2006年02月

2006年02月06日

去年の今頃は、FAXでも注文を受けていたことを思い出した。
まず電話で問い合わせがあって、メールで注文というパターンも多かった。
今考えると、とても大変だった。
対応すべきことが多いと、頭はこんがらがるし、精神的負担も大きい。
お客様との全てのやり取りをメールにした今は、ずいぶん楽になった。

なぜこんな事を書いているかというと、一昨日、TVで松井秀喜選手の
「授業」を見たからだ。
彼は偉大だ。前から偉大だと思っていたけど、改めて思った。
彼は言う。「経験」が大事だ。そしてそれをしっかり「記憶」することが大事だ。と。

私の「お客様の絵本を作った」という経験は、意識的に記憶されているものではない。
私の記憶は、印象深かった写真やエピソードを何となく覚えているだけだ。
こんな事ではいけない、と、去年1年間の絵本制作の資料を広げてみた。

そこで凡人は気づく。
しっかり「記憶」するのは、その都度やらないとダメだ。
一年も前のことでは、思い出を振り返ってるに過ぎない。
 (23:00)

2006年02月04日

ああ、なんという怠惰。
実に6週間ぶりの更新である。

数日前に、もう一つのブログ
★★絵本★★手作り絵本作り方/読み聞かせ
にコメントが書かれた。

「昨年一年間ブログ見てました。
新年のブログ一つ出たらメールをと・・でも出ない、お忙しいのかなぁお元気
なのかなぁ・・あれ!!も一つブログがある!ワーものすごく元気☆」

懐かしい友人からだった。
読んでくれてる人がいる!感激!!と思ったのに、それでもこちらのブログは
なかなか手が付けられなかった。


「製作日誌」は、オーダー絵本の仕事がヒマだと書けない。書くことがない。
忙し過ぎても書けないんだけど。

1月の絵本制作はただの1冊。
そして、お届け後、感想のメールをいただけなかった… 悲し

その代わり、と言うのも変だが、正月明けに12月に制作したお客様から、も
のすごく丁寧な感想の手紙をいただいた。
絵本を手にしたときの印象や、子どもさんの反応、使用写真の枚数について等、
これからのオーダー絵本の方向に大変役立つ内容がいっぱいだ。


新ブログ「★★絵本★★」も一応形になったから、今年はオーダー絵本に力を入れる。
何とも遅いけど、年頭に当たっての抱負だ。

 (13:04)