歴史の鬼! レキオニ!

今を生きるために歴史を語る。教科書に載らない歴史の鬼、「レキオニ」になるための歴史専門サイト。試験的に掲載中!

カテゴリ : テレビの現場、その今昔、そして未来

 昨年11月にNが電車の中で女子大生の体に触るという痴漢行為で逮捕された事件で3ケ月の停職処分を受けたNHK「おはようニッポン」のメーンキャスターを勤める森本健成アナウンサー。停職処分は3月20日で解けたが、現場復帰はまだ未定のままだ。4月スタートの新番組の中にも彼の名前はない。NHKは不起訴に終わったとは言え、痴漢事件で世間を騒がせたアナウンサーを現場復帰させるには皆様のNHKとしてはまだ時期尚早と判断しているようだ。

 

 この事件に見られるようにNHKには一部業界人から「Nエッチ(H)K」と揶揄されるほどエッチ絡みの不祥事が多いのも事実である。これも古い話だが衛星放送局の副部長がパンティ泥棒で逮捕されるという事件もあった。NHK絡みのエロ事件を列挙してみるとこの10年でもかなりの事件が起こっていることが判る。

 

2006年10月 NHKエデュケーショナル社員(34)児童買春禁止法違反の容疑で逮捕
2006年12月 NHK男性職員 (30) JR総武線車内で男子大学生の下半身に触れ現行犯逮捕
2007年3月NHK報道局経済部男性記者(32)住居侵入容疑で現行犯逮捕(のぞきの疑い)
2007 年5月放送総局所属のアナウンサー高橋徹容疑者(41)=東京都世田谷区若林5丁目、渋谷区内の路上でわいせつ行為、現行犯逮捕
2007年6 月山口智也制作局ディレクター(42)=東京都調布市、都迷惑防止条例違反の疑いで現行犯逮捕(のぞきの疑い)

NHK制作局青少年・こども番組部ディレクター (30)を強制わいせつ容疑で現行犯逮捕
2008年2月NHK職員、イベント会場で私物ノートPCを使ってわいせつ映像を流す

 

 当のNHK職員はこう漏らす。

 

「とにかくストレスの多い職場なんです。上司からの要求は厳しいし、同僚との競争もある。とにかく局内では足の引っ張り合いばかり。ひと時たりとも気を抜くことのできない状況で仕事をしなければならないのです。それでもNスペ(NHKスペシャル)など看板番組のデイレクターなどはまだ仕事に誇りが持てるからいいけど、その他大勢のような番組を担当する者の大半は不満を抱えています」(NHKの30代前半の男性ディレクター)

 

 NHKでは職場で強度のストレス感じている職員が多く、それを何らかの手段で解消しなければやってられないのが現状だ。

 

「NHKの職員の中には、キャバクラなんかに行っても、やたら触るわで嫌われる人もいます。多くはまじめな人間なのですが、まじめなのが逆によくないのか、彼らは一般的にウップンばらしが上手くなく、それが痴漢、覗き、下着泥棒などの犯罪にエスカレートするのかもしれません。常識的に考えれば、そういうことをして捕まれば免職になることは判りきっているのだけど、抑えが効かなくなるくらいストレスが強いようですね」(NHKで仕事をする外部スタッフ)

 

 他のテレビ局、民放では下請け制作会社からの接待は当たり前。しかし、NHKの場合はどうなのであろうか。実はNHKは地デジ移行に伴い衛星放送を中心に外部制作委託を大幅に増やした。現在NHKBS1、NHKプレミアムなどでの外注率は実に50%を超えている。そうすると外部制作会社との付き合いも多くなる。仕事の欲しい制作会社の中で接待攻勢に出る会社も少なくないのが現状である。

 

「よく接待しますよ。私が接している人達は中国クラブや韓国クラブでの接待を好みますね。その理由はお持ち帰りが可能だからです。男性局員はお持ち帰りを希望します。彼らの口からあからさまに要求していることはありませんが、それをこちらが忖度し、セッテイングするわけです。彼らの中には後日ホテル代まで請求してくる人もいますよ。総額で一人5万円程の出費になりますが、番組を貰うための経費と考えれば安いものですよ」(制作会社プロデュ―サー)

 

 NHKの職員といえども人間なのだからエッチな願望が強くても当たり前なのだが、お堅い役所と同じというイメージも世間では強い。だからこそNHK職員のエッチ関連の事件は世間の高い関心を呼ぶのであろう。

 

 森本アナは今度どうするのだろうか?

 

「テレビに復帰することはまずあり得ないです。でもまだ退職もしていません。どうするのか、こっちが聞きたいところですよ」(前出NHKディレクター)

 

 森本アナのストレスを、今も貯たり続けているのだろう。

 

■取材・文 大朋理人 ライター

■好調なWOWOWとNHKの亡霊たち

 

「去年までの洋画買い付けでは相当儲けました。洋画の買い付けでは為替格差が大きな問題となります。円高は我々にとつて大きな追い風でした。しかしアベノミクスで円安となった今は、新しいコンテンツの買い付けに影響が出るのは間違いなく、頭の痛いことです」(WOWOW関係者)

 

 WOWOWが好調である。新たにチャンネルも増やした。その中でもWOWOWプレミアムに対する会社の期待は大きい。WOWOWプレミアムはこれまでも進めてきたドキュメンタリーやドラマなどの独自制作専門のチャンネルでWOWOWでは今独自のコンテンツ制作に意欲を燃やしている。

 

「WOWOWはあまり外部の制作会社を使うことに慣れていなくて、戸惑うことが多いのは事実です。問題なのは彼らの中に現場を知っている人があまりいないということです。要求はきついのですが、それが予算と折り合わないということをなかなか理解してくれない」(外部制作会社プロデユ―サー)

 

 WOWOWの社員には中途採用で番組制作経験者をとってはいるが、局独自に番組の枠を埋めれるほどの制作能力はない。そこで勢い外部の制作会社に丸投げすることとなる。彼らと関わる外部制作会社ではそうした彼らの”素人”ぶりに手を焼いている。

 

 いま外部制作会社が制作に関与しているドキュメンタリー番組は「ノンフイクションW」という毎週月曜日の夜に放送されている50分のドキュメンタリーである。この番組のプロデユ―サーには音楽関係の会社からの転職組で映像に関してはズブの素人も含まれている。また制作費の問題も大きい。この番組の制作費は900万円である。900万円で50分のドキュメンタリーを制作するとなると、かなりきついのは事実である。それもかなりのグレードを要求されるということになれば相当きつい。ちなみにNHKBS1に50分の「ドキュメンタリーWAVE」という番組があるが、これは1300万円から1500万円の制作費が出る。900万円でNHKと同様のグレードの番組を求められること自身相当にきついことがお分かりになるだろう。

 

「WOWOWのドキュメンタリーはNHKを強烈に意識しています。そもそもWOWOWプレミアムというチャンネル名そのものからしてNHKBSプレミアムを意識して付けられているんです。それで企画はもちろん出来栄えも相当のグレードを要求してきます。予算的にはNHKとは500万円くらいの開きがあります。つまり同じグレードの番組を作れといっても、土台無理な話なんです。それでも今、ドキュメンタリーの枠が極端に少くなっている現状ではしようがないのでエントリーしているわけです」(外部制作会社プロデューサー)

 

「WOWOWがNHK並のグレードを求めるのは、NHKのOBの存在が大きいと思います。WOWOWにはNHKのOBがたくさん天下っています。現在の社長もNHKのOBですし、部長もそうです。彼らは古巣のNHKを強烈に意識しています。NHKの後輩などから『何だあの番組は、Fさんも落ちたものだな』と言われるのが怖いんです」(別の外部制作会社プロデューサー)

 

 実際、WOWOWのドキュメンタリーの現場を仕切っているのはNHKのOBである。WOWOWのプロパーはもちろん中途入社組にしたところで、ドキュメンタリーの経験はそれほどなく、あったとしてもその経歴は大したことはない。だからNHKのOBに対して面と向かってものを言える社員は皆無といっていい。そこで勢いNHKOBの発言が現場に反映されるのである。

 

 WOWOWは視聴者が金を払って見るチャンネルである。公共放送のNHKとは土台からして違うのである。極端に言うと契約者にはNHKOBの古巣への対抗意識の反映された番組などみる筋合いはない。もっと俺たちが見たい番組を作れという声が出るのももっともなのだ。NHKのような番組を見たければNHKを見ればいいのである。

 

「我々は独自カラーのある番組を作りたいんですが、上がなかなかOKを出してくれません。現場の士気は下がるばかりです。NHみたいな番組をやりたければNHKでやればいいのに。WOWOWにはWOWOWらしい番組作りがあるはずです。ドキュメンタリー論とかをひけらかせられるのはまっぴらゴメンです」(WOWOWの社員)

 

 こうした声をNHK天下り組はどう受け止めるのであろうか。

 

■取材・文 大伴理人 ライター

「最近は好調ですね。視聴率好調の要因としては、我が局のドラマが視聴者に受け入れら得ていること、バラエテイも『Qさま』『なにこれ珍百景』などが堅調なことが主な理由ですが、やはり10時台月金帯の報道ステーションの存在が大きい。報ステは爆発的数字を叩き出すというのではないけれどコンスタントに10%以上をキープしている。これは大きいですよ」(テレ朝編成関係者)

 

 かつては「振り向けばテレビ東京(テレ東さんお許し下さい)」と言われフジ、日テレ、TBSの後塵をはいし民放第四位の地位を定位置としてきたテレビ朝日が、日テレを抜き第一位に躍り出ようかの勢いである。この原因は、ドラマ、バラエテイが好調なのが大きな原因であることは間違いないが、その数字をそこで支えているのは午後10時台の報道ステーションであることは誰しもが認めるところであろう。

 

「報ステにいる人って局内でも特別ですね。4階では(4階の報道フロアーには報道ステーションとスーパーJチャンネルのデスクが並んでいる)彼らに遠慮していますね。何事につけても彼らが優先です。肩身が狭いといえば狭いですけ」(スーパーJチャンネル担当者)

 

 テレ朝報道セクションでは報道ステーションの扱いは別格である。報ステには第一線クラスの戦力が投入されているのは確かである。報道ステーションはある意味報道のテレ朝と言われたテレ朝の核をなすといっても過言はない。現社長の早河洋氏は報ステの前身であるニュースステーションのCPを努めた人物である。早河氏はテレ朝初のプロパー社長だが彼を社長まで押し上げたのはひとえにニュースステーションと報道ステーションの成功と言っても過言ではない。

 

「古館伊知郎がニュースキャスターかと言われれば、どうだろうか。最近週刊文春も書いていたが、彼のコメントは全部作家が書いたものだ。臨機応変のコメントがキャスターの資質だとすれば、彼にその資質があるかどうかは、大いに疑問だな。まあテレビを見る人にはそんなことは判らないから、それでいいといえばいいのだけど」(報ステ関係者)

 

 古館伊知郎はテレビ朝日の元社員アナウンサーである。テレ朝時代の古館といえばプロレス中継で名を馳せたように報道とは程遠い存在であった。その古館が独立して設立したのが古館プロである。古館プロは、元々は放送作家の集団で初代の社長を努めたのは今は故人となった越川という放送作家である。越川は古館のタレントとしての可能性にかけたのである。ニュースステーションを巡るテレ朝とオフイストウ―ワンとの確執で古館にお鉢が回ってきた。当時テレ朝には久米宏の後を継げるような局アナはいなかったのである。

 

「古館伊知郎は自信がなかったらしいけど、事務所としては、大きなビジネスチャンスでこれを逃がすということは考えられなかった。そこで事務所の放送作家が全力で支えるということで決断した。事務所としては古館の軽さを払拭する必要があった。軽口や絶叫だけが取り柄の古館を地のままで言ったらいつ失言するかわからない危険があった。それで原稿でガチガチに固める必要があった」(報ステに関わった外部スタッフ)

 

 ある意味、古館は造られたキャスターと言えるかもしれない。この点、彼は実に周到だった。彼の横に座る女性キャスターは局アナだが総じて地味である。彼女らは古館の指名で決められる。古館は自分より目立ちそうな女子アナ起用を決して許さないのである。

 

「富川悠太は将来のテレ朝報道を牽引していくエース的存在です。今は現場リポーターとして修行中の身ですが、その可能性は大きいです。背も高いし、ハンサムだし、コメントのキレもいい。何から何まで胡散臭さのつきまとう古館とは正反対です。彼がメインの椅子に座るのも遠くないかもしれない」(テレ朝報道部員)

 

 テレ朝報道教員の間には密かな富川悠太待望論があるという。古館は今後も安泰かというと実はそうでもないのである。富川アナはテレ朝の好感度NO1の男子アナであり、古館不在の時、彼が報ステのキャスターを務めることがあるのは将来を見据えてのことである。

 

 これには古館も内心のところは穏やかではない。富川アナは最初から報ステに参加しているが、初めは歯牙にもかけなかった古館が彼のことをしきりに気にするようになっている。傍から見ると富川アナを見つめる古館の目は明らかにライバルのそれである。テレ朝と古館プロの間がぎくしゃくし始めたとき(それは既に始まっているが)古館の契約更新打ち切りという事態が生じないとも限らない。

 

 報道ステーションという長寿番組にも転機が訪れるのかだろうか?

 

■取材・文 大朋理人 ライター

■凋落著しいフジテレビ

「どうしてこんなことになったのだろう。自分が入社した10年前は日の出の勢いだったのに。バラエテイはダメ、ドラマもダメ、数字を取れるのはサッカーとかフィギュアスケートとかのスポーツだけ。特に看板であるバラエティの不振が痛い。とにかく今のウチにはイノベェーションが全くない。いまどき、『アイアンシャフ』もないだろう。現場のモチベーションの低下は著しいものがある」(フジテレビ中堅社員)


 フジの低迷が止まらない。その原因には色々なことがあるのだが、まず第一に言えるのはマンネリ化である。フジはこれまで番組のイノベーションを活力の源にしていた。それが最近は全く見られないのである。



今、フジの現場を仕切るのは、大多亮常務と亀山千広常務である。両名は一世を風靡したトレンディドラマなどでフジの全盛期を支えた人物なのだが、その大多常務の肝いりで仕掛けた「アイアンシェフ」が大コケした。この企画は「料理の鉄人」のリメークである。「料理の鉄人」は当時としては斬新で視聴者にも大いに受けた。「そのリメークで、夢よ、もう一度という発想が情けない」という声も上がっている。つまり今のフジには斬新なものには怖くて手が出せないのが現状だ。


「昔のフジにはサムライが一杯いました。フジは現場が全てで、現場には自由があり上層部に気兼ねすることなくやりたい事がやれました。またフジのいいところは学歴など全く関係なかったことです。今では信じられないでしょうが、一世を風靡した『なるほどザ・ワ-ルド』を大ヒットさせた王東順プロデユーサーは高卒の総務職としてフジテレビに入った。彼はフジの総務と夜間大学生という2足のわらじを履きながら、夢であるテレビ製作の現場へ上り詰めたのです」(フジテレビ元局員)



フジは能力があると見れば学歴とか出身に関係なく現場に登用していたのである。


「実際フジにはサムライが多かった。今は退職しているが森永さんというプロデユサーは自らを『札付き』と呼んでいた。彼は上司の言うことを一切無視して自分のやりたいように番組を作った。それがヒットし上司は何も言わなかった。しかし彼は出世することはなかった。ハナからその道は放棄しひたすら番組製作だけに命をかけていた」(前出元局員)


「今はサムライなんていませんね。今の中堅社員はフジが好調になってから入社したもので、その大部分が高学歴です。高学歴の特徴として冒険ができません。言われたことはそつなくこなせるけど、自ら何かを切り開くということは苦手ですね。フジの現在の低迷は自分も含めて社員の資質にあるのかもしれない」(90年代に入社した高学歴の社員)


現在のフジの制作部を見れば東大、京大卒の高学歴者がゴロゴロいる。彼らが就活していた時、フジはすでにメジャーで業界でも一二を争う高収入が約束されていた。
 

2000年代には給料水準は極限まで達していた。30歳代で1千万は当たり前。50代の部長ともなると年収は2500万円を超えていた。その給料水準は不況の現在でも変わりない。つまり高学歴者は番組を作りたいということより、高収入が約束される会社としてフジテレビを選んでいるのである。これは何もフジに限ったことではなく、民放キー局ならどこも同じだ。


「とにかく冒険しない。まず最初に歩留まりを考える。自分の時とは全く違う。奴らはテレビマンではないサラリーマンだ。自己保身には長けているけど、何か新しいものに挑戦するという意欲はほとんどない。嘆かわしいしいことだが、これも時代の流れか……」(フジテテレビ元社員)


 フジの社員は個性的な社員が多かったという。酒を飲むにしてもその飲み方も半端ではなかった。昼間から酒を飲み千鳥足で局にくる豪傑もいた。今はそんな社員は一人もいない。コンプライアンスかどうか知らないけど、豪傑の存在を許さないのである。


 一介のワイドショーディレクターから専務にまで上り詰めた太田英昭氏は、情報局長時代、部下を自由に働かせ数々のヒット番組を世に送りだした。彼も常務、専務と上り詰めていくうちにかつてのイノベーションや部下を自由に動かす精神を失ってしまったのだろうか。


 フジテレビの元社員たちのぼやきは、日増しに大きくなるばかりだ。フジテレビの凋落は、今のテレビ業界を映し出している鏡でもあるだろう。



■取材・文 大伴理人 ライター


 


 


 

■ドカンとした派手さはないが、好感度で主婦の支持を集め続けるテレ朝女子アナ列伝

「我が局の女子アナは総じて地味ですね。ミス慶応だった竹内由恵が入って華やかになるのかと思ったけど、そうでもなかった。うちを目指すアナウンサーは報道思考が強いのかな。しかし、いずれも好感度だけはありますよ。僕個人としては大木アナがいいかな。彼女には浮いたうわさはないけど好感度は抜群ですよ」(テレ朝報道局員)

 テレ朝の女子アナの評判がいい。テレ朝の女子アナはフジや日テレと比べると芸能人ぽいのが少ないからか。言い換えればやや地味なのだが、いずれも堅実で高感度が高い。中でも夕方のニュースである「スーパーJチャンネル」の女子アナはそうである。スーパーJチャンネルは夕方のニュースではダントツで、今やライバルのフジテレビのスーパーニュースを引き離し独走状態である。それを支えるのが3人の女子アナだ。

 スーパーJチェンネルといえばかつては小宮悦子が君臨しフジの安藤優子と夕方のニュースの“覇権”を争っていた場である。TV局を襲った不景気のあおりでギャラの高い小宮悦子を切り、自前の局アナで固めた布陣で出発してから3年が過ぎた。メーンキャスターの渡辺宜嗣アナは冴えない中年のオヤジだが、脇を支える上山千穂、大木優紀、八木麻紗子の3人の女子アナでスーパーJチャンネルは持っている。

「上山アナは、ニュースステーションという花形の場から外れて、しばらく落ち込んでいたけど、メゲルことなくがんばり、スーパーJでメインに返り咲いた。何よりも堅実で、ニュースを読ませたら女子アナの中では右に出るものはなく、安心して見ていけます」(テレ朝報道局員)

 女子アナの筆頭である上山千穂アナはニュースステーションにいたが、報道ステーションのスタートで下ろされ、以来、数年間不遇のときを過ごした。しかし2010年3月のスーパーJチャンネルのリニューアルでカムバックを果した。現在はアネゴ的存在で女子アナをまとめている。

 その上山アナに降板話が出ている。理由はキャリアアップのため留学をだそうで、4月以降は海外留学する可能性があるという。もし本当なら残念なことある

「悦っちゃん(小宮悦子)は庶民感覚で人気を得たのに、いつの間にか初心を忘れたようですね。夕方のニュースの視聴者のほとんどが主婦で、主婦に見放されたら番組は終わりなんです。キャスター気取りで上から目線は絶対に禁物なのです。その点、大木はいい。悦ちゃんも社員のころは初々しくて高感度抜群だったのだけども、大木にはそのころの悦ちゃんに相通ずるところがあるかな」(テレ朝で長く働く外部スタッフ)

 スーパーJチャンネルを実質的に支えているのが大木優木アナだ、大木アナは慶応出の高学歴者だが主婦感覚でのリポートは、その飾らないスタイルもあわせて、主婦からの支持は圧倒的だ。大木アナは元々はスーパーJチャンネルにいたが、しばらく朝のヤジウマで“修行”しスーパーJチャンネルに返り咲いた。局のほうでは大木アナに小宮悦子的な役割を任せたい意向であるようだ。

「八木はインテリ過ぎるのがやや難点かな。でも清潔感に溢れ好感度は高いですね。ニュースの読みはしっかりしていて、その将来性への期待度は大きく、もしかしたらキャスターを任せられるくらいに成長するかもしれない」(前出テレ朝外部スタッフ)

 もう一人の八木麻紗子アナは京大出身のインテリである。しかし、上から目線は一切なく主婦からも高い支持を得ている。彼女はこれからの人間で、その将来性は大きい。

 この3人のなかで上山アナが欠けるとしたら残念ではあるが、テレ朝には好感度女子アナはまだまだおり、彼女の穴を埋めるのはそう難しいことではないだろう。

 テレビ局の将来は、女子アナが担っているのかもしれない。

◆取材・文 大朋理人 ライター

このページのトップヘ