2008年06月24日

病の床は寝たきり遍路(新しい修行の道)

転院した病院は脳外科で有名な専門医の居る
雑誌にも出てくるような病院でした。
今は、先生に全てを託すしか私達に選択肢はありません
でした。

治療としては血管から新しい薬剤を少しずつ注入して
患部の血栓が解けるのを待つという
大手術とか言ったものではないとても簡単?なものでした
それが少し私達の気持ちに安堵感をくれました。

夜通しの治療が終わり次の日の日中になって
その結果としては「思ったように効果が出ないですね」
という先生の言葉で知らされました。
発症から3時間と言ってもその発症した時間が
確実なものでなくて、看護士の方が発見した時点を
指している訳で、どうやらタイムアウトという感じでしょうか。

残念な気持ちを覚えながらもこれから
父は新しく与えられえた全身麻痺と失語症の大きな
二重苦を持って、リハビリ治療に入る事になります。

私は会社に休暇を頂き、父と今までとは違った形で
付き添うことになりました。
全く言語を発することが出来ない父・・。
でも表情だけは悲しそうな、悔しそうな
今にも泣き出しそうな感情をハッキリと私に伝えていました。

henro108 at 00:00│Comments(0)TrackBack(0) 病の床は寝たきり遍路 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ぷちへんろ樹絵瑠
室戸岬・金剛頂寺にて・・・・お遍路親子

「歩き遍路を夢見て」

相変わらずの気まぐれ遍路を続けている親子遍路ですが 私(父)は最近自転車でのトレーニングを始めました 遠い将来に行こうと決めている歩き遍路の為の 体力作りと思っています! ツールドフランス気分のロードレーサーで 「ケイデンス100!!」(ペダルの回転数です) と気合でペダリングする毎日です このまま自転車でお遍路に行ってたりして・・・ とにかく夢に向って日々精進するのみです!
記事検索
月別アーカイブ
徳島県の天気
高知県の天気
愛媛県の天気
香川県の天気
最新コメント
遍路風景
本ブログパーツの提供を終了しました
人気ブログランキング
人気ブログランキング
四国遍路リング
登録サイト一覧 次のサイト 前のサイト 登録 ランダム