皆様、風薫るGWも過ぎて早くも初夏の毎日、と思っていたら早くも梅雨入りの声が聞こえてきました。
前回に引き続き、さよならヘムクの続編を予定していたのですが、あまりに大作なので次回に回して(といっても僕は記事を流用するだけなのですが)、先に今年のGW事情と救急部新メンバーをご紹介します。

5月(画像はイメージです)

当センターはカレンダーどおりの連休に加えて日本赤十字社の創立記念日の5月1日が休日体制なので、今年は前半4連休+5月2日平日+後半4連休という勤務体制になりました。救急部は例年どおり前半後半組に分かれ、いずれか一方の連休は完全オフにしました。今年はへむく史上最もメンバーが多いので、例えば前半組だった僕は病棟業務やカンファで4月28日~30日は午前中出勤、日勤が当たっていた5月2日だけ夕方まで勤務、後半はフルに休みという具合でした。

GWを通じて搬入は29件、うち外傷は16件、手術12件、カテ2件でした。毎年このブログでご説明していますが、人口当たりの重症患者数はほぼ決まっているので、連休や盆暮れだからといって当センターへの搬入件数は増えません(むしろ都市部では人口が減るので、重症の件数は減るくらいです)。今年のGWもそのとおりで全く普段通りの1日3件、半分外傷というペースでした。もちろん波はあり、瞬間最大風速が吹く日もありましたが、連休中も送り元の病院への転医を積極的に進めたこともあり、いちども満床・受け入れストップにならずに連休を乗り切りました。たまたま当たった日のメンバーの皆さん、頑張りましたね。お疲れ様でした。

GW天気(画像はイメージです)

と、GW話で結構書いたので、救急部新メンバー紹介は次回にします(毎月3回の更新をデューティーにしている本ブログなので、回数稼ぎを狙っているわけではあーりません)。
ではでは