配達記録郵便で写真が届いた

配達記録郵便で写真が届いた。
差出人を見ても、…?
写真は、間違いの無いように、メールで注文を確認してから
送ってもらうようにしている。

開けてビックリ!
なんと、2年前にオーダーをいただいた出産祝の、
そのお祝いを贈られた方からだった。


2年前、お客様からの問い合わせは次のようなものだった。

ストーリーとしては「のはらのおともだち」が気に入っているのですが…
料金は先に払っておいて、実際に写真をそちらに送って絵本を作って頂くのは
1年くらい先になりそうなのですが、それでもいいですか?

もちろんこちらに異存があるはずはない。
でも、お客様はそれでいいのですか?という思いだった。
高い本なのに。1年も先なのに。

領収書を送ろうか。絵本を作ります、という誓約書を付けて。
ん?
アッ、そうか!
それってまさにお仕立て券だ!!
こうして、ピクブックの絵本制作チケットが生まれた。


去年Webサイトを移転したとき、発行したチケットでまだ絵本を作っていない
お客様が2名いた。
メールアドレスが分からず、移転のお知らせを葉書で送った。
その後お一人は制作完了したが、チケットの生みの親ともいうべき
このお客様からは申込がなかった。

移転の葉書が届かなかったかな。
絵本、あんまり興味ないのかな。
ずっと、気になっていた。
だから、今、とっても嬉しい!!
 (09:33)