2005年11月03日

ラプソディー ネイキッド / RCサクセション

スゲエや…。もう絶句!
このブログをご覧になってるような方には、もう説明不要でしょう。これは、1980年4月5日に今は無き東京九段の久保講堂で行なわれたRCサクセションのワンマンライヴを完全収録したアルバムだ。80年代を駆け抜けたRCの快進撃は正にこの日から始まった。そして日本のロックの歴史も、この日確実に一歩進んだのだ。

もちろん、僕はこのライブを実際に観たわけではない。当時、福島の田舎町に住んでいた僕にとって、東京にライブを見に行くなんてのは夢のまた夢だった。実は、その頃の僕はRCじゃなくてYMOにイカレていたんだけど、ロック好きのクラスメートに録ってもらったカセットが「ラプソディー」だったのである。それはこの日のライブを9曲に凝縮したものだったのだが、僕をぶっ飛ばすのには十分すぎるほどだった。
当時はそんな少年少女が日本中にたくさんいたんじゃないかなあ…。三宅伸ちゃんも、奥田民夫も、向井秀徳も、みんなボンタン履きながら(か、どうかは知らないけど…)これを聴いてぶっ飛んで、今ギターを弾いて歌を歌ってるんだからね…。

あれから25年も経って、あの奇跡みたいな夜が完全な形で蘇った。なんかもう、その事実だけでくらくらしちゃうんだよ、俺は(泣笑)。こんなアルバムが自分が40になった歳に出るとは夢にも思わなかった。いったい今は何年なんだよ(笑)。最後の「指輪をはめたい」で、曲前の清志郎のMC聴いてたら、なんだか泣きそうになったよ、もう…。

そんな感傷を抜きにしても、このアルバムはやっぱりスゲエ。後々のRCのライブ盤と比較しても、この頃のRCは勢いが違う。
CHABOのMCから間髪入れずに始まる「よォーこそ」、これだけでもう頭が真っ白になっちゃう。しかもこのライブ盤、音質が格段に上がってるね。はっきり分離して聞こえる各パートの音がすっごく気持ちE!
これ以降のライブで定番となった曲もいっぱい入ってるけど、気持ちテンポも速くて前のめり気味。気迫バリバリの演奏だ。「ステップ!」なんか、もうどこに行っちゃうかわかんないくらいの押せ押せアレンジ。客席が盛り上がってるのが目に浮かぶようだ。

それと、僕は体験できなかったんだけど、ツインギターのRCってのもサイコーにカッコいいですねえ!小川銀次のギター、当時は合わないなんて言ってた人もいたけど、そんなことないぞ!すげえイイじゃん!
銀次が抜けた後は、Gee2wooや梅津さんの音がもっと前に出てきてCHABOのギターと絡むようになり、それは僕らのよく知ってるRCの音になるんだけど、ツインギターのRCもかな〜り強力!ビビりました!この頃のRCのライブを観た人、宝モンですよ、まさに。

金子マリさんがゲストで入った未発表曲の「まりんブルース」も、ものごっつう気に入った!RCってR&Bのカバーはあっても、真っ向からブルースやったのは意外に少なかったりするじゃん。これはど、ど、どブルース!
マリさんの声も若いなあ…。やっぱし最高のソウルシスターです、マリさんは。はじめて気がついたんだけど、若き日のマリさんの声はなんだかLeyonaの声とそっくりだ。…あ、逆か。Leyonaの声がマリさんに似てるんか(苦笑)。どっちでもいいや、俺、この手の声にやっぱし弱いんだなあ〜(笑)。

あと、なんつってもこのライブ盤には、当時のMCがそっくりそのまま入ってるのが最高に嬉しいぞっ!
オープニングのCHABOの煽り、これはもう最高だっ!遊びじゃないんだっ!(笑)“ラブソング”って言葉を、これほどカッコよく感じたことはなかったもんなあ、当時。
あと、清志郎の声ね。若い。若いなあ〜。“サンキューエヴリデー。デーィ?”とかさ、もう嬉しくて嬉しくて…。有名になった“愛し合ってるか〜い?”もさ、初期はイントネーションが違うんですよ。気がついてました?“愛し合ってるかいー?”なんです(笑)。
そうそう、「いい事ばかりはありゃしない」の前、清志郎が「だけどさ〜」って言うと観客も一緒になって「いい事ばかりはありゃしねぇんだ!」って叫んだりもしてたっけなあ、当時。あー、なんかいろいろ思い出しちゃうなあ。ちゃうなあ!ちゃうなあ!!ちゃうなあ!!!

ゴメンね、興奮しちゃってて。若いコなんか何言ってるか、さっぱりわかんないでしょうね。ほんとゴメンね(苦笑)。
でもさあ、これはほんとに僕にとっては大事な大事な宝モノなんですよ。飲んだくれのおっさんの戯言だと思って、今日だけは興奮させといて…(笑)。だってさあ、すべてはココから始まったんですよ。これがなければ、僕なんか40ヅラ下げてライブハウスに通うような日々なんか送ってなかったかもしれないんです。それこそ、今ごろは山のふもとで犬と暮らしてたかもしれないんです(笑)。

ほんと、ラプソディの完全版が出たってことを、僕は同世代の“もうロックは卒業”した人たちに一人残らず宣伝したいぐらいの気持ちなんだ、今。こんなの出たんだぜ!清志郎もCHABOもまだビンビンに演ってるんだぜ!ってね…。
ねえ、25年前僕にカセットをくれた福島北高校のヒロフミ君、君は今いったいどこにいるの?こんなの出たの知ってる?ねえ、知ってるの?。ねえ…。ねえ…。


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. RHAPSODY NAKED/RCサクセション  [ ワタナベ。日記 ]   2005年11月03日 22:59
ラプソディー ネイキッドRC SUCCESSION UMCK-1197/2005
2. Rhapsody Naked  [ 放蕩研究所:本日の言い訳 ]   2005年11月06日 23:22
今月のアーティストで紹介しているRCサクセションの『Rhapsody Naked』が到着しました。邦楽アーティストのCDにしては珍しくライナーに解説文があります。このアルバムがこのカタチで発売されるに至った経緯が詳しく書かれていて、実に読み応えのあるものになっています。
3. RHAPSODY NAKED  [ 恭つれづれ ]   2005年11月08日 00:22
RHAPSODY NAKED ? 聴きました。ついに。 これに関しては書きたいと思うことが多すぎて困る。 ? 25年前、1980年4月5日。 RC SUCCESSION 伝説の久保講堂ライブ。 このコンサートがノーカット版で収められた、古いRCファン...
4. Tokyo Hot10 10月第4週  [ 俺の話を聴け〜! ]   2005年11月09日 09:33
タイム・トゥ・ラヴスティービー・ワンダー ユニバーサルミュージック2005/10/19発売約10 年ぶりとなる28枚目のオリジナル・アルバム。さすがのスティービーもここしばらくは初期中期に見せた才気あふれる能力に翳りが見えていたが、この新作で は完全に吹っ切...
5. RCサクセション ’ラプソディー・ネイキッド’  [ RIWTA’S ]   2005年11月09日 21:18
実は僕はRCが大好きで。→’04年3月26日の記事’RCサクセション’ 10代の僕はRCと共にあったと言っても大げさではない(笑)。 でもホント、それぐらい好きでした。 ’80年4月5日、RC久保講堂でのライブ。 いたいけな中学生だった僕も行った(!)このラ...
6. RHAPSODY NAKED個人的一曲解説バトン!  [ 俺の話を聴け〜! ]   2005年11月12日 10:54
RHAPSODY NAKED個人的一曲解説バトンという面白い企画が回ってきたので、及ばずながら参加することにした。 エントリー曲はラプソディにすることに決めた。でも最初にちょっと夢のない話をしておくことを了承していただきたい。 これを書くにあたって....

この記事へのコメント

1. Posted by 大内   2005年11月03日 10:26
いやぁ。HAGAさん。ありがとう。いまから買いにいってきます。
興奮してきました。なぜ今なんでしょうね?しらなんだ。アマゾンで
収録内容みたら、俺のだいすきな「たとえばこんなラブソング」はいってるじゃないですか。「ラプソティー」でアルバム「プリーズ」の曲やってたんですね。今日は自宅でゆっくりとR&Rショーを堪能したいと思います。
俺が20そこそこの時、RCが初めて水戸にやってきて「納豆ベイビー」ってやってましたよ。ファンも心得ていてステージに本物の納豆投げ込んだりして・・・。あのころの音楽シーンを上りきる途中のRCが大好きです。
2. Posted by みち%1968年型   2005年11月03日 12:17
くう〜っ、悔し〜。
発売日前からAmazonに予約してたのに、『もうすぐ発送します』のまま、まだ配達されてないんですよね。
オジサンが大挙して買いに走って、流通量が足りなくなってたりして。
3. Posted by ワタナベ。   2005年11月03日 23:07
発売日以来、通勤・帰宅時にはずーっとこれをリピートして聴いてます。頂点に上り詰める直前のテンションというか勢いがビシビシ感じられてすごいです。すごいとしかいいようがない。
4. Posted by Y.HAGA   2005年11月05日 07:19
「ラプソディー・ネイキッド」やっぱ反響はすごいですね。都内のDDショップでは初回入荷分が品切れになったところもあるみたいで、かなり売り上げもいいみたいです。かく言う僕も、最近はこればっかリピートして聴いちゃってます。贅沢な注文かもしれませんが、こうなると映像の完全盤が見たくなっちゃいますねえ。そういうの、残ってないのかなあ?
5. Posted by サッカー野郎KOB   2005年11月06日 03:32
HAGA さん こんばんは 僕もラプソディネイキッド 買いました。 
CHABOの最初のMCには、本当にブッ飛びました。
ラプソディのオリジナル盤の凝縮されたものに比べれば、アレンジが定まっていなかったり、メンバー同士の馴染んでいなかった(新曲のため練習不足?)曲もあったりで、新鮮でした。 「指輪をはめたい」も鳥肌モンでした。 今後RC関連の未発表音源というので、ラプソディネイキッド を超えるものは、発掘難しいかもしれませんが、映像であればTVKの「ライブ帝国」レベルのものは、各民放テレビ局の倉庫には沢山眠っていると思います。 紅白歌のベストテンや夜のヒットスタジオの映像など見たいですね。
6. Posted by Y.HAGA   2005年11月06日 08:17
■サッカー野郎KOBさん
>映像であればTVKの「ライブ帝国」レベルのものは、各民放テレビ局の倉庫には沢山眠っていると思います。

うん、特に80年代ごろって地方局なんかも探せば貴重映像がたくさん出てくると思うんだけど…。僕は当時福島の田舎町に住んでましたが、あの頃仙台でR&Rオリンピックってのがあったんですよ。今の夏フェスのハシリですね。あの特番として東北オンリーで放送してた番組が当時あったんですが、スライダーズなんてライブ盤の製作秘話なんかも話してたりしてて、RCがあったかどうかは忘れちゃったけど、今となっては貴重なモノだと思うんだけどなあ…。
7. Posted by かすみ   2005年11月06日 08:27
すごいなあ。私が見ているブログはたいがいラプソディー ネイキッドを
手放しでほめてるみたい。これこそが、欲しかった物なんだ!!ってね。
私、今のCHABOさんにしか興味ないんだも〜ん。と思いながらも、だんだん
ドキドキしてきちゃった。
8. Posted by Y.HAGA   2005年11月07日 21:10
>かすみさん
まあね、今のCHABOにしか興味ないんだったら、ひょっとしてあまりピンとこないかもしれません、これは。この頃のCHABOは、まだ本領発揮とは言い難いしね。このアルバムは、個人のプレー云々というより、むしろ爆発寸前のバンドのむせ返る様な熱さを感じ取るようにして聴くのが正解のように思います。
9. Posted by Yin Yan   2005年11月09日 09:29
はじめまして。
子供の頃に聴いたあの興奮が
完全版になったとは価値ある一枚です。
この当時のメンバーでやり続けて欲しかったなあ。
ではでは。
10. Posted by Yin Yan   2005年11月12日 10:51
またまたこんにちは。

みんなでラプソディーネイキッドの1曲を取り上げてレビューしていこう!という企画が回ってきました。
TB記事の一行目にリンクがありますので、気が向いたらぜひ参加してみてください。

ではでは。
11. Posted by Y.HAGA   2005年11月13日 11:03
>Yin Yan
ラプソディーネイキッド、いろんなブログで盛り上がってるみたいですね。1曲だけ取り上げてレビューですか…うーん、1曲だけあえて取り上げるって僕にはけっこう難しいなあ。まあ、気が向いたら書くということで…。
12. Posted by    2007年06月22日 11:25

こんにちは★
初カキです絖

また覗きにきます^^

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
Y.HAGA
1965年生まれ。高校時代にROCKに目覚めて以来、いまだに思春期が終わらない。相も変わらずライブハウスに通い続ける日々。妻1子2。仲井戸“CHABO”麗市ファンサイトcafe HENDRIXの管理人。
最新コメント
最新トラックバック
20世紀少年 (Blueの雑記帳(2nd edition))
【映画】 「20世紀少年」
今は・・・ (奥行きの深い日々)
役立たずの神様へ