2008年07月03日

病の床は寝たきり遍路(結願・・・癒しの国へ)

会社を休み一週間が過ぎ、父の容態も思わしくなく
自分の中で覚悟を決めているのを感じていました。
十分過ぎるほど苦行を強いられてきた父のその黄色い顔を
じっと見つめながら、「長い間苦労してきたね・・・」と
心の中で話し掛けていました。

つい、1か月前までは、一般病棟の部屋で父の若い頃の
話を聞いていたのに、もう、何年も、長い時間が過ぎたかの
ような不思議な感覚が私を取り巻いていました。
今までの出来事が遠い、遠い昔の事のように霞んでいくのを
感じていたのです。

全く反応の無い黄色い父に「また来るよ」と
一旦自宅へ睡眠をとりに帰りました。

プルルルル・・・プルルルル
「血圧がかなり下がってきてます。来院して頂けますか?」
深夜2時過ぎに病院からの連絡が入りました。
父の容態に動きがあったのです。急いで病院へ駆けつけると
集中治療室では既に父へ延命治療を施している最中でした。

ピー、ピー、と心電計のアラームとドスッ、ドスッ、と
電気ショックを与える音が交互に聞こえてきました。
父の体がショックで波打つようにくねるのが見えています。
「もうこれが限界です、心拍が回復しません。ご臨終です」
父の最期でした。

私は不思議に落ち着いていました。
それは、覚悟を決めていた事もあるのですが、それより
父が、過酷な三重苦から開放される事への安堵感のようなもの
を感じていたからかもしれません。
「親父、長い間ご苦労様」
そっとなでた父の頬はまだほんのりと温かく
まるで眠っているような安らかな表情をしていました。

父が倒れてからの十数年間の数々の思い出が走馬灯の様に
脳裏を駆け巡りました。父の頭をなでながら
それは一瞬のうちに私の頭の中で映像を映し出しました。

父との二人三脚の闘病生活はやっと終わったのです。


父は長い遍路の旅を終えて晴れて結願しました。


「ありがとう」


henro108 at 23:33│Comments(0)TrackBack(0) 病の床は寝たきり遍路 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ぷちへんろ樹絵瑠
室戸岬・金剛頂寺にて・・・・お遍路親子

「歩き遍路を夢見て」

相変わらずの気まぐれ遍路を続けている親子遍路ですが 私(父)は最近自転車でのトレーニングを始めました 遠い将来に行こうと決めている歩き遍路の為の 体力作りと思っています! ツールドフランス気分のロードレーサーで 「ケイデンス100!!」(ペダルの回転数です) と気合でペダリングする毎日です このまま自転車でお遍路に行ってたりして・・・ とにかく夢に向って日々精進するのみです!
記事検索
月別アーカイブ
徳島県の天気
高知県の天気
愛媛県の天気
香川県の天気
最新コメント
遍路風景
本ブログパーツの提供を終了しました
人気ブログランキング
人気ブログランキング
四国遍路リング
登録サイト一覧 次のサイト 前のサイト 登録 ランダム