2008年06月25日

病の床は寝たきり遍路(遍路再び・・・)

脳外科の集中治療室で、父の新しい生活が始まりました
生活と言うよりやはり試練と言わなければなりません。
父に残された自己表現法は自由に動く眼と表情だけでした。
そして、全身麻痺の重い障害と戦うにはあまりにか細い手足が
痛々しく悲しかった。

新しい病院では設備も充実してリハビリに至っては
口腔内専門の方や言語専門の方等それぞれ症状ごとに
専門の先生が丁寧に父の治療にあたってくれました。

食事は鼻から入れたチューブで流動食を取る事になり
私が父にしてあげる事といえば話し掛けてあげることと
頭や手をなでてあげることくらいでした。

リハビリの先生が父に話し掛けます
「お父ちゃん、頑張って治らんといけんよ!」
すると、ニヤッ・・・と父が笑いました
発症してから4日にはじめて笑いました。
私の心がほんの少しだけ軽くなったような気がしました。
朝の9時から病院に入って、夕方6時まで毎日父に
付き添っていましたがずっと泣き顔しか見てなくて
私自身も沈んだ気分でいたのです。

父の状態も安定してきたので
孫である私の娘を連れて来ることにしました。
父は孫の顔をみて、また、あの笑顔を見せました。
妹と私には一切見せたことの無いあの笑顔に
みんな微笑んで見つめていました。

henro108 at 00:00│Comments(0)TrackBack(0) 病の床は寝たきり遍路 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ぷちへんろ樹絵瑠
室戸岬・金剛頂寺にて・・・・お遍路親子

「歩き遍路を夢見て」

相変わらずの気まぐれ遍路を続けている親子遍路ですが 私(父)は最近自転車でのトレーニングを始めました 遠い将来に行こうと決めている歩き遍路の為の 体力作りと思っています! ツールドフランス気分のロードレーサーで 「ケイデンス100!!」(ペダルの回転数です) と気合でペダリングする毎日です このまま自転車でお遍路に行ってたりして・・・ とにかく夢に向って日々精進するのみです!
記事検索
月別アーカイブ
徳島県の天気
高知県の天気
愛媛県の天気
香川県の天気
最新コメント
遍路風景
本ブログパーツの提供を終了しました
人気ブログランキング
人気ブログランキング
四国遍路リング
登録サイト一覧 次のサイト 前のサイト 登録 ランダム