2008年06月26日

病の床は寝たきり遍路(病院への帰宅)

2週間に渡るリハビリを受けて、元居た病院へ帰ることに
なりました。一応の治療は全て完了して、また
以前の生活へと戻るためです。
しかし、以前とは比べ物にならない位の障害が残って
しまいました。全身不随と失語症・・・自由になるのは
眼と顔の表情だけでした。

元居た病院へ帰ると顔なじみの看護士さんが出迎えてくれました
「おかえり!お部屋へ帰るよ」
身動きもせず、何もしゃべれない父に以前と同じように
話し掛けてくれる看護士さんたちに感謝しました。

部屋は以前の部屋ではなく集中治療室でした。
ナースルームのすぐ横で何があっても安心できる
ベストな部屋でした。

口から食事が出来ない父は
腹から直接、胃に管を通してそこから流動食を入れることになりました。
病院に入院していると食べることだけが楽しみと言いますから
その、楽しみさえ父は奪われてしまったのかと悲しくなりました。

私が直接父にしてあげる事は点滴が終わったのを看護士さんに
知らせるのと、話し掛けてあげることくらいで
以前のように父の昔話を聞いてあげたり、食堂へ車椅子に乗せて
連れて行ってあげたり、リハビリ室へ治療に行ったり・・・・。
何もしてあげる事が無くなってしまいました。

父は、日増しに表情が無くなり、だんだんと枯れていくように
弱って行くのを私は感じていました。
何の変化も無い真っ白な時間が過ぎて行くだけでした。

henro108 at 00:00│Comments(0)TrackBack(0) 病の床は寝たきり遍路 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ぷちへんろ樹絵瑠
室戸岬・金剛頂寺にて・・・・お遍路親子

「歩き遍路を夢見て」

相変わらずの気まぐれ遍路を続けている親子遍路ですが 私(父)は最近自転車でのトレーニングを始めました 遠い将来に行こうと決めている歩き遍路の為の 体力作りと思っています! ツールドフランス気分のロードレーサーで 「ケイデンス100!!」(ペダルの回転数です) と気合でペダリングする毎日です このまま自転車でお遍路に行ってたりして・・・ とにかく夢に向って日々精進するのみです!
記事検索
月別アーカイブ
徳島県の天気
高知県の天気
愛媛県の天気
香川県の天気
最新コメント
遍路風景
本ブログパーツの提供を終了しました
人気ブログランキング
人気ブログランキング
四国遍路リング
登録サイト一覧 次のサイト 前のサイト 登録 ランダム