くならない気がしてしまいます。
 戦争。体験したことのない私には絶対にわからないことがたくさんあるでしょう。だけどできる限り多くのことを知り、考え、「戦争はやめろ」と言えるような強い男になりたい。  
Posted by hello_nap at 04:07Comments(0)TrackBack(0)

2005年09月05日

大江戸

 初めて地下鉄大江戸線にのりました。新宿駅で看板を頼りに大江戸線の乗り場へと向かうわたくし、、、、これがまためっちゃめちゃ下にあるんですわ!どれだけ階段をおりたことか。下りてる途中思わず一人で笑ってしまうほどです。新宿ともなるともう下へ下へと開発の手をのばしていくしかないんでしょうか。
 それにしても掘り過ぎだよ大江戸!そりゃ温泉も出るよ!!ってかんじ、、、  
Posted by hello_nap at 21:58Comments(0)TrackBack(0)