うーん、明らかに書く力が落ちています。


8ba0cb4cs
 

友人から頼まれた短編映画の脚本ですが、やっと直しの注文が来まして、先々週の土曜日からエンヤコラっと直したんですが、えらい誤解を招いてしまったんですね。

確かに読み返してみると、誤解を招く書き方になっちゃってる。自分の頭の中にはいろいろ背景を考えたり、ノートを見返しても各人物の胸の内とか描かれているのに、それが実際の脚本の描写として反映されていないのです。

これはもう書く力が落ちたとしか考えられません。いろいろ考えた痕があるからには、これはもう書く力というか、「描写力」の問題でしょう。 

こう描きたいことが実現できないばかりに、人物描写まで歪んでしまったようで、「この登場人物がどういう性格かわからない」とまで言われてしまう始末。

何だかいやになりましたね。こんなにも書く力が落ちているのか、と。

しかも書く力だけじゃなくて、冷静に考えてみると全体を見通す構想力まで落ちてるようでして。はい。

先日書いたように、『牙と爪』というタイトルの殺し屋が主人公の物語なんですけど、生まれて初めて書いた脚本も殺し屋が主人公のものでして、どうも「殺し屋」という存在が大好きらしい。

そこも忘れてましたね。友人からの注文に沿うように考えているうちに、そういう初心すら忘れてしまっていました。

「脚本を書くうえで最も難しいことは、自分が何を書こうとしているか把握することだ」

とは、かの有名なシド・フィールド氏の名言ですが、まさに私はそういう落とし穴にはまってしまったようです。

頑張ります。