2005年08月15日

「YAON35」 忌野清志郎&NICE MIDDLE with NEW BLUE DAY HORNS

忌野清志郎&NICE MIDDLE with NEW BLUE DAY HORNS
8月14日(日) 「YAON35」
日比谷野外音楽堂 16:30/17:30


振り返ってみると、清志郎が三宅伸ちゃんや梅津さん、片山さんたちと一緒に、再び王道路線をやり出したのは2003年の野音ライブからだ。今年はそれから3回目の夏。その間には名盤「KING」や「GOD」も生まれたし、全国ツアーも2回やってる。
だからってわけでもないんだけど、僕は今年の野音を割りに淡々とした気持ちで迎えていた。きっといつもの“あんな感じ”でライブやるんだろうなー、清志郎。なーんて割と冷静に…。
東京近郊ではライブが少なかったこともあり、春からのツアー「TOUR35」も僕は一回も見ずじまいだ。それでも、野音でやる清志郎は夏の風物詩みたいなもんだから、とりあえず見ておかないとなんか落ち着かない。開演前まではそんな感じだだったのだ、ほんとに。うーん、俺、ほんとに清志郎のファンなんでしょうか(苦笑)?

ところが、ところが…。もう、最初からガツーン!ぶっ飛んじゃいましたよ、俺!スゲエ楽しかったです。ヤラレました。完全にヤラレました!
清志郎は1曲目の「Rock Me Baby」から声出まくり。バンドも今まで以上にまとまりが感じられました。いやあ、スゲエわ…。確実に進化してますねー、ナイスミドル!

全く前情報を持たずに来た僕にとって、まるでこの日はツアー初日みたいな気分(笑)。
まず、演出がすごく凝っていてショーとしてとても面白いものになっていたことにびっくり。
オープニングから鳩を飛ばす派手な演出。その後もサブステージで演奏したり、「GOD」では清志郎がドラムの後ろの櫓から登場してみたり。そうかと思えば「君を信じてる」ではステージに雪が降ってみたり…。
アンコールで清志郎が「Wanted」を客席から歌いながら出てきたのにも驚いた。最後の最後に「Jump」をやった時も客席に巨大な風船が幾つも降りてきて、それをみんながステージにリレーして戻したり…。
観客も観て、歌って、手を挙げて、みんなライブに何らかの形で参加できるような仕掛けが随所にあった。ライブ会場にいて、ほんとに幸せな気分になった3時間でした。
ライブ中、ふとステージから客席に視線を移すと、そこにあふれる笑顔、笑顔、笑顔!楽しそうな観客の笑顔を見てるだけでもハッピーな気分になっちゃった。そういう僕もスタートと同時にニコニコだったんだけど(笑)。
いやあ、こんなに大勢の人を幸せな気分にさせちゃうミュージシャンってのも、なかなかいないと思いますよ。

セットリストも見事。定番曲、懐かしめの曲、新曲と絶妙な配分。
最近はある程度セットリストが固定化してきてるような感があった清志郎だけど、今回は最初から最後まで何が出てくるかドキドキものでした。
僕としては、去年の野音でその良さをしみじみと噛み締めた「ラプソディ」や「サマータイムブルース」が、今年も聴けたのが嬉しかったなあ。「サマータイムブルース」は清志郎、微妙に歌詞を変えてましたね…。さり気なく最近の時事を織り込んで危機感を煽っていたのが、ニクイところ。

実は、目下のところの新譜「GOD」を、僕はあんまり聴きこんでいない(苦笑)。「KING」はほんと名盤だと思うんだけど、あっちの印象を僕はいまだに引き摺ってて、「GOD」まで耳が回んないってのが正直なところなのだ。
だけど、野音で聴いた新譜からの曲は素直に“イイ歌だなあ〜”ってしみじみ思った。「Remember You」なんか、新しい清志郎の定番になるかも。CDではヒロトが歌ってたパートを、伸ちゃんがあのあったかい声で歌ってたのもぐっときたなあ。

あと、なんつってもサブステージね。Cブロックの真ん中に小さなステージが作られてて、観客のすぐ目の前でプレイする。
まあ、ストーンズやU2、ブライアン・アダムスなんかがやり始めたアイディアをパクってんだけど(苦笑)、野音でこれをやった人ってあんまり聞いたことないなあ。選曲も懐かしめのモノばかり固めてきてて、これが実に素晴らしかったのだ。
この日演奏された「忙しすぎたから」なんか、僕はこの先もずーっと憶えているだろうなあ…。伸ちゃんが弾くペダル・スティールの艶やかな音色が夕方の野音の空に溶け込んでいく光景は、この夏の忘れられない思い出になりそうな気がする。
「体操しようよ」なんていうレア曲の登場もあった。これ、「PLEASE」の一番最後に入ってた曲だったよね?その前がへヴィな「あきれてものが言えない」だったから、当時はこのちょっとカワイイ曲が飛び出してくるとほっとしたもんだ。高校時代、密かに想いを寄せてた娘の姿をちょっと思い出したりしながら、よく夜中に部屋でこの曲を聴いてたのを思い出した。

「ロックンロールショー」にもぶっ飛んだ。三宅伸ちゃんのブラックのレスポールからのぶっといリフには興奮させられた。

まあ、見所は書ききれないくらいあったんだけど、あとはセットリストを見て想像してみてくだされ(笑)。バンドはますますタイトになってきてるし、清志郎は最初から最後まで声が出まくり。いいライブでしたよー。

忌野清志郎&NICE MIDDLE with NEW BLUE DAY HORNS
8月14日(日) 「YAON35」セットリスト
1.Rock Me Baby
2.ブン・ブン・ブン
3.トランジスタ・ラジオ
4.Remember You
5.ありふれた出来事part2
6.ラプソディ
7.愛を謡おう
8.サマータイムブルース
〜Walkin'のCMソングでサブステージに移動〜
9.去年の今頃
10. 僕の好きな先生
11.忙しすぎたから
12.あふれる熱い涙
13.体操しようよ
14.ラーラーラ・ラ・ラ
(サブステージここまで)
15.ロックンロールショー
16.It's alright
17.ブルーズンロール
18.GOD
19.わからず屋総本家
20.仕草
21.君を信じてる
22.ドカドカうるさいR&Rバンド
23.雨あがりの夜空に
24.baby何もかも
25.気持ちE
EN1.Wanted
EN2.上を向いて歩こう
EN3.Jump


hendrix69 at 21:44│Comments(12)TrackBack(7)clip!忌野清志郎 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. YAON35/忌野清志郎  [ ワタナベ。日記 ]   2005年08月15日 23:38
 夏といえばこれしかないぜ!ってなわけで清志郎の日比谷野音ライブに行ってきた。
2. 日比谷野音ベイベー  [ RCサクセション、ストリートスライダーズ、SIONとか、とか。 ]   2005年08月16日 10:49
8月14日ヤオン。忌野清志郎だ! お盆のヤオンは、キヨシローの指定席。 むかし、クリスマスの武道館はRCの指定席だったように。 しかし暑い日だった。暑いぜベイビー。 オープニング、ステージから鳩が数十羽飛び立った(笑) 今回のサプライズは、やっぱC席の中央...
3. 忌野清志郎〜  [ LSDで行こう♪ ]   2005年08月16日 19:47
昨晩、日比谷野音へ行って来ました♪ 久々の忌野清志郎のライブです。ここ3年くらいご無沙汰?かも・・・。 一時、よく行ってたんだけど、相棒の「曲の構成がいつも一緒だ。もう行かなくて良いかな」の一言で、ずいぶんと遠ざかっていました。今回はたまたまチケットが入
4. 忌野清志郎 -YAON35-  [ Super Shit!! ]   2005年08月17日 01:23
8月14日、5:00PM・・・日比谷野外大音楽堂の中へ入って行く。 2:30PMに着いていたワタクシはリハを聞けただけでも満足だったが 来たからにはなんとしても入りたかったので、 なんとかチケを手に入れ、昨年の野音を思い出しながら席へ向かう。 Cブロックの一列目・・...
5. 野音  [ nobu's diary ]   2005年08月19日 19:34
8/14は、清志郎の野音に行ってきました。 サイコーでした・・。 なんでこんなに皆が幸せな気分になっちゃうのかなあ・・? ? 地味変に出てた、客席サブステージでの写真 皆、笑顔でとっても嬉しそうです。 ? アンコールの時に清志郎が着ていたTシャツ、 日本...
6. 野音のキヨシロー最高!イエイ!  [ 似顔絵ロック 〜 Portrait in Rock ]   2005年08月20日 12:03
日比谷野音で忌野清志郎見てきました。本人も野音には相当思い入れがあるのでしょう。アンコール合わせて3時間近い熱演、ホント最高でした。本編最後の曲(おっとこの曲に続けて“気持ちE”がありました)、オーティス風の“Baby何もかも”前の、オルガンをバックにした語り...
7. ついに神様に!清志郎  [ the Mantkai beta ]   2005年12月05日 20:50
GOD 15ヶ月ぶり、デビュー35周年の忌野清志郎NEW ALBUM。前作「KING(王様)」があまりに素晴らしかったので、少し心配だったが、そんな心配は見事に吹っ飛んだ。何より演奏と曲が素晴らしい。おいそこの小僧、だまってこの「神様のロック」を聞け!と言いたい。 しかし...

この記事へのコメント

1. Posted by doekmono   2005年08月16日 10:52
dokemonoつうかnagaです!
こんにちわ!よかったですね!ヤオン。
立ち見がすげー多くて「儲かるだろう!キヨシロー!」って思った(笑)
2. Posted by laika0812   2005年08月16日 15:58
TBありがとうございます。

セットリストを見て、改めて頭と心の中でライブを振り返っちゃいました。
清志郎のジャンプの高さが年々、低くなっているものの、志の高さは変わっていないということで、清志郎は私にとって、自分の位置を確かめるコンパスのようなものです。

それから、夏の野音は他にはないライブの感じがして、大好きです。
3. Posted by いっしー   2005年08月16日 19:52
TBさんきぅ〜♪
こちらからもTBしちゃいました♪

楽しかったですよね!!野音♪
こんなに大勢の人間を「E気持ち」にさせちゃうキヨちゃんは
やっぱりGODですね!
4. Posted by Y.HAGA   2005年08月16日 22:56
>nagaさん
ほんと、立ち見多かったっすねえ…。野音って立ち見もいいよね。僕、席があってもアンコールの時は立見席に行って見ることもあります。前はそこだとタバコも大目に見てもらえたしね(苦笑)。

>laika0812さん
清志郎が自分の位置を確かめるコンパス、って部分は納得できるなあ…。僕も清志郎が今何を感じてるかって常に気になります。その活動が全期間OKだったわけじゃないけど、NOだった時もひっくるめて気にならざるを得ない存在なんですよね。

>いっしーさん
正にGOD!しかし、ボス→KING→GODときたら次は何になっちゃうんでしょうね、清志郎…(苦笑)。
5. Posted by you-tan   2005年08月17日 01:23
トラバどうもです。
しかし良かった、YAON35。
たまりませんなぁ!

レポ書いてみました^^
良かったら覗いて下さい!
突っ込みもお願いします(笑
6. Posted by Y.HAGA   2005年08月17日 08:12
>you-tanさん
ブログ、早速拝見しましたが、いやあ、詳しいレポですねえ…。突っ込みなんてとんでもない(苦笑)。

それにしてもやっぱ清志郎のライブは反響すごいなあ…。コメントやトラバがガシガシ来るのにびっくりしました。
7. Posted by gaku1868   2005年08月18日 23:35
ブログ拝見して、あのコーフンが蘇ってきました!ラーラーラ・ラ・ラ〜ロックンロールショーへの繋がりはホントにイカしてましたね。今年は春にアラバキフェス、夏はフジロックに野音とGODづいてます。明後日は北海道のライジングサンでまたキメてきますよ!
8. Posted by nobu   2005年08月19日 19:46
はじめまして。
素晴らしいレポ拝見しました!ありがとうございます!
私、つい数日前よりブログを始めました。
TBというものをさせて頂いてみました。
(し、失礼なことをしていたらすみません。ご指摘下さい・・)
9. Posted by Y.HAGA   2005年08月20日 08:34
>gaku1868さん
おお、ライジングサンかあ〜。野音とはまた違うテンションでの演奏が聴かれるんでしょうねえ。野外フェスは家族持ちにはなかなか敷居が高くて…(苦笑)。

>nobuさん
TB、まったく問題ナシですよ。っていうか、僕もまだブログはじめて少ししか経ってないからよくわかってないんだ(苦笑)。でも、ブログって面白いですよね。YAON35にしてもこんなにコメントが来るんだからなあ…。こんな風にレスポンスが早いところがブログの魅力ですね。
10. Posted by yu-shio   2005年08月20日 12:12
はじめまして。TBありがとうございました。しかしまあホントに最高!なライブでしたね。久々に聴いた“ロックンロールショー”かっこよかったです。TBもさせていただきました。
11. Posted by nobu   2005年08月20日 23:04
ありがとうございます。
本当、ブログって、同じ想いを共有する仲間ができて楽しいです。
ハマリそうです。

12. Posted by Y.HAGA   2005年08月21日 09:22
>yu-shioさん
“ロックンロールショー”はほんとサイコーでしたね。サブステージ後にやるタイミングもGOOD!重戦車みたいなぶっとく重たいビートに腰がうずきました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
Y.HAGA
1965年生まれ。高校時代にROCKに目覚めて以来、いまだに思春期が終わらない。相も変わらずライブハウスに通い続ける日々。妻1子2。仲井戸“CHABO”麗市ファンサイトcafe HENDRIXの管理人。
最新コメント
最新トラックバック
20世紀少年 (Blueの雑記帳(2nd edition))
【映画】 「20世紀少年」
今は・・・ (奥行きの深い日々)
役立たずの神様へ