FIFAウイルスだなんだとまたいろいろ言われるんでしょうが、危惧していたことが起こってしまいました。
昨季王者のレアル・マドリードが昇格組のレバンテ相手にホームでドロー。しかも前節のホーム開幕戦に続くホームで連続ドロー。やっちゃいました。


20170909_real_getty


しかも終盤にマルセロが報復暴力で一発レッド。あれは最低3試合は出場停止でしょう。5試合くらいかな。
マルセロを責めるつもりはありません。ああいうふうに選手を苛立たせたのは間違いなくジダンの采配だと思うからです。

今日のスタメンは次の通り。
GK:カシージャ
DF:カルバハル、ナチョ、セルヒオ・ラモス、テオ
DMF:マルコス・ジョレンテ、クロース
OMF:ルカス・バスケス、アセンシオ、マルセロ
FW:ベンゼマ

このスタメンには何も言うことがありません。クリスティアーノ・ロナウドは出場停止だし、モドリッチはFIFAに毒づくほどひどい代表の試合日程のため休ませる。あとは怪我の多いバランもベンチ外。イスコも代表で獅子奮迅の大活躍だったらしく、先発はさせない。ベイルがスタメンに名を連ねていないのがまたいいんですよね。テオとマルセロのコンビネーションで左サイドがさらに活気づきそうなスタメンです。

私が気に入らないのは、マジョラルの名前がなぜ控えにないのか、という点に尽きます。
というか、もっといえば、モラタをチェルシーに奪われた時点でなぜCFを獲りに行かなかったのか。ベンゼマが怪我で離脱してもロナウドをCFにすればいいという声があったそうですが、そりゃそういう手もあるでしょうが、彼も退場が多いしたまには怪我もするし、今日みたいに出られない日はたくさんあるでしょう。

新しいCFを獲らなくても行ける、という現場の意見を尊重するにしても、なぜベンチにマジョラルを置かないのか理解に苦しみます。

しかも、ベンゼマに替えてベイル???

私ならイスコだな。前線3人が全員ウイングというのはいただけません。
イスコとアセンシオの2トップで4-4-2にしたらよかったと思うんですよね。やはり真ん中には真ん中の選手を置いてもらいたい。アセンシオはもともとウイングらしいですがトップ下もできるし。イスコも同様。イスコとアセンシオのどちらかが前に行って、どちらかがトップ下に下がって、という4-2-3-1にすることも可能。あるいはウイングの二人がもっと前がかりになって4-2-4という4トップにもできる。

で、前半の内に追いつけたのはよかったですが、どうにもリズムが悪い。その原因はやはりカゼミーロの代役として入ったマルコス・ジョレンテだろうと。だから彼を外すのはわかるんですが、入れるのが(ここで)イスコというのがわからない。

ジョレンテを下げるんだったらコバチッチでは? 彼は本職がボランチなのだから、彼をアンカーにして守備を安定させたうえでもっと前がかりに! というメッセージを送ることはできたでしょう。
確かにイスコだともっと攻撃的ですけど、攻守のバランスが悪すぎます。あのとき1-1ですよ(結果もそうけど)。勝ち越されて負けていた可能性も充分あったと思います。危ないシーンがいくつかありましたよね。レバンテの拙攻が助けてくれただけでは?

それから、最後にルカス・バスケスを下げるのもわからない。今日は明らかにアセンシオの調子悪かったですよね。まだルカス・バスケスのほうが及第点というか、ゴールも決めてるし当たっている日でしょう。アセンシオを下げるべきだったと思います。
しかも、入れる選手も、ここでコバチッチじゃなくて、コバチッチはあくまでも2番目に入れて、最後に入れる最終兵器はバジェホだったのでは?

そうです。バジェホとナチョのCBにして、セルヒオ・ラモスをCFとして最前線へ!

そんなの奇策? そうかなぁ。確かに時間はまだまだ充分あったけれど、何より我々にはCFがいなかったんですよ。ターゲットとなる点取り屋がピッチ上にもベンチにもラモス以外に誰がいたというんでしょう。

打つべき手を打たないからリズムが悪くなって…という悪循環。

もう勝ち点を4ポイントも失ってしまいました。まだまだ始まったばかりとはいえ、先行き心配な試合でした。
(モドリッチ不在もかなり響きましたね。まぁそれは仕方ないか)