『式年遷宮・伊勢神宮の謎』1

 

●「道鏡皇位事件で、伊勢神宮はなぜ宇佐神宮に神託の栄誉を奪われたのか?」

 

 古代奈良王朝をゆるがした大きな事件のひとつに、私たちは弓削道鏡の皇位神託事件を知っている。道鏡を帝にという神託の正否をめぐって、禁裏のみならず日の本の国を騒がせた政争ともいえよう。


 このとき、道鏡の皇位託宣をくつがえしたのは豊前の宇佐八幡神宮であり、称徳帝の勅使として八幡神の神託を確かめた、和気清麻呂の功績が今日につたわっている。仏教が旺盛に流行っていたこの時期、神託が皇統を決めることで、神道がほんらいの役割をしめした事蹟でもある。

 
 ではなぜ、このとき皇室の祖廟である伊勢神宮は皇統にかかわる神託を依頼されることなく、九州の地方神にすぎない宇佐八幡神宮に名を成さしめたのであろうか。これは、ながらく疑問とされてきた史実である。

 
 それいらい、宇佐八幡神は石清水八幡(京都)、鶴岡八幡(鎌倉)などに勧請され、戦国時代には武士の神社として各地に建立されることになる。つまり伊勢神宮は、道鏡神託事件に何ら積極的に関わらなかったことによって、近世に至るまで八幡神の後塵を拝することになったともいえるのだ。

 
 さらに言えば、平安期には熊野詣として、熊野信仰が朝廷をふくめた貴族階級に流行するも、伊勢神宮はついに帝の参拝も得られなかった。代々の帝は禁裏から伊勢神宮に拝礼するにとどまったのである。


 中世においては、伊勢御師の活躍で経済的な基礎や崇敬は得られていたものの、伊勢参りが時代の前面に出るのは、幕末期を待たなければならなかったのである。

 
 こうした意味で、道鏡事件において伊勢神宮が宇佐神宮に先んじられた史実が、歴史の謎として浮かび上がって来るのだ。なぜ、伊勢神宮は神託を宇佐八幡に先んじられたのか。

 

「道鏡は皇位を望んでいなかった?」

 

 じつは、道鏡はみずから皇位を望んでいなかったというのが、最新の研究なのである。


 当時の政局をたどってみよう。聖武天皇から仏教政策を引き継いだ孝謙女帝のもと、橘諸兄と藤原仲麻呂(恵美押勝)がともに政争に倒れ、体調を崩していた孝謙女帝はいったん退位して静養につとめた。そのとき、女帝を癒したのが弓削道鏡だった。女帝が道鏡を寵愛し、ふたりは男女の関係だったとする推論もあるが、これは定かではない。

 
 その道鏡が、称徳帝として重祚した女帝を喜ばせようと、あるはかりごとを企んだ。当時、人々は飢餓と天変地異におびやかされ、聖武天皇・光明皇后の仏教政策を引き継いだ女帝にとっても、なやましい日々がつづいていた。このようなとき、古代においては自然現象が神々しく迎えられる。

 
 ある日の夕方、女帝は東の空に光彩を放つ雲を目撃する。ちょうど、そのあたりが伊勢神宮の方角であることから、道鏡はさっそく伊勢に遣いの者を出した。七色に変わる珍しい雲が吉兆として現れたらしいので、絵にして報告するように、と。


 さっそく伊勢神宮の神官が吉兆の目撃譚として絵図を奉ったところ、女帝はいたく感激して、元号を神護景雲と改めた。じつはこの時期の道鏡は法王の号を賜わっていたが、女帝の仏教政策をさらに磐石にするために、伊勢神宮の権威を利用したのだ。彼の狙うところは、藤原氏をはじめとする貴族の排除である。


 伊勢神宮の神官たちに位階を授け、皇宗を奉る勢力を味方につけた道鏡は、宇佐八幡神宮をつぎのターゲットにした。この宇佐八幡神宮は銅が産出されるという神託(予言)をもって、聖武天皇の盧舎那大仏(東大寺)の勧進を支援し、中央政界に進出してきた成長株であった。神社内に弥勒寺という神宮寺を持つ神仏習合の草分けでもあることも、法王道鏡にとっては喉から手が出るほどの存在であった。

 
 そこで、習宜(すげ)阿曽麻呂という者を宇佐に派遣して、何か吉兆があれば知らせよと伝えさせたところ、宇佐神宮の禰宜と宮司が道鏡の思惑を深読みして、道鏡皇位の神託を下してしまったのである。神託をする女禰宜(大神杜女)が男性の宮司(宇佐池守・大神田麻呂)よりも上位にあるという制度も、道教系の宇佐八幡に固有のものであった。

すなわち、神託と神仏習合。これが伊勢神宮をして八幡神に遅れをとらせた原因なのである。


 いっぽう、皇位推戴の神託におどろいた道教は和気清麻呂を宇佐に派遣し、神託の真偽を確かめさせたが、ご存知のとおり先の神託はくつがえされた。その裏には、藤原氏による道鏡排除の思惑がはたらいたのだが、これはまた別のテーマになるので別稿にゆだねたい。

 

※参考文献:『宇佐神宮の研究』(中野幡能編・国書刊行会)

■横山茂彦:作家。近著に『合戦場の女たち』(情況新書・世界書院刊)、
『大奥御典医』シリーズ(二見文庫)など。
ブログ:
http://07494.cocolog-nifty.com/blog/