2006年02月12日

曙ハウスが無くなっちゃった!

曙ハウス取り壊し去年の11月頃、このブログで根津の「曙ハウス」という古い建物を紹介したことを憶えてます?
あれ、取り壊しになっちゃったよ!!(泣)

昨日、うちの奥さんが買い物に行った帰り、曙ハウスの前を通りかかったら、もう更地になっていて、ここに昭和の生き証人みたいな荘厳な建物があったことなんて、想像すらできないほどきれいになっていたというのだ。
うちの奥さんは昔から千駄木に住んでいた地元民だから、よそから移り住んだ僕のように、古いものをただありがたがったりせず、割とクールに接するところがあった。そりゃあ、そうだろう。地元民にしたら、古いものが必ずしも良いことばかりではないってことが見えてくるからね。
そんなクールな彼女も、今回の件に関してはさすがに沈んだ声だった。「曙ハウスがなくなったら、なんだか根津のあの辺は、“路地”っていう感じが全然しなくなってしまった…」っていうのだ。

これは大変だ、と思って僕も今日慌てて行ってみた。
結果は写真のとおりだ。もう、ここにあの怪物みたいな建物があったなんて気配は微塵も感じられない。まだ壊されて間もないのだろう。ならした土はまだ湿っている感じだった。路地がやけに明るくなっちゃって、裏手の建物の壁に大きな染みが残っているのが、曙ハウスの断末魔の涙みたいで、なんだか無性に物悲しかった。

もう存在しない建物だから、場所もちゃんと書いちゃおう。曙ハウスは、根津の交差点から上野の桜木町に向かう不忍通りを左に曲がった路地にあった。休日には昭和の名残を求めて下町散歩を楽しむ人が、よく立ち止まってカメラを向けている姿を見かけたものだ。ここは昭和初期の名残を残すレトロな建物として、その筋からは有名な物件だったのである。

よくよく調べてみたら、ここを取り壊すって話は前々からあったみたいなんだよね。所有者同士の話がなかなかまとまらず、取り壊しが延び延びになってただけなんだって。ここって僕はてっきり賃貸アパートかと思ってたんだけど、部屋ごとにばら売りされてて、それぞれにちゃんと所有者がいたんだね…。
所有者がばらばらだったことが、曙ハウスの取り壊しを先へ先へと延ばしたんだろう。でも、もしこれが一元管理されていたら、直すべき所は直して、平成の世になっても持ち応えられるような補修工事も可能だったのではないかと、そんな気もしてくるのである。

こういう大時代的な建物がなくなってしまうのは本当に寂しい。なんだか、近所に住んでる知り合いのおじいさんが亡くなってしまったような気分だ。
文京区は、根津にしても千駄木にしても本郷にしても、個人の所有している古い建物がとても多い。最近はそういう建物が何の前触れもなく、突然取り壊されたりするのが目立つようになってきた。
個人の物件は、所有権や税金の関係などが絡み、行政が口出しするのは難しいのかもしれない。だけど、昭和の歴史を見つめてきた建物が次々に消えていくのを、ただ指をくわえて見ているだけなのは、あまりにも歯痒いではないか。区として何か手立ては打てないのだろうか。
区がダメなら都だ。それこそただ壊すだけじゃなく、解体して小金井の江戸たてもの博物館にそっくり移すとか、そういう管轄市区町村の垣根を越えた措置を切に望みたい。でないと、ほんとに東京は味気ない町になっちゃうよ…。


hendrix69 at 20:28│Comments(2)TrackBack(3)clip!東京の下町 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 東京文京区根津の「曙ハウス」  [ Blog版「環境社会学/地域社会論 琵琶湖畔発」 ]   2006年02月12日 20:52
■東京には年に何度も仕事でいきます。でも、いく場所はだいたい決まっています(だいたいが大学、つまらんな〜ホント)。きままに東京の町を散策することなど、たいていはできません。でも、昨年は、『Kai-Wai散策』を運営されているmasaさんにいろいろ文京区をご案内してい...
2. 曙ハウスの最後  [ Blog版「環境社会学/地域社会論 琵琶湖畔発」 ]   2006年02月12日 20:52
■masaさんの『Kai-Wai散策』で、「曙ハウス」がエントリーされました。このブログでもお伝えしたように(「東京文京区根津の『曙ハウス』」)、「曙ハウス」は大正期に建設された木造アパートメントで、多くの“町歩き愛好家”の注目をあびてきました。が、しかし。とうとう...
3. 根津と谷中を訪れる(1)  [ Blog版「環境社会学/地域社会論 琵琶湖畔発」 ]   2006年05月31日 12:52
■墨田区京島「LOVEGARDEN」さんを訪問したあと、根津と谷中に移動しました。根津に移動したのは、根津の「Cafe Nomad」でひらかれていた neonさん(『N的画譚』)の個展「ピアニシモな建築たち」を拝見するためです。ブログを通じてしりあった皆さんと一緒にお邪魔しました...

この記事へのコメント

1. Posted by ayako   2006年02月14日 10:13
東京の古き良きものがこうしてなくなって行くのは寂しい限りですよね。
とはいえ現実にはなかなか難しいのだろうし、せめて新しいものを作る時は
周囲との調和を考えて設計して欲しいと思っているのですが、日本橋コレド
も表参道ヒルズもちょっとちょっと…!!って感じでガックリです。

本題と関係ないんですが、来月引っ越しを予定しており、勤務地の関係で
根津〜千駄木エリアが結構有力候補です(まだ部屋探しすら始めてません
が)。ひょっとするとご近所になるかもしれませんね。
変なカッコして外歩けないなぁ…(苦笑)。
2. Posted by Y.HAGA   2006年02月14日 16:01
◆ayakoさん
表参道ヒルズは僕もちょっとちょっと…だなあ…。まだ行ってないけど、同潤会アパートを壊してできたのがこれですか〜って、ちょっとがっくりきちゃいましたね…。

>勤務地の関係で根津〜千駄木エリアが結構有力候補です

お、そうなんですか!この辺のエリアは確かに独りで住んでるOLさんも他地域と比べてけっこう多いと知り合いの美容師さんから聞いた事があります。

>変なカッコして外歩けないなぁ…(苦笑)。

それはお互いさま…(苦笑)。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
Y.HAGA
1965年生まれ。高校時代にROCKに目覚めて以来、いまだに思春期が終わらない。相も変わらずライブハウスに通い続ける日々。妻1子2。仲井戸“CHABO”麗市ファンサイトcafe HENDRIXの管理人。
最新コメント
最新トラックバック
20世紀少年 (Blueの雑記帳(2nd edition))
【映画】 「20世紀少年」
今は・・・ (奥行きの深い日々)
役立たずの神様へ