超区切り打ち!お遍路日記

2009年08月13日

60番 横峰寺は霊峰石鎚山の北側中腹にある深山の霊場でした

60番札所 横峰寺は霊峰石鎚山の北側山麓にある
深山のお寺で88の札所の中でも私のお楽しみ霊場の
1つとして大事に取っておいたお寺の1つです。

場所的には自宅から1時間程の行程で
いつでもいける札所でしたが、そういった理由で
楽しみにとっておいたお寺です。

横峰寺と言えばお遍路さんの間で話題に上るのが
その有料道路の料金の高さ!

実に1800円也

今では休日、祝日であれば高速道路1000円で
乗り放題の時代、余計に割高感がありますね。
道はかなり細い山道でダイナミックな景色が続きます。
くねくねと実にハードなドライビングの末
山頂付近にある駐車場で終点です。

いきなりの開放感から別世界へ到着したような
感覚である意味で1800円の価値を頷きました。

横峰寺 山頂付近にある駐車場からみた下界







駐車場から横峰寺への道しるべ








駐車場からは山道を500mほど下ってい行くと横峰寺
へ着くとのことで、「ならば、500m手前で駐車場は出来ないの?」
と罰当たりな事を考えつつ道しるべに従って
細い山道を下ります。

横峰寺へと続く細い山道












横峰寺 老木が茂る山道を行く













細くて結構きつい下り坂を森林浴を楽しみながら
下っていくと赤い鳥居が右手に見えてきます。

横峰寺 山道途中にある横峰寺の氏神「妻白大明神」













横峰寺の氏神として開山以前から有名な
「妻白大明神」がそれでした。

大明神は豊作、商売繁盛、延命息災、家運隆昌など
の所願を叶えてくれる有り難い神様だそうです。

横峰寺 視界が開けてくるといきなり寺が見えてくる












横峰寺 境内に入るとまず大師堂がある













山道から視界が開けてくるといきなりお寺の姿が
見えてきます。山麓にへばりついた様な
深山の寺の様相がはっきりと見て取れます。

境内に入ると早速大師堂があり続いて本堂へと
続いています。その間に石楠花に包まれた
弘法大師像がこちらを見下ろしていて
その姿は荘厳さを漂わせていました。

横峰寺 石楠花に包まれた弘法大師の像












横峰寺 鐘楼も木々に包まれています








鐘楼も木々に埋もれてその山深さを感じさせてくれます。
境内にピンと張り詰めた空気をそこかしこに
体感する空間でした。

横峰寺 お寺なのに宇宙人の様な狛犬が迎えてくれる












横峰寺 神社風の権現造りで風格のある本堂








本堂は神社を思わせる権現造りという建物で
とても風格のある姿でした。その手前には
お寺だけどまるで宇宙人のような狛犬が
迎えてくれます。

昔、石鎚神社と寺は一体であったため、
その名残なのでしょうか。

読経を終えて参拝を済ませると
ピカピカの新築であろう納経所で御朱印を
頂きます。

横峰寺 真新しい納経所で御朱印をいただく








私の父親が健在だった頃によく聞いていた
横峰寺の大きな杉の木の切り株は見つけられ
ませんでした。その杉は巨大で麓の小松町からも
見えて、その影が下界まで伸びてきたと
言われる超巨木だったそうです。

その巨木は伐採され、その切り株が畳で六畳
の広さがあって、横峰寺へ行った時は
見て来なさい。と言われていたので是非診たかった
のですが残念です。

横峰寺 境内1番奥に山門がある、実際はコチラが入り口








納経所から少し下ると山門にでます。
実際はコチラが入り口で歩き遍路さんは
長い登りを経てここから境内へ入ってきます。

この山門から裏山へ山道が登っています。
実はここの上に弘法大師が修行した
星が森「石鎚山遥拝所」があるのです。

横峰寺 星が森「石鎚山遥拝所」へと続く林道













星が森へは500mの登り道を歩きます。
ここは是非見ておきたかった名所で
きついのぼりでしたが娘と家内を
境内に待たせて、走って登りました。

横峰寺 星が森から霊峰石鎚山を望む







横峰寺 星が森にある弘法大師像








頂上へでるとサーっと視界が広がり
正面に鉄の鳥居とその奥に石鎚山が見えます。
石鎚山頂はガスで見えませんでしたが

ここで弘法大師や役行者小角が修行した
正にその場所だと思うと鳥肌が立ちます。
徳島の太龍寺の弘法大師の修行の地である断崖では
そこへ立ち入る事は許されませんが、ここは
その場所に自分の足で立つ事ができるのですから
凄い事です。しっかりと目に焼きつかせて

娘と、家内の待つ境内へと来た道を走って下りました。
境内に心臓が口から出るかと思いつつ辿り着いて
「あっ!」と、気がつきました。

駐車場までまた細い山道を500mも登っていかなければ
いけないのでした。折角星が森へ500m登って、そして
500m下って帰ってきたのに、駐車場は、また、
500m上。「とほほ・・・・」

しかし、深山の寺は神秘的で下界の喧騒も忘れられる
静寂の寺でした。

《書籍》四国八十八ヶ所クルマ巡礼 ドライブお遍路

henro108 at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年11月03日

31番 五台山にある土佐屈指の古刹 竹林寺

五台山の登山道をくねくねと登っていくと
大きな駐車場へと出てきました
過去に何度か訪れたことのあるお寺です
竹林寺 美しい庭園と大きな銀杏のある参道を行きます

駐車場からは納経所の横を抜けて美しい銀杏を見ながら
仁王門の横に出ることができます
竹林寺 重厚な仁王門が迫力のある姿で出迎えてくれます

門のすぐ横で般若心経を唱えながら托鉢をされているお遍路さんが
いました 「お賽銭をあげてもいい?」
以前にも他のお寺で托鉢をされているお遍路さんに
お賽銭をあげたことがある樹絵瑠は黙って通りすぎることが
出来なかった様子です
31番竹林寺付近の地図続きを読む

henro108 at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

28番 高知市郊外で一番室戸よりのお寺 大日寺

大日寺は龍河洞から少し南下したあたりにあるお寺です
坂本竜馬の一生を蝋人形で再現する「竜馬記念館」
のすぐ近くにありました。
広い通りから山手へと続く狭い道を少し登っていくと
小さな駐車場に突き当ります
右側に遍路用品店があって、その向いに
見事な山門が見えました

大日寺 重厚な山門がお遍路を迎え入れてくれます

山門は参道入り口の階段にまたがって建っていました
樹絵瑠が1歩1歩登っています
短い石段ですが思ったより急な様子です

大日寺 疲れた様子で山門をくぐる樹絵瑠


28番大日寺付近の地図続きを読む

henro108 at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

29番 杉苔と柿葺きの絵になるお寺国分寺

善楽寺からは逆打ちのせいもあって大変解りにくい
道巡でした。標識もなくて狭い道を心細くなりながら
走っていきます。

ナビゲーションがあれば簡単に着くことができるのでしょうが
これも修行の1つと心を締めて頑張ります。
なんとか到着したそのお寺は
随分高い生垣に囲まれた独特な雰囲気を持ったお寺でした
国分寺 高い生垣に沿って歩くと立派な仁王門に出ました
高い生垣に沿って歩いて行くと仁王門に辿り着きました
見事な仁王門に入ろうとすると男女3人のお遍路さんが
「娘さんと一緒に写真を撮っていいですか?」
声をかけてきました。
快く承諾すると樹絵瑠を真中に一緒に写真を撮って行かれました。
相変わらずぷちへんろ樹絵瑠は人気者です。

29番国分寺付近の地図続きを読む

henro108 at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

30番 真新しい本堂が輝く善楽寺

今日は高知市近隣の札所を打ちに行きました。
高知市近辺の札所を打てば土佐はあと残り、
足摺岬方面と神峯寺を残すのみとなります。

高知へ向う高速道路の新宮インターで一寸寄り道。ネットで大人気の
「霧の森大福」を買いに行きました。ネットでも販売されていますが
数量限定で申し込み開始時間から僅か数分で完売になってしまい
1度も買うことができない大人気商品です。
松山市に販売店がありますが午前中の早い時間で完売との事です。
ショップに行ってみると随分と並べています
でもレジでは大福を手に大勢の人が並んでいました。
開店してまだ僅かしか経っていないこの時間から大勢の人が来店して
まだまだ熱は冷めていないようです。

高知インターを降りて東の方向へ走っていくとものの20分ほどで
善楽寺の山門が見えてきました。
随分長い参道がまっすぐに伸びています。
車はそのすぐ横にある車幅いっぱいの細い道をそれに沿って
走ります。やがて駐車場へ着きました。

善楽寺 山門からは長い参道がまっすぐに伸びます


このお寺は神社と札所が並んで配置されています。
八十八ヶ所を回っていると結構この配置の札所を見かけます
明治初期の神仏分離の関係でしょうか

30番善楽寺付近の地図続きを読む

henro108 at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
ぷちへんろ樹絵瑠
室戸岬・金剛頂寺にて・・・・お遍路親子

「歩き遍路を夢見て」

相変わらずの気まぐれ遍路を続けている親子遍路ですが 私(父)は最近自転車でのトレーニングを始めました 遠い将来に行こうと決めている歩き遍路の為の 体力作りと思っています! ツールドフランス気分のロードレーサーで 「ケイデンス100!!」(ペダルの回転数です) と気合でペダリングする毎日です このまま自転車でお遍路に行ってたりして・・・ とにかく夢に向って日々精進するのみです!
記事検索
月別アーカイブ
徳島県の天気
高知県の天気
愛媛県の天気
香川県の天気
最新コメント
遍路風景
本ブログパーツの提供を終了しました
人気ブログランキング
人気ブログランキング
四国遍路リング
登録サイト一覧 次のサイト 前のサイト 登録 ランダム