はろすて - livedoor Blog(ブログ)

2007年01月04日

あけおめ!

もう年越しかぁ・・・なんて考えてたかと思えば2007年もあっという間に3日が終わりました。
ご挨拶が遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。

さっそくYahoo!がクリックリサーチを【1年のスタートにあたって、あなたは何か目標を立てましたか?】で開催していますが、一にも二にも自分には来月大仕事が控えております。もうね、去年まで面倒ながらも行ってた学校がなくなって急に周りから人がいなくなるってのはほんと寂しい。今の時代携帯ひとつで誰かといつでも話ができるし約束して飯に行くこととかも簡単にできるけどやっぱり学校があるのとないのとでは全然違って予想以上に孤独。。。劣等感を感じるというか一人だとマイナス思考になりやすいしね。気分転換にと考えて勉強以外のことをしても常に頭のどこかで勉強のことを考えていて全然集中できないし楽しめないし。今思えばここ2年3年は常時そんな感じでした。マジで今年でおしまいにして普通の生活に戻りたいです。つか戻ります。
それでは今日はこんなところで。多分当分更新ないです。

hellosta02 at 03:51|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)雑談 

2006年12月26日

初めてカテゴリー“受験”を更新

亜弥ちゃんの『Naked Songs』をバックに綴っています。テレ朝で放送された“時効警察”のDVD1巻をレンタルしに行ったついでにレンタルしてきました。タイトルを直訳すると『裸の歌』ということでアカペラなのかな?なんて思ったら“アイドル松浦亜弥”の名曲をリニューアルというか編曲し直した曲を中心に機械を入れずに収録したって感じ。編曲し直した理由が全くわからないのはともかく、選曲がとても良くて懐古厨には意外とオススメかも。ただ編曲し直した割にはアレンジが弱いのがイマイチかな。もっとガラっと曲調が変わってても良いんじゃないかしら。それでも1回でも亜弥ちゃんに興味を持ったことがある人には一度聴いてみる価値ありじゃないかと思います。オススメは“オシャレ!”と“I Know”オススメというかこの曲は何度聴いても飽きない。そういえばこのアルバムに“Don't Know Why”という英語の曲がありますがその昔『20までに英語が話せるようになりたい!』なんて話してた亜弥ちゃんは少しは話せるようになったのかな。なってる訳ないか。まぁ今の仕事に限りなく必要ないうえに、必要なら今となってはふところには収まらないお金(笑)で通訳雇えばいいだけだしね。

“ハローと英語”といえば慶應大学SFCにAO入試で合格したらしい紺野さん。『嫉妬か(プッw』と思って読んでくれればいいですが、これを素直に『おめでとう!』なんて言ってるバカは一回本屋に行って慶應の赤本を手にしてみてはどうだろうか。できることなら一度英語の長文問題を解いてみては。辞書なんて引きながら読んでたら朝から始めても日が暮れると思うけど(笑)と言うか本人こそ1度見た方が良いんじゃないの。大学入試は『どこの大学に受かったか』という結果が最終的には評価される訳ですが、それは同時に『その大学に受かる為の努力をした過程』を評価されるという意味でもあります。両者は切っても切れない親密な因果関係にあり、結果には努力という根拠があって努力には結果という証明が伴ないます。結果に辿り着く努力の量は人それぞれながらも合格者はもれなくそれだけの努力をしています。大学入試は『努力すればにはそれに見合った結果をもらえるんだよ』、ということを教えられる一生に一度あるかないかの機会で努力無しに手に入れた結果には何の意味もありません。『こんこんはお前が口開けて寝てる間に娘。で頑張ってきたんだから別にいいだろ!』なんて言われそうですが、それなら一生娘。で頑張ってりゃいいだけの話で勉強なんて興味なく通信すら出てない奴が、受験勉強をしたならまだしも大検程度の勉強量で慶應に入るなんて話は虫が良すぎではないか。オリンピックで金メダルでも取ったならまだしもアイドルと大学入試はあまりに分野が違いすぎて、アイドル時代の活動を入試に転換させるのはちょっと無理があるんじゃないかな。これ言うと怒られそうだけど卒メンを含むほとんどの娘。メンバーは努力と言える努力をして入ってる訳じゃないしね。アイドルも入試も行き当たりばったりでできちゃう産まれ持った才能(笑)がつくづく羨ましいですよ。
それに比べて日本中からバッシングされながらも結果で自分を証明した亀田興毅には賛美をしてあげなくちゃいけないと思う。確かにパフォーマンスの一環としては時にやり過ぎなところもあるかもしれないけど素人トレーナーとも呼ばれる父親との日々の特訓に亀田の9割9分の価値がある。フルラウンドやってもたった36分しかないリングの上の亀田と試合直前または試合直後にクローズアップされる亀田は本当に僅かでしかない。若干20歳で血がにじむ努力をして結果を出した亀田にこそ『おめでとう』と言ってあげるべきではないのかなと自分は思います。

これまで実力の差で変な差別(?)というか待遇の違いみたいなものを受けてきたことはありましたが、どう考えても実力で劣ってる奴に上を行かれることは19年間なかったので今回は腹立たしい気持ちになりました。受験生100%のうち99%は真面目に勉強してるからこそ残りの1%を許してはいけないと自分は思うんですけどね。予備校の自習室で必死に勉強してる姿なんかを見てると余計にそう思います。いかんせん紺野の話を予備校でしてる奴なんて少なくとも自分の周りにはいませんが。

以上、受験生としての心情でした。

hellosta02 at 04:09|この記事のURLComments(1)TrackBack(0)受験 | 雑談

2006年12月11日

19歳になりました

先週の木曜日12月7日をもって19歳になりました!10代も残すところ1年です。とは言ってもほとんど19歳としての1年は終わったようなもので1ヶ月もしないうちに満年齢上ではハタチです。選挙権や飲酒喫煙の解禁、それから馬券購入など様々な権利を与えられると同時に、国民年金を払って高齢社会を支えるというような新たな義務も課せられ、いよいよ本格的な“社会進出”といった感じです。もちろん自分はまだ両親を頼りに生きている身なので一概に『成人=大人』と胸を張って言うことはできませんが、少しでも早くそう言えるようになる為にこれから頑張りたいと思います。

そういえば誕生日と言えばプレゼントですが、それと関係があるのかないのか父が髭剃りを買ってきてくれました(笑)これまでは父の髭剃りを使うか風呂場に置いてある剃刀を使っていたことを多分知っているので自分の髭剃りくらいは持っておけということでくれたんだと思います(口には出しませんが)。最近は特に家に引きこもって勉強をしていることが多く、無精髭を生やしていることが多いのでその姿に見兼ねたのかもしれません。ジャパネットに出てくる充電器に差し込んだら“アルコール洗浄液”で除菌までしてくれる!っというような良いやつを買おうかなぁなんて思っていたのですが、それ程の物ではありませんがぶっ壊れるまで大切に使おうと思います。

hellosta02 at 04:38|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)雑談 

2006年10月19日

質問は最終手段じゃないのかな

みなさんお久しぶりです。前回更新が先月の2日なので1ヶ月以上放置していました。とは言うもののこれからも頻繁に更新するつもりはございません(マテ

今日の話は2年前、自分が高校2年生の時になるんですがこの年と言えばそう、はろすてを始めた年です。ですが残念ながらはろすてにはあまり縁が無い話になるんですが、自分の高校は2年次に“情報”という科目が1単位必修でありました。もちろんパソコン中心の授業で、エクセル・ワード・HP作成・画像加工などをやりました。HP作成・ワード・画像加工については配布されたマニュアルをほとんど読むことなく自分で身に付けた知識でできたのですがエクセルだけは中高ではほとんど使う機会がなかったので1つずつマニュアルを読みながらやりました。前者3つについては普通それぞれ5〜6時限要する作業を計3時限足らずで終わらせ先生に『次のプリントはもうないんですか?』みたいな(笑)でもまぁこれは自慢じゃなく当たり前なんですよ、既に知り尽くしてることですから。体育のリフティングテストでサッカー部が鼻を高くしないのと同じです。残るエクセルもマニュアルは読みながらも、普段オタコンと呼ばれてるパソコンマニアですら全く歯が立たない速さで結局終えると言うまでもなく優しい自分は他の奴に教える立場に回る訳です。そうすると全く進んでいない2人組が配布されたマニュアルを全く読まないでわからないわからないと言ってくるんです。どこがわからないのか聞くと『(わからないところが)わからない』という返事が平然と返ってくる。それでも優しい自分は(笑)あぁ部活やらで疲れてるんだよねぇなんて思いながら『マニュアルのここを読んだらわかるから1回読んでみ』っと言って教室を1週してからさっきの二人にもう一度わかったかどうかを聞いてみるとマニュアルすら読んでいない。『じゃあ一緒に最初からやってみようか^^』なんて天使のような一言が言えれば自分も立派な大人なんでしょうが、小学校の先生をやっている訳ではないのでその後は放置。学期末になると課題提出をしないと単位が取れないのでさすがにヤバいと思ったのか、自分に聞くと教えてもらえないと思ったらしく今度は自分の隣の席の奴に聞いていました。そいつは良い奴なので彼なりに教えてあげようとしていましたが自分が隣に座っているので教えようにもわからないところは当然自分に聞いてくる訳で。視野は広い方なので状況は把握しながらもあえて直接は教えないで間接的に。教えてあげていた彼には悪いですがこれが僕の性格です。自分で考えようとしない奴には一切教える気はありません。


そして最近また同じようなことが起きました。これもパソコンを使う作業でちょっと頭を使う内容だったので事前に自作のマニュアルを渡し、電話で一回それを読みながら説明してあげました。一点上手くいかなかったところがありましたが大筋の流れは説明出来たので上手くいかなかったところの原因がわかったらまた連絡すると言ってその日は電話を切って原因を色々調べてみたんですが滅多に出ないエラーなのか回避法が全然無くて。唯一ある方法は電話した時に試してみたけど効果はなかったし・・・。そうこうしていると相手から連絡が来たので、もう一度最初からやってみてくださいと言うと前回説明したところを忘れたって返事が返ってきて『はぁ』みたいな。作業が複雑なんだからメモくらい取ったり、いまどき何をするにも解説サイトが山ほどあるんだから自分で調べてみたりしてみないのかななんて思ったり。なので詳しく解説してあるサイトを教えて1回自分で考えてみてやって、それでわからないところがあった場合は連絡くれたら解説しますと返事をすると、後日わからないところがあるから説明してくれとメールが来たので電話を受け取ると、とっても初歩的なところでほんとに真剣に考えたのかな?って。それでも翌日そのまま放って置くのは無責任なので昨日のところわかりました?ってメールしたら返事はありませんでした・・・。まぁそれなりに忙しいんだろうし、物事には優先順位もあるしって思って次の日の朝ブログを確認するときっちり長文が更新されてその日はフットサル観戦に行っていたとのこと。それでももしかすると帰った時間が遅かったから自分に気を遣ってくれて次の日にでもメールするつもりなのかな、なんて考えていましたがどうやら返事をするつもりは無いようです。
名前は出しませんがもう長い付き合いで信頼を置いている人なのでとってもショックを受けています。信頼しているからこそ最初は誠心誠意色々とやってあげていたのですが、今となっては言葉は悪いですがただ良いように使われただけだったのかという思いすらあります。フットサルの試合には推しメンが出てたみたいなのでメールの返事ができないくらい時間が無かったのは理解できます。それでもこっちは気を遣ってメールしてる訳ですから無視はないと思うのですが・・・・。

ブログでネチネチ言うのも格好悪いですが、自分の思いを表現できる場所はここしかありませんので書きました。最近勉強は上手く行ってる反面、人付き合いは難しいなぁと悩みの種も多いです。

hellosta02 at 23:59|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)雑談 

2006年09月02日

FIRST LIVE TOUR 2003 SPRING 〜MIKI〜

久々にGayOを開いたら『FIRST LIVE TOUR 2003 SPRING 〜MIKI〜』が配信されているので珍しくミキティを観賞していました。ってか見ようと思ったきっかけは最前で“あの人”が棒状の物を振っているのをミキティ以前に観賞しようと思った訳で(マテ
それはさておき、このツアー行っていないですが楽しそうですね。2002年の正月から本格的に歌い始めて翌年にこのツアーですよね?トークは微妙にぎこちない感じですがトップアイドルの風格も感じますし凄いですね。正直楽曲はアルバムをほとんど聴いていないので半分以上知りませんが聴き込めば好きになりそうな曲が多い感じはします。ただ1つ、このDVDを初めて見た時から自分は言っているのですが他にもっとマシなダンサーはいなかったのかと(シネ

ミキティについて自分が話すことなんて滅多にないので今更ですが娘。加入は是か非かについてですが、自分は常々ハローはもっと伸びる気があるならどんどん第二のモーニング娘。とか第二の松浦亜弥を出して売っていくべきだと言っているのでその理論からすると非ってことになっちゃいますね。ケインズの言葉に『需要が供給を生む』とありますが、自分は逆に『供給が需要を生む』ものだと思っています。なのでどんなグループやソロ歌手でもどんどん出していけばハロプロってだけで音楽番組に出られますし、握手会でもすればハローのヲタはそれなりに集まりますし。もちろん外れることもあると思いますけどそしたらまた次を考えればいいだけの話な訳で。アップフロントは上場していない分内部留保もたっぷりあるでしょうからもっと新規開拓に力を注いでいればなぁって思っています。でもミキティに関しては下降気味だった娘。人気に歯止めをかける意味もあったのでそういう意味では仕方がなかったところもあったのかなぁとも思ったり。仕方がないって言っても探せば他に何かしら手はあったと思いますし、仮に6期は亀井・田中・道重の3人だったとしても娘。は娘。で成り立っていると思いますし。まぁ結論は出ない話ですわな。ぶっちゃけ是か非なんて結論出したところで何もないですし。

ってな感じにミキティについて話してみました。多分もう二度とありません(笑)
♪仕方がない それだけですか〜

2006年08月29日

接客業のバイトについて

遅くなりましたが先週の月曜日に広島に帰ってきました。東京でお会いした方々、簡単で申し訳ないですがわざわざ時間を作っていただき本当にありがとうございました。

とりあえず東京でのことはまた後日お話しすることにして今日はちょっとお話ししたいことがあるのですが、たいした教育もしないでバイトに接客をさせているお店ってどうなんですか?いや、正確には面接段階で一般常識すらわきまえていない奴を何故採用するのかって方に疑問を置いた方がいいのかもしれませんが。
読者が10人/1dayいるのかどうかすらわからない極小ブログなので店名隠さず普通に書きますが、自分はフタバ図書というおそらく広島では最大シェアの書店をよく使うのですがここの店員は本当に酷いんですよ。在庫チェックはまともにできない、カッターシャツの下にプリントTシャツ、受話器を持ちながらレジ打ちとかどの店舗もそんなのばっかで本当に呆れますよ。『フタバ図書は万引き0を目標に〜』とかいうポスターが貼ってありますが万引き犯を特定する前にまずは我がふり直せと。
で、今日はデオデオ(広島が本拠地の大型電器店でサンフレッチェのメインスポンサー)にちょっと用があって行ってきたのですがそこでは携帯コーナーである客が一人の女店員相手に何か声高に激怒していました。何が原因かは知りませんがその女店員は自分のせいで相手が怒っているのがわかっているのかいないのかわからないような客を見下す態度で終始無表情。時間が経てば客の方が降りるか、上司が助けてくれるぐらいに思っているのでしょうが自分で解決しようって気がないんでしょうかね。

自分は思うに、接客担当にこそ有能な奴を置くべきだと思うのですがこんなに疎かでいいものなんですかね?だいたいどこの企業も接客は倉庫番の次ぐらいにまだ地位の低い奴がやっていますが、接客こそがその企業イメージに直結するということにもっと気を遣った方がいいような。有能な奴を接客に使うのはもったいないと思うならバイト教育を徹底するとか色々方法はあるのに何でしないんでしょうかね。そういう基本的なことが全くできていない会社がシェア拡大してバカ稼ぎしているのを見ると世の中何なんだろうなって思います。
自分は高一の頃に広島市民球場でバイトをしていましたが正直自分がやる仕事には自信を持っていました。市民球場は昔からしょっちゅう行っているのでどこに何があるかとかお客さんに対しての対応とかほぼ熟知していた甲斐があって、日雇いのバイトでまだ経験が少ない奴は定員オーバーでバイトに入れないことが最初はあるんですが自分は一週間ぐらいで顔パスで入っていましたし、一年二年の経験を積まないとできないような仕事を入ってすぐやらせてもらっていました。他の奴より1時間は早く仕事終えて帰っていましたしね。えぇ、同じ日雇いのバイト連中に対しては自慢ですよ(笑)ってかそれくらい優遇されるのは当たり前なぐらいに自分の仕事に自信があったし、自分なりに責任を持ってお客さんにも接していましたから。それができたのは言うまでもなくそれが自分が好きな市民球場だったから。大抵のお客さんが考えることもわかりますしね。

上の例に挙げたフタバ図書とデオデオの人に対しては、自分を見習えと言う訳ではありませんがバイトで職が選べる立場にいるなら少しは興味が持ててやる気の出る職を選んだらどうかと思います。やっぱり仕事嫌いな人が仕事の効率を上げるならば自分が少しでも興味がある職を選ぶ以外に方法はないと思う。それからバイトもその会社の一人の社員だという自覚をもっと持つべきですよね。大半のバイトから見たらバイト先ってただ自分に給料を払ってくれるところぐらいにしか認識がないんでしょうね。逆に雇う側も将来本格的に社会に出て行く奴がバイトの大半なんだから責任持ってその場の仕事だけじゃなく人間としての教育もするべきなんじゃないでしょうか。そのうちいなくなるバイトなんて適当に働かせておけばいいぐらいの認識でバイトを使ってる企業が大半なんでしょうが、学校と同じでまだ半人前の子供を預かって働かせている訳ですから社会に出ている大人が色々と教え込むべきだと自分は思うんですがね。

結局、接客業のバイトに対しては最低身だしなみぐらいはキチンとしてもう少し仕事に対して興味を持ってみたらどうですかね。まぁ普段から何も学ぶ気がないままに生活しているからそれが1番難しいんでしょうが・・・。難しいところですね。でもだからこそ周りにいる正社員の奴とかがバイトに教え込まないと。正社員が言うことには絶対服従って体系にどこもなっているものだと思うのですが何でしないんでしょうかねぇ。もしここを読んでいる人の中に接客やっている人がいたら少しでも自分の周りについて考えてもらえるとこれを書いた意味があるような気がします。

hellosta02 at 23:59|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)雑談 

2006年08月18日

今はとっても“わくわく”しています。

とりあえずリボンの騎士に昨日と今日の2公演に入ってきました。第一の感想は『わくわく』。今は実にそう感じています。
今回はマルシアさんと現役宝塚の箙かおるさんに共演していただいての本格的ミュージカル。この二人に挟まれて主役サファイアを演じる愛ちゃんは、演技の点についてはお世辞にも『満点っ!』とは言えませんでした(素)それどころかフランツの石川や大臣の吉澤にも引けを取っていたと思います。
でもでもでも、全く落胆している訳ではなくあくまでも現段階において。だって愛ちゃんはこのリボンの騎士が歌劇人生のスタートラインだし、愛ちゃんの演技力はまだまだ伸びるから。
そう言い切れるのは、本当に愛ちゃんは歌劇が大好きだから。そして、何かに夢中になれる好奇心と、それに対して懸命に努力をできる非凡な精神を持ち合わせてると思うから。

もちろんそう言い切れる確証なんてないですよ。はっきり言ってただの希望的観測です。
でも自分はそう思う。そう信じてる。この子ならこれからきっと更なる努力を重ね自分を磨いて磨いて磨き上げると思う。いや、絶対にそうする。
そしていつか『高橋愛主演』と看板を掲げてまたこのリボンの騎士をやって欲しい。今はその姿を想像し『わくわく』の気持ちでいっぱいです。
まだまだ愛ちゃんについては何も知らない僕が言うと馬鹿だねと言われそうそうですが自分は本当にそう思っています。


高橋愛はまだまだ計り知れないポテンシャルを持っていますよ。今はまだ魂を与えられただけに過ぎない一人のアイドルですがね。

hellosta02 at 23:59|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2006年08月14日

お盆ですねぇ

今日はお墓参りへ行ってきました。
父の実家の方はすぐ近くに本家や祖父母をはじめとする親類が多く住んでいることもあり墓掃除とは無縁で手を合わせるだけですぐに終わるのですが、母の方は母以外広島には住んでいないので、どうしても行ける人が限られてしまう為に毎年30分ぐらいは草むしりに時間を費やします。毎年恒例行事ともなると、家族5人役割分担・配置・手順など不思議と同じで猛暑の中とはいえ全く苦痛ではないものですね。場所が近ければこまめに行ってあげることができるのですが、車がないと行くにキツイ距離なので毎年草ボーボーのお墓を見ると申し訳ない気持ちになってしまいます。

話は変わりますが、先週は金曜日から広島市民球場で対巨人3連戦がありました。お盆といえど週末夏休みの巨人戦。しかも市民球場は一週間を通して土曜日が1番客入りがいいのでほぼ確実に超満員だろうと思っていたのですが、公式発表では2万2千人ちょっとと少し物足りない数字でした。ん〜、やはり今年の巨人の低迷が反映しての結果なのでしょうか。交流戦の対日ハムでは当券が売り切れての超満員だったので新庄一人に巨人ブランドが負けてしまうのはなんとも・・・。開幕当初の巨人はベテランと若手の併用が上手く噛み合っていて、個人的にこれは良いチームに仕上がったなと思っていただけにカープファンながら残念だったりします。巨人が強くないとセリーグは・・・とか言うつもりはありませんが、今年のセは首位独走中の中日以外があまりにも情けないのでイマイチ盛り上がりに欠けますね。でもカープはブラウン効果で明るい材料が多いので、来年からセでも始まるプレーオフ出場に今から期待しています!

それから最後に競馬について少し。昨日は勝ち馬予想のみでクイーンSはデアリングハート・北九州記念はリミットレスビッドと予想していました。去年のNHKマイルカップ2着のデアリングハートですが昨日の競馬を見るとラインクラフトより強いんじゃいの?なんて思っちゃいました。藤田は鞭入れまっくていましたけど3角から4角では持ったまま先頭に立つほど結果的には余裕の勝利と言えるんじゃないでしょうか。北九州記念のリミットレスビッドですが、これは川田とは全く合っていないような気がします。前走のプロキオンSもそうですが前から行くのか中段で脚を溜めるのかわからない中途半端な位置取りで仕掛けも相手を見ながらの遅仕掛け。ぶっちゃけ馬と合ってる合わない以前の問題なような気もしますがもう少しよく考えて乗ってもらいたいものです。58キロのハンデが影響したせいもあるのかもしれませんけどね。そういえば先々週の小倉記念でスウィフトカレントが鮮やかに差し切り初重賞を飾りましたね。前走アドマイヤフジと差のない競馬でG僑加紊任垢ら実力は1つ抜けてると思っていましたが、小倉で最内から差し切るというあそこまで良い内容で勝ってくれるとは思っていませんでした。大きいところを取るにはちょっとまだ力不足かもしれませんが、社台の勝負服にSS産駒と大物感をどことなく感じてしまいます。G兇阿蕕い泙任覆蕕泙世泙西”蕕砲覆襪里任呂覆い任靴腓Δ。

hellosta02 at 23:59|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)雑談 | 競馬

2006年08月10日

〜OTONA no NAMIDA〜DVDジャケ写

9月6日(水)発売!

うおおおおおおおおおおおおおお何コレ?ものすんげー良い雰囲気じゃないですか。一見ライブじゃなくてディナーショーか何かですか?みたいな感じですね。なかなか評判が良いとは聞いていましたけど自分の想像以上に何か凄そう。ただDVDを買うかどうかはこれまた別問題(マテ

そうそう、そういえばいまさらですがつんくの“ポジティブ本〜プチ成功への近道〜”を読みました。

HMV様より無断転載

その中に書いてあったのですが愛ちゃんは亜弥ちゃんの『S君』が好きなんですね。初めて知りました。
この曲はファーストKISSに入っている曲ですが、その中でもただ1曲異質な存在と言うか他にはない感じな曲でライブで聴いたりしたらとっても印象に残る曲。一時期自分もリピって聴いていた時がありました。曲調だけでなく歌詞も共感できるというか、『本気出せば私なら〜』とか『1年経っても好きでいるなら〜』とか、できると思うけど自信はないみたいな、あと一歩が踏み出せないもどかしさみたいなS君ならぬAちゃん(笑)の微妙な心情がよく伝わる良曲だと思います。そういうところって誰にでもありますよね。思ったことを直ちに実行に移せる人って少ないし、ましてやそれで成功する人なんてほんの一握り。そういうところがこの曲の聴き所ではないかと思います。

話は変わりますが、リボンの騎士を観る為に来週の木曜日17日から東京へ行くつもりでいます。日曜日か月曜日ぐらいまでは向こうにいるつもりなのでお暇な方はご連絡お待ちしています。1回ぐらいリボンの騎士観に行こうかなぁ〜なんて考えている人はこれを機に会場へ足を運んで、ついでに僕とお食事でもいかがでしょうか?(笑)

2006年08月03日

真里ちゃんのまちうけ

真里ちゃんの話に入る前に、しばらく更新できないで申し訳ないです。書くネタも時間も普通にあるのですが、最近暑さからか家に帰ったら即就寝みたいな生活が続いていまして・・・。昨日も亀田の試合見てソッコー寝ました。なのでお許しを。

さて本題に入りますが、真里ちゃんの待ち受け?スイマセン、集めてるどころか今の携帯には真里ちゃんが1枚もありません(逃)7月28日のえいじさんのブログでわざわざ愛ちゃんについて語ってもらったのに華麗にスルー♪してしまったので逆に今度は僕が真里ちゃんについて少々。
先日のワンダ大阪に行った時のことですが、MC真里ちゃんが『夏と言えばこの曲!!』みたいな送り出しでサマーれげぇ!レインボーを誰かが(誰かはマジで一人も覚えていません)歌っていましたが、何で真里ちゃんは歌わないんですか?真里ちゃんならばれげぇとまでは言えませんがその逆は然り。真里ちゃんのファンの人は絶対に歌を歌う姿を見たいはずなのにそこまでこだわらないといけないんでしょうかねぇ。
ってか7人祭とか超懐かしいですね。確認したら発売は2001年ですよ01年!!!!(何
7人祭に真希ちゃんがいたことすら忘れていたのでジャケ写を見たら、『あぁ、あさみいたな』みたいな(笑)スイマセン、多分当時はあゆみちゃんが誰だかわかりませんでした(爆)そもそも三人祭の亜弥ちゃんを見る目が『コイツ頭大丈夫か?』みたいな仲居君と同じでしたし(笑)
あれから5年も経つんですね。逆にまだ5年か、みたいな感じもしますけど。

自分の中学時代はまさに娘。全盛期で毎日のように学校で“後藤VS矢口”みたいな、いわゆるヲタ論争をしていました。人気は安倍≧後藤>矢口>>>その他って感じだったと思いますが当時の自分はもっぱら真里ちゃん。クラスで1番仲が良かった奴と当時付き合っていた彼女で形成されるなちヲタ軍団の勢力に巻き込まれそうになるも亜弥ちゃんのファーストデートに行くまでは真里ちゃんで突き通した覚えがあります(笑)そういえば高校に入って最初に仲良くなった奴も真里ちゃん好きで、席が1つ前だった奴は真希ちゃんが好きだって言っていました。当時知る人ぞ知る『ポケット♪Money』という画像サイトをやっていて、普通に言いふらしてたのでクラスのほとんどの奴が自分のサイトの画像を待ち受けにしていました。『もっと○○の画像増やせ!』とかよく言われていましたね(笑)その時の掲示板はえいじさん・琢磨君・ポンさんと自分の4人がメインで回っていて、当時があるからはろすてがあり、そして自分でも把握できないぐらいの人間関係が作られた今がある訳ですからそう辿ると面白いものです。

だいぶ真里ちゃんから話が逸れたので戻しますが今でも普通に好きですよ。それだけにワンダでは歌って欲しかった。だって歌っちゃいけない理由なんてないじゃないですか。制裁が厳しいというより中途半端。歌わせないならステージにMCとしてでも立たせないなどキッチリやって欲しいです。それこそWBAの八百長のように(マテ

hellosta02 at 20:49|この記事のURLComments(3)TrackBack(0)
はろすてMENU
ハロプロステーション
★−−−−★



★−−−−★
2004 1/25-05 3/31

↓URL↓
http://yamaaya.huu.jp/
WebMaster:あやや〜