2006年10月30日

サンキュー、伸ちゃん!

三宅伸治の公式サイトメッセージが更新されてます。
前回の更新が7月だったから、ひと夏越して久々のお目見え。
当然、自分のこともいっぱい書きたいんだろうけど、それよりもまずボスの新譜「夢助」のことを書いちゃうってのが、なんとも伸ちゃんらしくてイイですね。

驚いた!
今回のアルバムで清志郎とCHABOが一緒に曲を作ったのは、伸ちゃんの一言がきっかけだったんだなあ…。
清志郎+CHABO+伸ちゃん+コーちゃんで録られたデモが存在していることも判明。くーっ、まったくもう、この人はなんでこんなにRCファンの涙がちょちょ切れちゃうことを思いつくんだろう…。

oh 何度でも 夢を見せてやる

このアルバムで、伸ちゃんと僕らの夢は1つかなえられた。でも、そうだよなっ。この先にはもっと大きな楽しみが待ってるんだよな。世の中、そんなに悪いことばっかりのわけがない。絶対、その日はやって来るさ!清志郎も歌ってるもんな。

きっとかなえられるさ

って…。

「夢助」は、こんな不安な世の中で、僕らが夢を持つことの大切さ、夢を信じることの素晴らしさを清志郎が身をもって教えてくれてるような気がする。
憂鬱なことは、もうたくさんだ…。

hendrix69 at 17:19│Comments(2)TrackBack(1)clip!忌野清志郎 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 夢助 / 忌野清志郎  [ Another Rolling Stone ]   2006年11月01日 07:21
早いもんだぜ…気がつけばもう11月っ!ってなわけで、今年も残すところ、わずか2

この記事へのコメント

1. Posted by RE2O   2006年11月02日 22:53
TBだけして、コメント遅くなってごめんなさい。
俺…伸ちゃんの日記を読んで、改めて、伸ちゃんをすげえと思ったよ。
伸ちゃんこそ…「君が僕を知ってる」なのかな…
CHABOとは違う、清志郎の“君”なのかな…
そんなことを感じましたよ。
2. Posted by Y.HAGA   2006年11月03日 13:26
◆RE2Oさん
伸ちゃんは、もうほとんどRCのファン感覚ですよね(笑)。ストーンズに入った頃のロン・ウッドみたいな気持ちをずーっと持ち続けてるんでしょう。でも、それも伸ちゃんがずっと「夢」を持ち続けていたからなんだと思います。
清志郎ってつくづく幸せな人ですよね。いつも決して独りじゃない。伸ちゃんがいなかったら、タイマーズだってできなかったかもしれないもんねえ…。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
Y.HAGA
1965年生まれ。高校時代にROCKに目覚めて以来、いまだに思春期が終わらない。相も変わらずライブハウスに通い続ける日々。妻1子2。仲井戸“CHABO”麗市ファンサイトcafe HENDRIXの管理人。
最新コメント
最新トラックバック
20世紀少年 (Blueの雑記帳(2nd edition))
【映画】 「20世紀少年」
今は・・・ (奥行きの深い日々)
役立たずの神様へ