四国八十八ヶ所札所情報

2006年05月29日

35番札所 医王山 鏡池院 清滝寺(いおうざん きょうちいん きよたきじ )

養老7年(723)に行基が薬師如来を刻み開基され
当時は景山密院 釈本寺と呼ばれていました

弘仁年間(810〜824)に弘法大師が巡錫
寺の北方300mの岩に築壇し7日間修法しました
また、五穀豊穣を祈り閼伽井権現と龍王を勧請し
寺号を医王山鏡池院清滝寺と改めました

この寺は大師の高弟で平城天皇の第3皇子高岳(たかおか)
法親王(法名・真如)ゆかりの寺として有名です

開 基 行基
宗 派 真言宗豊山派
本 尊 厄除薬師如来
真 言 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか
御 詠 歌 澄む水を汲めば心の清滝寺 波の花散る岩の羽衣

清滝寺  境内では大きな薬師如来像が目を引きます清滝寺  本堂に並んで大師堂が迫力ある姿を見せます


35番 清滝寺付近の地図

henro108 at 23:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

34番札所 本尾山 朱雀院 種間寺(もとおざん しゅじゃくいん たねまじ )

用明天皇(6世紀後半)の頃
大阪四天王寺を建立するため百済から訪れていた
工匠や仏師が帰国の途についた時
土佐沖で嵐に遭遇して秋山港に避難しました その時
本尾山山頂に4尺8寸(約145cm)の薬師如来像を刻み
航海の安全を祈願しました

後の平安時代初期に弘法大師が来錫し
百済の仏師が彫った薬師如来像を本尊として
寺を開創しました

大師はこの寺に唐から持ち帰った五穀
(米、麦、粟、キビ、豆)の種を蒔いたという
ことから種間寺と寺号を定めました

開 基 弘法大師
宗 派 真言宗豊山派
本 尊 薬師如来
真 言 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか
御 詠 歌 世の中にまける五穀のたねま寺深き如来の大悲なりけり

種間寺 コンクリート造りの本堂種間寺 多くのお遍路さんで賑わう大師堂

34番 種間寺付近の地図

henro108 at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年03月24日

33番札所 高福山 雪渓寺(こうふくざん せっけいじ)

四国霊場の中で2ヶ所だけある禅宗のお寺のひとつです
もうひとつは阿波藤井寺です
延暦年間に弘法大師が開山しました このお寺は
長宗我部元親の菩提寺でもあります

本堂に納められている本尊 薬師如来像は運慶晩年の作
と言われ国の重要文化財に指定されている
脇持の日光・月光菩薩とともに檜の寄木造になっている
このほか「鎌倉仏像の宝庫」と言われる雪渓寺には
多くの名品が宝物館に安置されています

開 基 弘法大師
宗 派 臨済宗妙心寺派
本 尊 薬師如来
真 言 おん ころころ せんだり まとうぎ そわか
御 詠 歌 旅の道うえしも今は高福寺のちのたのしみ有明の月

雪蹊寺  ガイドブックの写真と全然違うコンクリート建築の新しい本堂雪蹊寺  大きくて堂々とした大師堂

33番 雪渓寺付近の地図

henro108 at 23:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年03月17日

32番札所 八葉山 求聞持院 禅師峰寺(はちようざん ぐもんじいん ぜんじぶじ)

禅師峰寺は神亀年間に聖武天皇の勅願により行基が開基した
寺です 大同2年(807)に弘法大師が来錫して求聞持法を修し
十一面観世音菩薩を刻み本尊としました

峰山の山上にあることから峰寺(みねじ)の愛称で親しまれています
海上交通の安全祈願のため建立されたことから
船魂観音(ふなだまかんのん)とも呼ばれています

仁王門には平安時代中期の仏師・定朝(じょうちょう)作と言われる
金剛力士像が安置されています 国の重要文化財に指定されています

開 基 行基
宗 派 真言宗豊山派
本 尊 十一面観世音菩薩
真 言 おん まか きゃろにきゃ そわか
御 詠 歌 静かなる我がみなもとの禅師峰寺浮かぶ心は法の早船

禅師峰寺  奇岩がゴロゴロ点在し木々が鬱蒼と茂る独特な雰囲気の境内禅師峰寺  土佐湾からの潮風をもろに受ける本堂は木々が朽ち果てている部分もある

32番 禅師峰寺付近の地図

henro108 at 23:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年03月16日

31番札所 五台山 金色院 竹林寺(ごだいさん こんじきいん ちくりんじ)

竹林寺は土佐屈指の古刹で神亀元年(724)に聖武天皇の
勅願により行基が開創したお寺です
聖武天皇が文殊菩薩の聖地である中国五台山で文殊菩薩に
会う夢を見て、国内で五台山に似た山をそして探し出したのが土佐の五台山で
行基自ら文殊菩薩を刻み本尊とし 堂塔を建立しました

大同年間に弘法大師が来錫し堂宇を補修しました

堂塔は土佐随一の荘厳さを誇り名僧が集まり
「南海第一道場」と呼ばれる学山(学問寺)となりました
「よさこい節」に登場する僧・純信も江戸末期にこの寺の脇坊である
南の坊に住む修行僧の1人だったと言われています

本堂(文殊堂)に納められている本尊・文殊菩薩は4人の侍者を従え
獅子に乗った「騎獅子文殊」で50年に1度しか開帳されない秘仏と
なっています これは本堂と共に国の重要文化財に指定されています

客殿の西部と北部に広がる庭は名作庭家・夢窓国師(礎石)の手に
よるもので池泉観賞式の見事な庭園となっています
山畔を利用して造られている北庭と中国の廬山を模した西庭があります

開 基 行基
宗 派 真言宗智山派
本 尊 文殊菩薩
真 言 おん あらはしゃのう
御 詠 歌 南無文殊三世の仏の母ときくわれも子なれば乳こそほしけれ

竹林寺 重厚な仁王門が迫力のある姿で出迎えてくれます竹林寺 本堂は本尊 文殊菩薩座像をまつり「文殊堂」と呼ばれます


31番 竹林寺付近の地図

henro108 at 23:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
ぷちへんろ樹絵瑠
室戸岬・金剛頂寺にて・・・・お遍路親子

「歩き遍路を夢見て」

相変わらずの気まぐれ遍路を続けている親子遍路ですが 私(父)は最近自転車でのトレーニングを始めました 遠い将来に行こうと決めている歩き遍路の為の 体力作りと思っています! ツールドフランス気分のロードレーサーで 「ケイデンス100!!」(ペダルの回転数です) と気合でペダリングする毎日です このまま自転車でお遍路に行ってたりして・・・ とにかく夢に向って日々精進するのみです!
記事検索
月別アーカイブ
徳島県の天気
高知県の天気
愛媛県の天気
香川県の天気
最新コメント
遍路風景
本ブログパーツの提供を終了しました
人気ブログランキング
人気ブログランキング
四国遍路リング
登録サイト一覧 次のサイト 前のサイト 登録 ランダム