2006年06月26日

いつかきっと

中田なんかね、オレは無性に腹立ってます、今。
ブラジルとの一戦は今の日本サッカーの実力が白日の下に曝け出された試合でした。あれを見たら子供だってわかりますよ。あれで世界を勝ち進めるわけないって!日本のレベルは、やっとこすっとこW杯に出られるようになったひよっこ。それ以上でもそれ以下でもなかったんですね。世界の強豪とがっぷり四つに組み合うなんて最初から無理な話だったんじゃないでしょうか?
あのさあ、それってサッカー協会も川淵さんも、評論家もマスコミも、選手も監督も、実は最初からわかってたことなんじゃないの?なのに“まだ可能性がある!“サッカーは何が起こるかわからない”って言って現実から目を逸らし、日本中を引っ張れるだけ引っ張った。僕もすっかりのせられちゃって、大会前は1次リーグぐらい軽く突破するもんだと思ってましたもん(苦笑)。なんか今は騙されたような気分。だって集団詐欺みたいなもんじゃん、これ!(苦笑)

それでも試合内容がよければまだ許せます。だけど、ピッチに立ってた選手たちには心底がっかり。ほとんどの選手からは全く気迫が伝わってこなかった。情けなくなったよ、オレは。“サムライ”ブルー”が聞いて呆れるって!
今、1次予選敗退の要因を様々な媒体がいっせいに書きまくってますが、さすがに今回ばかりは「夢をありがとう」みたいな能天気なこと言ってるのはないね。当たり前だ!僕は夢なんて欲しくない。現実の勝ち点が欲しかったんだから。
サッカー評論家にはこういう時こそ僕みたいな門外漢や子供にもわかるように、何がダメでああいう結果になったのか、きちんと解説して欲しいです。そうじゃないと僕らは先に進みようがないじゃないですか…。

ああ、それにしてもなんでこんなに悔しいんだろう…。
サッカーの日本代表という集団に、僕は間違いなく何かを託してました。それは政治的な意味や頭でっかちの愛国心では断じてなく、自分と同じ身体性、メンタル、文化的背景を持ったアスリートが、自主性を重んじる指揮者に率いられて世界の荒波の中に出て行った時、いったいどこまで通用するものなのかを見てみたい、それを応援せずにはいられないという心の底から沸きあがるナショナリズムだったと思います。
大げさに言えば、これは日本的なやり方がどれだけ世界に通用するかという壮大なテストケースだったわけ。だからこそ日本代表が木っ端微塵に粉砕されてしまった時、僕は日本人としての自分のやり方やふるまい方、おおげさに言えば日本人としての誇りまで傷つけられたような悔しさを覚えたんだと思います。

今回のW杯を通じ、僕は“日本的なるもの”を考えざるを得ませんでした。テレビサイドが視聴率稼ぎで強引に試合時間を設定した話や、1次リーグ敗退の責任をとろうとしないサッカー協会の体質も、一部権力者が既得権益を守ろうとする日本社会の縮図が表れてるような気がしますね。
多分、W杯後は日本サッカーに愛想を尽かして離れていく人も多いでしょう。実際今もいるでしょ、“日本人にはサッカーは合わない。やっぱり日本人は野球だ〜”なんつってWBCを思い出して悦に入ってる方々が…。それも熱しやすく醒めやすい日本人の国民性を反映してるのかもよ(苦笑)。

僕はやっぱりサッカーを捨てられません。多分死ぬまで見続けると思います。しばらくはカタルシスの感じられる試合なんてほとんどないかもしれない。それでもいいんです。僕の腰が曲がる頃までに日本がW杯でベスト8まで行ってくれれば…(苦笑)。はー、サッカーのファンって、こんなにストレスの大きいものだとは思いもしなかったなあ…(苦笑)。
これから先どんなしょっぱい試合をしようと、僕は日本代表に“いつかきっと”を期待し続けるでしょう。だって、僕らはW杯という地球規模の興奮を“知ってしまった”んだもん。もう後へは引けないよ。知らなければ済んだ話かもしれないけど、知ったからにはなんとしてもそこに自分の国がカラんで欲しい。そういう“自然な愛国心”は抑えようがないんです、オレ。
そりゃあ野球も好き。でも、WBCの甘い思い出に浸ってるだけじゃ何にもならない。それは“逃げ”だよ、はっきり言って。現実を直視してぶち破ることこそが、21世紀の日本人のあるべき姿なんじゃないか……な〜んてな(笑)。

あと、自分でも驚いてるんだけど、日本が負けたらW杯なんてほとんど見なくなるだろうと思ってたらとんでもなかった。かえって他国の試合が楽に見られるようになり、毎晩テレビにかじりついてます。世界のトッププレイヤーの技術ってのは本当にスゴイわ!鍛え抜かれたアスリートってのは美しいなあ、とつくづく感じます。自分でもちょっとやりたくなるよね。サッカーは無理だけど、フットサルぐらいなら…。誰かやってる人いない?(笑)

これまで、他国のユニフォームを着て街を歩いてる若者って、アタマの中はいったいどうなってるんだろう、なんて思ったこともあったんだけど、いざ自国代表の存在がなくなったら、そういう気持ちも柔軟になってきました。んー、なんなんでしょうね、この心境の変化は…。それだけ日本代表の存在は大きかったってことなのかなあ。それとも僕が移り気なだけ?(苦笑)
そんなわけで、僕もポルトガルのユニフォーム、欲しいなあ〜なんてぼけーっと思ってる今日この頃。そう、僕のメンタリティは変わり身の早い日本人そのものなんです(笑)。

hendrix69 at 20:54│Comments(5)TrackBack(0)clip!サッカー 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by りんりん   2006年06月26日 23:30
あたしもW杯楽しんでます。
でも、あたしの大好きなオランダが負けちゃいました。
日本はね、これからに期待。
この大会のヒデを観ていたら、現役の頃のゴン中山と重なりました。
一番頑張ってましたよ、ヒデが。

この先ヒデは、現役は辞めないにしても、日本代表は辞退しそうですね。
たぶん、次のW杯でピッチに立つヒデの姿はないんだろうなぁ。
でも、その分後輩指導に力を入れてくれるはず。
2. Posted by rr   2006年06月27日 08:34
本当にワールドカップが面白いのは間違いなくこれからだよ。
俺はずっとブラジルが好きだから日本戦も応援していたのがブラジル。
これからが本番!!
3. Posted by Y.HAGA   2006年06月27日 09:50
■りんりんさん
僕も今大会を見てて中田の動向が一番気になりました。他の選手との関係について大会前からいろいろ言われてましたが、そんなことも考え合わせながら見てると胸が詰まるような場面も多かったです。これについては近いうちに機会を改めて書いてみたいと思ってます。

■rrさん
決勝トーナメント、拮抗した試合が多くなって僕もますます目が離せなくなってます。僕は昔からポルトガルやスペインみたいなガンガン攻めるサッカーが好きなんです。逆にイタリアみたいに点とった後は嫌らしく引いて守るサッカーはあんまり…。でも、そんなチームが決勝まで残る率が高いのも事実なわけで…。とりあえずポルトガルVSイングランドはすごく楽しみ。スタイルが対極ですからすごく面白いサッカーになると思うんだよね。フィーゴVSベッカム、レアル在籍経験者同士の対決になるなあ…。
4. Posted by マゾビエツキ   2006年07月02日 18:33
>大げさに言えば、これは日本的なやり方がどれだけ世界に通用するかとい>う壮大なテストケースだったわけ。

禿同。ただそれを言うなら61年前に一度結論が出てる訳だが・・・
5. Posted by Y.HAGA   2006年07月03日 11:15
■マゾビエツキさん
61年前の日本と今の日本とを同じに語られても困る訳だが・・・(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
Y.HAGA
1965年生まれ。高校時代にROCKに目覚めて以来、いまだに思春期が終わらない。相も変わらずライブハウスに通い続ける日々。妻1子2。仲井戸“CHABO”麗市ファンサイトcafe HENDRIXの管理人。
最新コメント
最新トラックバック
20世紀少年 (Blueの雑記帳(2nd edition))
【映画】 「20世紀少年」
今は・・・ (奥行きの深い日々)
役立たずの神様へ