不動産管理、クレーム対応は辛いよ。。。

不動産賃貸管理のあれこれをつづっていくブログです。 オーナー、オーナーを目指す方、入居者、管理会社に勤めている方に読んでいただければ幸いです。

ちょっと更新が滞りました。。。

家賃の未納についてです。
ちなみに私のかかわった家賃回収では90%以上は未納の全額を回収していますし、退去するよう促し、退去させてきました。そこらへんお聞きになりたい場合はご連絡ください。(笑)

以前にも家賃の未納について少し書きましたが、今回は未納者にありがちな考え方について。

なぜ払わない(払えない)のか?です。

これまでの経験上でいうと、
ほんとに金がない場合は確かに存在します。
働いていない、散財、要は身の丈に合っていない暮らしをしている場合があります。
金がないのになぜ賃貸に住んでいるのか?そりゃ、貯金があればしばらくはやりくりできるでしょうけど、
貯金が少なければ、そのうち払えなくなるのはわかっているはずなのに、いや、それがわからないから住み続けているのかもしれません。
実家や親せきくらいはいるでしょうから、帰る、もしくは親戚を頼ればいいわけです。しかし、
「恥ずかしくて言えない」
「仲が悪いから頼れない」
ということをよく言われました。
何を言っているんでしょうね、ほんと。親や親せきが助けてくれなかったら、赤の他人、営利目的で貸している賃貸物件のオーナーや管理会社が見逃してくれると思っているんでしょうか?
生きていくなら、これ以上負債を増やしたくないなら、働くか、親や親戚に頼るか、サラ金ででも借りてくればいいわけです。未納者に何度も言いました
「金の出所はどこでもいいから払って。そうでなきゃ出てって。(でも、未納分はちゃんと払え)」
「じゃあ、私はどこに住めばいいんですか!?」
と逆切れする入居者もいました。
いろんな考えがあるかもしれませんが、私は家賃を払っていない入居者をそもそも入居者と呼んでいいかもわからないし、客ではないと思っています。家賃を払う代わりに部屋を貸しているのが賃貸借契約です。なぜ、家賃を払っていないのに住み続けられるのでしょう?考えたらわかるはずなのに。入居者の世話をするのが仕事であって、家賃を払っていない人が出て行って、そのあとにどういう暮らしをしようが知ったことではないでしょう?どこに住めば?という質問に対しては、
「車でも、橋の下でも、地下道でもどこでもどうぞ。私どもにはかかわりのないことです」と突っぱねてきました。
ま、こういうこと言うから
「死ね」
「一生恨んでやる」
などなど言われました。。。

更に不愉快だったのが、こういう輩は電気、水、ガスはわりと払っているようなのです。そして携帯代も。
家賃は優先順位が低いのです。おそらくは、そう簡単に出て行けと言われないだろうと思ってなめているのでしょう。ライフラインは確かに大事、命にかかわるものです。しかし、”家”も同じくらい大事では?公共料金は払って家賃は後回し、不愉快でした。

ここ最近は大手の不動産屋、管理会社なら信販会社との契約で家賃保証をつけて、督促や追い出しの訴訟、原状回復の費用の一部ねん出などを信販会社でやってくれるようになっていますからありがたいものです。

管理会社を選ぶなら、そのあたりのサービスを大家もちゃんと確認するべきです。


ぽちっと押していただけるとありがたいです。 
人気ブログランキングへ 

不動産物件の管理上、外国人の入居者の対応をしなければいけないこともあります。
ある意味日本人が一番めんどくさいのですが、外国人もかなり厄介でした。
一番の問題は”言葉”、次は文化でしょうか。

これだけ国際化が進み、外国人が増えても、外国人の対応は上記の2点をクリアしていかないと、
既存の入居者が出て行ってしまったりするので注意が必要です。

今回は、経験した外国人の概要を各国別に簡単に書いてみたいと思います。
一応書いておきますが、経験した外国人がそうだったということであり、その国の人全員がそうであると言ってるわけではないのであしからず。
まあ、クレームやイレギュラー対応になっている段階でろくなもんじゃねぇけど。。。

1.中国人
・部屋が汚い(油汚れ)
・いつの間にか部屋が土足
・いつの間にか違う中国人が住んでいたりする
・敷地内で勝手に野菜を育てたり、鳥や犬、猫を捕まえて食べるやつも
・都合が悪いと中国語でしゃべる
・家電付き物件の場合は、退去時に盗まれる可能性が高い

2.韓国人
・部屋はまあまあきれい
・匂いの問題はあり
・何か注意すると「俺が韓国人だからか!?」と逆切れ
・夫婦で住んでいるのに部屋にエロポスターを貼っている率高い

3.ロシア人
・部屋がいつの間にか土足
・都合が悪いとロシア語
・いつの間にか入居者が変わっている
・冬でも薄着
・女性はノーブラが多い

4.ブラジル、ペルー人
・うるさい
・暴力沙汰が結構多い
・いつの間にか人が集まって、パーティをする

5.パキスタン人
・部屋が汚い
・宗教の問題か、男性が家にいない女性だけの場合はインターホン押しても出てこない
・都合が悪いと現地語
・ロシア人が嫌い

などなど。

また、詳細を書きたいと思います。




ぽちっと押していただけるとありがたいです。 
人気ブログランキングへ 

前のブログで書いた傾いているアパートですが、はっきりいってボロいので、いろいろ不具合が出ておりました。
そのひとつに雨漏りがありました。
雨漏り、住んでる人にとってはひじょーに迷惑です。自分だって嫌に決まっています。
でも、それなのに、大家はすぐに対応しようとしなかったりします。金がかかるだの、合い見積もりとれだのと。
クレームを聞いている立場になってくれよって。。。

で、雨漏りした部屋がいわゆるゴミ屋敷、ゴミ部屋だったのです。。。

留守がちだということで、不在入室の許可をもらって鍵をこちらであけて入室。
ここも前のゴミ部屋と同じく靴を脱げる場所がない。
足の踏み場もないので、入居者には悪かったと思いつつ土足で入室。ってか、汚すぎて外で寝たほうがマシだと思えるような汚さ。
その匂いと汚さで、一緒に来てもらったメンテナンスの業者が「すみません、無理です。。。」と言って外に出て吐きそうになるくらい。

部屋には布団一枚分のスペースがあり、どうやらそこで寝ている(生活している様子)で、いろんなところに洗面器や空き缶が置いてあり雨漏りの水受けにしていた様子は見れたのだが、ほとんどゴミなのでいるものなんだかなんだかよくわからず。

とりあえず、天井が濡れ、膨らんでいるので、かなり水を含んでいるのは確認できたのだが、ここで問題が。
ゴミ(荷物)がありすぎて脚立もかけられない状態。
どちらにしてもゴミ(荷物)を移動させないと作業もできないので、移動を試みるが、ゴミ(荷物)がなだれを起こしたり、けっきょくモノが多いので移動させる場所もほとんどなく、作業は難航したのでした。

なんとか雨漏り部分の天井のボードを剥がして、内部の雨漏り箇所を探そうとするも、結局は屋根に上り、外から作業しなければ解消できない状況だった。

数日後に高所作業車で作業するまで室内の天井はそのまま。
雨が降れば雨漏りする状態であるが、どうしようもなく。
そして、作業が完了した後も、天井の補修については、ボードの仮復旧までとした。
した、というか、クロスを張り替えられるような状況の部屋ではなかったのだ。

この入居者、数か月後に病気で長期入院してました。
まあ、あの外以下のゴミ環境で暮らしていれば体調も悪くなるわなぁと。
親戚がその間に部屋に荷物を取りに来てびっくりしたそうだが、ありがたいことにゴミを処分して、それなりに
人の住める環境にはなったらしい。
が、この部屋がきれいになったとたんに、他の部屋でネズミが出るようになった。
ネズミ、たくさん住んでたんだろうなぁ、あの部屋に。。。


ぽちっと押していただけるとありがたいです。 
人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ