聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

日馬富士殴打事件で思うこと(モンゴル力士会という闇を超えて)

日馬富士が貴ノ岩をビール瓶で殴打し、頭蓋骨骨折などの重傷を負わせた事件はまだまだ記憶に新しいというか、いったい事の真相がどこにあるのか、日を追うごとに混沌としてきました。


harumahuji-takanoiwa


最初は、「ビール瓶で殴ったこと」を否定しなかった日馬富士。「その時点で謝罪会見は引退会見であるべきだった」ということを言う人もいました。私も同意見でした。いくら度が悪いといっても素手で制裁したのならともかく、ビール瓶で殴ったら下手したら死にますよ。ほとんど殺人未遂じゃないですか。別に日馬富士が横綱でなくたって品性の問題が浮上しないとおかしい。




takanohana


と思っていたら、貴ノ岩の師匠である貴乃花親方が、殴打事件から3日後に被害届を出しておきながら、協会関係者から電話があったときもそんな事件があったなんておくびにも出さなかったとか、当の貴ノ岩も大怪我を負いながら巡業に参加していたとか、よくわからない。

かと思えば、日馬富士も「ビール瓶で殴っていない」と言い出し、同席していた白鵬も「ビール瓶じゃなかった」と証言する。
しかも、日馬富士はビール瓶をつかもうとしたらすっぽ抜けたとか、貴ノ岩はアイスピックで応戦しようとしたから日馬富士の行為は正当防衛だ、という声も上がっているとか。



20171117-00000011-nkgendai-000-1-view


私はまったく知りませんでしたが、この事件が起こった酒席というのが「モンゴル力士会」というものだったんですってね。

当事者二人ともモンゴル人なら同席していた証言者もモンゴル人ばかりということですが、現役時代に八百長を嫌いガチ相撲しか取らなかった貴乃花親方は、いくら同郷でも別の部屋のライバル力士と酒宴を共にするということ自体を嫌いっているとか、その貴乃花に影響を受けた貴ノ岩が同郷の大先輩に反旗を翻したのが原因じゃないかとか、いろいろ言われているようです。

ただ、以上のことはもしかしたら「フェイクニュース」かもしれません。「モンゴル人たちが神聖な日本の国技を汚した」とレイシストたちが火のないところに煙を立てているだけ、という可能性もあります。

この事件でいまのところ事実だと判明しているのは、日馬富士が貴ノ岩を殴打して全治2週間の重傷を負わせたこと、そしてこの二人が「モンゴル人同士」ということだけです。

別に私は日本人が関係していないからいい、とか、そんなことを言っているのではありません。仮に「日本人同士」でも同じことを書いていると思います。

つまり、もし、モンゴル人横綱が日本人関取を殴っていたら、または、日本人横綱がモンゴル人関取を殴っていたらどうなっていたか、ということです。

いまだに「横綱の国籍・出自」にこだわる日本人がたくさんいるのですから、もし前者だったら、「モンゴル人はやっぱりダメだ。すぐに辞めてしまえ!」と怒号の渦だったと思うんですよね。貴乃花親方の言動に矛盾点があっても、白鵬の証言があっても、そんなのなかったとばかりに世論は「引退せよ」の一点張りだった可能性が高い。


kisenosato


そして後者の場合、つまりは稀勢の里が加害者側だったら、ということですが、いま以上に「真実はどこにあるのか」という議論だけが沸き起こって、「引退せよ」という声が掻き消されていた可能性が高い、と思うわけです。実際、モンゴルでは「日馬富士を引退させないで」という声が日増しに高まっているそうですし。

モンゴル力士会という特異な場で起きたから真相が藪の中みたいになってるわけですが、モンゴル人同士だったから、ナショナリズムやレイシズムに惑わされず、とりあえずみんなの言うことをちゃんと聞こう、そして真相をはっきりさせてほしいと、すぐ熱くなって我を忘れやすい日本人にしてはまぁまぁ冷静な態度で見つめていられるのではないでしょうか。だから「日本人同士」でも同じだというわけです。

まだまだ真相はわからないし、どういうふうに決着するのかはわかりませんが、ナショナリズムやレイシズムという感情的なものが入ってこないぶん、同国人同士のもめ事だったのは不幸中の幸いだったという思いは禁じえません。



町山智浩・白井佳夫への反論(三幕構成と起承転結)

町山智浩さんの最近のツイートを読んで、これは言っておかなくては、と使命感に駆られたため筆を執りました。(こういうことを書くと、この記事 のように町山信者が難癖をつけてくるのでしょうが、云わずにおれないので)

そのツイートとは、

「クリストファー・ノーランは『マッドマックス 怒りのデス・ロード』みたいな全編クライマックスの映画を作りたくて『ダンケルク』を作ったらしい。100年以上映画界を支配してきた三幕構成の終わりの始まりだろうか」

というような意味のもので、まず『怒りのデス・ロード』も『ダンケルク』も少しも面白くなかった当方としてはこの2本の映画が映画を改革していくとは露ほども思えないのですが(『怒りのデス・ロード』の私の感想は「CG映画とアニメを経たジョージ・ミラーの変節」 参照してください)それはともかく、町山さんのツイートを読んですぐ思い出したのが、元キネマ旬報編集長の白井佳夫さんが北野武『HANA-BI』に関しての発言でした。



shiraiyoshio


その発言とは、

「『HANA-BI』をきっかけに映画は起承転結の呪縛から逃れないといけない。これからの映画で起承転結に則っている映画は『古い映画』と断じていいと思う」

みたいな意味のことでした。

『HANA-BI』って時間軸をかなりシャッフルしてるじゃないですか。薬師寺が発砲する場面など何回も出てくるし、それでこういう発言になったのでしょう。

が、起承転結の呪縛から逃れるべきだ、という主張にはまったく乗れませんでした。

だって、いくら時間軸をいじって行ったり来たりしたって、プロットは常に前進する、正確にはらせん状に発展していくものだからです。

ノーランもかつて『メメント』という時間軸をいじりまくった映画を作っています。未来へ向かって流れる時間と、過去へ向かって流れる時間を織り交ぜた構成でしたが、プロットは常にらせん状に前進していました。つまり、起承転結に則った作劇だったのです。



the-four-part-2


どうあがいたって、このような構成からは逃れようがないのです。

三幕構成だって同じことです。


20090903123802


新藤兼人さんがいつも言っていました。

「映画にかぎらず、この世のあらゆる物事には、『始まり』と『終わり』があって、そしてその二つをつなぐ『真ん中』がある。だからどんな物語も三つに分けることができる」

確かに、画像のように「第一幕が状況設定でなければならない」というのはちょっと古いかな、とは思います。いきなり物語の核心に踏み込んでいくのが現代風でしょう。映画館ではなく自分ちのテレビでオンデマンドで映画を見る人が増えているいま、せっかちに語らないと見るのをやめられてしまいます。

しかし、それでも、始まり・真ん中・終わりという三幕構成は揺るぎません。なぜならそれがこの世の真理だからです。始まりがない物語もなければ、終わりがない物語もないし、始まってすぐ終わる物語もない以上、始まり・真ん中・終わりという構成から抜け出ることはできません。

全編クライマックス? 
それは「クライマックスがない」のと同じではないんでしょうか。


「レディ・ファースト」の真実

ladyfirst

レディ・ファーストって「まず女性から」という言葉どおりの意味ではないんですって。

えーっ、ウッソーーーー!

というか、仮に言葉どおりの意味だとしても、「まず女性が準備して男性を迎える」「まず女性が先に食事を済ませて退出し、男性の会話に加わらない」という極めて男尊女卑的な言葉だったらしいんです。へぇ~~~、ってな感じですね。

女性が取るべき行動を表す言葉だったのに対し、いまは画像のように男性が女性に対してとるべき行動のような意味になっています。

ところが!!

そのさらに前、大元はぜんぜん違う意味だったらしいんですね。

これも、こないだ読んだ佐藤優さんの『学生を戦地に送るには』で知ったことなんですが・・・(あの本は講演を採録したものなので脱線が多いんです)



Logo-Lady-e-Lord


レディとはladyで、淑女と訳しますが、もともとはlord、つまり貴族の夫人という意味でした(『ロード・オブ・ザ・リング』の「ロード」ですね。支配者とか神、イエス・キリストという意味もあるとか)。公爵、侯爵、伯爵、子爵、男爵と5つの爵位があり、それぞれを表す言葉もありますが、妻になるとすべてladyなんだとか。

レディ・ファーストのレディって、実はこのlordのことなんだそうです。lordの女性形がladyなので。

厳格な階級社会であるイギリスでは、下流階級のことをジェントリ(gentry)といいます。

このジェントリよりもロードを優先せよ。つまりは、階級の上の者が先に決まってるだろ、という、きわめてイギリス的というか、階級社会イギリスを象徴する言葉なんだとか。

そういえば、もう15年ぐらい前、ベッカム・フィーバーが起こったとき、こんなことを言う評論家がいました。

「彼がいかに大金を稼ぐスターであっても、喋ったとたん労働者階級であることがわかる」

すごく嫌な物言いだなと思ったんですが、本国イギリスではもっとすごいんでしょうね。おそらくベッカムのような下流階級の人間を蔑む貴族階級の人たちってたくさんいそうです。

ladies&gentleman

という呼びかけがありますが、あれも、「淑女と紳士」ではなく、「上流階級と下流階級のみなさん」という意味なんだそうです。常に上流階級が先なんですね。

目からウロコ!!!

プロフィール
記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
楽天市場
Amazonライブリンク