代金設定の見直しを迫られている

6月に郵便局の振込手数料が値上げになった。
代引でお届けの場合は手数料は当方で負担しているが、お客様が代金を
振り込む場合は、手数料をお客様に負担していただいている。
もともと代引と振込では実質的な絵本代金に差があったが、その差が大きくなった。

料金設定をあまりややこしくしたくなかったので、配送料を一律にしているが、
写真で作る場合とデジタル画像で作る場合でも、実は不公平なのだ。

写真で作る場合、記念版は重さがあるので送料に影響はないが、フレンド版は
お返しする写真を同封するかしないかで料金が変わる。
厳密には写真の枚数で料金が変わる。
また、絵本と写真の送り先が異なれば別途に送料が発生することになる。
公平にするためには、細かく料金設定をする必要があるが、
そうまでしなくてもいいかなあという思いもある。

いずれにしても、代金に占める送料・手数料の割合が大きいことに悩まされる。
 (19:12)