2008年06月27日

病の床は寝たきり遍路(引き潮)

流動食の逆流、発熱・・・様々な症状が次々と父を襲いました
容態は悪くなったり、回復したりとまるで潮の干満のように
やってきました。

そして、父の表情は無くなり、反応することも
かなり少なくなって来ていました。
明らかに弱ってきている父にもう一つ重い症状がやってきました。
ある日父のもとへやって来て部屋へ入ると
異常なくらいのその顔色が目に入りました
みかんの皮のような黄色い色をした父がそこにいたのでした。

院長先生によると肝臓障害からの黄疸ということでした。
半身不随でずっと入院生活をしてきた父ですが
内臓だけは丈夫で異常は出たことがなかったのですが
長い投薬治療のせいでしょうか、ここに来て
重い症状が出てしまったのです。

病室は集中治療室の一番奥の部屋へと移されました
何か深い意味のある引越しなのかと覚悟を決めながら
引越しの作業を終えて、ソファーに掛けながら
最後まで父のそばで見守ってあげることを決意したのです。

表情を変えることの無い黄色い父の顔を見ながら
長い長い、そして、長い毎日がはじまりました

henro108 at 00:00│Comments(0)TrackBack(0) 病の床は寝たきり遍路 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ぷちへんろ樹絵瑠
室戸岬・金剛頂寺にて・・・・お遍路親子

「歩き遍路を夢見て」

相変わらずの気まぐれ遍路を続けている親子遍路ですが 私(父)は最近自転車でのトレーニングを始めました 遠い将来に行こうと決めている歩き遍路の為の 体力作りと思っています! ツールドフランス気分のロードレーサーで 「ケイデンス100!!」(ペダルの回転数です) と気合でペダリングする毎日です このまま自転車でお遍路に行ってたりして・・・ とにかく夢に向って日々精進するのみです!
記事検索
月別アーカイブ
徳島県の天気
高知県の天気
愛媛県の天気
香川県の天気
最新コメント
遍路風景
本ブログパーツの提供を終了しました
人気ブログランキング
人気ブログランキング
四国遍路リング
登録サイト一覧 次のサイト 前のサイト 登録 ランダム