2008年06月28日

病の床は寝たきり遍路(最後の一週間)

仕事を休んで朝から晩まで父のベッドの傍らに
座ってその様子を見守りもう数日がたっていました。
点滴は24時間打ちっぱなしでしたが、違う薬剤が
投与されると黄色かった父の顔が普通にもどったり
また、真黄色に染まったりと顔の色合いだけがめまぐるしく
変わって見えました。

意識は全く無いようで表情を変えることは無くなっていました。
音の無い静かな部屋で父と2人居るとまるで時間が止まっている
ような錯覚に陥るほど何も変化のない状態の中、看護士さんが
血圧を測る手元を見ると父の腕が水が溜まったように
プヨプヨに腫れているのに気が付きました。
また新しい症状でしたが、私は以前にこの腕の感じを見たことが
あったのです。

3年前に亡くなった母がその臨終の一週間前辺りからこのプヨプヨの
腕をしていたのをハッキリと覚えていました。
母の場合は透析を受けていたので腎臓の関係の症状だと思っていたのですが
この父の腕は何か良くないことを私に予感させているのでした。

院長先生の説明では
「肝臓の機能低下からくる黄疸もひどくて予断を許さない状況です」
との事でした。いよいよ覚悟が必要な時期に差し掛かってきている
状況にも、ただ父の横で座って見守るしかない私でした。

henro108 at 23:37│Comments(0)TrackBack(0) 病の床は寝たきり遍路 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ぷちへんろ樹絵瑠
室戸岬・金剛頂寺にて・・・・お遍路親子

「歩き遍路を夢見て」

相変わらずの気まぐれ遍路を続けている親子遍路ですが 私(父)は最近自転車でのトレーニングを始めました 遠い将来に行こうと決めている歩き遍路の為の 体力作りと思っています! ツールドフランス気分のロードレーサーで 「ケイデンス100!!」(ペダルの回転数です) と気合でペダリングする毎日です このまま自転車でお遍路に行ってたりして・・・ とにかく夢に向って日々精進するのみです!
記事検索
月別アーカイブ
徳島県の天気
高知県の天気
愛媛県の天気
香川県の天気
最新コメント
遍路風景
本ブログパーツの提供を終了しました
人気ブログランキング
人気ブログランキング
四国遍路リング
登録サイト一覧 次のサイト 前のサイト 登録 ランダム